ソニー初のUltrabookはやっぱり気になる――「VAIO T」特大レビュー(前編)明日発売! 11.6型/13.3型を徹底比較(4/6 ページ)

» 2012年06月08日 14時00分 公開

Ultrabookとしては充実のインタフェース

 通信機能やインタフェースの仕様も11.6型と13.3型で同様だ。通信機能はIEEE802.11b/g/nの無線LAN(最大送受信150Mbps)、Bluetooth 4.0+HS、1000BASE-Tの有線LANを標準搭載する。WiMAXやLTEといったオプションは、店頭モデルはもちろん、直販モデルにも用意されていない。モバイルシーンでアクティブに活用したいユーザーにとっては、少々物足りない部分だろう。

 インタフェースについては左右の側面に、HDMI出力、アナログRGB出力、USB 3.0(電源オフ時の充電対応)、USB 2.0、ステレオミニのヘッドフォン出力を搭載。SDXC対応SDメモリーカード/メモリースティックPRO デュオ用スロットも備える。また、液晶ディスプレイの上部にはHD Webカメラ("Exmor for PC" COMSセンサー搭載、有効画素数131万画素)も内蔵する。

 2基のUSBポートが左側面に並んでいるため、本体の右側にUSBマウスや周辺機器を置いて使いたい場合などでは少し不便だが、Ultrabookとしては端子の種類と数が多いことから、通常のノートPCとほぼ同じ感覚で利用できるだろう。薄型軽量といった点で目立たないVAIO Tではあるが、拡張性は高いレベルにある。

11.6型モデルの前面と背面。前面にインタフェース類は用意されない(写真=左)。背面は液晶ディスプレイのヒンジ兼スタンドになっている(写真=右)

11.6型モデルの左右側面。左側面にはUSB 3.0(電源オフ時の充電対応)、USB 2.0、ACアダプタ接続用のDC入力、排気口が並ぶ(写真=左)。右側面には、ヘッドフォン出力、SDXC対応SDメモリーカード/メモリースティックPRO デュオ用スロット、HDMI出力、アナログRGB出力、有線LANを備えている(写真=右)

13.3型モデルの前面と背面。11.6型モデルと違って、前面の左右にスピーカーが配置されている(写真=左)。背面のデザインは11.6型モデルと変わらない(写真=右)

13.3型モデルの左右側面。インタフェースの構成は11.6型モデルと同様だ。左側面にUSB 3.0(電源オフ時の充電対応)、USB 2.0、ACアダプタ接続用のDC入力、排気口を用意(写真=左)。右側面には、ヘッドフォン出力、SDXC対応SDメモリーカード/メモリースティックPRO デュオ用スロット、HDMI出力、アナログRGB出力、有線LANが並ぶ(写真=右)

 特に薄型軽量を追求したUltrabookでは、有線LANの端子(RJ-45)やアナログRGB出力の端子(D-Sub 15ピン)が省かれてしまったり、外付けの変換アダプタで提供している機種が少なくないが、VAIO Tはこれらの端子をしっかり装備しているのがポイントだ。これらの端子の標準装備は、開発時にこだわったという。

 オフィスやホテルの客室など、無線LAN環境は用意されていないが、有線LANは敷かれている、といったケースはまだまだあり、こうした環境で有線LANは役立つ。また、プロジェクターを使ったプレゼン用途では、アナログRGB出力端子が重宝する。

液晶ディスプレイを開くと、ボディの後部が持ち上がるのがポイント

 ちなみに前述の通り、VAIO Tは液晶ディスプレイを開くと、背面のヒンジが底面に回り込んでフットスタンドになる。この際、ボディの後方が少し持ち上がるため、右側面の奥にある本体厚ギリギリに敷き詰められたアナログRGB出力や有線LANの端子にケーブルを接続しても、ケーブルのコネクタが地面と干渉しにくいのは好印象だ。

 ボディの後方が持ち上がって設置面との間に空間ができる機構は、キーボードを入力しやすくするチルトスタンドと、底面の吸気口をふさがないための放熱スペースの確保も兼ねており、なかなか合理的な設計だと感心させられた。

11.6型/13.3型では内蔵スピーカーが異なる

 VAIO Tは11.6型モデルと13.3型モデルでバッテリー容量が同じ、基本スペックも同じ、内蔵するインタフェースも同じとなると、ボディの大きな13.3型モデルは内部の余ったスペースをどう使っているのか気になるところだが、その答えはスピーカーだ。

 13.3型モデルはバッテリーの左右、つまりパームレストの端に大きめのステレオスピーカーを内蔵し、音質で差を付けている。ここはスペック表では分からない部分だ。11.1型モデルはバッテリーの左右にスペースが余っておらず、キーボードの上部にスピーカーを内蔵しているが、13.3型モデルに比べるとかなり小さい。実際に聴き比べてみても、やはり13.3型モデルのほうが高音質で、薄型ボディの割に表現力がある。

 なお、11.6型モデルも13.3型モデルも高音質化技術として、「xLOUD」と「Clear Phase」を備えている。xLOUDは音量増強技術によって、音質の劣化を抑えつつ、内蔵スピーカーの音圧を強めることで、Ultrabookの小型スピーカーでも迫力あるサウンドが味わえるというもの。Clear Phaseでは、デジタル信号処理で音響特性を補正し、より自然でクリアな音声が楽しめる。

 この高音質化技術のおかげで、11.6型モデルでもサウンドが貧弱にならず、カジュアルに音楽を聴いたり、ビデオチャットをする程度ならば、十分対応できるはずだ(音量を最大まで上げると、少々割れ気味になるが)。

13.3型モデルは前面の左右にステレオスピーカーを内蔵(写真=左)。11.6型モデルはキーボードの上部に小型のステレオスピーカーを配置している(写真=右)

「nasne」の追加でワイヤレステレビ機能も提供

 店頭モデルはプリインストールOSにWindows 7 Home Premium(SP1)を採用。オフィススイートのMicrosoft Office Home & Business 2010も標準搭載している。

 また、ソニー独自のアプリケーションとして、写真や動画の管理・編集に用いる「PlayMemories Home for VAIO」(旧Picture Motion Browser)、動画などのコンテンツ再生中に撮影時期が近い写真やほかの動画、同時期に発売された曲などをおすすめしてくれるメディアプレーヤー「Media Gallery」、トラブルシューティングやアップデート、バックアップ、リカバリなどがまとめて行える「VAIO Care」といったタイトルを備える。

「nasne」を増設していけば、多チャンネルの同時録画も対応できる

 なお、VAIOの2012年夏モデルではテレビチューナー内蔵モデルが完全になくなったが、ソニー・コンピュータエンタテインメントが7月19日に発売する500GバイトHDD/3波デジタルチューナー内蔵のネットワーク&メディアストレージ「nasne」(1万6980円)を購入すれば、VAIO Tでテレビ番組が気軽に楽しめるようになる。

 具体的には、VAIO Tから無線LANもしくは有線LANでホームネットワーク内のnasneにアクセスし、nasneで受信した3波デジタル放送や録画済み番組を視聴できる。ホームネットワーク上には最大8台のnasneを登録できるため、その気になれば、最大8番組の同時録画環境を構築することも可能だ。

 現状でVAIO用のnasne操作ソフト「VAIO TV with nasne」は無償ながらβ版での配布となっており、サポートは提供されないが、携帯性が高く、スマートフォンやタブレットより画面が大きなUltrabookを“家の中どこでもテレビ”として活用できるのは魅力的に思える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. 「Surface Go」が“タフブック”みたいになる耐衝撃ケース サンワサプライから登場 (2024年04月24日)
  9. わずか237gとスマホ並みに軽いモバイルディスプレイ! ユニークの10.5型「UQ-PM10FHDNT-GL」を試す (2024年04月25日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー