ニュース
» 2012年09月24日 13時00分 公開

静かで短い「GTX 660 Ti」搭載カードに高評価が集まる古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田祐介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「Wiiリモコン的な使い方もできるかも」――ハントキーの「iBOX A9」デモに注目

ハントキー「iBOX A9」のデモ機

 最後は、TSUKUMO eX.4階で発売前からデモ機を公開している、ハントキーのAndroid端末「iBOX A9」を紹介したい。「順調にいけば週の初め」に入荷予定の新製品で、価格は1万5000円前後になる見込みだ。

 iBOX A9はAndroid 2.3を搭載した端末で、テレビや液晶ディスプレイなどにHDMIで接続して使う。付属のジャイロセンサー内蔵リモコンでランチャー画面を操作して、MPEG-4/AVC.(H.264)やWMV9、MPEG-1/2などの動画が鑑賞できる。内蔵ストレージは4Gバイトだが、2基のUSB 2.0ポートやSDメモリーカードスロットで外付けストレージがつなげられるのもポイントだ。

 デモ機を整備した店員氏は「ジャイロ機能が優秀で、すごく自然な感じでカーソルが動かせます。メディアプレーヤー的な色合いが強い製品ですが、はじめからGoogle Playのアイコンもありますし、普通のAndroid端末としていろいろなアプリを入れて遊べます。ゲームを入れれば、このリモコンでWiiのような遊び方もできるかもしれませんね」と話していた。

 なお、ネットワークは有線LANとIEEE802.11b/g/nに対応している。リモコンとの通信は2.4GHzのデジタル無線だ。「技適マークがついているので、国内でも存分に使えます」という。

iBOX A9のランチャー画面(写真=左)。iBOX A9本体。フロントにUSBポートとSDカードスロットが並ぶ(写真=中央)。リモコン本体。裏側にクリックボタンが配置されている(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.