ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イオングループ」最新記事一覧

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
音声翻訳デバイス「ili」でリベンジなるか 「Ring」で“炎上”したログバーの決算
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/14)

8カ月で20万DL、満足度90% 無料送金アプリ「Kyash」好調の要因
無料の個人間送金アプリ「Kyash」が好調だ。ユーザーは手数料なしで送金ができるほか、たまったお金で買い物もできる。Kyashの現状と今後の展開を、鷹取真一社長が明かした。(2017/12/14)

アップルPickUp!:
知らないと損をするApple Pay最新情報
iPhoneユーザーは要チェック!(2017/12/12)

お風呂に入ってまったりほっこり 夏目友人帳「ニャンコ先生」の一番くじが登場
テーマは湯けむり温泉旅。(2017/12/7)

ナムコ、VR体験施設に本腰 「VR ZONE Portal」全国展開、12月中に
ナムコが展開する小型のVR体験施設「VR ZONE Portal」が、12月中に新たに19店舗オープンする。(2017/12/7)

鳥取砂丘のポケモンGOイベントが初日から大盛況 通信や交通の混雑も
砂丘行きシャトルバスにも長蛇の列が。(2017/11/24)

「新たな日本食の提案」:
ミニストップ、韓国で「松屋監修牛めし弁当」限定発売
ミニストップが「松屋監修牛めし弁当」を韓国ミニストップで限定発売。「新たな日本食を提案する」という。(2017/11/22)

イオングループで1月から成人向け雑誌の販売取りやめ 家族連れや東京五輪に向け配慮
イオン傘下のコンビニ「ミニストップ」でも千葉市で先行して販売を止めることが21日に発表されていました。(2017/11/22)

小売・流通アナリストの視点:
巨大ホームセンターから見る地方住宅事情の今後
幅広い商品を取り扱う巨大なホームセンターはその特性から地方都市に数多く存在する。そこから見えてきた地方の住宅事情とは――。(2017/11/22)

千葉市の要請きっかけ:
ミニストップ、成人向け雑誌の取り扱い中止 全国で
ミニストップは成人向け雑誌の取り扱いを国内全店で中止する。(2017/11/21)

ミニストップ、成人誌の取扱を中止へ 先行的に千葉市から 2018年元旦から全店舗で
千葉市の働きかけをきっかけに判断に至ったと説明。(2017/11/21)

清掃用ロボにも参入:
SBロボティクス、法人向けに「Pepper」会話を大幅強化
ソフトバンクロボティクスは、「Pepper for Biz」のビジネス活用を効率化するサービス「お仕事かんたん生成2.0」を11月30日にリリースする。小売、飲食、金融、病院――など10業種で使用する会話のテンプレートを、利用シーン別に計100パターン収録したという。(2017/11/20)

「スゲー迫力」の予感! 広島駅に「実寸大ダンボールSL」降臨、11月13日から展示
広島駅に「実寸大ダンボールSL」が降臨。展示は11月13日から。【制作過程などの写真を追加】(2017/11/9)

約束されたおかわりの剣? Fateコラボカフェ限定グッズで「エクスカリバーしゃもじ」なる謎アイテムが発売
食卓の騎士にご飯をよそうのにピッタリ。(2017/11/1)

「チロルチョコ きなこもち」がドリンクに ミニストップに登場
飲むきなこもち、爆誕。(2017/10/26)

託された経営改革:
ポップコーン会社の再建を 野球界から転身した男の奮闘
東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム戦略担当、そして球団経営を担う一員としてどっぷりと野球界に身を置いていた男が異業種に飛び込んだ。現在、ポップコーン会社の経営再建に奮起する彼を追った。(2017/10/25)

社長の強気戦略の成否は?:
「いきなり!ステーキ」来年、いきなり店舗倍増計画 
ペッパーフードサービスが展開するステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」の勢いが止まらない。(2017/10/20)

成功するか? 「いきなり!ステーキ」いきなり店舗倍増計画
「いきなり!ステーキ」の勢いが止まらない。店舗は9月に150店に達したが、創業者の一瀬社長は「2018年は200店増やす」と自信たっぷりに宣言する。強気の拡大戦略の成否は?(2017/10/19)

MVNOに聞く:
薄利のMVNO事業で、なぜ「エックスモバイル」は生き残れたのか
MVNO業界の慣習にとらわれない“やんちゃぶり”で話題となったエックスモバイル。サービス開始当初は「超絶赤字」だったそうだが、ついに債務超過をクリア。淘汰(とうた)が進むMVNOで、なぜエックスモバイルは生き残れたのか。木野社長に聞いた。(2017/10/16)

上期営業益は11年ぶり最高益:
イオン、18年2月期営業益予想を上方修正 GMS事業が改善
イオンが18年2月期の業績予想を上方修正。粗利改善や経費構造改革の進展から、総合スーパー(GMS)事業の営業損失が想定を上回って改善している。(2017/10/4)

プラレールで山手線を再現する模様をニコ生が完全中継 2020年完成予定の新駅まで予測し設置
9月1日に再現した製作者が協力して再挑戦。(2017/9/27)

小売・流通アナリストの視点:
路面電車を残した地方都市の共通点
クルマ移動が主流となって以降、中心部が空洞化した地方都市は多い。しかし一方で、依然として中心市街地が存在感を維持している街もないわけではない。共通するポイントは「路面電車」の存在である。(2017/9/20)

ゲオモバイルで格安SIM「イオンモバイル」を取扱開始
ゲオは、全国のゲオショップとゲオモバイルの一部店舗で格安SIMカード「イオンモバイル」を販売開始。一部のイオンモバイルの店舗ではゲオモバイルの中古スマホ販売も行う。(2017/9/14)

太陽光:
インドネシアのイオンで太陽光発電、二国間クレジットでCO2削減に
伊藤忠商事とイオンモールは、インドネシアで二国間クレジット制度を利用した太陽光発電事業に着手する。イオンモールがジャカルタに開設する新店舗の屋根に太陽光発電と蓄電池を導入し、年間550トンのCO2排出量削減を目指す。(2017/9/5)

小売・流通アナリストの視点:
生鮮も売る「フード&ドラッグ」に地方の可能性を感じた
ドラッグストア業界の動きが目まぐるしい。マツモトキヨシの首位陥落、そしてすぐさまツルハの首位奪取という変動は、業界のシェア競争が終盤戦に入ったことを感じる。そんな中、地方で興味深い業態が目についた。(2017/8/23)

ミニストップ統合進むか:
セブンに店舗売上高で大差つけられるローソン “三菱色”で巻き返し?
三菱商事色が濃くなったローソンは、首位セブン−イレブン・ジャパンに果たして対抗できるのか?(2017/8/21)

バンナム、VR体験施設を世界展開 神戸・ロンドンにオープンへ
バンダイナムコエンターテインメントは8月18日、VR(仮想現実)技術を活用したゲームなどを体験できる小型の施設「VR ZONE Portal」を世界展開すると発表した。(2017/8/18)

クルマに“駐車禁止”貼り紙、ネットで物議 ミニストップが謝罪
ミニストップが、駐車場のクルマに貼り紙をしたところ、ネット上で物議に。長時間駐車への注意喚起のために、店側が用意したクルマだったという。(2017/8/8)

車に「タイヤロック中」「はずしてほしかったら4万ください」 ミニストップ、物議かもした“無断駐車対策”めぐり謝罪
車は店が用意したものだった。(2017/8/8)

VR施設「カプコンVR」がイオンモール津田沼店にオープン ゾンビと戦うシューティングゲームなど用意
剣を使ったアクションもあるでよ。(2017/8/6)

イオンとサッポロ、貨物船を共同運航 トラック運転手の負担軽減
イオンとサッポロが、貨物船を共同運航。トラックに代わり、双方の商品を大量輸送し、ドライバーの負担、環境負荷の低減につなげる。(2017/7/21)

輸送手段を多様化:
イオン、商品の海上輸送を開始 サッポロと共同運航
イオンがサッポロと貨物船を共同運航し、商品の海上輸送を始める。(2017/7/21)

仙台市交通局が「ジョジョ」デザインicscaを発売ッ! 数量限定で8月5日から先行販売開始
仙台市で使えるICカード乗車券です。(2017/7/16)

トップ10にコンビニ3社ランクイン:
アジアの小売業者ランキング、1位はイオングループ
英ユーロモニターがアジア主要14カ国の小売業者のランキングを発表。1位はイオングループ。トップ10にはセブン-イレブンジャパン、ファミリーマート、ローソンの3社も入った。中国、インドネシア、韓国はモバイルコマースが成長。(2017/7/13)

蓄電・発電機器:
ミニストップが燃料電池を導入、京セラの業務用SOFCの効果を検証
コンビニエンスストアのミニストップは、千葉市の店舗に京セラ製の固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムを実証導入し、省エネ性能などを検証する。エネルギー効率がよく、CO2排出量が少ないというメリットがある燃料電池。これまでは「エネファーム」などの家庭向けが中心だったが、業務用に店舗や施設へ導入する動きが進みつつある。(2017/7/4)

「不動産屋のあり方変わる」――VRでお部屋探し「どこでもストア」登場 3分で内見
VR(仮想現実)映像で不動産を内見できる不動産案内所「どこでもストア」が、イオン品川シーサイド店に登場。1件の内見が3分程度で終わる手軽さが売りだ。(2017/6/30)

日本郵便でシステム障害 「メルカリ」「ヤフオク」連携新サービスで発送できない問題
日本郵便は20日に始めたばかりの新サービス「e発送サービス」で28日から不具合。ローソン店舗の端末「Loppi」を利用した送り状の印刷ができない状態に。(2017/6/30)

ITライフch:
宛名書き不要!フリマ・オークションアプリが日本郵便新サービスと連携で発送や受け取りが便利に
日本郵便は、フリマアプリなどとのシステム連携による新サービス「e発送サービス」の提供を開始。各アプリなどが配送料金の一部を負担、サービスによっては、差出元と郵送先が氏名や住所を知らせることなく、商品を配送できる。(2017/6/29)

委託先の設備不良で:
セブン&アイ、PBの福神漬を自主回収 異物混入で
セブン&アイホールディングスが、「セブンプレミアム 国産野菜 100%福神漬」を自主回収すると発表。パックの内部に異物が混入した可能性があるという。(2017/6/21)

水曜インタビュー劇場(シャリシャリ公演):
だからミニストップの「ハロハロ」は売れている、知られざる“実験力”
ミニストップの「ハロハロ」が売れている。1995年に発売したロングセラー商品で、今年は7種類も投入する。同社は過去最高の売り上げを狙っているが、どのような人が購入しているのか。また、どのようにして開発しているのか。その舞台裏に迫った。(2017/6/21)

日本郵便、フリマ配送を簡単・割安に 「メルカリ」「ヤフオク!」などと新サービス
フリーマーケットアプリやネットオークションサイトで利用できる新配送サービスを日本郵便がスタートする。(2017/6/19)

イオン銀行でPepperが働く実証実験スタート 2年後には“無人店舗”も実現?
イオンカードの入会、窓口の接客担当者は「Pepper」――イオン銀行がそんな実証実験を開始する。将来的には無人店舗の導入も検討しているが、既存の業務や雇用をなくすものではないそうだ。(2017/6/13)

イオン九州72店舗で展開:
「サンプル百貨店」、売り場設置からSNSプロモーションまで複合的に展開する販促支援サービスを開始
サンプリングサイト「サンプル百貨店」を運営するオールアバウトライフマーケティングはリアル店舗における特設売り場の設置からSNSプロモーションまで複合的に展開する販促支援を開始した。(2017/6/5)

アニメ「ヤマノススメ」新作OVAの発売が決定! テレビシリーズ第3期は2018年からスタート
上映イベントにふるさと納税第2弾も!(2017/6/3)

新興国自動車事情(6):
「カロセリ」「シート表皮張り替え」、インドネシアの個性豊かな出展社
およそ2億6000万人というASEAN地域最大の人口を持ち、同時に地域最大の自動車市場を抱えるインドネシア。とはいえ自動車産業の集積という点ではタイにまだまだ及ばず、国を挙げての産業育成を目指しているところです。モーターショーではそうした意気込みと、大衆の「クルマへの憧れ」とあいまった熱気を感じることができました。(2017/5/24)

ITライフch:
全国200店以上でサービスが受けられる格安SIM イオンモバイルとは
格安SIM業界において、ひときわ勢いのある「イオンモバイル」。ショッピングモールなどを展開しているイオングループが始めた格安SIMのブランドですが、どんな特徴があってどんな人に向いているのでしょうか?(2017/5/23)

水と風、揺れるシート、ヒロインの香り──体感型「4Dシアター」のすすめ
“4D”で映画が体感型アトラクションに。ゴールデンウイークに体験してみるのはいかが?(2017/5/2)

みたらし団子×かき氷×ソフトクリーム 「ハロハロみたらし団子」登場
のりとあられをトッピング。(2017/4/26)

俺様イケメンによる「椅子ドンVR」の衝撃 女性たちをキュン死にさせる(?)VRを体験
女性向けVRを体験できるエンターテインメント施設が越谷レイクタウンに期間限定で登場する。(2017/4/24)

コンビニ大手5社、全商品に電子タグ レジ・棚卸し業務を効率化
経産省は「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定。2025年までに、コンビニ大手5社の全商品、年間約1000億個に電子タグを取り付けるという。(2017/4/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。