ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グラフィックス統合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グラフィックス統合」に関する情報が集まったページです。

レノボ「Legion Go」を低消費電力モードでテストしたら、思ったよりも強かった【レビュー前編】
レノボ・ジャパンの「Legion Go」は、いわゆる「ポータブルゲーミングPC」としては後発ということもあって、ギミックとスペックの両面で高いレベルだ。しかし、それゆえに、あえて“弱く”した状態でテストしてみたくなるというのが人情である。そこで、あえて電源設定を省エネ重視とした上でベンチマークテストをしてみることにしよう。(2024/2/13)

エッジAI対応デバイスを迅速に開発できる「AMD Embedded+」アーキテクチャ登場 Ryzen EmbeddedとVersal Adaptive SoCを活用
エッジAIへのニーズの高まりを受けて、AMDがRyzen EmbeddedとVersal Adaptive SoCを併載することで高パフォーマンスと効率性を両立できるソリューションを発表した。マザーボードはODMメーカーを通して提供されるという。(2024/2/6)

先行レビュー:
3万円台から買えるデスクトップAPU「Ryzen 8000G」の実力を試す 強い内蔵GPUは明確なメリットだ
AMDの新型APU「Ryzen 8000Gシリーズ」が日本でも2月2日に発売される。内蔵GPUがとても強いことで評判だが、どのようなユーザーにピッタリなのか、実際に試して考えてみた。(2024/1/29)

家族で使うモバイルPC「LIFEBOOK MH」に2024年春モデル 16:10ディスプレイ搭載で“外でも使える”1台に
富士通クライアントコンピューティングが、家庭内での利用を想定したモバイルノートPCを一新する。ディスプレイのアスペクト比を16:10として表示できる情報量を増やした他、Webカメラのスペックアップも図っている。(2024/1/16)

CES 2024:
AMDがRDNA 3ベースのGPUと「Ryzen AI」(一部)搭載のデスクトップ向けAPU「Ryzen 8000G」を投入 「Ryzen 5000」にも追加モデルあり
AMDが、RDNA 3アーキテクチャのGPUを搭載するデスクトップ向けAPUを発売する。2020年に初登場した「Ryzen 5000シリーズ」にも、新モデルが投入される。(2024/1/9)

Ryzen 7 7840Uの快適さを気軽に持ち運べる! 600g切りのポータブルPC「ONEXFLY」を試す
ONE-NETBOOK Technologyの「ONEXFLY」は、最新のAPU「Ryzen 7 7840U」を搭載する軽量設計のポータブルゲーミングPCだ。同スペックのポータブルゲーミングPCよりも少し値は張るが、元々のスペックがより高い上に小型/軽量設計で持ち運びやすいことが特徴だ。今回は1TBストレージモデルの実力をチェックしていこう。(2023/12/25)

16型の大画面で約1.23kgを実現! Ryzen 7 7840U搭載で持ち歩ける「Acer Swift Edge 16」を試す
日本エイサーの「Acer Swift Edge 16」の最新モデルは、AMDの「Ryzen 7040Uシリーズ」を搭載しつつも、約1.23kgという超軽量設計であることが特徴だ。AIプロセッサ「Ryzen AI」を統合したAPUを搭載する上位モデルをレビューする機会を得たので、その実力をチェックしてみよう。(2023/12/21)

ついに日本上陸! レノボ・ジャパンの小型ゲームPC「Legion Go」とスリムな2画面PC「Yoga Book 9i Gen 8」の実機を触って分かったこと
LenovoのポータブルゲーミングPC「Legion Go」と、2画面2in1ノートPC「Yoga Book 9i Gen 8」が、ようやく日本で発売される。短い時間ながら実機に触れる時間が取れたので、その特徴を“深掘り”してみよう。(2023/12/7)

AMDがモバイル向け「Ryzen 8040シリーズ」をリリース Ryzen AIのパフォーマンスを改善(非対応モデルもあり)
AMDがモバイル向け「Ryzen 8040シリーズ」のラインアップを発表した。Ryzen 7040シリーズのマイナーチェンジ版だが、CPUコアとAIプロセッサの処理パフォーマンスを改善したことが特徴だ。(2023/12/7)

Edge Tech+ 2023:
イノテックがRaptor Lake-P搭載の小型産業用PCを披露、顔認証などエッジAI向け
イノテックは、「EdgeTech+ 2023」において、インテル第13世代「Core」プロセッサ「Raptor Lake-P」を搭載する産業用PC「EMBOX TypeRE1283」を参考出展した。現在開発中で、2024年中ごろをめどに市場投入する計画である。(2023/11/22)

NECPCが「LAVIE」の2023年冬モデルを発表 第13世代CPUになった「NEXTREME Carbon」など、モバイルモデルを刷新
NECパーソナルコンピュータが、個人向けノートPCの新モデルを発表した。今回は13〜14型のモバイルモデルが主役で、最新CPUの採用やアプリの改良が施されている。(2023/11/21)

AYANEOが「リメイク」をテーマにした小型PCや周辺機器を展開 2画面ポータブルや「Macintosh Classic」「NES」をモチーフにしたデスクトップPCなど
AYANEOが、レトロゲーム機/PCをモチーフとした新ブランド「AYANEO REMAKE」を立ち上げる。いにしえのデバイスのデザインをオマージュしつつ、現代の技術でよみがえらせるというコンセプトのようだ。(2023/11/14)

“2種類のPコア”でパワフルさと高効率を両立 AMDがモバイルAPU「Ryzen 5 7545U」を投入
AMDが、モバイルPC向けAPU「Ryzen 5 7545U」を発表した。同社としては初めて、2種類のCPUコアを搭載したことが特徴……なのだが、他社とは異なり“ほぼ同じ性能”のCPUコアを混載していることが差別化ポイントとなっている。(2023/11/2)

Dynabook、Ryzen 7030Uシリーズ搭載の法人向け13.3型モバイルノートPCを投入
Dynabookが、法人向け13.3型モバイルノートPC13.3型「dynabook GA83/XW」を発表した。同社が現体制になってから初めてのAMD製APU搭載モデルで、Ryzen 5 7530UまたはRyzen 7 7730Uを備えつつも、最軽量構成で約875gを実現したことが特徴だ。(2023/10/12)

「HP ZBook Firefly G10 A」は仕事のパフォーマンスを常に発揮したいハイブリッドワーカーに適したモバイルワークステーションだ
日本HPが発売したモバイルワークステーション「HP ZBook Firefly G10 A」(G10 AMDモデル)は、AMDの最新APU「Ryzen PRO 7040HSシリーズ」を搭載するエントリークラス製品だ。今回はRyzen 7 PRO 7840HSを搭載し、LTE通信機能も備える「スタンダードPlus LTEモデル」の実力をチェックしていく。(2023/9/27)

予約も受付開始:
ASUSのポータブルゲーミングPC「ROG Ally」のRyzen Z1モデルが9月21日発売 8万9800円
ASUS JAPANのポータブルゲーミングPC「ROG Ally」のエントリーモデルが、いよいよ登場する。CPUのスペックを抑えることでより手頃な価格を実現したことが特徴で、その他のスペックは先行発売された上位モデルと同様だ。よりカジュアルなゲーミング用途に最適とされている。(2023/9/18)

PR:「Microsoft 365 Personal」の1年ライセンス付きで6万円弱! マウスコンピューターのノートPC「mouse A4-A3A01SR-A」の魅力に迫る
マウスコンピューターの14型スタンダードノートPC「mouse A4-A3A01SR-A」に、Microsoft 365 Personalの1年間ライセンスが付帯する新モデルが登場した。6万円を切るお手頃さが魅力の本機の特徴をチェックしてみよう。(2023/8/28)

約28万円から:
G-Tuneから16型ノート「G-Tune E6」登場 約22.8mmの薄型ボディーに240Hzディスプレイを搭載
マウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」から、Ryzen 7 7840HS搭載のゲーミングノートPCが登場した。スタンダードモデルと比べると約3.5mm薄いボディーを実現しており、240Hzの高速駆動対応のディスプレイも搭載している。(2023/7/14)

ASUSの「ROG Ally」は良コスパで他のポータブルゲーミングPCとはひと味違うドッキング機能を備えた1台だった
ASUS JAPANが6月14日に発売したポータブルゲーミングPC「ROG Ally」の上位モデルは、“エライ”よく売れているようである。本当に“アリー”な選択肢なのかどうか、ガッツリとレビューしてみよう。(2023/6/24)

ハイビーム、Ryzen 7を採用した8型ポータブルゲーミングPC「AOKZOE A1 Pro」の取り扱いを開始
天空は、AOKZOEブランド製8型ポータブルゲーミングPC「AOKZOE A1 Pro」の取り扱いを発表した。(2023/6/15)

搭載モデルはまもなく登場:
x86初のAIプロセッサ「Ryzen AI」は何がスゴイのかAMDが説明 市場投入第1弾は「Razer Blade 14」
AMDが、Ryzen 7040シリーズのハイエンドに当たる「Ryzen 7040HSシリーズ」の説明会を開催した。同シリーズは全モデルに「Ryzen AI」というAIプロセッサを搭載しているが、どのような特徴を持っているのだろうか。説明会の内容をもとに解説する。(2023/6/15)

Zen 4アーキテクチャの「Ryzen PROプロセッサ」登場 モバイル向けは一部を除きAIプロセッサを搭載
AMDが企業向けの管理/セキュリティ機能を強化したCPUを発表した。モバイル向けの「Ryzen PRO 7040シリーズ」は、エントリーモデルを除き機械学習ベースのAIを処理するための専用プロセッサを搭載しており、オンデバイスAI処理が高速にこなせることが特徴だ。(2023/6/13)

待望のAppleシリコン化なのに…… 「Mac Pro」の実物を見て感じてしまった“チグハグ”さ
最後のIntelチップ搭載マシンだった「Mac Pro」がApple Silicon化した。「Mac Studio」と同じく「M2 Max」「M2 Ultra」を搭載するが、実機を見て違和感を覚えた。コンセプトがチグハグなのだ。(2023/6/7)

PR:15.6型で実測1.4kg切り! 「ASUS Zenbook 15 OLED UM3504DA」は新しいライフスタイルにフィットする有機EL採用の大画面モバイルPCだ
ASUS JAPANの「ASUS Zenbook 15 OLED UM3504DA」は、キレイで見やすい15.6型有機ELディスプレイを搭載しながらも、厚さが約14.9〜16.45mmという薄型デザインで、重量も約1.55kgと持ち運びやすくなっていることが特徴だ。夏商戦に旋風を巻き起こしそうな同モデルの魅力をじっくりチェックしてみよう。(2023/6/8)

Dimensity AutoにGPUを統合:
NVIDIAとMediaTek、車載用SoC開発で協業
NVIDIAとMediaTekは2023年5月、車載用SoCの開発で協業すると発表した。ソフトウェアで定義される車室内システムに向けて、MediaTekが開発する車載用SoCとNVIDIA製GPUチップレットやAI機能などを統合し、自動車メーカーなどに提供していく。(2023/5/31)

NECPCがRyzen 7030シリーズ搭載の液晶一体型デスクトップPCを投入 8型/9型Androidタブレットの新モデルも
NECパーソナルコンピュータ(NECPC)が、最新のRyzen 7030シリーズプロセッサを搭載の23.8型/27型液晶ディスプレイを備える液晶一体型デスクトップPCの新モデルを投入する。2基のTVチューナーを内蔵するモデルも用意している。合わせて、8型/9型Androidタブレットの新モデルも登場する。(2023/5/16)

Ryzen Z1シリーズ搭載:
ASUSがフルHDゲームも快適なポータブルゲーミングPC「ROG Ally」を正式発表 米国とカナダで受注開始 599ドルから
ASUSが以前からチラ見せしていたは、7型ポータブルゲーミングPC「ROG Ally」が正式発表され、スペックの詳細が明らかとなった。まず米国とカナダでの発売が決定し、他国での展開は後日発表されるという。(2023/5/12)

薄型モバイル向け「Ryzen 7040U」登場 Zen 4+RDNA 3にRyzen AI(一部)で「Apple M2やCore i7-1360Pよりも高速」
AMDのモバイル向けAPU「Ryzen 7040シリーズ」に、メインストリームの「Uプロセッサ」が登場する。AIプロセッサは上位製品にのみ搭載されるが、CPUコアやGPUコアのパフォーマンスアップは、全ての製品に恩恵があるようだ。(2023/5/8)

パッドを外してSurfaceみたいに使える「ONEXPLAYER 2」は快適? 「バイオハザード RE:4」をプレイしてみた
中国ONE-NETBOOK Technology製ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER 2」は、先代と同じ外観を継承している……と思いきや、パッド(コントローラー)を外せるようになったことが特徴だ。内蔵GPUが比較的強力なRyzen 7 6800Uを採用することで、ゲーミング性能も高めている。実際に、本機でゲームをプレイするとどうなるのか、簡単に試してみよう。(2023/4/27)

「Ryzen Z1プロセッサ」登場 ポータブルゲーミングPCに最適化 搭載第1弾は「ROG Ally」
AMDがポータブルゲーミングPCに最適化したAPUを投入する。ASUSが既に発表済みのポータブルゲーミングPC「ROG Ally」への採用が決まっており、搭載製品は同モデルの発売を皮切りに順次登場する見通しだ。【更新】(2023/4/26)

サステナビリティーにも配慮:
「薄さ10.9mm」「外部GPU搭載14型モデル」など見どころたくさん! 「ASUS Zenbookシリーズ」の2023年春夏モデルが登場 4月21日から順次発売
ASUS JAPANのプレミアムノートPC「Zenbook(ゼンブック)」の2023年春夏モデルが一挙に発表された。一番早いモデルは4月21日(発表当日)から販売を開始しているが、今回の新モデルはサステナビリティーに対する取り組みを強化していることが特徴だ。(2023/4/21)

「Radeon」の開発方針は? なぜ「超ハイエンドGPU」で勝負をしない? 「競合」との関係は? AMDのキーマンに聞く
AMDが12月にリリースした「Radeon RX 7000シリーズ」のハイエンドモデルは、比較的手頃で消費電力が控え目であることが特徴だ。しかし、競合のNVIDIAのハイエンドGPUと比べると絶対的な性能は及ばない。なぜ、AMDはCPUと同じように“絶対的な性能”で勝負を挑まないのだろうか。AMDのキーマンに話を聞いた。(2023/3/10)

CPUクーラー付き:
2020年7月に登場した「Ryzen 3 4300G」の一般販売が始まる 実売価格は1.6〜1.8万円程度
AMDが2020年7月に発売したAPU(GPU統合型CPU)である「Ryzen 3 4300G」が、低価格なパッケージCPUとして一般販売されることになった。CPUクーラーを付属しているため、低コストな自作PC製作にピッタリといえるだろう。(2023/3/10)

MWC Barcelona 2023:
ThinkPadの主要モデルに2023年モデル 第13世代CoreプロセッサやRyzen 7000シリーズを搭載して性能アップ
2022年末に発表されたフラグシップモデルに続いて、ThinkPadの主要モデルの2023年モデルも発表された。早いものはEMEA地域で4月から順次発売される予定だが、日本での展開は未定である。(2023/2/27)

MWC Barcelona 2023:
Ryzen搭載のフラグシップ「ThinkPad Z13/Z16」が第2世代に 基本スペックを底上げ
LenovoがAMDプロセッサ専用モデルとして用意した「ThinkPad Z13」「ThinkPad Z16」が、APU(GPU統合型CPU)を刷新してモデルチェンジする。基本的なコンセプトは先代と変わらないが、Z13のブロンズモデルの天板が亜麻繊維由来のものに変更されている。(2023/2/27)

予約特典(値引き+粗品)あり:
ライバルはSurface? テックワンが携帯ゲーミングPC「ONEXPLAYER2」を3月31日に発売 16万6000円から
テックワンONE-NETBOOK Technology製のポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER2」の取り扱いを決定した。UMPC専門店「ハイビーム」では3月31日の発売を予定しており、2月9日から先行販売予約を受け付けている。(2023/2/9)

CES 2023:
旧アーキテクチャで“手頃かつ速い”ノートPCを実現 AMDが「Ryzen 7030/7035シリーズ」を発表
AMDが、過去の「Barcelo(Ryzen 5000シリーズのマイナーチェンジ版)」「Rembrandt(Ryzen 6000シリーズ)」をリフレッシュした新型APUを投入する。過去のアーキテクチャを活用することで、「手頃かつ速いノートPC」の登場を促す狙いがある。【訂正】(2023/1/6)

モバイル向けで16コア32スレッドを実現した「Ryzen 7045HXシリーズ」登場 モバイル向けGPU「Radeon RX 7000M/Sシリーズ」も
AMDの最新CPUアーキテクチャ「Zen 4」が、いよいよモバイル向けに登場する。「Ryzen 7045HXシリーズ」は、デスクトップ向けのRyzen 7000シリーズに近い設計となっており、より高いパフォーマンスを求めるエンスージアスト向けAPUだ。合わせて、RDNA 3アーキテクチャを採用するモバイル向けGPU「Radeon RX 7000M/Sシリーズ」も登場する。(2023/1/5)

CES 2023:
AI処理パフォーマンスを大きく改善 4nmプロセスのモバイルAPU「Ryzen 7040シリーズ」登場 搭載製品は3月以降に登場
AMDの最新CPUアーキテクチャ「Zen 4」が、いよいよモバイル向けに登場する。メインストリームとなるRyzen 7040シリーズでは、CPUコアが4nmプロセスとなり省電力性能が高まった他、最新の「RDNA 3アーキテクチャ」のGPUや独立したAIアクセラレーターも統合していることも特徴だ。(2023/1/5)

CES 2023:
HPが個人向けDragonflyやChromebookの新モデルを複数発表! ビジネス向けDragonflyは第13世代Coreを採用
CES 2023に合わせて、HPがコンシューマー/ビジネス向けPCを一挙に発表した。この記事では、特に注目すべきモデルを紹介していく。(2023/1/4)

Ryzen 7 6800Uでゲームもサクサク! 天空が「GPD WIN 4」の仮予約を開始 2023年春発売 実機をチェック!
天空がポータブルゲーミングPC「GPD WIN 4」の取り扱いを決定した。現時点では2023年4〜5月の発売を予定しており、発売に先駆けた先行予約(仮予約)の受付を行っている。(2022/12/28)

オーバークロック対応:
ハイビームがポータブルゲーミングPC「AYANEO 2」「AYANEO GEEK」の予約販売を開始 予約特典もあり
ハイビームがAYANEO製の新型ポータブルゲーミングPC「AYANEO 2」「AYANEO GEEK」の予約販売を開始した。最新のRyzen 7 6800Uを搭載しており、よりパフォーマンスを高めるための「オーバークロック」にも対応したことが特徴だ。(2022/12/15)

創り出すDX データで築く、新しい未来:
PR:人工衛星データの活用でマーケティングを変える! 電通グループが挑む需給最適化
DX支援を注力領域の一つとして掲げる電通グループ。「創り出すDX データで築く、新しい未来」と題し、最新テクノロジーを活用する現場の取り組みを紹介する。今回は「人工衛星データ」を活用した新たなマーケティング方法とその将来性について尋ねた。(2022/12/8)

約398gでRyzen 5 5560U搭載! 持ち運べるゲーミングPC「AYANEO AIR」を使ってみた
中国AYANEOが開発したポータブルゲーミングPC「AYANEO AIR」は、わずか約398gのボディーにAMDの「Ryzen 5 5560U」を搭載している。とはいえ、ゲーミングPCとしては少しCPUが弱いようにも思えるが、実際にゲームを楽しむことはできるのだろうか。スタンダードモデルを使って検証してみよう。(2022/11/4)

「Intel Arc A380」は「ストリートファイターV」をプレイするのに十分な性能なのか
Intelから実に22年ぶりとなるグラフィックスカード「Intel Arc」シリーズが発売された。そのエントリーモデルとなる「Intel Arc A380」を使ってストリートファイターVを満喫することはできるのだろうか。(2022/10/20)

メルマガ登録で割引あり:
Ryzen 7 6800U搭載ポータブルゲーミングPC「AOKZOE A1」が日本上陸 ハイビームが11月25日に発売
ハイビームが、中国AOKZOE(エーオーケー・ゾーイ)製のRyzen 7 6800U搭載ポータブルゲーミングPCを発売する。10月20日までにハイビームのメールマガジンを購読すると、5000円引きで購入できるクーポン券がもらえるという。(2022/10/18)

9月30日19時発売:
Zen 4アーキテクチャの“実力”は? 「Ryzen 7000シリーズ」の性能を先行チェック!
AMDが、Zen 4アーキテクチャを採用する新型デスクトップPC向けCPU「Ryzen 7000シリーズ」を9月30日19時に発売する。それに先駆けて、今回の新製品を試す機会を得たので、その実力をチェックしていこう。(2022/9/26)

まずはハイエンド製品から:
最大5.7GHz駆動で競合を打破――AMDが「Ryzen 7000シリーズ」を正式発表 米国では9月27日発売
AMDがことあるごとに“チラ見せ”してきたRyzen 7000シリーズが、いよいよ正式発表された。まずはハイエンド製品でGPUを統合していない「Xシリーズ」から登場することになるが、その“エントリー”製品でも第12世代Coreプロセッサの最上位製品と同等かそれ以上のゲーミング性能を発揮できるという。【更新】(2022/8/30)

実機写真あり:
天空が10.1型ゲーミングPC「GPD WIN Max2(AMD)」を10月末から出荷 16万3400円から
天空のECサイト「GPD Direct」において、GPD製のポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max2」の予約販売が始まった。当初はIntelモデルとAMDモデルが登場する予定だったが、人気の差からAMDモデルのみの販売となる。早期予約者にはケースも付属する。(2022/8/17)

モバイルワークステーション「ThinkPad Pシリーズ」にRyzen PRO 6000シリーズ搭載モデル登場
Lenovoがモバイルワークステーション「ThinkPad P15v Gen 3」「ThinkPad P14s Gen 3」のAMDモデルを発表した。AMDモデルの投入によって、CADや映像処理における選択肢を広げる目的があるという。(2022/8/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。