PC USER Pro
レビュー
» 2012年03月12日 16時30分 公開

“第4世代”の進化はホンモノか?――「Let'snote NX1」徹底検証これぞ日本の戦うモバイルPC(5/5 ページ)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

高解像度液晶と薄型化で魅力を増した定番モバイルノート

ちなみに、Let'snoteシリーズは全機種がパナソニックの神戸工場で国内生産されている

 今回試用したLet'snote NX1の店頭向けモデルであるCF-NX1GEADRは、家電量販店での実売価格が19万5000円前後だ。HDD搭載の12.1型モバイルノートPCとしてはかなり高価だが、このLet'snote NX1には単純な基本スペックの比較だけで語れない魅力が数多く備わっている。

 標準で2種類ずつのバッテリーとACアダプタを使い分けることができる高い携帯性、バッテリー駆動時間の追求、従来よりも薄くフラットに仕上げながらも、相変わらず段違いの安心感を提供する堅牢性、優れた入力環境、高解像度の液晶ディスプレイ……。やはり、このLet'snote NX1もまた、オンリーワンの付加価値を備えた製品に違いない。

 特に、12.1型ワイドながら1600×900ドット表示に対応した高解像度の液晶ディスプレイはインパクトが大きい。

 高解像度表示、特に縦解像度に対するビジネスユーザーや中級者以上のニーズは確実に存在し、この選択は利便性を考えれば必然であり、普通のことでもあるのだが、コストを含め、もろもろの事情でその普通のことができない製品が増えている。それだけにLet'snote NX1(同解像度のSX1も)は貴重な存在だ。この付加価値を考えれば、少しくらい高くても納得できる。

 なお、同社直販サイトのマイレッツ倶楽部ではCore i7-2640M(2.8GHz/最大3.5GHz)、8Gバイトメモリ、256GバイトSSDというハイスペックなプレミアムエディションが28万8500円で用意されている。今ならこれに加えて、メモリの8Gバイト増設(合計16Gバイト)無料クーポン、5%割引クーポンも利用できる(クーポン利用時の価格は27万4075円)。

 SSDは振動や衝撃に強く、低発熱で低消費電力であるなど、高速なレスポンス以外にもモバイルノートPCにおいて搭載のメリットが大きい。16Gバイトメモリというモバイル環境では突出したハイスペックにできることも魅力で、どうせ新世代のLet'snoteを導入するのならば、最上級となるこちらも検討をおすすめしたい。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.