ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワイヤ・アンド・ワイヤレス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アッカ・ワイヤレス」から社名変更。ロゴでは"Wi2"と表記される。

「au Wi-Fi SPOT」も東海道・山陽・九州新幹線で利用可能に どちらを使ってもサービスレベルは同等
どちらを使ってもいいけれど、auユーザーならば「登録や認証作業なし」に利用可能。(2018/7/24)

携帯3キャリア、豪雨被災地で公衆Wi-Fi無料開放 「00000JAPAN」岡山県、広島県、愛媛県で
携帯3キャリアは、西日本を襲った豪雨で大きな被害を受けた岡山県、広島県、愛媛県全域で、公衆無線LANの無償提供を始めた。災害用統一SSID「00000JAPAN」を利用すれば、通信会社との契約不要でネット接続できる。(2018/7/9)

訪日中国人への良質なコンテンツ提供とプロモーションを支援:
SupershipとWi2が中国最大級のSNS微博(weibo)との戦略的パートナーシップを締結
Supershipとワイヤ・アンド・ワイヤレス、新浪日本微博は、訪日中国人向けマーケティングを目的とした戦略的なパートナーシップを締結した(2018/7/6)

ソフトバンクとKDDI、富士山頂のLTEエリア化を実施 7月上旬から
ソフトバンクとKDDI/ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、7月上旬から富士山頂と山小屋などでLTEサービスを提供。富士吉田口五合目周辺エリアも電波対策を行う。(2018/6/25)

携帯3キャリア、大阪府内で公衆Wi-Fi無料開放 災害用SSID「00000JAPAN」提供
携帯3キャリアは18日、大阪府北部を震源とする地震の発生を受け、災害用統一SSID「00000JAPAN」の提供を大阪府全域で始めた。通信会社との契約不要でネット接続できる。(2018/6/19)

通信面から復旧支援:
大手キャリア3社など、大阪府全域でWi-Fiを無料開放 IDは「00000JAPAN」
大手キャリア3社とワイヤ・アンド・ワイヤレスが、大阪府全域でWi-Fiを無料開放。IDの名称は「00000JAPAN」。被災地の通信環境の確保が狙い。(2018/6/18)

地震で帰宅難民が発生 KDDIは無料WiFi開放、一時滞在場所や災害時帰宅支援ステーションの活用も
冷静な行動を。(2018/6/18)

公衆Wi-Fiの速度調査 3キャリアは下り平均19.7Mbps、他は平均36.3Mbps
ICT総研は、5月22日に公衆無線LANサービスの通信速度実測調査結果を発表。携帯電話キャリア3社の下り速度が平均19.7Mbpsに対し、キャリア以外は平均36.3Mbpと大きな差が開いた。全事業者で繁忙時間帯の速度遅延はほとんど見られず、 なかでも「セブンスポット」は閑散時に下り61.0Mbps、繁忙時に下り58.6Mbpsを記録している。(2018/5/22)

「ガスト」や「ジョナサン」で無料Wi-Fi すかいらーくグループ2700店舗に導入
「ガスト」や「ジョナサン」などすかいらーくが運営するグループ2700店舗で3月5日から無料のWiFiが利用できるようになった。(2018/3/7)

検討の末に:
auが「スーパーデジラ」向けテザリングオプション料金を改定 月額500円に
au(KDDI・沖縄セルラー電話)の「データ定額20・30(スーパーデジラ)」向けのテザリングオプション料金が月額500円に改定される。また、「auピタットプラン」「auフラットプラン」のau Wi-Fi SPOT利用料金も無料となる。(2018/3/2)

Wi-Fiスポットに安全接続&LTE通信のデータを圧縮 Wi2が「ギガぞう」を提供
Wi2が、新サービス「ギガぞう」をリリース。セキュリティ対策の弱いWi-Fiスポットを、VPN経由で安全に接続する。LTE接続時に、データの読み込みを工夫したり、データを圧縮したりすることで、通信量を節約する機能もある。(2018/3/1)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
ホントは使える? 東京メトロ全駅で「WiMAX 2+」エリアを調査
UQコミュニケーションズのWebサイトでは、東京メトロ(東京地下鉄)の駅のうちWiMAX 2+に対応するのは「5駅」のみとされています。しかし、実際に調べてみると……。(2017/11/9)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第12回】
実は危険な“無料Wi-Fiスポット”、カフェでのモバイルワークに必須のセキュリティとは
カフェやホテルが提供する無料の公衆無線LANを利用してモバイルワークをするのは便利なもの。ただし情報漏えいのリスクが潜んでいることを留意しなければいけません。(2017/10/25)

KDDI、7月4日に富士山頂をLTEエリア化 無料Wi-Fiも提供
KDDIは、7月4日から富士山頂での4G LTEのエリア化を実施。同グループのワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」も、富士山の全山小屋を含む49カ所に加え富士山静岡空港で利用可能となる。(2017/6/26)

SNSなど利用しやすく:
携帯各社、17年も富士山頂をLTEエリアに
7月1日に予定されている富士山の山開きを前に、携帯電話事業者(キャリア)が山頂や登山道でデータ通信サービスを提供することを発表した。(2017/6/26)

外でもノートPCでネットしたい! Wi-Fiスポットの基本ワザ(ソフトバンク編)
家の中はもちろん、外にも持ち出して使えるノートPC。外出先でもインターネットにつながれば、もっと便利に使えます。そんなとき、「Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)」サービスが役に立ちます。この記事では、ソフトバンクが提供している「ソフトバンク Wi-Fiスポット」「BBモバイルポイント」を使って外出先でPCをインターネットにつなげる方法をご紹介します。(2017/3/31)

外でもノートPCでネットしたい! Wi-Fiスポットの基本ワザ(au編)
家の中はもちろん、外にも持ち出して使えるノートPC。外出先でもインターネットにつながれば、もっと便利に使えます。この記事では、KDDIと沖縄セルラー電話が提供している「au Wi-Fi SPOT」の契約者が外出先でPCをインターネットにつなげる方法をご紹介します。(2017/3/28)

Wi2、Wi-Fiで訪日観光客行動データをクラウド分析
Wi2が提供する訪日外国人向け無料Wi-Fi「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のデータ集約基盤として、IBMのクラウドDBを採用。訪日外国人観光客のさまざまな情報を迅速に把握する仕組みを構築した。(2017/2/7)

無料の「東北 Wi-Fi」1月下旬スタート 16年度末までに1000カ所で
公衆無線LANサービス「東北 Wi-Fi」が1月下旬から順次スタート。2016年度末までに1000カ所での提供を目指す。(2017/1/23)

東京メトロ、車両内で無料Wi-Fi提供 銀座線で12月から
東京メトロ銀座線に、車両内で利用できる無料Wi-Fiサービスが12月1日から導入。(2016/11/29)

スタバ無料Wi-Fi、事前登録やSNSアカウント認証が不要に
スターバックス店内で使える無料Wi-Fiで、メールアドレスの事前登録やSNSアカウントの認証が不要に。利用規約に同意するだけで使えるようになった。(2016/10/26)

山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏
通信3キャリアは富士山の開山期間にLTEネットワークを提供しているが、訪日外国人はなかなか恩恵を受けられない。そこで2016年に提供されたのが、山小屋を含む49カ所をカバーする無料の「富士山 Wi-Fi」。このWi-Fiスポットが実現した舞台裏を聞いた。(2016/10/14)

「DMM mobile」で端末の機種変更・追加購入が可能に 契約者向け新サービスも開始
DMM.comが提供するMVNOサービス「DMM mobile」が、端末の機種変更・追加購入に対応した。また、新サービスとして「スマート留守電」と「DMM Wi-Fi」の提供を開始した。(2016/9/28)

SIM通:
Japan Wi-Fiってなに?格安SIMユーザーでも使える?
Japan Connected Free Wi-Fi、呼称「Japan Wi-Fi」というサービスをご存知でしょうか? NTT-BPが提供する訪日外国人向けの無料Wi-Fiサービスですが、どういったサービスなのか、特徴と使い方などを解説します。(2016/9/13)

富士山で無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」 全山小屋で利用可能
富士山静岡空港でも。(2016/6/30)

Wi2、全山小屋で利用可能な「富士山 Wi-Fi」を無料提供
ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、7月10日から富士山の全山小屋と富士山静岡空港で利用可能なオリジナルWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を無料提供。期間は9月10日までを予定している。(2016/6/29)

富士山に無料Wi-Fi 7月から全山小屋49カ所で
富士山の全山小屋で使える無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」が7月に始まる。(2016/6/29)

富士山の全山小屋に無料Wi-Fi 「富士山 Wi-Fi」スタート
富士山の全山小屋を含む49カ所と富士山静岡空港で利用できる無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」がスタート。(2016/6/29)

格安SIM定点観測:
自然災害時の対応もバロメーターになるか――2016年4月・5月データ通信編
サービス改善が大きな軸が移ったMVNOサービス(格安SIM)。単にサービスを拡充するだけではなく、従来にはないサービスのあり方の模索も始まっている。また、4月の「熊本地震」を通して格安SIMの選び方に新たな評価軸が出てきた。(2016/6/13)

個人店舗の経営者が訪日外国人のスマホに情報配信――「インバウンド・キャッチャー」
アクセンチュアとワイヤ・アンド・ワイヤレスは、訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」利用者を対象とした個人向け情報配信サービス「インバウンド・キャッチャー」を提供開始した。(2016/6/1)

米ラッカスCEO、Selina Lo氏に聞く:
ますます社会インフラ化するWi-Fi、そして新発想スモールセル「OpenG」とは
米ラッカスワイヤレスCEOのSelina Lo氏に、Wi-Fi製品の新たな展開、同社がインテルやグーグルなどと共に推進する携帯電話のための新発想スモールセル「OpenG」、ブロケードによる買収について聞いた。(2016/5/27)

京都・嵐山に無料Wi-Fi 観光案内付きマップも
京都・嵐山エリアで無料Wi-Fiの提供がスタート。外国人観光客ニーズも見込み、6言語に対応する。(2016/5/16)

訪日外国人向けの買い物情報サービス:
凸版印刷がエキサイトなど3社と提携、「Shufoo!インバウンドサービス」のリーチを拡大
凸版印刷はエキサイト、エクスポート・ジャパン、ワイヤ・アンド・ワイヤレスの3社と提携。各社の訪日外国人向けサービスに対し、チラシなど日本の買い物情報の提供を開始した。(2016/4/18)

ワイヤレスゲート、Fon対応の公衆Wi-Fiサービスと「3Mbps無制限」SIMカードを販売開始 ヨドバシカメラ限定
ワイヤレスゲートが、Fonスポット対応の公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを開始する。また、同サービスを利用できる、新しいSIMカードの販売も合わせて開始する。いずれも、ヨドバシカメラ限定で取り扱う。(2016/3/16)

格安SIM定点観測:
「通信料無料キャンペーン」や「販路別特典」が流行? スーパーがMVNOに参入――2016年2月データ通信編
格安SIMの競争軸がサービスになってきた昨今。2月も、料金ではなくサービス拡充を中心とした動きが多かった。その中でも特に注目したいのが「通信料無料」「販路別特典」「スーパーのMVNO」だ。(2016/3/8)

SIM通:
無料Wi-Fiと有料Wi-Fiサービスの違いは?
大手キャリアのスマホには、無料で公衆Wi-Fiサービスがついてくるのが当たり前。では、有料の公衆Wi-Fiサービスと何が違うのでしょう?(2016/2/18)

東京メトロ、2016年度から地下鉄車両内でのWi-Fi提供を開始
6月には駅構内のWi-Fiサービスを全駅に拡大。(2016/2/4)

東京メトロ、全駅・車両内で無料Wi-Fi提供へ
東京メトロが6月から無料Wi-Fiサービスを全駅へ拡大。車両内にも順次導入する。(2016/2/4)

「BIC SIM」を始めた経緯、OCNを加えた理由は?――ビックカメラに聞く 格安SIM戦略
ビックカメラのSIMといえば「BIC SIM」が有名だが、サービスは「IIJmio」と同じ。なぜ最初のパートナーにIIJを選んだのか。そして2015年12月から追加した「BIC モバイル ONE」の狙いは? ビックカメラの担当者に格安SIMの戦略を聞いた。(2016/2/3)

都営地下鉄が車内でWi-Fi提供 ドコモとauのスマホも利用可能
空港アクセス線でもある都営浅草線を皮切りに、2020年までに都営地下鉄の全編成に導入する。(2016/1/26)

PR:サポートも充実していて初心者でも安心――「BIC SIM」で格安SIMを始めよう
格安SIMの中でも多くのユーザーから支持を集めている「IIJmio」。そんなIIJmioを、ビックカメラの店頭でスムーズに契約できるのが、「BIC SIMカウンター」だ。今回は、BIC SIMが格安SIM初心者に特にオススメといえる理由を説明しよう。(2015/12/25)

購入後にプランを選べる「BIC SIM」、ファミマ店頭で販売開始
購入後にプランやSIMカードのサイズを選択できるSIMカード「BIC SIM」のファミリーマート店頭販売が始まった。(2015/11/10)

IIJ、全国のファミリーマートで「BIC SIM」を発売
購入後に希望のサービスやプランを選択できる「えらべるSIMカード」が全国のファミリーマートで販売される。応募者全員にもれなくデータ量500Mバイト分をプレゼントするキャンペーンも行う。(2015/11/10)

SIM通:
J:COMもMVNO参戦!映像コンテンツ見放題サービスも開始
ジュピターテレコム株式会社は、「J:COM MOBILE」の名称でMVNO事業へ参入すると発表した。あわせて発表されたフィーチャーフォン型スマホ「LG Wine Smart」では、J:COMオンデマンドのデータ通信量をカウントしないサービスも提供される。(2015/10/29)

石川温のスマホ業界新聞:
J:COMが月額2980円で動画見放題のMVNOを開始――KDDIのノウハウを生かしたサービスにNTTはどう対抗するのか
ケーブルテレビ最大手のJ:COM(ジュピターテレコム)がMVNOサービスに参入する。親会社であるKDDIの強みと、ケーブルテレビ事業者ならではの訪問販売を融合したサービスに、NTTはどう対抗するのか。(2015/10/23)

吉祥寺中心部に無料Wi-Fi 11月スタート
吉祥寺エリアで、無料Wi-Fiサービス「#KichijojiFree」が11月3日にスタートする。(2015/10/15)

J:COM、MVNOサービス「J:COM MOBILE」発表 第1弾スマホは折りたたみボディの「LG Wine Smart」
4G LTEとVoLTEに対応。VODサービス「J:COMオンデマンドアプリ」のデータ通信料をカウントしないなど、モバイル環境での映像コンテンツ利用を促進する。(2015/10/13)

SIM通:
ようこそ日本へ!IIJのJAPAN TRAVEL SIMに新プラン登場
訪日外国人向けのプリペイド式SIMサービス「Japan Travel SIM」に新たに1GB(30日間)版が追加されます。新たにリチャージ専用カードでの容量追加にも対応しています。(2015/7/28)

ワイヤ・アンド・ワイヤレス、訪日外国人向け無料Wi-Fi「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を商用展開
ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、20万カ所以上のWi-Fiスポットを無料で利用できる訪日外国人向けサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」の商用展開を開始。コンテンツ配信など機能を拡充を行っていく。(2015/7/1)

銀座ルノアール、無料Wi-Fi導入 3時間まで無料
「喫茶室ルノアール」「カフェミヤマ」など、銀座ルノアールの各店舗で無料Wi-Fiが導入される。(2015/4/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。