ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SK Telecom」最新記事一覧

3000円以上の商品を扱うカタログギフトも導入:
「ソーシャルギフト」のビジネス向けサービス、韓国SK telecom子会社が提供
SK planet Japanは、ビジネスシーンに特化したソーシャルギフトを集めた「BUSINESS cotoco」の提供を開始した。(2016/8/9)

CSRmeshを採用:
BLEビーコンとしても機能するスマートLED電球
CSRは、SK Telecomが「CSRmesh」を採用し、Bluetooth Smart(Bluetooth Low Energy:BLE)ビーコンとしても機能するスマートLED電球を開発したと発表した。照明とビーコン、メッシュ機能を組み合わせた連携は、「世界初」(CSR)という。(2015/7/21)

ビーコン:
BLEビーコンにもなるスマートLED照明、CSRmeshで製品化
英CSRはSKテレコムが同社のCSRmeshを用い、Bluetooth Smartビーコンとしても機能するスマートLED電球を開発したと発表した。(2015/7/16)

とてもお買い得に:
京セラ製タフネススマホ「TORQUE SKT01」が通販サイトで大幅値下げ 3万円を切る価格で購入可能
“高根の花”だった京セラ製タフネスSIMフリースマホが大幅値下げ。高耐久性スマホを格安SIMで使いたいみなさん、注目です。(2015/4/15)

まずは韓国のSK Telecomから:
ソフトバンク、9月13日からLTE国際ローミングを開始
ソフトバンクは9月13日から、国内の携帯電話事業者では初となるLTEの国際ローミングを開始する。まずは韓国のSK Telecomでサービスを提供する。(2013/9/11)

韓国SK Telecom、世界初のLTE-Advanced提供開始
韓国SK Telecomが次世代通信ネットワーク「LTE-Advanced(LTE-A)」の提供を世界で初めて開始。対応端末も公開した。(2013/6/27)

下り最大150Mbps:
Samsung電子、世界初のLTE-Advanced対応スマートフォン「GALAXY S4 LTE-A」を発表
Samsungが「GALAXY S4」のバリエーションモデルとして、LTE-Advancedに対応したスマートフォン「GALAXY S4 LTE-A」を発表。まずは韓国のSK Telecomから発売される。(2013/6/27)

KDDIと韓SKTelecom、「MOBILE ASIA EXPO」にNFCのサービスデモを出展
NFCの日韓相互利用を目指すKDDIと韓SKTelecomは、6月20日から中国・上海で行われる「MOBILE ASIA EXPO 2012」に、実際のNFC利用をイメージしたデモを共同出展する。(2012/6/20)

韓SK Telecomのアプリストア「T store」、日本進出
韓国通信大手のSK Telecomが子会社を通じて展開するAndroidアプリストア「T store」が、日本向けサービスを開始する。(2011/11/18)

グリー、SK telecomとの業務提携とケイブ、UltiZen Gamesへの資本参入を発表
スマートフォン向けソーシャルゲームの急成長にあわせて、グローバル展開を目指すグリーが、韓国、中国、日本での業務・資本提携を発表した。(2011/8/8)

センチュリー、簡単取り付けの車載用ワンセグTVチューナー「SKT-C01K」
センチュリーは、手軽に取り付けができる車載用ワンセグTVチューナー「SKT-C01K」を発売する。(2011/4/27)

KDDI、ソフトバンク、SK Telecomが“ケータイをかざす”共通サービスの検討を開始
日本のKDDIとソフトバンクモバイル、韓国のSK TelecomがNFCの利用で協力し、ケータイをかざして使うサービスの共通化を検討する。将来的には相互利用を可能にしたい考え。(2010/7/15)

韓国携帯事情:
合併パワーでSKTを圧倒する「KT」――巨大通信企業誕生にライバルはどう動くのか
韓国通信大手のKTと携帯市場2位のKTFが合併。新生KTがスタートした。巨大ネットワーク企業の誕生に、ライバルのSKTやLGTはグループの通信企業を巻き込んだ業界再編の動きを見せつつある。(2009/6/1)

韓国携帯事情:
Sony Ericsson、韓国に進出――「XPERIA X1」がSKTから発売
韓SKTが、Windows Mobile搭載のSony Ericsson製スマートフォンの「XPERIA X1」を発売する。これに合わせてSony Ericssonは韓国に現地法人を設立。端末ラインアップを拡充して、韓国での長期的な成長を目指す。(2009/3/11)

韓Samsung電子、「Haptic 2」を発表
Samsung電子は全面タッチパネルを採用したAnycallブランド端末“Hapticフォン”の後継モデル、「Haptic 2」を発表した。韓国のケータイキャリア3社(SKT/KTF/SKT)向けに展開する。(2008/9/26)

韓国携帯事情:
待受画面から広がる世界――ウィジェットサービスを試す
日本でも普及しているケータイ向けウィジェットサービス。韓国でも各ケータイキャリアがサービスを開始しており、さまざまなコンテンツを提供している。実際にSKTのウィジェット「i topping」を使ってみた。(2008/9/16)

Virgin Mobile USA、Helioを買収
SK TelecomとEarthLinkの合弁企業Helioを、Virgin Mobile USAが3900万ドルで買収。SK Telecomは、Virgin Mobile USAに出資する。(2008/6/28)

韓国携帯事情:
SKTの異色ショッピングモール登場――「11番街」が韓国EC市場に与える影響とは
複数のショッピングサイトを持つSKTは2月下旬、新しいオンラインショッピングモール「11番街」をスタートした。EC分野の活性化をはかるため、買い物以外のちょっと変わった仕掛けも用意している。(2008/3/13)

韓国携帯事情:
SKTのHanaro買収でどうするKTF・LGT、どうなる韓国の通信市場
SKTのHanaro買収問題で、韓国情報通信部が最終決定を下した。無線と有線を独占する巨大通信企業の誕生に、公取委はどんな条件を提出したのか。また他キャリアはどんな反応を示したのだろうか。(2008/3/3)

SKTのHanaro買収問題、周波数の再割り当てを条件に承認か
韓国公正取引委員会は、SKTによるブロードバンド大手Hanaroの買収を承認した。最終決定には情報通信部の判断が必要なほか、携帯事業用周波数の再編など、さまざまな条件が課せられる。(2008/2/18)

EarthLink創業のスカイ・デイトン氏、HelioのCEO職を辞任
EarthLinkを創業したスカイ・デイトン氏が、EarthLinkとSK Telecomの合弁である携帯キャリアHelioのCEO職から退く。(2008/1/30)

韓国携帯事情:
次世代WIPIからMVNO、SIMロック解除――2008年の韓国ケータイ市場で起こること
SKTの大型買収やLGTのRev.Aサービス開始、WiBroの国際標準化など、さまざまなことが起きた2007年の韓国モバイル市場。その影響を受け、2008年はさらに大きな変化が起きそうだ。(2008/1/7)

韓国携帯事情:
何でも欲しがるSKT――果てしなき事業拡大の先にあるものは
韓国の携帯市場で圧倒的なシェアを持つSKTが、豊富な資金力を元手に固定通信やコンテンツ、eコマースなどの企業を次々と買収。海外への投資も活発だ。SKTはどう変わろうとしているのだろうか。(2007/12/17)

iMOBICON KOREA 2007:
SKT新プラットフォームやP2P機能付きUSBテレビチューナーを展示
ソウルで行われたiMOBICON 2007 KOREAでは、小規模ながら新技術の展示も行われた。注目度が高かったSKTの独自プラットフォームやコンテンツ配信ソリューション、P2P機能付き地上波DMBチューナーを紹介する。(2007/9/3)

SKT、世界初のSIMカードによるクレジットサービスを開始
韓SKTは、3G携帯が内蔵するSIMカードにクレジット機能を持たせ、端末のみでクレジット決済を行うサービスを発表した。SIMカードにクレジット機能を持たせるのは「世界初」(SKT)という。(2007/6/13)

韓国携帯事情:
基地局破壊までエスカレート――KTFがSKTを逆転! 加熱するHSDPA覇権争い
KTFは4月中旬、同社のHSDPAサービス「SHOW」の加入者が30万人を突破したと発表した。これは韓国No1キャリアであるSKTのHSDPA加入者数を上回っており、大きな話題となった。(2007/5/8)

伝説の名機「StarTAC」の新モデルが韓国に登場
Motorola koreaが、SK Telecom向け端末「StarTAC III」を発表した。韓国で伝説的な携帯電話となっている「StarTAC」シリーズの新モデルだ。(2007/3/2)

韓SKT、Googleとモバイル検索サービスで提携
韓SKTがGoogleと提携したモバイル検索サービスを開始する。Googleの検索結果を携帯電話の画面に合わせて表示するもので、11月から順次提供していく。(2006/11/2)

ドコモ、韓国の3Gローミングエリア拡大──50都市以上で利用可能に
ドコモが韓国の3Gローミングエリアを拡大した。提携するKTF、SKTのカバーエリア拡大に伴うもので、韓国の50都市以上で利用可能になる。(2006/10/2)

韓SK Telecom、新ブランド“T”を立ち上げ
韓国のSK Telecomは、8月1日から新しいブランド名“T”を採用した。新サービスのほか、既存のサービスにも“T”を冠していく。(2006/8/1)

韓国携帯事情:
SKT陣営とKT陣営が激突──WiBroとHSDPAを巡る争い
韓国では6月、新しい通信規格を採用した携帯電話の商用サービスが次々とスタートした。キーワードはHSDPAとWiBro。SKT陣営とKT陣営が正面からぶつかり合う格好だ。(2006/7/10)

韓国携帯事情:
韓SK TelecomのHSDPAサービス「3G+」をいち早く体験
韓SK Telecomは5月16日から、世界初の商用HSDPAサービス「3G+」をスタート。まだ入手が困難なHSDPA対応端末「SCH-W200」をいち早く入手して使用感を試した。(2006/6/22)

韓国携帯事情:
HSDPAやWiBroサービスの全貌が明らかに──EXPO COMM KOREA 2006
先週に引き続き、EXPO COMM KOREA 2006の話題をお届けする。HSDPAサービスをデモした韓SK Telecomや、WiBroを大々的にアピールした韓KTのブースを紹介する。(2006/5/24)

1月8日〜13日:
韓国携帯ニュース ピックアップ
KTF、LGTに続きSKTも地上波DMBサービスに参入。またSamsung電子のHSDPA携帯が「the Best of CES」を受賞した。(2006/1/17)

11月18日〜24日:
韓国携帯ニュース ピックアップ
スライド+回転2軸──。SKTが斬新なデザインの携帯を発表。Samsungは米国でも薄型携帯を投入する。また韓国の3キャリアは外部インタフェースの標準化作業に入った。(2005/11/30)

韓国携帯事情:
韓国で電波法改正案──800MHz帯を巡る争いはあるのか
無償で割り当てられた電波を、対価を支払う形に転換。合わせて、現在SKTのみが使っている800MHz帯を、ほかのキャリアが使えるようになるかもしれない。(2005/6/27)

ボーダフォン3G端末を韓国で使える──W-CDMA方式で国際ローミング
日本で使っているボーダフォン3G端末が、韓国で使える──。ボーダフォンは、韓SK TelecomのW-CDMAネットワークによる国際ローミングを開始する。ドコモも韓国ローミングの準備を進めている。(2005/5/30)

「ワイヤレスコリア」リポート2:
u-Koreaのリーダーを目指す──SK Telecom
ワイヤレスコリアのリポート第2弾は、韓国の携帯キャリアSK Telecom。「ユビキタス」をテーマにした展示が目をひいた。(2005/5/25)

韓国携帯事情:
PantechのSKY買収から見える、国内の力関係、国外進出計画
5月3日、SK Telecomは子会社の携帯電話機メーカーSKテレテックの売却を発表した。売却先は、国内3位の携帯電話機メーカー、Pantechだった。(2005/5/16)

ドコモと韓SKテレコムなどがローミングとの報道
韓国内で、SKテレコムやKTFがドコモと提携し、W-CDMAの国際ローミングを提供すると、韓国メディアが報道。(2005/4/25)

HP、韓国のSK Telecomから契約獲得
HPは韓国のSK Telecomほか各国から契約を獲得。同社のグローバル戦略の成功を示すものだと説明している。(2005/2/8)

EarthLinkと韓国のSK Telecom、米で携帯サービスの合弁会社設立
(2005/1/27)

韓国携帯事情:
韓国キャリア事情〜3キャリアの位置付けは?
隣の国とはいえ日本とは全く違う、韓国の携帯電話事情。大手3キャリア──SK Telecom、KTF、LG Telecomを概観する。(2004/11/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。