ニュース
» 2009年05月08日 16時32分 公開

“1万5000円”が熱い!!――アキバでヒット中の新製品&特価品古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

季節はずれの桜やIDEタイプの高速SSDなど――注目新製品×3

 かき入れ時の大型連休前とあって、4月末には全体的に多数の新製品が登場した。CPUクーラーで脚光を浴びていたのは、サーマルティクの「桜扇」(サクラファン)シリーズだ。桜の花びらのように先端が2つに分かれた羽根を採用したファンを搭載しているのが特徴。ラインアップは、6本のヒートパイプを備える「ISGC400」とサイドフロー型の「ISGC300」、大型フィンで12センチファンを挟んだ「ISGC200」、ファンを上部に備えた高さ70ミリの「ISGC100」の4モデルとなる。価格は順に、6000円弱、5500円前後、5000円弱、4000円弱。

 入荷したTSUKUMO eX.は「羽の形状が少し違うだけで風量や風の強さが大きく変わります。桜扇もキワモノではなく、そうした効果を吟味して選ぶ人が多いですね。ただ、メーカー的には桜の季節に出したかったのかもしれまんね。あえてこの時期を狙ったのかもしれませんが」と語る。

サーマルティク「桜扇」シリーズ

 SSDでは、IDE接続で最速と評判のPhotoFast「GM-25P」シリーズが入荷している。価格は、128Gバイトの「GM-25P128GV2」が約5万円、64Gバイトの「GM-25P64GV2」が3万7000円前後、32Gバイトの「GM-25P32GV2」が2万5000円前後となる。在庫はそれぞれ少数だ。パソコンショップ・アークは「64Mバイトのキャッシュを搭載しているので、プチフリの心配がないモデルとなります。IDE接続のみに対応する古いマザーボードなどで試してみたいという人も多いですね」と語り、好調な売れ行きを予想していた。

 なお、連休中はSSD全体の在庫不足が懸念されていたが、クレバリー1号店は「予想よりは潤沢に出回っています。大幅な値上がりもまだないですが、油断できない状況ではありますね」と話していた。

 最後は、DIGITAL COWBOYのムービープレーヤー「DC-MC35ULI」だ。3.5インチサイズのSerial ATA HDDが搭載できるタイプで、筐体にiPod専用ドックを備えている。HDMIとコンポーネント出力により、直接テレビなどにYouTube動画などを表示させられるほか、有線LANとUSB端子を搭載している。価格は2万5000円弱だ。T-ZONE.PC DIY SHOPは「動画保存もできるメディアプレーヤーとして注目されています。HDDも安いですし、PC以外の楽しみ方を考えている人におすすめですね」と語った。

PhotoFast「GM-25P」シリーズ(写真=左)。DIGITAL COWBOY「DC-MC35ULI」(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.