連載
» 2019年09月04日 11時00分 公開

10.1型の大画面Googleアシスタント搭載機「Lenovo Smart Display M10」を使ってみた山口真弘のスマートスピーカー暮らし(4/4 ページ)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ビデオ通話機能は高い実用性も、本体の縦置きはやや微妙?

 ビデオ通話機能について詳しく見ていこう。本製品はGoogle Duoを用い、対応するプラットフォーム、すなわちiPhoneやAndroidスマホとの間でビデオ通話(ビデオチャット)が行える。利用する電話番号をセットアップ時に指定し、それを使って相手に電話をかけたり、電話を受けたりする仕組みだ。

Smart Display M10Smart Display M10 ビデオチャットを行うにはスマホアプリの「Duo通話」が適切に設定されている必要がある(画面=左)。Google Duoに任意の電話番号を設定しておくことで発着信が行える(画面=右)

 ビデオチャットの際は、本体を縦置きにすることで画面が自動的に回転し、スマホのインカメラに合った縦向き表示が可能になる。内蔵センサーの種類は特に公表されていないが、挙動からしてジャイロセンサーが搭載されているようだ。

 操作は発話/受話ともに音声での操作がメインとなるが、通話の終了時は画面に表示されているボタンをタップするなど、実際には音声操作とタップ操作を併用する格好になる。基本的にGoogle Duoの仕組みそのままで、機能はこなれている印象だ。登録されていない電話番号に掛ける時も、口頭で電話番号を告げるだけでよい。

Smart Display M10 ビデオチャットを行うにはまず「ビデオ通話を開いて」「ビデオチャットを開いて」などと呼びかけて画面を起動する
Smart Display M10 起動したら通話先を尋ねられるので、リストから選ぶか、電話番号を口頭で告げる
Smart Display M10 相手のスマホとつながった状態。中央に相手が、右上に自分が表示される。この両者はダブルタップで位置を入れ替えられる。左右に巨大な黒帯ができるので少々不格好だ
Smart Display M10 本体を縦置きにすると、スマホに合わせて画面の向きとサイズが自動的に最適化される。この状態なら黒帯もできず画面サイズを最大限活用できる

 やや疑問なのは、画面の縦向き表示だ。縦表示は、スマホとのビデオ通話においては確かに有効なのだが、そのためだけに毎回本体を縦置きにするのは手間からして少々考えにくい。それならば相手にスマホを横向きに持ってもらった方が、共に横向きの画面でビデオチャットが楽しめてよいだろう。実用性についてはいまひとつなように感じた。

Smart Display M10 相手からかかってきた場合は、このような表示になる。「承認」をタップすると接続される
Smart Display M10 不在着信はこのように表示される。タップだけで掛け直すことも可能だ

大画面とカメラ機能を求める人にお勧めできる製品

 以上、本製品をざっと使ってみたが、7型モデルのGoogle Nest Hubは、そのコンパクトさゆえ、テーブルやベッドサイドに置けることが魅力なのに対し、本製品は大きな画面サイズを生かして、写真や動画などの迫力のある再生が可能だ。文字サイズが大きいので、離れた場所からでも見られるのは、リビングなどで使うには最適だろう。

 その一方で、設置にあたってそれなりの幅と奥行きを確保する必要はあるが、同じ画面サイズでボディーカラーがブラックのEcho Showと比べ、威圧感は意外にない。背面の木目柄は好みが分かれそうだが、これが真っ白だとチープに見えることは確実なので、よいデザインなのではないかと思う。

Smart Display M10 前回紹介した「Lenovo Smart Clock」(手前)とのサイズ比較。4型と10.1型ということでLenovo Smart Clockがまるでミニチュアのようだ

 まとめると、大画面とビデオ通話機能を求める人にお勧めできる製品であり、AmazonのEcho Showと比べた場合は、音声コマンドが画面にテキスト表示されることや、YouTubeに対応しているといった、Google アシスタントファミリー製品ならではの強みに魅力を感じる人向けの製品と言える。

 価格は税込2万4624円とそこそこするが、これはEcho Show(同2万7980円)とも同水準で、むしろ妥当なところだろう。ビデオチャット以外では縦置きにできないという仕様はやや疑問を覚えるが、ビデオチャットを使わないユーザにとっては、最初から機能自体がないものと考えればいいだろう。特におかしな挙動もみられず、安心して使える製品と言えそうだ。

Smart Display M10 縦置きに最適化しているのはビデオチャットのみで、ホーム画面などは全て横向きのままでの表示となる
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.