レビュー
» 2009年04月23日 13時01分 公開

イマドキのイタモノ:AM3を選ぶ「理由」がそろった──Phenom II X4 955のパフォーマンスをチェックする (2/2)

[石川ひさよし,ITmedia]
前のページへ 1|2       

クロック分だけ性能が向上したPhenom II X4 955 BE

Sandra 2009.SP2 v15.72

CPU Arithmetic−Dhrystone iSSE4.2/ALU
CPU Arithmetic−Whetstone iSSE3
CPU Multimedia−Multi-Media Int x8 aSSE2

CPU Multimedia−Multi-Media Float x4 iSSE2
CPU Multimedia−Double x2 iSSE2
Memory Bandwidth−Int Buff'd iSSE2

Memory Bandwidth−Float Buff'd iSSE2

SYSMark 2007 Preview Patch-4

Ratings
E-Learning
VideoCreation

Productivity
3D

PCMark Vantage Build 1.0.0

PCMarks
Memories
TV and Movies

Gaming
Music
Communications

Productivity
HDD

PCMark 05 Build 1.2.0:

PCMarks
CPU
Memory

Graphics
HDD

3D系ベンチマークテスト

3DMark Vantage Build 1.0.1:CPU Score
Crysis(Patch 1.2.1):CPU_Benchmark

CINEBENCH R10

Single CPU
Multiple CPU
Multiprocessor Speedup

消費電力

Sandra CPU Arithmetic:ピーク値
Sandra CPU Arithmetic:ミニマム

Denebは“巡航高度”へ到達した

 Phenom II X4 955 BEとPhenom II X4 940 BEのベンチマークテストの結果を比較すると、CPUに関連するテストではクロック上昇率と同じ7%前後の向上が見られるほか、SYSMark2007では10%近く向上しているなど、システムレベルでAM3プラットフォームのアドバンテージが確認できた。

 その一方で、Core i7 920と比較では、多くのテストでPhenom II X4 955 BEが下回る結果が多い。演算ユニットの性格もあるが、ベンチマークテストの結果には、メモリのチャネル数や帯域幅なども影響する。ただ、倍率ロックが解除されている“Black Edition”であるので、3.4GHz程度にクロックアップできれば互角のスコアを出せる可能性もある。

 また、Phenom II X4 955 BEの実売予想価格は2万8800円前後といわれており、Core i7 920の2009年4月下旬における実売価格の3万2000円から3万5000円と比べるとやや低く設定される見込みだ。そのため、コストパフォーマンスという意味では、両者の3000円から6000円という“価格差”を考慮する必要がある。

 2009年2月に“離陸”したAM3版Phenom IIシリーズはは、今回のPhenom II X4 955 BE、および Phenom II X4 945 BEという高クロックモデルの登場で、巡航高度まで到達したことになる。AMDプラットフォームにおけるDDR3メモリへの移行は、これから本格化することになるだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう