ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Anycall」最新記事一覧

ふぉーんなハナシ:
携帯売場は玉石混交?――北京の電脳街「中関村」に行ってきた
5月の連休に中国を旅行したので、そのついでに携帯ショップを見てきた。中でも印象的だったのが、大型電気店が並ぶ「中関村」エリア。Apple、Samsung、LGなど人気メーカーの製品や、中国といえば……の怪しいケータイも多数見られた。(2011/7/5)

“あれ”が出てきます:
販売数は110万台以上――韓国版「Galaxy S」を見てきた
21カ国で販売されているSamsung電子の「Galaxy S」は、韓国では100万台以上売れている。これは過去最速の販売ペースだという。いったい何が韓国人の心をつかんだのか。現地でGalaxy Sを手に取り、購入者の話を聞いてきた。(2010/9/17)

韓国携帯事情:
韓国でも「OMNIA」発売――ますます盛り上がる“タッチケータイ”市場
日本でも話題になったSamsung電子のOMNIA(オムニア)が韓国でも発売され、注目を集めている。これまで様子見だったメーカーも続々とタッチパネル端末を発売しており、韓国には今、本格的な“タッチケータイ”ブームが訪れている。(2008/12/11)

Mobile&Movie 第328回:
宿命「昔、お前が俺たちを売った場所に来い」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、韓国のトップスター、ソン・スンホンとクォン・サンウが競演した『宿命』。ANYCALLのCMに出ていたクォン・サンウは、劇中でもANYCALLのケータイを手にしています。(2008/10/24)

韓国携帯事情:
“素材”と“生活密着”機能にこだわる――韓国ケータイトレンドの今とこれから(後編)
韓国の最新ケータイトレンドを探る後編では、バイオプラスチックを使ったエコケータイ、金属やカーボンを使ったタフネスケータイ、専用機並みのカメラ機能やスケジュール機能を持つモデルを紹介する。(2008/10/22)

韓国携帯事情:
タッチパネル“+α”で差を付けろ――韓国ケータイトレンドの今とこれから(前編)
韓国では、「Haptic」や「Secret」などさまざまなタッチパネルケータイが花開いた。そして今、すでに“次”の差別化ポイントとしてタッチパネルに+αの付加価値を付けた高機能ケータイが登場し始めている。(2008/10/21)

韓Samsung電子、「Haptic 2」を発表
Samsung電子は全面タッチパネルを採用したAnycallブランド端末“Hapticフォン”の後継モデル、「Haptic 2」を発表した。韓国のケータイキャリア3社(SKT/KTF/SKT)向けに展開する。(2008/9/26)

韓国携帯事情:
“SIMロック解除”で加速する韓国携帯のオープン化
韓国で進む携帯電話とモバイルインターネットのオープン化。前回のフルブラウザ端末に続き、3月末から始まった端末のSIMロック解除を試してみた。まだ限定的だが、自由な携帯利用を感じさせるには十分なサービスだ。(2008/4/24)

韓国携帯事情:
韓国ケータイの最新サービスを体験――「ソウルモバイルスポット」を巡る
モバイル関連の新技術や新サービスが次々と生まれる韓国。ソウルには、キャリアや端末メーカーが設置した新技術、サービスの体験コーナーがいくつもあり、観光名所となっている。(2008/2/19)

韓国携帯事情:
韓国のWiBro事業にみる、モバイルWiMAXの未来
韓国が国ぐるみで開発や普及に取り組んできたが「WiBro」が、IMT-2000として世界標準に採択された。WiBro技術の開発や対応機器の輸出に弾みがつくと予想され、関連企業の海外進出が勢いづいている。(2007/12/3)

韓国携帯事情:
韓国ケータイに“待受革命”――待受画面からのネット検索は普及するか
韓国の携帯電話キャリアが競ってインターネット検索サービスを拡充、待受画面からネット検索を行えるサービスを提供している。しかし、ケータイからのネット利用に料金的な抵抗感が消えたわけではない。(2007/11/16)

韓国携帯事情:
教会ケータイ/バイブルフォン/仏教サイト――モバイル市場で“宗教ユーザー”をつかめ
熱心なキリスト教徒が多い韓国。規模が大きく結束が固いコミュニティとして、携帯キャリアは信者向けの“教会ケータイ”や、説教・賛美歌を配信する“バイブルフォン”サービスを提供し、加入者数を伸ばしている。(2007/11/6)

韓国携帯事情:
韓国“ビッグ3”が狙う日本のモバイルゲーム市場
最近、日本で韓国メーカー製のモバイルゲームが続々とリリースされている。これらのゲームは本国の韓国ではどのような評判を得ているのだろうか。韓国のモバイルゲーム市場の今を追った。(2007/10/25)

韓国携帯事情:
「Anycall」がスローガン変更――変わりはじめたSamsung電子
“Talk, Play, Love”――韓国で高いシェアを誇るSamsung電子の携帯電話ブランド「Anycall」が、6年ぶりに企業スローガンを変更。技術力だけでなく、ファッションイメージも伴うブランド戦略を目指す。(2007/10/12)

キャリア・メーカー・ユーザー。変化は三者三様――韓国ケータイ市場の今
2006年末、韓国の携帯電話加入者は4000万人を超えた。総人口に迫る勢いで成長する韓国の携帯電話市場はどんな姿をしているのか。キャリア・端末メーカー・ユーザーそれぞれの“今”を追った。(2007/3/20)

10M/光学3倍カメラ、回転スティック型、大容量HDD──Samsung電子製端末、“スリム”+αの戦略
ソフトバンクモバイル向けとして、本格的に日本参入を果たしたSamsung電子。“怒濤の”とも言えるその端末投入数と開発スピードなどが話題だが、今後国内向けとしてどのような端末を投入してくるのか、本国のSamsung電子 水原広報館で気になる端末がいくつも展示されている。(2007/2/27)

韓国携帯事情:
CDMAサービス開始10年で4000万の大台へ――韓国の携帯電話史を振り返る
2006年末に加入件数4000万を超えた韓国の携帯電話市場。1996年にCDMAサービスを開始してから約10年での達成となったが、この間にどんな出来事があったのか。韓国の携帯電話史について振り返ってみよう。(2007/1/9)

NEXONにとって日本は特別――オンラインへの可能性があれば器は関係ない
NEXONは「G★ 2006」を前にメディアツアーを敢行。韓国江南区にある本社へと招待し、今後日本でサービスを予定しているタイトルの説明会を行った。国民的ゲームとまで言われた「KartRider」など、日本ではいつ頃サービスされるのか?(2006/11/14)

韓国携帯事情:
端末の高機能化の裏で繰り広げられる、キャリアのコンテンツ争奪戦
韓国では、携帯電話キャリアや端末メーカーがコンテンツを確保する動きが活発だ。端末の機能や通信速度が向上するのに合わせて、よりリッチなコンテンツが必要になっており、サービスを活かせるコンテンツが大量に必要とされている。(2006/10/20)

韓国携帯事情:
進化する韓国の携帯アクセサリー
韓国では、携帯本体だけでなくアクセサリーにも高機能なものが増えてきた。決済機能を持つカードやBluetoothヘッドセットなど、進化するアクセサリー事情をリポートする。(2006/5/26)

韓国携帯事情:
生活密着、SMSの多様な利用方法と、文字入力方法
公共機関でもフル活用の韓国SMS。これまで端末メーカーごとにハングル入力方法が異なるのが不便な点だったが、携帯以外の家電も含めた多様な機器に同じ入力法を使うべく、KTが動き始めた。(2006/3/20)

韓国携帯事情:
韓国の代表的携帯電話雑誌「m-talk」
韓国ではモバイル雑誌はあまり多くないが、専門色の薄い雑誌「m-talk」は一般ユーザー向けとして人気が高い。同誌の人気の秘密を探った。(2006/1/20)

12月17日〜12月23日:
韓国携帯ニュース ピックアップ
DMB対応端末の発売が続く韓国だが、意外と利用意向が低いという調査結果も。携帯電話のリサイクル率が30%と低いのも、日本と同様だ。(2005/12/26)

12月10日〜12月16日:
韓国携帯ニュース ピックアップ
韓Samsungの携帯「Anycall」は年間出荷量が1億台を突破。韓国向けにカシオ計算機の「G'zOne TYPE-R」も発売になる。G'zOne TYPE-RはWIN向けチップ「MSM6550」を搭載。(2005/12/19)

12月3日〜12月9日:
韓国携帯ニュース ピックアップ
携帯キャリアの周波数利用年数が10年に制限された。Samsungはトリノ冬季オリンピックで「WiBro」の実験を行う。(2005/12/13)

韓国携帯事情:
ギミックの宝庫。韓国新端末、秋の陣
マルチメディア機能の強化から、画面を横にできる端末が増えた。最近ではさらにユニークなギミックが発表されている。さらに海外へも広がりそうな気配も見える。(2005/11/15)

韓国携帯事情:
20万人突破の衛星DMB、そして地上波DMBは?──韓国テレビ端末事情
携帯にテレビ──。韓国では地上波デジタル放送(地上波DMB)応の前に、衛星デジタル放送(衛星DMB:日本のモバHO!)対応端末が人気だ。「タイムマシーン機能」など、日本の先をいく韓国テレビ端末状況をリポートする。また、不透明な地上波DMBの現状もお伝えする。(2005/10/25)

韓国電子展リポート:
トレンドスタイルから噂の端末まで一挙公開
IT関連の総合展示会「韓国電子展」から、モバイル関連で大規模な展示を行っていたSamsung電子とLG電子ブースの様子を中心にお伝えする。(2005/10/17)

秋の旅行でぜひ立ち寄りたい、韓国携帯電話スポットが新登場
10、11月は連休も多くなる秋旅行の季節だが、韓国を旅行される方にお奨めの携帯電話スポットが登場した。(2005/10/6)

韓国携帯事情:
新デザイン、新UI、新機能……新しさが勝負の韓国市場
新機種ラッシュの時期を迎えた韓国。新しいデザイン、変わったUIなど、ユニークさが光る韓国市場の携帯電話を追った。(2005/9/5)

韓国携帯事情:
携帯電話で健康測定──盛り上がる携帯ヘルスケア市場
韓国では、体脂肪や歩数、紫外線や飲酒測定機能を持つ携帯電話も登場。さらにZigBee搭載端末を使い、病院へ行かなくても診断を受けられる「uヘルスケアサービス」も始まる。(2005/7/25)

会員7万5000人突破。好調の韓国のモバイル放送について聞く
同じ衛星を使う、国内の「モバイル放送」と韓国の「衛星DMB」。韓国では歩みの遅い地上波デジタルテレビに比べて、携帯を受信機に使った衛星DMBが成功例となっている。(2005/7/11)

韓国携帯事情:
調査順位で見る、韓国ユーザーの携帯観
韓国で行われた携帯に関する各種調査結果。デザイントップは? 好きなブランドは? 衛星DMBへの関心は? それらから見えてきた韓国の携帯観を解き明かしていこう。(2005/6/20)

「ワイヤレスコリア」リポート2:
u-Koreaのリーダーを目指す──SK Telecom
ワイヤレスコリアのリポート第2弾は、韓国の携帯キャリアSK Telecom。「ユビキタス」をテーマにした展示が目をひいた。(2005/5/25)

「ワイヤレスコリア」リポート:
新機種・話題機種の端末の宝庫──Samsung
ソウルで開催された展示会「EXPO COMM WIRELESS KOREA 2005」では、新機種・話題の機種が勢揃い。Samsung端末を中心に展示内容をレポートする。(2005/5/24)

韓国携帯事情:
3Dゲームは韓国携帯の新しいキラー?
メガピクセルカメラ、MP3プレーヤーに続く第3の機能として、今年韓国で注目を集めているのが携帯の「3Dゲーム」。ライバルは韓国に上陸を果たしたばかりの「PSP」ともいわれる。(2005/5/9)

韓国携帯事情:
機能性とファッション性〜二極化進む携帯
韓国端末といえば、7Mピクセルカメラなど高機能化の流れに注目が集まる。しかし一方で、ファッション性を重視した小型端末も多数登場している。(2005/4/19)

韓国携帯事情:
全面開放で不法勧誘も〜韓国の番号ポータビリティ
日本に先駆けること2年、番号ポータビリティの実施に踏み切った韓国では、3キャリアの競争が激化。商標を巡る訴訟や違法販売による営業停止命令にまで発展した。(2005/2/1)

韓国携帯事情:
ターゲットは世界。海外市場へ飛び出す韓国端末
国内市場の飽和を前提に、当初から海外進出を念頭に置いている韓国の携帯電話メーカー。世界市場で躍進する韓国勢の今に迫る。(2005/1/26)

韓国携帯事情:
2004年のヒット携帯は? どうなる2005年
5Mピクセルカメラ付き携帯、HDD内蔵携帯、MP3フォンの普及といった、日本をしのぐ携帯高機能大国韓国。番号ポータビリティ導入などでも、一歩先をいく。2004年と2005年の動向をまとめた。(2004/12/27)

韓国携帯事情:
本格始動は来年から 韓国のモバイル放送
韓国で開催されたデジタル放送のイベント「DMB EXPO 2004」では、日本の「モバイル放送」に当たる衛星DMBサービス関連の機器が展示された。(2004/12/20)

韓国携帯事情:
MP3フォン、韓国で流行中〜著作権問題も沸騰
韓国に今年登場したMP3フォンは、またたく間に普及した。しかしその裏で、著作権をめぐりメーカーとレコード会社が激論を交わしている。訴訟に発展する動きもあった。(2004/12/7)

光学3倍ズームの「携帯電話付きカメラ」、Samsungが販売へ
Samsungの新製品「SPH-S2300」は一般的なデジカメ並のPentaxの光学3倍ズームレンズを備える。「カメラ付き携帯」と言うよりも「携帯付きデジカメ」だ。(IDG)(2004/7/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。