PC USER Pro
レビュー
» 2015年06月21日 06時30分 公開

「Surface 3」の気になるトコロ(2):“Atomは遅い”はもう古い?――「Surface 3(4G LTE)」の性能を見極める (3/3)

[山口恵祐, 矢野渉,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

実際に使ってみたレスポンスは?

 ベンチマークテストの結果から、数字上はおおむね想定通りの性能を発揮していることが分かった。Bay Trail世代のAtom搭載タブレットでもかなり実用レベルで使えるとの声は多いが、Cherry Trail世代のSurface 3はそこから確実にスペックアップを遂げたと言える。

 実際にSurface 3を数日使ってみたところ、さすがにSurface Pro 3ほど高速ではないが、Windows 8.1の基本操作をはじめ、Webブラウズやストリーミングの動画再生、Officeでドキュメント作成といったライトな使い方ならば、レスポンスの遅さは感じなかった。Atomということで性能が気になる方も、店頭で実機に触れることで、かなり不安を解消できるのではないだろうか。

処理が重い動画サイトも問題なく視聴可能だ

 Coreプロセッサ搭載のSurface Pro 3は「モバイルノートPCの代替をメインに、タブレット的な利用までカバーできる製品」と言えるが、Atomプロセッサ搭載のSurface 3は「タブレットの代替をメインに、モバイルノートPC的な利用までカバーできる製品」というように、CPUプラットフォームの違いから、主従関係が逆転している印象を受けた。

 同じ2in1デバイスであっても、タブレットとノートPCのどちらの用途に比重を置くかで、おのずと選択すべき製品が見えてくるだろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう