ニュース
» 2010年11月29日 11時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「“ロム専”の人気を奪えますかね?」――BDXLモデル登場でパイオニア製品が値下げ (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

IPSで2万円切りのフルHD液晶や流行りのピュアホワイトケースなど

LEG電子「IPS226V」と「IPS236V」

 液晶ディスプレイの新製品で目立っていたのは、LGエレクトロニクスのフルHD液晶だ。広視野角なIPSパネルと高輝度なLEDバックライトを採用しながら低価格なのが特徴で、21.5型ワイドの「IPS226V」は2万円弱、23型ワイドの「IPS236V」は2万4000円弱で売られている。入荷数は多いものの、21.5型ワイドモデルを中心にヒットしており、まもなくの品薄状態を予想する声も一部に上がっていた。

 ツートップ秋葉原本店は「高画質でLEDライトまで使ってここまで安いですからね。応答速度もそこそこ高いのでゲーム需要もそれなりにありますが、写真や動画をきれいに見たいという一般的なニーズをつかんでいる印象です。日本向け限定でVESA規格対応のネジ穴を設けているのもポイントでしょう」と話していた(関連レビュー:「IPS236V」実力診断――2万円台前半で買える新IPSパネル搭載の23型フルHD液晶)。

 PCケースの注目株は、Fractal DesignのATXケース「Define R3 Arctic White」だ。7月から出回っている「Define R3」のホワイトモデルで、価格は1万4000円弱となる。電源は非搭載で、フロントパネルやサイドパネルに吸音材をあてがっているのが特徴だ。ソフマップ秋葉原本館は「静音性が高く、細部の作り込みも上々です。それ以上に、やはりピュアホワイトのボディが特徴といえるでしょうね。最近急にピュアホワイトモデルが目立つようになってきました。女性の人気が高いからですかね。まあ、好きな人には強烈なアピールになっていると思います」と語る。

 もう1つ、ユニットコムの液晶一体型マシン「Lesance Crimson-e」も、系列店のツートップ秋葉原本店でヒットしていた。18.5型ワイドのフルHD液晶の背面にAtom N450や160GバイトHDD、1Gバイトメモリなどのパーツを内蔵しながら、全体の厚みを34ミリに抑えているのが特徴だ。価格は3万9800円。同店は「Netbookの底面部分をそのまま液晶の裏側に配置したような作りになっています。仕様もNetbookに近いですが、Windows 7 Home Premiumをプリインストールしていて、液晶もフルHDと実用度は上がっています。それでいて4万円を切っているので、おかげさまでご好評をいただいております」と人気ぶりを喜んでいた。

Fractal Design「Define R3 Arctic White」(写真=左)。ユニットコム「Lesance Crimson-e」(写真=中央/右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう