ニュース
» 2009年10月12日 16時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「Radeon HD 57xxシリーズ」がまもなく登場?――「在庫が潤沢なら売れるでしょ」 (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

ゲーマーにも人気のRealforceキーボードなど…そのほかの新製品4連発

 そのほかにも多様なニーズを満たす新製品が多数登場していた。順に4製品を紹介していこう。

Thecus「N2200」

 NAS自作キットの「Thecus N2200」は、カスタマイズ性の高さで注目されていた。Serial ATA接続の3.5インチHDD 2台を内蔵できる仕様で、RAID 0/1を構築できる。価格は1万9800円。入荷したT-ZONE.PC DIY SHOPは「アプリケーションを追加して、iTunesサーバやPS3用メディアサーバなど、いろいろな用途で使えるNASキットです。インタフェースもそこそこ使いやすいので、複数の機器でコンテンツを共有したいと考えているなら面白いアイテムだと想いますよ。今はHDDも安いですしね」と語る。

 また、「最近の水冷キットとしては異例のヒット作といえます」(TSUKUMO eX.)と評価されているコルセアの組み込み式キット「CWCH50」に、LGA 1156対応アタッチメントを付属した「CWCH50-1」も登場した。価格は1万1000円弱で、CWCH50よりも約1000円高くなっている。在庫は潤沢だ。

 CWCH50-1はCPUブロック1基を備える水冷キットで、ベースモデルから冷却性の高さが話題を集めていた。クレバリー1号店は「コンパクトではじめから冷却液が充填されていることもあり、大型CPUクーラーの延長線で購入される方もいますね。P55マザーはオーバークロックにチャレンジする人が多いとも言われているので、LGA 1156に対応したのは成功でしょう」と話していた。なお、LGA 1366/775とSocket AM3/AM2にも対応している。

 一方、空冷式のCPUクーラーでは、クーラーマスターから「Hyper 212 Plus」が登場している。サイドフロータイプのクーラーで、CPUにヒートパイプが直接接触するデザインとなっている。対応ソケットはLGA 1366/1156/775とSocket AM3/AM2で、価格は5000円弱だ。TSUKUMO eX.は「シンプルな形状で目立ちにくいですが、安定して売れそうです。ノイズも最大32デシベルとまあまあ静かですし」と評価していた。

 キーボードの注目株は、東プレの「Realforce 91UBY」だ。静電容量無接点方式のキースイッチを採用したUSB接続の日本語キーボードで、黄色のキーブロックを採用しているのが特徴。2万2000円前後で販売されている。パソコンショップ・アークは「ゲームでよく使うWとA、S、Dキーだけ、付属の黒いキーに換えることも可能です。デザイン的な面白さもありますが、キートップの黒い刻印が見やすいというメリットもありますね。高価なキーボードなので数は出ませんが、デモ機で注目するお客さんはけっこういらっしゃいます」と語る。

コルセア「CWCH50-1」(写真=左)。クーラーマスタ−「Hyper 212 Plus」(写真=中央)。東プレ「Realforce 91UBY」(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう