PC USER Pro
レビュー
» 2013年07月17日 22時30分 公開

写真で見る「ThinkPad T440s」と「ThinkVision LT1423p」 (2/2)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

USB 3.0/無線LAN接続の薄型軽量外付けディスプレイ「ThinkVision LT1423p」

photo ThinkVision LT1423p(USB接続タイプ)

 International CES 2013で公開されたUSB/無線接続型ディスプレイ「ThinkVision LT1423p」が、今回の発表会で国内でも参考展示された。パッと見はかなりニッチと思ってしまうが、薄型軽量で持ち運びも容易、タッチ/ペン操作も可能ということで、外勤や打ち合わせ/会議用ツールとして、あるいは出張時/外出自のデュアルディスプレイとして、ビジネスシーンで意外と利便性が高そうである。

 ラインアップはUSB 3.0接続タイプと無線接続タイプの2種類。本体サイズは最薄部6.7ミリで重量は約770グラム(無線接続タイプは12.7ミリ/約1.1キロ)。画面サイズは13.3型ワイドでIPSパネルを採用。解像度は1600×900ドットで、10点マルチタッチ対応タッチパネルと256段階の筆圧対応デジタイザーを実装する。

photophoto 13.3型IPSで、解像度は1600×900ドット。タッチ+デジタイザー(256段階筆圧対応)を備え、付属するスタンドとともに縦置き設置も可能。表面はCorning Gorilla Glassを用い、強度面も安心だ

 USB接続タイプはUSB 3.0ケーブル1本でセカンドディスプレイとして機能する容易性が特長で、出張時のホテルなどオフィス外でも複数枚ディスプレイを活用できる使い勝手が得られるほか、タッチ非対応PC利用時もタブレットのようにタッチ/ペン操作で対面説明するシーンなどにも適しそうだ。

 無線LAN接続タイプは2.4GHz帯および5GHz帯無線LANにて無線接続が可能。最大30メートルほどまで離れられるため、執務室と会議室といった離れた場所で資料を表示するといった使い方も可能であり、考え方によってはオフィスや家庭内であればThinkPad Helixのような着脱スタイルと同等の使い勝手を──ととらえることもできる。こちらは最大4時間動作するバッテリーを内蔵する。

 発売はUSB接続タイプが2013年9月中旬、無線接続タイプが同10月末を予定する。

photophoto 最厚部は約6.7ミリ(USBモデル)。かなり薄いので、バッグに入れて携帯するのもできてしまう範囲だろう。これ1枚あれば出張時の作業がとてもはかどりそうであり、ファミレスや喫茶店などで作業するモバイラーの人にも勧められそうな製品である




前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう