ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グラフィックス統合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グラフィックス統合」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Interop Tokyo 2019直前特集(1):
セグメントルーティング、あらためてどのようなメリットを持つ技術なのか
コアネットワークの関係者に知られるようになってきた技術として、「セグメントルーティング」がある。標準化および製品の対応が進み、通信事業者やクラウド事業者、Webデータセンターの間で、導入が広がりつつある。本記事では、2018年11月に東陽テクニカが開催した「Core Router Summit in TOKYO 2018」における講演をダイジェストする形で、この技術の仕組みやメリットについてお届けする。(2019/5/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
5.1GHzで動く選別品Core i9-9900Kと水冷マザーの20万円セットが話題に
選別品のCore i9-9900Kをセットにしたギガバイトのマザーキット「Z390 AORUS XTREME WATERFORCE 5G」が各ショップで話題を呼んでいる。また、人気PCケース「Sonata Proto復刻版」なども登場している。(2019/5/28)

CES 2019:
AMDプロセッサ搭載Chromebook、まずはAcerとHPから
AMDのAPU搭載ChromebookがまずはHPから1月に、Acerから2月に発売される。HPの「Chromebook 14」は269ドル(約2万9000円)から、Acerの「Chromebook 315」は279.99ドルからだ。(2019/1/7)

CES 2019:
AMDが第2世代「Ryzen Mobile」を発表 Chromebook向け「AMD A4/A6」も登場
AMDが第2世代「Ryzen Mobile Processors with Radeon Vega Graphics」を発表。合わせて、Chromebookにターゲットを絞り込んだエントリープロセッサも披露した。(2019/1/7)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(ベンチマーク編)
レノボ・ジャパンの薄型ノートPC「ideapad 720S」には、AMD Ryzenを搭載するモデルが用意されている。その上位構成をベンチマークテストしてみた。結果やいかに。(2018/7/6)

薄くてスタイリッシュ! Ryzen搭載ノートPC「ideapad 720S」(AMDモデル)を試す(外観編)
AMDの「Ryzen Mobile APU(CPU+GPU)」を搭載するノートPCが登場し始めた。今回は、その低消費電力性を生かしたレノボ・ジャパンのノートPC「ideapad 720S(AMDモデル)」の外観をレビューする。(2018/5/9)

パデュー大学との提携強化も:
Intel、シリコンレベルのセキュリティ技術「Intel Threat Detection Technology」と「Intel Security Essentials」を発表
Intelは、セキュリティ脅威の検知を支援するシリコンレベルの機能セット「Intel Threat Detection Technology」と、Intelプロセッサに組み込まれるセキュリティの機能セット「Intel Security Essentials」を発表した。(2018/4/18)

12nm CPUや7nm GPU含め:
AMD、GPU/CPUの新ロードマップを発表
AMDは「CES 2018」のプレスカンファレンスにおいて、CPUとGPUのロードマップを発表。12nmプロセスCPUと7nmプロセスGPUの計画の詳細を明らかにした。(2018/1/12)

「USB 3.2」で何が変わる? 知っておきたい2018年のPC注目技術
2017年は特にPCのハードウェアが大きく進化した1年だったが、2018年はどうだろうか。2018年の製品に導入されることを期待したい注目技術をまとめる。(2018/1/5)

頭脳放談:
第210回 IntelがAMDのGPUを採用した理由はNVIDIA?
IntelがAMDのGPUを搭載したモジュールを発表した。IntelとAMDはご存じの通り、x86プロセッサではライバルだ。そのライバル同士が手を結んだ理由は? 背景を探る。(2017/11/22)

CPU性能が200%アップ!? 「AMD Ryzen Mobile」特徴まとめ
Ryzenが薄型ノートにやってくる!!(2017/10/31)

ThinkPadとYogaの良いとこ取り
徹底レビュー:2-in-1でも“あのThinkPad” 「ThinkPad Yoga 370」は万能か
Lenovo製2-in-1タイプのYogaシリーズ新作は、前作Yoga260から第7世代CPU搭載、バッテリー増加と確実な進化を遂げている。グラフィックスや重量など気になる点も含め徹底レビューする。(2017/9/24)

前世代よりも40%高速は本当か
Intel第8世代“ノートPC向け”プロセッサ、4モデル性能を比較
2017年9月からノートPCに組み込まれる予定のIntel第8世代Coreプロセッサ。ノートPC向けのUシリーズでも4コア/8スレッドを搭載するなど処理速度を高速化し、4K動画再生性能やバッテリー接続時間も向上している。(2017/9/10)

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負
Ryzen 3兄弟の末弟「Ryzen 3」が登場。ベンチマーク比較の結果は……(2017/7/31)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
AMDがノートPC向けに「Ryzen Mobile」を開発 2017年後半に搭載PC登場予定
ノートPC向けの「Ryzen(ライゼン)」がついに登場する。AMDが開発中の「Vega」ベースのGPUを統合した「APU」タイプのプロセッサで、先代のAPUと比較して「処理能力」と「省電力性」の双方を改善したことが大きな特徴だ。(2017/5/31)

コーレル、統合型グラフィックスソフト「CorelDRAW Graphics Suite 2017」の提供を開始
コーレルは、同社製統合型グラフィックスソフト「CorelDRAW Graphics」の最新バージョンを発表した。(2017/4/12)

自作PC市場における期待の新星:
反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる
Intelに対し、Bulldozer以降劣勢だったAMDが反転攻勢をかけるこの瞬間を、ベンチマークとともに確かめてみたい。Core i7-7700Kとの対決では、Ryzen 7勢がCPU性能で圧倒した。(2017/3/11)

情報化施工:
住宅向け地盤調査、人の経験と勘頼みから脱却
地盤ネットホールディングスは、戸建住宅向けの地盤調査を、自動で行えるシステムの開発に着手する。従来、人の経験や勘で判断していた土質の評価に統一基準をつくり、効率良く、かつ高精度に調査を行えるようにする狙いだ。(2017/3/10)

エネルギー列島2016年版(19)石川:
農地を太陽光発電で再生、能登半島に新たなエネルギーの風が吹く
石川県の能登半島では農作物の栽培に使われなくなった耕作放棄地の増加が課題になっている。放棄地を集積・整備して農業と太陽光発電で再生させる新たなモデル事業が始まった。冬の寒さが厳しい半島にメガソーラーが広がり、風力発電や木質バイオマス発電のプロジェクトも動き出した。(2016/8/30)

PCのノウハウに長けた“彼ら”だから可能になった:
PR:自遊空間が導入した「GTX 980搭載 GALLERIA」ネットカフェ特化モデルの秘密に迫る
これはただのハイエンドゲーミングPCではない。ある意味、最も過酷で最もデリケートな環境でも安心してゲームができる、違いの分かるゲーミングPCなのだ。(2015/8/21)

重さ2.3キロのタブレットは「かなり使いづらい」
徹底レビュー:15インチのノートPCがタブレットになる 「ThinkPad Yoga 15」の“振り切り”がスゴイ
折り畳みデザインという多用途性に関心がある場合、Lenovoの「ThinkPad Yoga 15」は、他の15.6インチのビジネスモデルのノートPCに代わる選択肢となるだろう。(2015/8/16)

酷暑の夏だから空と湖に癒されたい:
Skylake「Core i7-6700K」の性能をMSIの「Z170A GAMING M7」で確かめる
動作クロックは定格でDevil's Canyonと同じ、ターボでやや低め。統合グラフィックスコアはBroardwellのIris Proにあらず。その微妙な構成の実力やいかに。(2015/8/5)

「小さなもの」から「大きなもの」へシフトする:
AMDは失地を回復できるのか──AMD CEOに聞く
AMDがその戦略を大きく変えようとしている。この大胆な“転進”を推し進めていくキーマンは、生粋のエンジニアだったりする。(2015/7/15)

Kはもっと高クロックで高性能でなければならぬ:
インテル、デスクトップPC向け“Broadwell”の概要を紹介
BroadwellのHなのかKなのかCなのか。その疑問に答えが出た。(2015/6/24)

ゲームでも本気みせるぜ:
Intel、最適設定をゲームタイトルごとに伝授する「Gameplay.intel.com」を開設
Iris Pro 6200などの最新ドライバのダウンロードサービスや、Raptrへのリンクも用意。もちろん、日本語でOK。(2015/6/11)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(15):
複数のルーティング手法とルーティングプロトコルの比較
シスコシステムズの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回は「ルーティング」と「ルーティングプロトコル」について学習します。(2015/5/28)

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」(9):
高性能デジタル編:PCとモバイルを牽引する最先端プロセッサ
ISSCC最大の注目分野。それが「高性能デジタル」である。それだけに注目すべき発表は多い。今回は、IBMやOracleのサーバ向けの大規模プロセッサや、シリコンダイに固有な信号であるPUFを使ったセキュリティ向けの技術といった講演を紹介したい。(2015/1/14)

組み込みにグラフィックの力を:
PR:画像処理パフォーマンスが武器、組み込み機器へ多彩な選択肢を用意するAMD
PC向けx86 CPUのイメージが強いAMDだが、元来はさまざまな製品を手掛けるベンダーであり、近年ではARMコアの採用を発表するなど、組み込み機器への注力を強めている。多彩な製品と強力なグラフィック処理、この2つを武器に積極的な事業展開を行う日本AMDに話を聞いた。(2014/10/21)

日本HP、2014年冬モデルデスクトップPCを発売
液晶一体型PCでは新デザインの21.5型ディスプレイモデルが登場。既存モデルもCPUをはじめとして基本スペックを強化した。(2014/9/17)

あのCeleron 300Aの再来か!:
20周年記念の「Pentium G3258」で気軽に遊ぶ
Pentiumの20周年記念モデルは、8000円前後の実売価格とCPU倍率変更アンロックモデルという、いろんな意味で“気軽なCPU”を楽しんでみた。(2014/8/5)

“2段階切り替え”TDPより注目したいこと:
「A10-7800」で省電力なKaveriの存在意義を考える
AMDから“Kaveri”世代の新製品「A10-7800」が登場した。ポイントはTDPが65ワットとこれまでのA10-7000番台より省電力タイプとなっているところだ。(2014/7/9)

いま売れているのはデスクトップ:
eX.computer デスクトップPCのベストバイ「AeroSlim」「AeroStream」
多彩なモデルをそろえるeX.computerのラインアップ。いざ選ぼうとするとけっこう迷う。そこで、今人気が高いデスクトップPCからベストなモデルを紹介する。(2014/7/4)

AMD、TDPが切り替え可能な「A10-7800」発表
日本市場で世界で最も早く出荷するという。(2014/7/3)

取り急ぎ、Devil's CanyonでPCMark 8を:
発売直前! 「Core i7-4790K」速攻レビュー
“Devil's Canyon”こと「Core i7-4790K」は、まもなく発売。ここでは、Devil's Canyonの特徴を整理して、その実力を速報として紹介する。(2014/6/13)

2014年PC夏モデル:
半年ぶりの新モデルで何が変わった?──「LaVie Z」
薄型軽量ノートPCという主流において、確固たるポジションを確立している「Lavie Z」。「モックアップ?」と思うほどに軽量なこのシリーズに新モデルが登場した。(2014/4/24)

注目製品/蓄電・発電機器:
LPガスボンベ向けの発電機、防災用途に役立つ
ホンダ、2014年6月発売(2014/4/21)

省電力サーバの未来
HP Moonshotサーバは電力コスト問題の福音となるか?
迫り来るエネルギー問題への取り組みとして新しいサーバが開発されている。このサーバは、データセンターのハードウェアよりもノートPCとの共通点を多く備えている。(2014/2/14)

注目PCレビュー:
「Radiant VX1300A88」――新型APU「Kaveri」搭載で6万円台のコスパモデル
サイコムのRadiantシリーズに、AMDの最新APUを採用したミニタワーモデル「Radiant VX1300A88」が登場。A10-7850K搭載モデルをチェックした。(2014/2/7)

プロセッサ/マイコン:
新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【前編】
2014年1月14日、ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」(Heterogeneous System Architecture)をハードウェアレベルで初めてサポートするAMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。HSA対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveriを中心に、HSAの現状と今後を探る。(2014/2/6)

Computer Weekly:
HP Moonshotサーバは電力コスト問題の福音となるか?
迫り来るエネルギー問題への取り組みとして新しいサーバが開発されている。このサーバは、データセンターのハードウェアよりもノートPCとの共通点を多く備えている。(2014/2/5)

「VDI」ではなく「HDI」用のサーバも発表:
サーバ機の付加価値は変わった、HPの新たな取り組み
ヒューレット・パッカード(HP)は、サーバ関連事業における自社の付加価値のあり方を、根本的に変えようとしている。日本HPは1月9日、、Project Moonshotの新製品を発表するとともに、自社サーバ事業の大幅な再編について説明した。(2014/1/10)

日本HP、Moonshotサーバに新モデル 事業体制も刷新
高密度サーバシステム「HP Moonshot」に、デスクトップとWeb向けの2モデルが加わった。また、サーバ事業体制も3グループに再編したことを明らかにした。(2014/1/9)

新旧比較:
Haswell搭載NUC見参!! USB 3.0とGbEで「可能性」が大幅アップ!
インテルが超小型PC「NUC」を発売して約1年、そのNUCに待望のHaswell搭載モデルが追加された。IvyBridgeを搭載した前製品と、Haswellを搭載する今回の製品、パフォーマンスの違いを見てみよう。(2013/12/6)

ビジネスニュース:
Xbox OneとPS4、本体販売でもうかるのはXbox One
2013年11月は、注目の最新ゲーム機が相次いで発表された。マイクロソフトの「Xbox One」とソニーの「プレイステーション 4」だ。製品の分解を手掛けるUBM TechInsightsによると、コンソール自体の販売利益は、Xbox Oneの方が大きいという。(2013/11/26)

PS4もXbox OneもAMDはいってる:
2013年末、いよいよ“新生AMD”が新たなステージへ
2012年に経営陣を刷新し、ビジネスの転換を図ってきたAMDだが、いよいよその新しいビジネスモデルが本格的に稼働しそうだ。(2013/6/27)

コスパ重視なら:
「Richland」はリッチなパフォーマンスを見せてくれるのか
“Haswell”解禁でPC業界が慌ただしい中、AMDも第3世代デスクトップPC向けAPU「Richland」を投入。早速ベンチマークテストで性能を検証するぞ!!(2013/6/6)

自作派必読:
第4世代Coreの性能は? 「Core i7-4770K」で速攻検証!!
“Haswell”こと第4世代Coreプロセッサーで自作マシンを組むなら、まず気になるのがその性能だ。見せてみろ新世代CPUの実力とやらを!(2013/6/2)

第2世代の省電力CPUコア“Jaguar”でIntelを追撃:
AMDが次世代APUを発表、タブレットや薄型ノートPC向けに省電力化を加速
AMDは“Temash”と“Kabini”の開発コード名呼ぶ省電力APUを、新しいAMD Aシリーズの下位モデルとして追加。また、上位モデルでは現行のAMD Aシリーズで採用するTrinityコアの改良版となる“Richland”に移行することで、パフォーマンスアップを図る。(2013/5/23)

性能は2倍以上:
Intel、第4世代Coreの統合グラフィックス上位版を「Iris」と命名
“Haswell”の統合グラフィックスについて、IDF Beijing 2013で公開されたeDRAM搭載版などの上位モデルに「Iris」(アイリス)の名称が使用されることが分かった。(2013/5/2)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「プレイステーション 4」の成功に必要なもの
PS4の発表で強調されたのはハードウェア性能ではなく、ゲーム開発の容易さ、楽しく簡単にゲームが遊べる環境を作る仕組みだった。それらはPS4を成功に導くだろうか。数々の名作ゲームを生み出した稲船敬二氏にヒットするゲーム機の条件を聞く。(2013/2/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。