ニュース
» 2009年04月06日 12時02分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「GeForce GTX 275」対「RADEON HD 4890」――待ったなしのGPUシェア争い (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

セレブなコンシューマーも触手を伸ばす?――Core i7系の新型Xeonが登場!

 4月初旬、T-ZONE.PC DIY SHOPに「Nehalem-EP/LV」のコードネームで知られる新型Xeonが入荷した。取り寄せを含むラインアップは全12種類で、それぞれ2台単位で販売する。Core i7と同じ系列のアーキテクチャを採用しており、ソケットはLGA1366となる。

 このうち9モデルはHyper-Threadingに対応しており、仮想的に8コア×2台で16コア動作が可能になる。ラインアップの詳細は以下のとおり。ちなみに、CPUクーラーは別売りの純正品「STS100C」が用意されている。価格は1個4180円だ。

モデル名 コア数 動作クロック L3キャッシュ HT対応 TDP 価格
Xeon W5580 4 3.20GHz 8Mバイト 対応 130ワット 18万7800円×2
Xeon X5570 4 2.93GHz 8Mバイト 対応 95ワット 16万2800円×2
Xeon X5560 4 2.80GHz 8Mバイト 対応 95ワット 13万7800円×2
Xeon X5550 4 2.66GHz 8Mバイト 対応 95ワット 11万2800円×2
Xeon E5540 4 2.53GHz 8Mバイト 対応 80ワット 8万7800円×2
Xeon E5530 4 2.40GHz 8Mバイト 対応 80ワット 6万2480円×2
Xeon E5520 4 2.26GHz 8Mバイト 対応 80ワット 4万4000円×2
Xeon E5506 4 2.13GHz 4Mバイト 非対応 80ワット 3万1480円×2
Xeon E5504 4 2.00GHz 4Mバイト 非対応 80ワット 2万6800円×2
Xeon E5502 2 1.86GHz 4Mバイト 非対応 80ワット 2万1980円×2
Xeon L5520 4 2.26GHz 8Mバイト 対応 60ワット 6万2480円×2
Xeon L5506 4 2.13GHz 4Mバイト 対応 60ワット 4万9980円×2
インテル「Xeon E5520」(手前)と「Xeon X5550」(奥)

 多数のラインアップがあるなかで、売れ筋と目されているのはXeon E5520だった。T-ZONE.PC DIY SHOPは「Hyper-Threading対応で一番安いですから。L3キャッシュが8Mバイトあるのも利点です。パフォーマンス重視の方にはXeon X5550が人気を集めると思います。ま、ニッチな世界の話ですけど」と語る。

 同店では、最上位のXeon W5580と対応マザー「Z8PE-D12X」を使ったデモ機を展示しており、16コア動作が店頭で確認できるようになっている。そのインパクトから注目度は高いが、先述の通り購入するユーザーは少数の様子だ。「なにしろ高いですし、大きめのPCケースに入るといってもワークステーション向けですから自作のハードルも上がります。ただ、エンコード処理を頻繁にやったり、仮想マシンを複数台駆使するといった使い方なら、コンシューマーの人でも新Xeonの恩恵が得られると思います。実際、個人利用でワークステーション系パーツを購入する人もいますからね。そういう人にはかなり魅力的でしょう」とのこと。

 なお、対応マザーもデモ機で使われているASUSTeK「Z8PE-D12X」(6万1800円)を筆頭に、インテルやSUPERMICROから複数台登場している。

ASUSTeK「Z8NR-D12」は4万9800円で販売されていた(写真=左)。Z8PE-D12XにXeon W5580を2つ搭載したデモ機。16コアのCPUが並行して動く様は一見の価値ありだ(写真=中央/右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう