ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「ビール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「おい、生ビール」なら1杯1000円 頼み方で値段が変わる居酒屋のユニーク貼り紙、運営元に話を聞いた
(2018/7/23)

実際にお店で飲んでみた:
生ビールが飲める“居酒屋コンビニ”発見! これがセブンの目指す道?
セブン‐イレブンは生ビールのテスト販売を中止したが、実は2016年から約50店舗で生ビールを提供しているコンビニチェーンがある。お客に好評なので今年からある店舗でチューハイとハイボールの提供も始めたという。実際に記者が足を運んで、どんなお客が利用しているのか取材してみた。(2018/7/19)

セブン‐イレブンの生ビールサーバー「本部からの指示により提供中止」に 今後の提供については「未定」
【追記】広報からのコメントを追記いたしました。(2018/7/17)

7月下旬に再販売:
“透明ビール”を飲んでみた 8年越しの開発、アサヒ「クリアクラフト」
アサヒビールがテスト販売を開始した透明な発泡酒「クリアクラフト」。7月下旬から2回目のテスト販売を実施する。技術的なハードルを越え、8年越しで開発された「透明ビール」を飲んでみた。(2018/7/17)

セブン‐イレブン一部店舗で「生ビールサーバー」試験導入 Sサイズ税込み100円のお手頃価格!
7月17日より都内の一部店舗で試験導入予定。(2018/7/14)

Pontaのデータを分析:
おじさんはローソンの100円ビールと一緒に何を買っているのか
ローソンが販売している高アルコール・低価格なプライベートブランド(PB)のビールが売れている。同社の調べによると、30〜50代の“おじさん”がビールと一緒によく購入している商品があるという。(2018/7/10)

「常識的に考えて溶ける訳ないでしょ」 “焼き鳥とビールが水になる”痩せサプリ、販売会社が効能ないと認める
編集部でサプリを購入し、焼き鳥が水になるのか実験してみました。(2018/7/2)

W杯16強の経済効果は215億円 自宅観戦でビール、4Kテレビ好調
W杯ロシア大会で日本代表が活躍し、国内商戦が盛り上がっている。連日深夜の自宅観戦でビールや総菜の売り上げが伸びており、大型テレビの販売も好調だ。(2018/6/29)

W杯16強の経済効果は215億円 自宅観戦でビール、4Kテレビ好調
サッカーのワールドカップロシア大会で日本代表が活躍し、国内商戦が盛り上がっている。(2018/6/28)

ついにビールまで透明に!? アサヒが透明なクラフトビールを開発
(2018/6/25)

「黒ビールカリー」実はビール不使用 キリンシティが景品表示法違反
ただのカレーだった。(2018/6/14)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「世界最高峰のビールを作りたい」――1人の醸造家の熱い思いで誕生したプレミアムビール
IT系のイベントといえば、お堅いイメージがあるかもしれないが、ビール片手に読者とメーカーの担当者、アイティメディアの編集部が交流できるイベントも企画している。(2018/6/13)

見た目は幼いけど合法です! RaMuと長澤茉里奈がビール片手に白ビキニ
さすが“合法ロリ”。(2018/6/11)

「アサヒ ドライゼロ」に初のペットボトル版 ゴクゴク飲めるビールテイスト清涼飲料
夏限定で発売されます。(2018/6/9)

ビアガーデンで「ビール離れ」 苦手な客にワインやハイボール提供
ビアガーデンで「ビール離れ」が進むという珍現象が起きている。ビールが苦手な客を取り込むため、スパークリングワインやハイボールを中心に提供する店が増えているからだ。(2018/6/6)

ビジネスの裏側:
ビアガーデンで「ビール離れ」 苦手な客にワインやハイボール提供
今年もやってきたビアガーデンの季節。関西のホテルでも営業が始まっているが、「ビール離れ」が進むという珍現象が起きている。(2018/6/6)

水曜インタビュー劇場(殺到公演):
キリンの月額制ビールは大人気なのに、なぜ再開できないのか
キリンビールが展開している「キリンホームタップ」が人気を集めている。専用サイトで申し込むと、月額6900円で自宅用のビールサーバーを借りられるわけだが、現在は受け付けを中止している。なぜこのような事態になったのか、担当者に聞いたところ……。(2018/6/6)

井手社長×スチュアート社長対談:
PR:ヤッホーとアトラシアンに学ぶ「チーム作り」の極意
「強いチーム」の力でビジネスを成長させている、ヤッホーブルーイングとアトラシアン。かたや長野県のビールメーカー、かたや外資系のITツール開発企業。一見正反対のようにも思える2社にはどんな共通点があるのか? 両社の社長が「チーム作り」について語り合った。(2018/5/30)

「ゴールデンカムイ」のサッポロ缶ビールが北海道限定で発売決定ッ! 描き下ろしの杉元佐一デザインがかっこいい
北海道行きたい……!(2018/5/18)

悪魔的なおつまみの合成に成功…… “柿の種チーズせんべい”がカリカリウマすぎてビールが止まらない!
無限ビール案件。(2018/5/18)

自然エネルギー:
ビール工場の排水で発電、アサヒと九大がバイオガスの精製に成功
アサヒグループHDと九州大学が、ビール工場の廃水から燃料電池での発電に適したバイオガスを精製するプロセスの開発に成功。このバイオガスを活用し、2000時間超えの連続発電に成功した。(2018/5/17)

“ビールの代わり”だけじゃない:
「透明なノンアルビール」サントリーが投入 “昼のオフィス”需要創出へ
サントリーが「透明なノンアルビールテイスト飲料」をコンビニ限定で6月19日に発売。職場でも気兼ねなく飲用できる「透明」かつ「ペットボトル容器」を採用し、“ビールの代わり”にとどまらない飲用シーンを提供する。(2018/5/11)

Googleが発表会で重大バグ「ハンバーガー絵文字の具材順問題」を直接謝罪 観客から爆笑&歓声が巻き起こる
そしてビールの絵文字も修正。(2018/5/10)

「職場でも気兼ねなく飲用」 ペットボトル入りの透明なノンアルビール登場
コンビニ限定で販売します。(2018/5/8)

「まずはビール」はもう古い!?:
ノンアルコール飲料、飲食店で「置いて当たり前」の時代に
飲食店のうち8割がノンアルコール飲料を提供しているという調査結果が出た。中には飲み放題メニューに入れるなど提供方法も工夫している店もあるほどで、居酒屋に行った時の「まずはビール」は古くなりつつあるのかもしれない。(2018/5/8)

再び日本上陸:
週末の「六本木男子」「銀座男子」に 「ミラー」の高級ビールが日本発売
米ビール大手のモルソン・クアーズが「ミラー」ブランドのプレミアムビールを日本市場に投入する。週末の夜、繁華街で盛り上がる20〜30代の男性がメインターゲット。5月に発売し、年内に100万本の販売を目指す。(2018/4/14)

全国2500店を突破:
映画館やブックカフェにも キリンのクラフトビール戦略が好調
キリンビールが提案するクラフトビール用サーバ「タップ・マルシェ」が好調だ。2017年に首都圏の1000店舗以上に導入。3月に全国展開を開始し、すでに全国2500店舗に広がった。自由に楽しめるクラフトビールの成長によって市場活性化を目指す。(2018/4/11)

「高アル」で缶べろ?:
「ストロング系」ビール・缶酎ハイ人気のウラに厳しい家計事情
ビール類の出荷量が13年連続で最低を更新する中、アルコール度数の高いビールや缶酎ハイの販売が好調だ。(2018/3/15)

ヤッホーが新商品:
「かつお節」使ったビール、その味は? 酒税法改正が後押し
ヤッホーブルーイングが「かつお節」を使ったビールを発売。酒税法改正により「ビールの定義」が広がったことを追い風に、さまざまな原料を使ったビールを提案していく。(2018/3/14)

大手4社「定義変更ビール」で復権狙う 製法緩和で多様化、新商品出そろう
各社とも規制緩和でビール製造に使用できるようになった果実や香草などの副原料が入った個性的なラインアップを準備。(2018/3/14)

スピン経済の歩き方:
「551蓬莱の豚まん」が新幹線で食べられなくなる日
新大阪駅で「551蓬莱の豚まん」を買ったことがある人も多いのでは。新幹線の車内でビールと豚まんを食した人もいるだろうが、こうした行為が禁止されるかもしれない。どういうことかというと……。(2018/3/13)

ついに「カイジ」がアサヒビールと犯罪的コラボ 「瞬冷がキンキンに冷えてやがるっ……!」
豪遊……!(2018/3/13)

初夏に野外で楽しむ世界中のビールとお酒 日本最大級&日本最速級のビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」の開催が決定
行きたい!(2018/3/6)

多店舗出店の苦しみを乗り越える:
「街のビール屋さんを文化にしたい」 100店舗出店に燃える
お店で醸造した出来たてビールと食事を提供するブルーパブを東京・高円寺に2010年に開業。8店舗まで拡大させてきた経営者がこれまでの苦労と夢を語った。(2018/3/1)

「スカッと酔いたい」に対応:
ストレス抱えるおじさんに照準 キリン、アルコール9%の新チューハイ
キリンビールは、高アルコール缶チューハイの市場に新ブランドを投入する。4月、アルコール度数9%の「キリン・ザ・ストロング」を発売。刺激的で飲みごたえのある味わいで、「スカッと酔いたい」ニーズに対応する。(2018/2/28)

高アルコールが人気:
キリン「のどごし STRONG」 1週間で2000万本販売
キリンビールの「キリン のどごし STRONG」が発売から1週間で2000万本を販売。好調の理由は?(2018/1/30)

ビールは1986年並みの水準:
昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位
ビール各社が発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減だった。(2018/1/16)

17年は6%減:
キリン、苦戦の新ジャンルに新商品 攻勢で立て直し急ぐ
キリンビールは、苦戦する新ジャンルカテゴリーに新商品「本麒麟」を投入。ビール市場全体の縮小傾向が続く中、低価格商品の立て直しを急ぐ。(2018/1/11)

イベント×ソーシャルメディア:
「ビールが注げる蛇口」×インフルエンサー、かまぼこの老舗「鈴廣」の狙い
小田原・箱根エリアで人気のクラフトビール「箱根ビール」20周年を記念して、販売元であるかまぼこブランドの「鈴廣」が「イベント×ソーシャルメディア」施策を展開した。老舗とインフルエンサーの意外な親和性とは?(2017/12/22)

ビールを1500日飲み続けたグラドル、笑顔しかないインスタがとっても幸せそう
すごいね人体。(2017/12/14)

地元が最優先:
「東京も海外も同じ」 ベアレンのビールが岩手に密着する理由
2001年、盛岡市で創業したクラフトビールメーカーのベアレン醸造所。同社は地域密着を掲げ、地元の人たちに愛されるビール造りを心掛けている。なぜそのことに徹底的にこだわるのか。創業メンバーの1人である専務の嶌田洋一さんに聞いた。(2017/12/12)

HUBでキリン生ビールが180円 東証一部上場記念で12月4日限定
創業当時の価格。(2017/12/2)

2017国際ロボット展:
ロボットアームが「ビール注ぐ」 まるで天国のよう 国際ロボット展で
国際ロボット展に瓶ビールをコップに注いでくれるロボットアームが展示されている。(2017/11/30)

安売り規制対応:
サッポロも4月から業務用ビール類など値上げ 大手4社がそろう
サッポロビールは、業務用を中心に販売しているビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)などについて、2018年4月1日出荷分から値上げする。(2017/11/29)

Android版ハンバーガー絵文字のチーズの位置がおかしい問題、次バージョンプレビュー版で修正が確認される
泡の位置に問題のあったビールの絵文字も修正。(2017/11/29)

天国かな? お店が続く限り「無限にクラフトビールが飲み放題」な会員券がクラウドファンディング中
大のビール党である女性店主が、世界と日本の絶品ビールを取り揃えています。(2017/11/28)

バドワイザーが火星ビールの研究を開始 国際宇宙ステーションで大麦のテストへ
12月4日発射のロケットで大麦を送る予定です。(2017/11/25)

ひねるとビールが出る夢の蛇口! 箱根ビールの無料イベントが二子玉川で
マイグラスを持っていって注いでもらおう。(2017/11/22)

18年4月から:
サントリー、業務用ビール類を10年ぶりに値上げ
サントリーは、業務用のビール類やチューハイの一部を2018年4月1日から値上げする。(2017/11/21)

「1缶でしっかり酔いたい」ニーズ:
7%で「コスパ意識」つかむ キリン「のどごし STRONG」
キリンビールがアルコール度数7%のビール類「キリン のどごし STRONG」を新発売。高発酵技術を活用し、飲みごたえとキレのある後味を実現した。(2017/11/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。