ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Akamai(アカマイ)」最新記事一覧

HTTP/2にも対応:
モバイル機器のWebアクセスを高速化――アカマイがCDNの機能拡充
米アカマイ・テクノロジーズは、Webアクセス高速化ソリューション「Akamai Ion」の機能を拡充した。(2016/4/22)

アカマイがWeb脅威に関する報告書を公開:
Web担当者必見。知らぬうちにSEO攻撃に組み込まれる可能性
アカマイ・テクノロジーズは、Webセキュリティの脅威に関する報告書を発表した。SQLインジェクションを使用して、検索エンジンのランク付けに影響を与える攻撃を確認したという。(2016/1/14)

EFF、Webサイトを無料でHTTPS化するプロジェクト「Let's Encrypt」のパブリックβ公開
米電子フロンティア財団(EFF)がセキュアなWebを目指し、WebサイトのHTTPS化を無料で比較的簡単に実現できるプログラムのパブリックβを公開した。Cisco、Mozilla、Akamai、Facebookなどが支援している。(2015/12/4)

家庭用ネットワーク機器などの悪用も:
アカマイ、2015年第2四半期のサイバー攻撃リポートを発表――DDoS攻撃が1年で2倍超に増加
アカマイ・テクノロジーズは2015年8月18日(米国時間)、セキュリティ脅威に関する分析リポート「インターネットの現状」の2015年第2四半期版を発表した。DDoS攻撃の件数が2014年同期に比べて2倍超に増加していた。(2015/8/19)

DDoS攻撃が増加傾向、執拗なShellshock攻撃も
Akamaiによると、4〜6月期に発生したDDoS攻撃は前年同期比132%増、前期比では7%増。「DDoS攻撃やWebアプリケーション攻撃が投げかける脅威は四半期ごとに増大し続けている」という。(2015/8/19)

DDoS攻撃の件数は過去最高
IoTデバイス増加で変わる攻撃手法、あなたの家のWebカメラは大丈夫?
米Akamai Technologiesによると、2015年第1四半期に計測されたDDoS攻撃件数は2014年同時期の倍以上だったという。そして、この1年で攻撃手法にも変化が見られる。その詳細とは。(2015/6/3)

100Gbps超のDDoS攻撃頻発、大規模化の様相に
Akamaiが対応した100Gbpsを超すDDoS攻撃は7〜9月期だけで17件に上り、最大の攻撃は321Gbpsの規模に達した。(2014/10/24)

UPnP悪用のDDoS攻撃が増加、対策が急務に
機器メーカーなどの対策とユーザーによる対策の適用が急がれるとAkamaiは指摘する。(2014/10/16)

世界のネット平均接続速度、第2四半期にはブロードバンドに──Akamai予測
四半期ごとに「インターネットの現状」に関する調査報告を発表しているAkamai Technologiesが、1〜3月期のインターネット平均接続速度が3.9Mbpsに達したと発表。また、日本の4K放送対応ネットワークはまだ32%としている。(2014/6/30)

製造IT導入事例:
カルソニックカンセイ、新たなグローバルPDMシステムを構築
従来使用してきた専用回線ではなくAkamai Technologies提供のソリューションを利用。2014年5月以降、アメリカ・イギリス・中国といった主要海外拠点にグローバルPDMシステムを順次展開してゆく予定だ。(2014/5/28)

最も広告視聴率が低いのは?:
アカマイ、オンライン動画広告の効果に関する科学研究に貢献
計3億6700万本の動画と、2億5700万本の動画広告を分析。オンライン動画広告効果に関する科学調査の結果を公開した。(2013/10/24)

アラートやポリシー設定、データ分析などへの活用も:
アカマイ、Intelligent PlatformのAPIを公開
アカマイ・テクノロジーズは米国時間の2013年10月9日、「Akamai Open Platform Initiative」を発表。REST形式のAPI「Akamai{OPEN}」やSDKを介して、Akamai Intelligent Platformを管理、制御できるようにする。(2013/10/11)

製造ITニュース:
アカマイが語る製造業のM2M活用とその盲点
高速ネットワークサービスを展開する米Akamaiは、クラウドの普及により業容を拡大。製造業向けではグローバル化による拠点間ネットワークの高速化とともにM2Mとの相性の良さを訴える。(2013/8/13)

「防御+性能」のネットワークで企業市場を深耕する――アカマイが新戦略
ネットワークサービスのアカマイは、コンテンツやアプリ配信での事業戦略を発表した。(2013/3/13)

アカマイのインフラとラックの監視サービスが連携:
アカマイとラック、DDoS攻撃対策で協業
アカマイ・テクノロジーズとラックは3月7日、分散型サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)対策に関して提携を結んだ。(2013/3/7)

ラックとアカマイ、企業ネットワークのDDoS対策で協業
アカマイのネットワークとラックの監視サービスを組み合わせて提供する。(2013/3/7)

端末個別にフロントエンド最適化、進化するアカマイのCDN:
Retina端末にはRetina画像を配信、CDNの最新技術とは?
アカマイのCDNサービスは、フロントエンドの最適化や、端末・帯域に応じた最適化をするよう進化している(2012/11/7)

ブロードバンド普及率と平均スピード、日本は世界2位――Akamai調べ
米Akamaiによれば、ブロードバンド普及率と平均スピードのトップは韓国だった。(2012/8/23)

アカマイ新社長にノベル前社長の徳永信二氏が就任
職務執行者会長の小俣修一氏はコーポレート・ストラティジック・アドバイザーに就任する。(2012/4/6)

SaaSアプリの高速化サービス、アカマイとリバーベッドが提供
GoogleAppsやSalesforce.com、Office365といったクラウドアプリサービスのパフォーマンスを数倍に高速化するという。(2012/3/22)

アカマイがセキュリティ監視サービス、DDoSやWebアプリ攻撃を防御
同社の配信サービスを利用していなくても、DNSサーバの変更だけでセキュリティ監視サービスを利用できる。(2012/2/29)

アカマイとリバーベッドが提携、アプリ配信の性能改善機能を共同展開
2社は、アプリケーション配信とWAN高速化の技術を組み合わせた製品を2012年に提供する予定だ。(2011/6/9)

Ericsson Innovation Forum 2011:
Akamaiとの提携が快適なモバイルネットサービスを生み出す――Ericssonのギルストラップ氏
この2月に米Akamaiとの提携を発表したEricsson。この提携は、通信キャリアやコンテンツプロバイダー、ユーザーにどんなメリットをもたらすのか。同社CSOのギルストラップ氏に聞いた。(2011/5/25)

Mobile World Congress 2011:
下り最大168MbpsのHSPA+をデモするEricsson、コンテンツ配信はAkamaiと提携
ホールを借り切った展示を行い、Mobile World Congressで大きな存在感を示した通信インフラ大手のEricsson。下り最大168Mbpsの速度を実現するHSPA+のデモを展開し、モバイル通信の高速化ロードマップを示した。(2011/2/18)

Ciscoも大規模実験「World IPv6 Day」に参加表明
GoogleやFacebook、Akamaiに続き、Ciscoも6月8日に開催予定の24時間IPv6運用実験への参加を表明した。(2011/1/24)

ネットビジネスの商機はリッチコンテンツとモバイルにあり、アカマイが指南
アカマイは、ネットワークサービスの利用状況から企業のオンラインビジネスの拡大につながるポイントを解説した。(2010/7/22)

ネット経由の大規模攻撃に備える重要性――2009年7月のDDoS攻撃の舞台裏
2009年7月に発生した米韓サイトに対するDDoS攻撃の実態について、米ネットワークサービスベンダーのAkamaiが説明した。同社ではネットワーク上における対策の重要性を指摘する。(2010/3/8)

アカマイ、アプリケーション配信サービスにWAF機能を本格導入へ
アカマイは、企業向けWebアプリケーション配信サービスにおいてWebアプリケーションファイアウォール機能を正式に提供する。ユーザーがWebを狙う外部攻撃への対策を強化できるという。(2009/12/18)

iPhone向けHDビデオ配信が可能に:
Akamai、高精細ストリーミングサービス「HD Network」を発表
コンテンツプロバイダーは「Akamai HD Network」を利用することで、シームレスなHDビデオをiPhone、Adobe Flash、Microsoft Silverlight向けに配信できる。(2009/9/30)

アカマイ、サービスの利用促進を図るユーザー向け施策を導入
アカマイは、コンテンツおよびアプリケーション配信サービスを利用する企業向けに、サポートやコンサルティングなど3つのプログラムを提供する。(2009/7/23)

自社導入の負担を軽減:
アカマイ、ADN/CDNサービスにWAF機能を提供へ
アカマイは、同社のアプリケーション配信サービスなどを利用する企業へ、Webアプリケーションファイアウォール機能を試験的に提供する。(2009/5/20)

アライアンスと管理ツールを発表:
アカマイ、クラウドコンピューティングへの取り組みを強化
アカマイは、クラウドコンピューティングの普及を目指すソフトウェアベンダーとの提携と、アプリケーション配信管理ツールを発表した。(2008/11/13)

ActiveXコントロールにエラー:
AkamaiのDownload Managerに深刻な脆弱性
問題を悪用すると、システム上に任意のファイルをダウンロードさせることが可能になる。(2008/6/6)

コンテンツ配信の2強がタッグ:
CitrixとAkamai、Webアプリケーション配信事業で提携
CitrixとAkamaiはコンテンツ最適化技術とネットワーク基盤を活用してWebアプリケーションの高速化を図る。(2008/5/22)

海外向けサイトを最適化:
アカマイとEXJが多言語サイトの最適化支援サービス
アカマイとエクスポート・ジャパンは、海外向けサイトのアクセシビリティ向上やSEO対策などを支援するサービスを始める。(2008/5/21)

Akamai、ダウンロード管理ツールの脆弱性に対処
Akamai Download Managerに深刻な脆弱性が見つかった。(2008/5/2)

アカマイ、富士通「FENICS II」へアプリ配信技術を提供
アカマイのアプリケーション配信技術が、富士通の企業向けネットワークサービス「FENICS II」に採用された。(2008/4/3)

コンテンツの配信、管理、分析をワンストップ化した次世代CDNサービス――アカマイ
アカマイは、CDN(コンテンツ配信ネットワーク)上でリッチコンテンツの配信、管理、分析を一括で行うサービスを日本で初めて提供すると発表した。(2007/7/20)

コンテンツ配信を制御するアカマイ、その次なる一手とは
「インターネットの雲の中を制御する唯一の会社。」オンラインコンテンツの高速配信サービスを展開するアカマイは、自らをこう表現する。同社が展開する新たなサービス「アプリケーション・パフォーマンス・ソリューションズ(APS)」の特徴とは?(2007/5/31)

Akamai、P2Pサービス企業を買収
メディア配信ネットワーク最大手が、P2Pクライアントを提供しているRed Swooshを1500万ドルで買収した。(2007/4/13)

Akamai、Webアプリ高速化サービスのNetliを買収
米Akamai Technologiesは、Netliの高性能プロトコルを自社技術と組み合わせることで、Webアプリケーション高速化ソリューションの強化を図る。(2007/2/7)

アカマイが「復活」をかける動的コンテンツ配信ビジネス
コンテンツ配信の大手、アカマイが都内で記者説明を行い、今後の事業の中心をコマースアプリケーションなどWeb2.0型の動的なコンテンツ配信サービスにシフトしていくことを明らかにした。(2006/6/28)

AkamaiからWeb2.0推進の新製品「Dynamic Site Solutions」
「Dynamic Site Solutions」ではAjax、Flash、WebサービスといったWeb2.0技術ベースのコンテンツとアプリケーションを組み込んだB2Cサイトを推進する。(2006/6/13)

Akamai、Windows Media DRM対応のコンテンツ配布システム発表
Akamaiはコンテンツ配布システム「Media Delivery」の新版をリリースした。Windows Media DRMに対応し、セキュアな配信を保障する。(IDG)(2005/10/19)

スペースシャトルミッション、Webへ
ディスカバリー号の打ち上げは延期されたものの、Yahoo!やAkamaiはNASAと提携し、ミッションの映像などをWeb配信する準備を整えている。(IDG)(2005/7/14)

Akamaiのセーガン社長、CEOに昇格
Akamaiのポール・セーガン社長がCEOに昇格した。社長職も兼務し、取締役も務める。(2005/4/5)

Akamai、同業のSpeedera Networksを買収
分散型プラットフォームホスティングサービスを提供するAkamaiは、同業のSpeedera Networksを買収する。(2005/3/17)

Akamai、Flashビデオ配信サービス提供開始
Macromediaはインターネット・インフラプロバイダのAkamaiとともに、Flashを利用したストリーミングメディアサービスの提供を開始した。(2005/2/23)

Interview:
オンデマンドなコンテンツ配信で、AkamaiとIBMの強力タッグ
AkamaiのサービスとIBMのオンデマンドのコンセプトは相性がいい。サーバ機器などの固定資産を必要とせずに、インターネットを通じた突発的な需要に対応できるからだ。(2004/9/29)

インターネットのサバイバルには何が必要か
先日Akamaiを襲ったような障害を防ぐには、インフラの多様化が必要だ。しかし異種混在インフラは手間とコストがかかる。その代わりに必要となるのは……。(IDG)(2004/7/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。