ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ACOS」最新記事一覧

NEC、業務システム構築のための基盤ソフトを強化
システム内資産の可視化や帳票開発の効率化などを実現する、業務システム構築基盤ソフトウェアの新製品を発売した。(2016/4/12)

チョコが欲しい人はリゼのように「ニコッ」ってしてね ごちうさ公式からの無理難題に膝から崩れ落ちる人続出
去年の、レジで「こころぴょんぴょん」はイージーモードだったんや……。(2016/2/9)

六つ子のテーマカラーがビビットな「おそ松さん」のスウェットとニット帽が発売決定!
松野兄弟バージョンのグレーも。(2016/1/15)

データセンター間のネットワークを効率よくセキュアに:
1台で4役をこなすゲートウエイが登場、ソフトウエア提供も
A10ネットワークスはデータセンター間のトラフィック性能やセキュリティ向上などに寄与する複合的な機能を搭載した新しい「アプリケーションサービスゲートウエイ」を発表した。アプライアンスだけでなく、ソフトウエアでの提供も視野に入れているという。(2015/12/8)

公式ライセンスを取得した「スーパーマリオ」の衣装発売 ルイージもあるよ!
今年のハロウィン決定した。(2015/8/13)

NEC、クラウドバックアップできるメインフレーム発売
中堅企業向け6モデルを投入する。(2015/6/17)

三井住友銀行の勘定系システムが始動 最新メインフレームで
NECのACOSシリーズを採用した勘定系システムが本格稼働を迎えた。(2015/5/11)

出陣も内番もこれでお手の物! ACOSより「刀剣乱舞-ONLINE-」公式コスプレ衣装が続々登場
主命とあらばジャージも発売しますよ。(2015/5/3)

μ’sメンバーの魅力を目元に 全9色の「ラブライブ!」アイライナーがグッスマから登場
ナチュラルオレンジは穂乃果、ホットピンクはにこりんと、色はμ’sメンバーをイメージ。(2015/4/24)

三日月宗近の瞳を再現だと!? 刀剣乱舞からまさかのコンタクトレンズが登場
一部店舗で予約スタート。(2015/4/17)

レジで「こころぴょんぴょん」と声をかけるとチョコがもらえるぞ! 「ご注文はうさぎですか?」バレンタインお配り会inアニメイト開催
言いなさいっ!(2015/2/4)

「遅刻遅刻ぅーっ」が再現できる! 「美少女戦士セーラームーンCrystal」より各中学校のオフィシャル制服が登場
うさぎちゃんのブローチも公式監修ですよ。(2015/1/22)

さくらちゃんになれる! 「CCさくら」のバトルコスチュームと小学校制服発売
コスプレ衣装のACOSから登場。(2014/12/28)

ついにきたあああああ! セーラー戦士になりきれるウィッグ&コスチュームが発売に
セーラームーン&内部系戦士の5種類展開!(2014/12/23)

ヒナガラスになりきれる……!?  「ハイキュー!!」ヒナガラスイメージパーカーが登場
頭のてっぺんにオレンジ色のモフモフが!(2014/12/4)

NECがACOSメインフレームの新モデルを発表
メインフレーム「ACOSシリーズ」の新しい中型機と専用ストレージを投入する。(2014/10/16)

壁外調査のおともに 「進撃の巨人」着せ替えキャリーケースが完全受注生産で発売
機内持ち込みもできるキャリーケースの戦術的価値を説きます!(2014/8/12)

今年はファストチケットもあるよ! 「アニメイトガールズフェスティバル2014」開催
乙女のための大型イベントが今年もやってくるー!(2014/7/29)

AnimeJapan 2014に調査兵団本部! コスプレイヤー向けのアニメ公式背景セット登場
コスプレ初心者にうれしい衣装レンタルも。(2014/3/7)

サードパーティ製品と連携し「ネットワーク全体を防御」:
A10ネットワークス、DDoS攻撃対策機能を切り出したアプライアンスを投入
A10ネットワークスは2014年2月13日、DDoS攻撃対策に特化したアプライアンス新製品「A10 Thunder Threat Protection System(TPS)」を発表した。(2014/2/14)

それはもう……最高に滾るメガネをだよ:
「進撃の巨人 ×JINS PC」メガネ先行予約開始
アニメ「進撃の巨人」とメガネ「JINS PC」がコラボした。専用ソフトケースとキャラクターを描いたクリアしおり、描き下ろし2L判ビッグサイズブロマイドが付いてくる。(2013/12/9)

アプリケーションデリバリに加えセキュリティやSDN対応も:
A10ネットワークス、200万円を切る次世代ADC新モデルを発表
A10ネットワークスは2013年7月30日、次世代アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)の新モデル「Thunder 3030S/1030S/930」を発表した。エントリモデル「Thunder 930」の価格は200万円を切っている。(2013/7/30)

A10ネットワークスのADCアプライアンス「AXシリーズ」
常時SSLの落とし穴、Webサーバ負荷増大を回避するには?
全てのWebページにSSL暗号化を施す「常時SSL」の普及、SSL暗号化の強度向上――。安全性向上に向けたこうした動きは、サーバ処理負荷の急激な増大を招く。有力な解決策を示す。(2012/12/18)

鍵長2048ビットでもパフォーマンス劣化を抑える:
SSL処理の負荷をオフロード、A10が負荷分散装置の新製品
A10ネットワークスは11月29日、負荷分散アプライアンス「AXシリーズ」のハイエンドモデルとなる「AX 5630」を発表した。(2012/11/29)

頭脳放談:
第150回 Intelの基幹システム向けプロセッサ「Itanium」はどこに向かうのか
2年半ぶりにItaniumの新製品が登場。もう新製品の投入はないという勝手な思い込みが吹き飛ばされた。なぜ、そう思っていたのかといえば……(2012/11/28)

Webグラフィックをハックする(最終回):
WebGLの能力を引き出すプログラマブルシェーダー
プログラマブルシェーダーの基本的な書き方と、Three.jsの各機能に組み込む方法を解説します(2012/11/28)

三井住友銀行、次期勘定系システムにNECのメインフレームを採用
NECが三井住友銀行から次期勘定系システムを受注した。(2012/10/25)

NEC、独自CPU採用のメインフレーム新型機を発表――ビッグデータ連携も視野に
「ACOS」シリーズの最上位モデルとして自社開発の「NOAH-6」プロセッサを搭載する。部品のモジュール化による保守性や信頼性の向上も図った。(2012/6/28)

A10 ネットワークス、DDoS対策を強化したADC製品を発売
A10 ネットワークスが、DDoS攻撃への対策に特化した専用ASIC「FTA-2」搭載のアプリケーションデリバリーコントロール製品を発売。2012年度に向けた同社の国内戦略も発表した。(2012/2/15)

A10 ネットワークス、プロバイダー向けADCの新製品を発売
低価格・低消費電力を特徴にしたエントリーモデルなど3製品を提供する。(2011/12/1)

挑戦者たちの履歴書(128):
先輩にうまく乗せられて覚えたFORTRAN
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。今回は、瀧田氏の日電東芝情報システム時代を取り上げる。初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2011/11/25)

中堅企業向けメインフレームの最新版 NEC
NECの基幹業務サーバ、ACOSシリーズ「i-PX7300」の最新版が発売となった。消費電力を45%低減したという。(2011/5/24)

NEC、IPFサーバ ACOSシリーズに新モデル追加――設置面積半減、消費電力は約20%減
NECは同社の基幹業務サーバ「ACOSシリーズ i-PX9000」に「モデルS300」を追加。省スペース、省電力に加え、オープン系データベースとの連携を強化した。(2010/5/26)

ダウンサイジング決意の瞬間:
システム再構築における「インフォームドコンセント」
佐川急便とIT子会社の佐川コンピューター・システムは、ベンダー依存の高コスト構造から脱却し、システム再構築によるオープン化を進めることで、累計数百億円規模の攻めのIT投資余力を生み出そうとしている。(2009/6/25)

Beginner's Guide:
Korn――高機能なシェル
一般的なLinuxでは、デフォルトでbashが使用されている。しかし、実行の際に使用するメモリ容量が少なく、かつ実行が高速なKornシェルが明日のあなたのデフォルトシェルになるかもしれない。(2008/5/13)

NEC、基幹業務向け中小型サーバ13機種を発売
NECは、ACOSシリーズの基幹業務向け中小型サーバ「i-PX9000モデルS200」を発売した。従来機に比べ設置面積は半分、約20%の低電力化が図れる。(2007/8/23)

NEC、拡張性を2倍に向上した基幹業務サーバ発売
NECは、拡張性を2倍に向上した基幹業務サーバ「i-PX9000モデルA200」を発売した。(2006/11/17)

インテル Itanium プロセッサ ファミリを選ぶこと、それは未来を手に入れること:
PR:第3回:HPの戦略に見るインテル Itanium プロセッサ ファミリの真のメリット
本特集ではこれまで、インテル® Itanium® プロセッサ ファミリの現在の市場動向や、機能面での優位性について解説してきた。本稿では、同プロセッサの選択肢の豊富さがもたらすメリットについて、日本HPの戦略を具体例として挙げながら解説する。(2006/11/13)

仮想マシン環境最新事情(1):
NECはサーバ仮想化技術開発で何を狙うのか
システムベンダなどが、自ら仮想マシン環境を開発する動きが広がっている。これを追う新連載の第1回として、NECにおける自社製仮想マシン環境開発に関する戦略を取り上げる(2006/9/9)

エンタープライズLinuxの実力:
第1回:エンタープライズとLinuxの関係
企業システムをLinuxで構築する例が増えている。現在では、ミッションクリティカルな業務アプリケーションだけでなく、社会インフラを支えるソフトウェア基盤としても、Linuxが受け入れられるようになってきた。今回は、エンタープライズ市場におけるLinuxの状況を見てみよう。(2006/7/7)

NECフィールディング、ITサービスマネジメントの国際規格「ISO20000」を取得
NECフィールディングはITサービスマネジメントの国際規格「ISO20000」の認証を、保守サービス領域を対象として取得したと発表した。(2006/3/13)

倉庫管理のWebサービス化、BEAが事例公表
SAP R/3で構築されたシステムとBEA WebLogic Integrationの組み合わせにより在庫管理システムのリアルタイム化を実現した、とBEAが事例発表。(2005/11/21)

NECが米Unisysとサーバ共通化、次期IAサーバを共同開発
NECは米Unisysと協業し、メインフレームやUNIX、IAなど両社のハイエンドサーバのプラットフォームを共通化する。両社は10月26日の発表会でその意図を説明した。(2005/10/26)

行けない人もこれで安心――LinuxWorldフォトリポート Vol.2
LinuxWorldフォトリポートの第2弾は、ソフトウェアベンダーを中心にお届けする。今回のLinuxWorldでは会場のあちこちでGeekoを目にすることができる。(2005/6/3)

外資と国産との差が顕著に表れた2004年の国内サーバ市場
ガートナー ジャパンは2004年の国内サーバ市場の調査結果を発表した。外資と国産のベンダーの差が改めて浮き彫りとなった。(2005/3/16)

NEC、Itaniumメインフレーム第1弾を発表
同社初のItanium 2搭載メインフレームを12月に出荷開始する。新開発のOS「ACOS-4/VX」に加え、HP-UX、Windows、Linuxに対応したが、独自のRAS機能はACOS下でしか利用できない。(2004/10/7)

1分でわかるIT戦略:明治乳業
明治乳業は社内ITのオープン化を推進。NECのACOSをUNIXサーバに置き換え、需要予測ソフトにマニュジスティックス・ジャパンの「Manugistics5」を導入した。(2004/9/24)

メインフレームにItanium 2? NECが考えるこれからのITインフラ環境
NECは、同社製メインフレームの最上位機種「ACOS-4」シリーズにItanium 2を搭載することを発表した。ACOS-4、HP-UX、Windows、LinuxといったOSが動作することで、既存資産を活かしつつオープンシステムへの対応を図る(2004/8/2)

基礎から学ぶサーブレット/JSP(7):
クラスライブラリを攻略「基本クラス編」
(2003/7/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。