これがデルの新しい主力ノートPCだ――「Inspiron 15R」実力診断ヘアラインがたまらない(3/3 ページ)

» 2010年06月23日 11時40分 公開
前のページへ 1|2|3       

テンキー付きのキーボードとマルチタッチ対応タッチパッドを装備

キーボードはテンキー付きだ

 キーボードは最近採用例が増えてきたテンキー搭載タイプだ。主要キーで約19ミリのキーピッチを確保している。キーを強めに押すと、キーボードユニット中央付近が少したわむが、通常は使っていて気になるほどではない。キートップがふらつくことはなく、適度な反発があるので、長文の入力も十分こなせるだろう。押下時の音もかなり静かだ。

 一方、4段配列のテンキーは横方向のキーピッチが約15ミリに狭まっているので、指が太いユーザーなどは少し押しにくいかもしれない。

 全体的なキー配列に無理はないが、最上段のF1〜F12キーは、音量調整/消音、輝度調整、映像や音声の再生、タッチパッドのオン/オフ、ワイヤレス通信のオン/オフ、外部映像出力などのショートカットキーが割り当てられており、F1〜F12キーとして使うにはFnキーと同時押しする必要がある。

 通常のF1〜F12キーとして使うには、BIOSセットアップでキーアサインを入れ替えることが可能だ。F1〜F12キーを利用したショートカット操作を常用しているユーザーは、キーアサインを入れ替えて使うほうがいいだろう。

2ボタン式のタッチパッドを採用

 テンキーを搭載する関係で、キーボードのホームポジションは通常より左寄りになるが、タッチパッドはホームポジションより少し右寄りに配置されている。タッチパッドのサイズは90(横)×49(縦)ミリと大きく、サラサラとした手触りで滑りがよい。左右のクリックボタンにはパームレストと同様のヘアライン加工が施されており、デザインによくなじんでいる。左右のクリックボタンは押した際に少しふらつくが、サイズが大きく、ストロークが適度にあり、軽い力で押せるので指に負担がかかりにくい。押下時の音が小さいこともあり、使い勝手は良好だ。

 タッチパッドのドライバは、シナプティクス製(V7.2)を採用。2本指のスライドによる縦横スクロール、2本指の開閉で画像やWebページを拡大/縮小する「つまみズーム」、指で素早くはじいて慣性でカーソルを動かす「モーメンタム」といったジェスチャー操作が可能だ。タッチパッドのサイズが大きめなので、2本指での操作も無理がない。

シナプティクス製(V7.2)のドライバでは、2本指を使ったスクロールや拡大/縮小、モーメンタムといった操作をサポートする

各種ベンチマークテストの結果は?

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア

 主要なベンチマークテストも実施してみた。Windows 7に用意されたWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアは右に示した通りだ。CPUに内蔵されたグラフィックス機能のIntel HD Graphicsを利用していることから、グラフィックスのサブスコアが4.6と一番低い結果になったが、メモリとプライマリハードディスクは5.9、プロセッサは6.7とエントリークラスを超えるスコアが得られた。

 総合的なパフォーマンスを評価するPCMark Vantage(x64)とPCMark05、グラフィックス性能をチェックする3DMark06とFINAL FANTASY XI Official Benchmark 3も試したが、傾向はWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアと変わらない。

 本格的な3Dゲームをプレイするのは難しいが、オフィススイートや画像編集、動画コンテンツの視聴など、さまざまな用途を快適にこなせるパフォーマンスを備えている。デルの場合、ゲーム用途のPCが欲しいならば、専用に作られたAlienwareのラインアップを検討するのがいいだろう。

PCMark Vantage x64(1024×768)のスコア
PCMark05のスコア

3DMark06(1280×768)のスコア
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3のスコア

 バッテリー駆動時間のテストはBBench 1.01(海人氏作)を用いた。無線LAN(11g)で常時接続、電源プランは初期設定のままで、BBenchの設定は「60秒間隔でのWeb巡回(10サイト)」「10秒間隔でのキーストローク」としている。

 テスト結果は3時間22分経過したところでバッテリー残量が5%となり、休止状態へ移行した。このテストでは最大約4時間2分という公称値には届かなかったが、家庭内で移動しながら短時間バッテリー駆動する程度ならば、まったく問題はない。

 騒音と発熱も抑えられている。今回は室温25〜26度の部屋で長時間使用したが、アイドル時や低負荷時はファンの回転音がかなり抑えられており、空調の効いた部屋では気にならず、この状態ではボディの発熱もほとんど感じない。

 3DMark06のデモを1時間実施し続けて高い負荷をかけてみたところ、ファンの回転が高速化して風切り音が大きくなり、左側面の排気口から温まった空気が吹き出すが、高周波音などの異音がしないため、耳障りではない。

 高負荷時におけるボディの表面温度はパームレストの左手側が33度、パームレストの右手側が27.2度〜35度、キーボードの左が36.2度、キーボードの右が34.8度、タッチパッドが37.6度まで上昇したが、パームレストに置いた左手がほんのり温かく感じる程度だ。パームレストの右手側はタッチパッド付近が温まりやすいが、キーボード使用時に右手を置く場所はクールで、左手を置く場所のほうが温かく感じる。

 底面の温度を調べてみても、排気口付近のごく一部のみ40.6度と40度をオーバーしたが、左側は37.4度、右側は36.2度におさまっていた。

“洗練”が実感できるデルの新スタンダードノート

 今回Inspiron 15Rを使ってみて感じたのは、世代を重ねることでの洗練だ。ボディデザインをはじめ、基本スペックやインタフェースの構成、ディスプレイの視認性、キーボードとタッチパッドの使い勝手、静音性と放熱性に至るまで、手堅くまとまっている。

 数年前のエントリーノートPCで見られたような「安いから仕方ない」といった妥協をユーザーに強いることがなく、目立った弱点がない。記事中では細かい不満点も挙げたが、8万円以下から購入できることを考えれば、買い得感はかなり高いといえる。

 15型クラスの液晶ディスプレイと光学ドライブを内蔵したノートPCは、最も台数が出る売れ筋モデルだけあって、多数の製品が販売されているが、シンプルで使いやすいCore i搭載ノートPCが欲しいならば、有力な選択肢の1つだろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
  10. アドバンテック、第14世代Coreプロセッサを採用した産業向けシングルボードPC (2024年04月24日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー