レビュー
» 2012年12月04日 11時00分 公開

240Gバイトで実売1万5000円の実力:20ナノプロセス採用「Intel SSD 335」を新ファームウェアで試す (3/3)

[長畑利博,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

AS SSD Benchmark 1.6.4237.30508

Copy-Benchmark

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

Compression-Benchmark

Intel SSD 335(ファームウェア335t)
Intel SSD 335(ファームウェア335s)
Intel SSD 330

 AS SSD Benchmarkのテスト項目は、ISOファイルのコピーやプログラムやゲームなどのファイルコピーを行うCopy-Benchmarkと、データの圧縮効率を見るための転送速度の変化グラフを表示するCompression Benchmarkの2種類になる。テスト結果の傾向は、新旧モデル、新旧ファームのどちらにおいても差はほとんどない。いずれの場合もSandForce「SF-2281VB1-SDC」の圧縮機能が有効になるが、ライトデータでは圧縮率での違いによってスコアが大きく変化する。圧縮率が100パーセントに近づくと高い転送速度が出ている傾向は同じだ。

消費電力以外で差はほとんどない

 結論として、新旧ファームウェアはバグフィックス中心で、性能の向上などを目指したものではなさそうだ。Intel SSD 330との比較についても、同容量で比較した限り大きな性能差はないといっていい。Intel SSD 335とIntel SSD 330のスペック上における違いは消費電力だけとなっているため、消費電力を気にするユーザー以外なら店頭価格で選んでいいだろう。

 とはいっても、店頭価格では同容量比較でIntel SSD 330よりIntel SSD 335が安価で入手しやすい状況にある。容量以外の理由でIntel SSD 330を選択する理由はいまとなってはないといえる。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう