ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イオングループ」最新記事一覧

ITライフch:
全国200店以上でサービスが受けられる格安SIM イオンモバイルとは
格安SIM業界において、ひときわ勢いのある「イオンモバイル」。ショッピングモールなどを展開しているイオングループが始めた格安SIMのブランドですが、どんな特徴があってどんな人に向いているのでしょうか?(2017/5/23)

商品企画と仕入れで大手に対抗:
知る人ぞ知るスーパーの一大勢力「ニチリウ」とは
「セブンプレミアム」「トップバリュ」の2大PBに対抗する中堅・中小スーパーの連合勢力の拠点が大阪にある。(2017/5/11)

水と風、揺れるシート、ヒロインの香り──体感型「4Dシアター」のすすめ
“4D”で映画が体感型アトラクションに。ゴールデンウイークに体験してみるのはいかが?(2017/5/2)

みたらし団子×かき氷×ソフトクリーム 「ハロハロみたらし団子」登場
のりとあられをトッピング。(2017/4/26)

俺様イケメンによる「椅子ドンVR」の衝撃 女性たちをキュン死にさせる(?)VRを体験
女性向けVRを体験できるエンターテインメント施設が越谷レイクタウンに期間限定で登場する。(2017/4/24)

コンビニ大手5社、全商品に電子タグ レジ・棚卸し業務を効率化
経産省は「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定。2025年までに、コンビニ大手5社の全商品、年間約1000億個に電子タグを取り付けるという。(2017/4/18)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)

無人レジ普及へ:
コンビニが全商品に電子タグ貼付へ レジなど効率化
経産省は、2025年までにセブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどコンビニ大手5社の全商品に電子タグを付ける計画を発表(2017/4/18)

パスタのようなラーメン:
松屋、トマトラーメンに進出 新業態「トマトの花」
松屋フーズは、新業態のラーメン店「トマトの花」を出店する。(2017/4/14)

「もしもし、私、仮面女子」 新作予約特典にメンバーからのお礼電話で「話せるアイドル」に
VRを楽しんでさらにお話もできちゃうだと!(2017/4/14)

320億円市場:
第2のハロウィーンなるか? イースター市場じわり
「イースター」を控え、小売り・サービス業界で商戦を仕掛ける動きが活発だ。仮装やパーティーを楽しむ日として「ハロウィーン」が盛り上がる中、イースターも次なる消費喚起イベントにしようとの思惑がある。(2017/4/13)

3月と合せて380品目:
イオン、4月にNB商品239品目を値下げ
イオンが約400店舗で4月中にナショナルブランド(NB)の食品や日用品239品目の値下げを実施する。(2017/4/11)

がっつりお肉と少な目ご飯 ミニストップのダイエット弁当が一般人には理解できない領域へ
バランスも配置もおかしい。(2017/4/8)

流通VSネット、中国消費者の争奪激化 イオンは大型モール拡大で中間層取り込み
高い伸びが続く個人消費を狙った競争が中国で激化している。(2017/4/6)

KCN、au回線の格安SIMサービスを開始 奈良県内のユーザー向け
近鉄ケーブルネットワーク(KCN)は、格安スマホプランを提供開始。新プランではKDDI回線を利用し、5分間まで回数無制限の定額通話サービスも利用できる。(2017/3/30)

奈良の商業地にささやかれる「長屋王の呪い」 「そごう」「ヨーカドー」が相次ぎ閉店 怨念は晴れるのか
跡地には再び複合商業施設が計画されているが、果たして“呪い”は解けるのか。(2017/3/29)

都市伝説か:
「長屋王の呪いか」 奈良の商業地、閉店相次ぐ
奈良市の総合スーパー「イトーヨーカドー奈良店」が平成29年度中に閉店することが決まった。同地は、奈良時代に非業の死を遂げた権力者・長屋王の邸宅跡に当たる。相次ぐ閉店をめぐり、ネットなどで「長屋王の呪いでは」とのうわさも。(2017/3/28)

2017年、ケンシロウとラオウはカープの炎に包まれた 北斗の拳×広島カープコラボで豪腕選手に
ケンシロウはバレンティンの60本塁打、ラオウはマー君の24連勝記録塗り替えそう。(2017/3/24)

オレンジのメガ盛り! ミニストップからオレンジ果肉をそのままのっけた棒アイスが発売
ミニストップの「贅沢なアイス」第2弾。(2017/3/23)

爬虫類や小動物が大集合! 関西圏初上陸の展示会「神戸レプタイルズワールド」 4月15日、16日に開催
ムツゴロウさんの特別ステージもあります。(2017/3/23)

ラーメンの上にカツカレーを乗せてみた 金沢カレーとラーメンがコラボした「カツカレーラーメン」が登場
熱々のカツを熱々のスープで召し上がれ。(2017/3/16)

ベトナムにも出店:
リョーユーパンが乗り越えた“冬の時代”
平成29年1月、リョーユーパン直営店本部長の中島高徳(54)は、ベトナム最大の都市、ホーチミンにいた。「RYOYU BAKERY」の看板が掲げられた店舗が開業した。リョーユーパンが技術協力した店だった。(2017/3/9)

YouTuberをプロ用機材で体験 子ども向け職業体験テーマパーク「カンドゥー」の新ブースが今風
体験で制作した動画はYouTubeで公開可能。公開範囲を身内に絞る設定もできます。(2017/2/22)

あこがれのYouTuberになれる!? 職業体験「カンドゥー」に日本初「YouTuber体験施設」
職業体験テーマパーク「カンドゥー」に、YouTuberの仕事を体験できる「カンドゥースタジオ」がオープン。(2017/2/22)

水曜インタビュー劇場(飲む公演):
「必要な一杯をどうぞ」世界初の機械にゴクリ
いま必要なサプリメントを自動的につくってくれる――。そんな未来感が漂うマシーンが、まもなく登場しそうだ。その名は「healthServer(ヘルスサーバ)」。このマシーンの何がスゴいかというと……。(2017/2/15)

水曜インタビュー劇場(冷たい公演):
ソフトクリームの日世が、唯一無二であるワケ
ソフトクリームの総合メーカー「日世」をご存じだろうか。1951年にソフトクリームを導入した企業で、業界シェアはトップ。ナンバーワンだけでなく、オンリーワンでもあるのだ。どういう意味か。同社のマーケティング担当者に話を聞いたところ……。(2017/2/8)

工期6年、事業費は180億円:
「幕張新駅」東京五輪に間に合わず JR調査
「幕張新都心拡大地区新駅設置調査会」は31日、JR東日本に依頼していた基本調査の結果を発表。すぐに建設を決めたとしても2020年東京五輪・パラリンピックまでの設置は実現できないことが確実となった。(2017/2/2)

水曜インタビュー劇場(編集公演):
大正14年の時刻表に、何が書かれていたのか
「紙の時刻表? 昔はよく使っていたけれど、最近は見なくなった」という人も多いのでは。ネットを使えば手軽に分かるようになったが、紙の時刻表はこれまでどのようなピンチがあったのか。『JTB時刻表』の大内編集長に聞いたところ……。(2017/2/1)

イオンモール、東京メトロが採用:
「Ring」の反省生かし……音声翻訳デバイス「ili」登場
ログバーが、音声翻訳デバイス「ili」を企業向けに貸し出すサービス「ili For Guest」を発表。指輪型デバイス「Ring」の反省を生かしたという。(2017/1/31)

音量ボタンを取っ払った理由とは? オフラインで使える音声翻訳デバイス「ili」(イリー)日本上陸
音声入力で言葉を翻訳できるデバイス「ili」(イリー)の法人向けサービスが6月にスタート。一般向けには2017年度中に発売予定。(2017/1/31)

「生ハムメロン風」のジャイアントカプリコがクレーンゲームの景品に! イオン系列の施設に1月27日登場!
気になりすぎる。(2017/1/25)

水曜インタビュー劇場(編集公演):
なぜ時刻表に“謎ダイヤ”が存在するのか
鉄道の時刻表を調べる際、スマホで検索している人が多いだろうが、実は紙の時刻表をじっくり見ると、興味深い情報がたくさんある。例えば、実際に走っていない特急が走っていることも。どういうことか。『JTB時刻表』の大内編集長に、謎ダイヤの真相を聞いた。(2017/1/25)

「高級感や非日常感、驚き」:
グリコ「カプリコ」に「生ハムメロン味」 その狙いは?
江崎グリコはカプリコシリーズ(チェコレート菓子)の新商品「ジャイアントカプリコ 生ハムメロン風」をクレーンゲーム(1回100円)の景品として展開する。その狙いとは?(2017/1/24)

プリンをまるまる1個入れちゃった中華まん「まるごとプリンまん」 ミニストップから登場!
ハフハフして食べたい。(2017/1/19)

水曜インタビュー劇場(とじる公演):
ホッチキスの「マックス」が手を広げた秘密
ホッチキスメーカーの「マックス」をご存じだろうか。「毎日のように使っているけれど、メーカー名なんていちいち確認しないよ」という人がいるかもしれないが、この会社……とじて、とじて、とじまくって売り上げを伸ばしてきたのだ。どいうことかというと……。(2017/1/18)

水曜インタビュー劇場(駒公演):
売れない時代に、UPQのバイクが好調な理由
家電ベンチャー「UPQ」が発売したバイクが、よく売れている。折り畳むことができる電動の原付バイクは、なぜ消費者に支持されたのか。同社の中澤CEOに、その理由を聞いたところ……。(2017/1/11)

ヴィレヴァン福袋、社名が「ヴァングラード」になる誤植 → それに合わせてオンラインストアTwitterが改名する謎の事態に
ミスしても、このノリっぷり。(2017/1/4)

水曜インタビュー劇場(風車公演):
小さな会社の「台風発電」が、くるくる回る日
「台風接近中」と聞くと、ほとんどの人が「建物の中でじっとしておこう」と思うはずだが、暴風を追い求めている人がいる。風力発電を開発しているチャレナジーの清水CEOだ。台風の強い風を使って、どのように発電するかというと……。(2017/1/2)

コロンとしてかわいいドラえもん&ドラミちゃんの和菓子 12月30、31日に登場!
ドラえもんと一緒の年越し。(2016/12/29)

水曜インタビュー劇場(ジェットコースター公演):
夢の乗り物「エコライド」は実現するのか
遊園地の施設メーカーが中心になって「エコライド」という乗り物を開発している。街中をジェットコースターの構造を生かして走行するということだが、本当にそんな乗り物が実現するのだろうか。また、安全性に問題はないのだろうか。担当者に話を聞いたところ……。(2016/12/21)

ミニストップからいちごがどっさり盛られた棒アイス登場 ハーゲンダッツより高いプレミアム振り
こういうケーキ見たことある。(2016/12/20)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(19):
秋田編:ノマド制度を利用して地元に拠点を開設――人口減少の最先端で“余白”に挑め
小学校も中学校も1校ずつ、65歳以上人口45%超の過疎地で何ができるのか……。U&Iターンの理想と現実をつづる本連載。秋田編は五城目町の廃校を利活用したオフィスで創造的な仕事に取り組む男の奮闘記です。(2016/12/16)

水曜インタビュー劇場(散髪公演):
「儲かっているのに、撤退」QBハウスの事例
ヘアカット専門店「QBハウス」が、海外で伸びている。来店客数・店舗数をみると、この10年で10倍に。ただ、出店したものの、撤退に追い込まれるケースもあったとか。担当者に聞いてみると、日本の常識ではちょっと考えられないような話もあって……。(2016/12/14)

Android向けの決済サービス「Android Pay」、日本でスタート 楽天Edyの対応店舗で支払える
楽天ポイントカードなどさまざまなポイントもためられる。(2016/12/13)

「Android Pay」日本で開始 まず楽天Edyに対応
Android端末向け決済サービス「Android Pay」の日本国内での提供がスタートした。当初は楽天Edyのみ対応する。(2016/12/13)

鉄道DVD「日本列島列車大行進」が劇場版に 2017年2月公開
ナレーターは沢城みゆきさん。(2016/12/12)

米スタバ7800店舗がポケストップに 「ポケモンGOフラペチーノ」なるドリンクも新発売
国内実装はまだか……!(2016/12/9)

Pokemon GOに「第2世代ポケモン」追加、詳細は12月12日(米国時間)に発表へ
「Pokemon GO」でうわさされている「ポケットモンスター金・銀」の100種類のポケモン追加実施のアップデートは12月12日(米国時間)になりそうだ。Nianticが「ポケモン追加の詳細は12日に発表する」としている。(2016/12/8)

「ポケモンGO」、イオングループ店舗がポケストップやジムに
駐車場ではプレイ禁止。(2016/12/7)

水曜インタビュー劇場(散髪公演):
模倣店が増えても、QBハウスも増えるワケ
ヘアカット専門店「QBハウス」が、海外で伸びている。来店客数・店舗数をみると、この10年で10倍に。ライバル店も増えている中で、なぜQBハウスは急成長しているのか。海外事業の担当者に話を聞いたところ……。(2016/12/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。