ニュース
» 2010年11月08日 11時45分 公開

GPU頂上決戦は「GeForceが先行」しそう古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

フェイス秋葉原本店でGALAXYのOCイベント――その影に無線映像出力技術あり!

 次世代ハイエンドGPUを待つだけでなく、現行モデルを自力で高性能化する手も(自己責任ながら)ある。その具体例を示すように、先週土曜日、フェイス秋葉原本店内ではグラフィックスカードのGPUクロックを引き上げる「オーバークロック世界大会 日本代表決定戦」がMVKの主催で開かれた。

 同社扱いのGALAXY「GF PGTX460SuperOC」のコアクロックを競うイベントで、勝者は中国で12月に開催される「2010 GALAXYオーバークロック世界大会」への出場権を手にできる。著名なオーバークロッカー・duck氏をゲストに迎え、店内は大いに盛り上がった。

「オーバークロック世界大会 日本代表決定戦」の様子

 しかし、このイベントにはもう1つ隠された見どころがあった。それが、イベントの様子を店外のモニターに表示するために稼働させていた国内未発表のカード「GeForce GTX 460 WHDI Edition」だ。HD映像を無線伝送する技術「WHDI(Wireless Home Digital Interface)」に対応したグラフィックスカードで、イベント中もトラブルなくフルHD液晶に映像を送り続けていた。

 MVKのスタッフによると、すでに生産体制は整っており、レシーバーをあわせた価格は5万円前後になるという。ただし、「WHDIは5GHz帯を使って伝送しますが、日本では電波法の関係で無線認証がまだ得られていません。認証さえ降りればすぐに売り出せる状況ですが、こればっかりは待つしかないんですよ」という事情があり、デモでの試用に留めざるを得ないとのこと。

 同スタッフは「WHDIが普及すれば、ショップのディスプレイは圧倒的に楽になります。イベントやプレゼンなどでも使えますし、個人宅でもマシン本体を机から遠く離せるようになるので、実効的な静音環境も得られやすいでしょう。すでに実用的なレベルまで完成されているので、本当に早く売りたいんですよね」とやや悔しそうに話していた。

GALAXY「GeForce GTX 460 WHDI Edition」を使ったデモ。無線で飛ばした映像データを付属のレシーバーで受け取り、モニターに表示する。遅延は1ミリ秒以下という

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.