レビュー
» 2012年12月04日 11時00分 公開

240Gバイトで実売1万5000円の実力:20ナノプロセス採用「Intel SSD 335」を新ファームウェアで試す (2/3)

[長畑利博,ITmedia]

CrystalDiskMark 3.0.2c

1000MB All 0x00, 0Fill

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

1000MB

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

4000MB All 0x00, 0Fill

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

4000MB

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

 「CrystalDiskMark 3.0.2c」では、テストファイルのサイズを1000Mバイトと4000Mバイトそれぞれで計測している。テスト項目は、デフォルトの「ランダムデータ」と「0」連続して書き込む「0Fill」の2種類の設定を用いた。

 測定結果からは新旧ファームで性能差はほとんどみられない。Intel SSD 330との比較についても、ほとんど誤差の範囲といってもいい。ベンチマークテストの全体的な傾向は、Intel SSD 520などと同様で、テストデータを0Fillにすると、コントローラの圧縮機能が有効となり、データの転送性能が上がるのが確認できている。

HD Tune Pro 5.00

64KB Read

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

64KB Write

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

8MB Read

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

8MB Write

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

ファイルベンチMixed

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

ファイルベンチRandom

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

ファイルベンチ0Fill

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

ランダムアクセスRead

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

ランダムアクセスWrite

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

 HD Tune Proの結果では、Intel SSD 330との比較で多くのテスト項目で差はないものの、データファイルのサイズ8Mバイトにおけるライトテストのみ大きく傾向が変わっている。Intel SSD 330は、転送速度が450Mバイト/秒付近で安定しているが、Intel SSD 335は、250〜500Mバイト/秒までの広い範囲で転送速度が変わる傾向にある。また、新旧ファームの違いもわずかながら確認できた。IPOSなどの数値には差は出ていないものの、ベンチマークテストにおける転送速度のばらつきは旧ファームに比べると改善されているようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう