連載
» 2019年06月12日 12時00分 公開

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:Amazonのスマートスピーカー、最初に買うならどれ? (3/3)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ケース5:個別の利用目的から考える

 Echoファミリーの各製品は、基本的に本体サイズや出力の違いのみで、特定の機種にしか搭載されていない機能というのは、そう多くはない。もちろん皆無というわけではないので、それらを優先して選ぶというのも、当然有り得る話だ。

 家電製品のコントロールについては、どの製品でも(スマートリモコンを買い足すことによって)使えるので、特に差別化の要因にはならない。Echo Plusはスマートホームハブを内蔵しているが、これらはPhilipの「Hue」など、Zigbee規格に対応した家電のコントロールができるというだけで、赤外線リモコン対応の家電製品をコントロールできるわけではない。

 またHue自体も、ブリッジがあればEcho Plus以外の機種からもコントロールが可能なため、Echo Plusにこだわる必要性は高くない。むしろEcho Plus固有の機能としては、温度センサーを備えていることの方が、使い道がありそうだ。

 音楽再生についてはどの機種でも可能なのだが、将来的にサブウーファーの「Echo Sub」を追加する前提でEcho Plusを買ったり、また2台を組み合わせてステレオ再生するのを前提に、それらの機能に対応したEchoやEcho Plusを買ったりという選択肢も考えられる。外付けのスピーカーと組み合わせる前提で、Echo Inputを選ぶのもありだろう。

 これ以外では、ビデオ通話は画面付きモデルでしかできないだけに、今すぐ使う予定がなくとも、将来的な利用を考えているのであれば、Echo Showなどを選ぶことになるだろう。同じ理由で、動画の再生や、外部カメラの監視なども、画面付きモデルにしかできない機能だ。

Amazon Echo Echo Plus。スマートホームハブの汎用性は低いが、温度センサーなどは他モデルにない機能だ
Amazon Echo 既にフェードアウトしつつあるEcho Spot。ビデオ通話や外部カメラの監視などに使うのであれば最適だ

 以上、筆者なりにさまざまな観点でAmazon Echoファミリーのバイヤーズガイドをまとめてみた。スマートスピーカー選びの一助としてもらえたら幸いだ。

Amazon Echo
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう