コラム
» 2011年01月14日 18時14分 公開

“負の遺産”を断ち切る:「Mac App Store」はソフトウェア産業を21世紀へと誘う (2/5)

[林信行,ITmedia]

アプリケーションの入手、インストール体験の革命

 それでは、ここからはMac App Storeのメリットを、いくつかの異なる視点から考察してみよう。まずは、Mac App Storeがどのような体験を変えようとしているのかだ。

 ITmedia読者の大半は、すでにPCにも慣れすぎていて覚えていないかもしれないが、実はPCへのソフトウェアのインストールというのは案外大変だ。CD-ROMからのインストールなら、CDを挿入すると自動的に開くウィンドウからインストーラを立ち上げるだけだが、それでもアプリケーションがどこにインストールされたのか分からない初心者は多い(そもそもインストーラを立ち上げる、ということが理解できないかもしれない)。

 インターネットから、シェアウェアやフリーウェアをダウンロードするのは、さらに大変だ。Webサイトによっては、すぐにダウンロードリンクが見つからないこともある。うまく見つかってクリックしても、今度はそれがローカルのどこに転送されたのか分からないことが多い。

 仮にダウンロードファイルを見つけられたとしても、そこは難しさの序章に過ぎなかったことに気付かされる。例えばあなたは、PCの知識がない初心者に圧縮ファイル、イメージファイルといった難しい言葉や概念を簡単に説明することができるだろうか。マウス操作だけでも必死な彼らは、そもそもどうしてそんな難しいプロセスを経ないといけないのか理解できるだろうか。また、圧縮ファイルやイメージファイルを経てのインストールには、これら不要ファイルの残骸が残るわずらわしさもある。

 中上級者が、すっかり慣らされてしまったインターネット経由でのソフトのダウンロードとインストールは、冷静な目で改めて見ると、「ソフトの入手と利用」という本筋から外れた余計な手間や難しい概念、そしてわずらわしさのオンパレードであることに気付かされる。

 そして、これをきれいさっぱりなくしたのがiPhone/iPadのApp Storeだった。欲しいアプリを検索して、見つけたら金額(あるいは無料)と書かれたボタンを押す。後は待つだけの全自動でアプリケーションのアイコンがiPhone/iPadの見やすい場所に現れる。これがアプリケーションが毎秒200本以上のペースでダウンロードされるApp Storeの魅力だ。

 Mac App Storeは、これをきれいに真似て、ボタンを押せば後はちょっと待つだけですぐにアプリケーションのアイコンが現行Mac OS Xではドックに、そしてMac OS X LionではiPadのホーム画面に似たLaunch Padに追加される。これは1度慣れてしまうと、もう元に戻れないPCソフトウェア市場の革命だ。

 すでにインターネット経由のシェアウェアのダウンロードに慣れていて、手間に感じていない人には「“革命”は大げさじゃないか」という人がいるかもしれない。しかし、もしあなたがMacを複数台持っていたら、是非もう1台のマシンでもMac App Storeを起動してほしい。Mac App StoreはあなたのApple IDとひも付けして、これまでに購入したアプリケーションをすべて覚えていてくれて、必要ならば再インストールも行ってくれる(後述するがインストール後のアクティベーションなどの作業も不要だ)。これはつまり、あなたのMacのHDDがクラッシュした後も、新しいマシンに乗り換えた後も、愛用アプリケーションをすぐに使える状態でそろえられるということを意味している。

 こうした体験を積み重ねるころには、これまでのソフトのオンライン流通が原始時代のできごとのように見えてくることだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう