ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BRAVIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BRAVIA」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「働き方改革促進」の切り札:
PR:会議の無駄を一掃する“ストレス皆無”のブラビア会議用ディスプレイパック
働き方改革が叫ばれる中、いかに会議の無駄をなくすのかは生産性向上の大きな課題だ。そんな中、少人数でちょっとしたスペースに集まり会議をする「ハドルミーティング」が注目を集めている。わがアイティメディアの会議においてもハドルミーティングを実践してみた。その際に重要な役割を果たしたのは……。(2018/11/28)

10月中旬から:
日立、テレビ「Wooo」の国内販売中止 ソニーと連携強化し「BRAVIA」販売へ
競争力強化を目的に、日立がソニーとの連携を強化する。日立はテレビ「Wooo」シリーズの国内販売を今秋をめどに打ち切る。10月中旬からは日立グループの地域家電店で、ソニー製テレビ「BRAVIA」シリーズを販売していく。(2018/9/25)

日立のお店で「ブラビア」が買える ソニーと日立が連携 Woooは終息へ
日立グループとソニーが家電販売とカスタマーサービス領域の連携を強化する。全国に約4000店ある日立の地域店「日立チェーンストール」で10月からソニーの薄型テレビ「ブラビア」を取り扱う。(2018/9/25)

IFA 2018:
電源オフでも「OK, Google」 もっとスマートになったソニーの4Kテレビ
ソニーの新しい4Kブラビアは本体にマイクを内蔵し、話しかけるだけでチャンネル操作や番組検索が行える「Googleアシスタントbulit-in」モデルだ。IFAの展示会場で実際に試すことができた。(2018/9/5)

話題の「NHKが映らないBRAVIA」は本当に受信料不要? NHKとソニーに聞いた
受信料は確かに不要のようですが、それ以前に大きな問題が……。(2018/7/9)

弧を描くデザインが印象的な「Xperia arc SO-01C」(懐かしのケータイ)
BRAVIAやCyber-shotといったソニー製品の技術をふんだんに盛り込んだ「Xperia arc SO-01C」。背面が少し反り返った形状になっているなど、斬新なデザインが印象的な製品でした。(2018/5/20)

FOMA初のジョグダイヤル搭載! 自立スタンドも付いた「FOMA SO905i」(懐かしのケータイ)
十字キーと組み合わせてパワーアップしたジョグダイヤルを搭載したSO905i。ソニーが「BRAVIA」や「ウォークマン」で培った技術を取り入れ、ワンセグの画質や音楽再生機能を強化したケータイでした。(2018/3/17)

見逃し配信「TVer」のテレビ対応から見えてきた“本当にスマートなテレビ”
民放5局の“見逃し配信サービス”「TVer」がソニーのAndroid TV搭載ブラビアに対応した。試験的なサービスで簡素な作りだが、大画面テレビで視聴できるのはすごく便利だ。(2018/1/29)

CES 2018:
ソニーの薄型テレビを進化させる3つのトピック
CESのソニーブースは、新しい有機ELテレビなど見所が多いが、画質面で2018年の“BRVIA”(ブラビア)を占う3つのトピックを紹介しよう。(2018/1/10)

働き方改革は「会議の見直し」から:
PR:ソニーの液晶テレビが「会議のムダ」をなくす、これだけの理由
業務時間のうち、2〜3割を占めるといわれている「会議」。それ故に、会議の生産性向上は大きな課題となっている。その課題解決の策として期待されているのが、ソニーの会議室向けブラビアである。その理由とは……。(2017/11/22)

07年の「XEL-1」以来:
ソニー10年ぶりの有機ELテレビ発売 4K「ブラビア A1」
ソニーが、有機ELパネルを搭載した“画面から音が出る”テレビ「ブラビア A1」シリーズを6月10日に発売すると発表。(2017/5/8)

CES 2017:
ソニー初の4K有機ELテレビを発表、平井社長は“HDRワールド”の広がりを強調
ソニーが「CES 2017」に先駆けて新製品を発表。特に注目したいのが、4K有機ELテレビ「BRAVIA OLED A1E Series」。平井社長は以前から掲げている「ユーザーに感動をもたらし、人々の心を刺激する会社であり続ける」ことの継続を約束した。(2017/1/6)

CES 2017:
日本でも販売へ!――ソニーの有機ELテレビ「A1E」を見てきた
ソニーが“有機ELブラビア”「A1E」シリーズをはじめとする薄型テレビ製品群を発表した。それぞれにどんな“ソニーの最新テレビ”なのか、現地で発表された製品を取材して分かったことをまとめてみよう。(2017/1/6)

Will Smart Will-Sign for ブラビア:
家庭用テレビをPCやSTBなしでデジタルサイネージに
ゼンリングループのWill Smartはソニーの薄型テレビ「BRAVIA」をデジタルサイネージとする配信システムの提供を開始した。(2016/11/22)

700万円の100V型モデルも:
“ブラビア史上最高画質”再び、ソニーがBMD搭載のハイエンドモデル「Z9D」シリーズを発表
ソニーが“ブラビア史上最高画質”をうたう液晶テレビ「Z9D」シリーズを発表した。「CES 2016」で注目を集めた新しいバックライト技術「Backlight Master Drive」を搭載したフラグシップモデルだ。700万円の100V型モデルもラインアップ。(2016/8/30)

米Sony、「Backlight Master Drive」を搭載した4Kブラビア「Z9D」を発売へ――7000ドルから
米Sonyは、1月の「CES 2016」に参考展示された新しいバックライト技術「Backlight Master Drive」を採用した初めての4Kテレビ「Z9D」シリーズを発売する。(2016/7/21)

製造現場向け機器:
ソニーが「工場見える化」に液晶テレビ「ブラビア」を提案へ
ソニーは、液晶テレビ「ブラビア」の業務部門への営業を強化している。2016年4月から専門組織を作り、デジタルサイネージなど用途の拡大に取り組む。(2016/6/3)

ソニーがAndroid TVを拡充、「Slim Backlight Drive」搭載の「X9300D」など4Kブラビア3シリーズを投入
ソニーは4Kテレビの新製品3シリーズ6モデルを発表した。全モデルがAndroid TVを採用。同時に音声検索の機能強化や対応アプリの追加など、プラットフォームを大幅に拡充している。(2016/4/7)

低遅延の「ゲームモード」も:
32V型のフルHDモデルが登場――ソニー、ブラビア「W730Cシリーズ」を発表
ソニーはブラビアの新製品として、フルHDパネル採用の「W730Cシリーズ」を発売する。32V型は、国内ブランドで唯一のフルHDパネル搭載機となる。(2016/1/14)

チャンネル数も増加:
dTV、4K配信へ 「ビエラ」やAndroid TV搭載「ブラビア」にも今冬対応
dTVが11月25日に4Kコンテンツの配信を開始した。今冬にはパナソニックの「ビエラ」シリーズなどのテレビにも対応する。(2015/11/25)

ソニー、20万円を切る49V型4Kテレビ「KJ-49X8000C」を発売
ソニーは“ブラビア”の新製品として、スタンダードモデルに位置づけられる49V型4Kテレビ「KJ-49X8000C」を発売する。(2015/11/5)

U-NEXTが「Android TV」に対応 「ブラビア」や「Nexus Player」で利用可能に
動画配信サービス「U-NEXT」が10月23日、Android TVに対応した(2015/10/26)

2度に分けることに:
ソニー、ブラビア2015年モデル機能追加を再度延期――USB外付けHDD録画など
ソニー、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の2015年モデルについて、ファームウェアアップデートの提供時期を再度延期すると発表した。今回は再延期に加え、ファームウェアアップデートを2度に分けて行う方針を明らかにしている。(2015/9/18)

壁からわずか4センチ!――ソニー、“壁ピタ”設置できる最薄4Kブラビア「X9000Cシリーズ」を発表
ソニーは、最も薄い部分で厚さ約4.9ミリの4Kテレビ「X9000Cシリーズ」を発売する。その薄さを生かした“壁ピタ“の壁掛け設置を訴求する構えだ。(2015/9/7)

ソニー、ブラビア2015年モデルの機能追加を延期――USB外付けHDD録画など
ソニーは、夏に実施する予定だったブラビア2015年春モデルのソフトウェアアップデートを延期した。ソフトウェア設計スケジュールが遅れたため。(2015/8/20)

NHKのはずが民放に……「BRAVIA」にチャンネルプリセット不具合
「BRAVIA」の一部機種でチャンネルの順序が入れ替わってプリセット登録されることが判明。チャンネル1がNHK総合の地域で民放が表示される――などが起きるという。(2015/6/30)

公式/チャンネル/ユーザーの各種生放送対応:
niconico生放送が視聴できる!! Android TV搭載ソニーブラビア用「niconicoアプリ」をリリース
6月25日、動画配信サービス「niconico」は、同公式/チャンネル/ユーザーの各種生放送が視聴できるAndroid TV搭載ソニー製ブラビア向け「niconicoアプリ」をリリースした。(2015/6/25)

ソニー、ブラビア「X9400C/X9300C」など4シリーズの発売を2週間延期――外部機器との接続互換性に問題
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品「X9400C/X9300C」「X8500C」「W870C」の4シリーズ9機種について、発売日の変更を一部機能に関する記載の修正を発表した。(2015/6/11)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
この夏、注目のソニー“BRAVIA”新製品――「KJ-65X9300C」の“リアルな高画質”を映画BDでチェック
各社から出そろった大型テレビ新製品。中でも筆者がいちばん納得できた製品はソニー“BRAVIA”(ブラビア)の「X9300C/X9400C」シリーズだった。テレビの基本性能である画質・音質において「誰にでも分かる」飛び抜けた魅力を持っているからだ。(2015/5/25)

HDR対応も予告:
ソニー、Android TVを採用したブラビア新ラインアップを発表
ソニーが液晶テレビ“ブラビア”の2015年モデルを発表した。Android TVプラットフォームの採用に加え、新しい映像プロセッサー「X1」やハイレゾ対応スピーカーなど話題の多い製品になっている。(2015/5/13)

追加料金なし:
DMM、ブラビア向け映像配信サービス「DMM.com」を提供
DMMは、「DMM.com」で購入した動画作品をソニーの液晶テレビ「ブラビア」で視聴できるサービスの提供を開始した。購入済みの作品は追加料金なしで利用できる。(2015/4/23)

ソニー、フルHDのプレミアムモデル「KDL-55W950B」を発表
ソニーは、液晶テレビ“ブラビア”の新製品として、フルHD(1920×1080ピクセル)のプレミアムモデルに位置づけられる「KDL-55W950B」を発表した。(2015/2/2)

2015 CES:
ここがすごいぞ“ハイレゾ対応ブラビア”――ソニー開発担当者インタビュー
ソニーが北米市場向けに発表した新ブラビア「X9000シリーズ」。放送番組を「DSEE HX」でハイレゾ相当にして楽しめるほか、ネットワークやUSBメモリーを介してハイレゾ音源ファイルの再生も可能だ。企画担当者に詳しい話を聞いた。(2015/1/8)

テレビ放送の音も“ハイレゾ相当”に――ソニーが「DSEE HX」内蔵の4Kブラビアを発表
磁性流体スピーカーと「DSEE HX」でテレビ音声をアプコン。ソニーから“世界初のハイレゾ対応テレビ”が登場した。(2015/1/6)

2015 CES:
ソニーがAndroid TV採用の4KテレビをCESで披露――新たに「4KプロセッサX1」搭載
ソニービジュアルプロダクツは、「ブラビア」の商品力強化を目指し、Android TVを採用した4Kテレビを2015年に順次投入する。(2015/1/6)

パナソニック、Firefox OSテレビ発表 ソニーはAndroid搭載テレビ発売へ
パナソニックがFirefox OS搭載テレビを発表。ソニーはAndroid TVを採用したブラビアを発売する。(2015/1/6)

ビジネスニュース 企業動向:
ソニー、新型テレビ用LSIでMediaTekと協業
ソニーは2015年1月6日、2015年から順次発売する液晶テレビ「ブラビア」に搭載するシステムLSIの開発をMediaTek(メディアテック)と協業で行っていると発表した。(2015/1/6)

42V型のプレミアムなフルHDモデル! ソニー「KDL-42W900B」登場
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、42V型の「KDL-42W900B」を9月13日に発売する。フルHDモデルながら、4Kテレビなどに採用した高画質技術を詰め込んだ“プレミアムモデル”だ。(2014/8/20)

好きな動画を自由に探せます:
ドワンゴ、ブラビア向けニコニコ動画視聴サービス「niconico」を提供開始――フリーワード検索に対応
ソニーの液晶テレビ「ブラビア」向けのネットワークサービス「Sony Entertainment Network」で、ニコニコ動画のほぼすべてを視聴できるサービス「niconico」の提供を始めた。(2014/8/12)

ソニー、ブラビア用ワイヤレスサブウーファーにブラックモデルを追加
ソニーはブラビア2014年モデル専用オプション「SWF-BR100」にブラックモデルを追加する。(2014/7/29)

本田雅一 v.s. ソニー技術者:
PR:部分駆動の先駆の技が描く“本物”の光と影――4K対応BRAVIA「X9200B」がエッジ型LEDの常識を超える
画面の両サイドに大きなスピーカー。昨年、4Kテレビ市場を席巻した「X9200A」のコンセプトを継承しつつ、画質と音質をさらに磨いたソニー“BRAVIA”(ブラビア)の「X9200B」シリーズ。AV評論家・本田雅一氏が、その画作りのノウハウとテクニックに迫った。(2014/7/14)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
直下型だから描ける“漆黒の闇”――ソニーの4Kテレビ「KD-65X9500B」
発表が相次いだ4Kテレビ。このうちソニーは、ブラビア史上最高の画質と音質を「X9500B/X9200B」の両面作戦で実現した。さっそく両シリーズを試聴したので、インプレッションをお届けしよう。(2014/4/21)

ソニー、85V〜49V型液晶「ブラビア」8機種発表 「4Kテレビの本格的普及目指す」
液晶テレビ「BRAVIA」新製品として、4K表示に対応した85V〜49V型の3シリーズ8機種が発売。「顧客の選択肢を増やし、4Kテレビの本格的な普及を推進する」としている。(2014/4/15)

帰ってきた“ブラビア史上最高画質”、ソニーが直下型バックライト搭載機を含む4Kブラビア8機種を発表
ソニーも4Kテレビ8機種を発表した。2012年の「HX950シリーズ」以来という直下型LEDバックライト搭載モデル「X9500Bシリーズ」も用意している。(2014/4/15)

全機種に「X-Reality PRO」を搭載、ソニーがブラビア5シリーズ10機種を一挙リリース
ソニーは液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、フルHDパネルを搭載する5シリーズ10機種を発表した。(2014/4/2)

CP+ 2014:
4Kブラビアで味わう写真の妙味 セミナーも充実のソニーブース
ソニーブースではCP+開幕日に発表された「α6000」など最新製品を体験できるほか、4Kブラビアで写真を楽しむ「写真美術館」、著名写真家が登場する無料セミナーが注目だ。(2014/2/13)

ソニー、「CP+ 2014」で4Kブラビアを使った「写真美術館」
ソニーは、「CP+ 2014」の展示概要を発表した。最新カメラ・レンズの展示と体験コーナーに加え、4K対応液晶テレビ「ブラビア」で鑑賞できる写真美術館も設置する。(2014/1/30)

2014 International CES:
ブラビアだけでもPS3のゲームをプレイ、SCEがクラウドゲームサービス「PlayStation Now」を発表
ソニー・コンピュータエンタテインメントがクラウド技術を活用したストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)を発表した。米国で夏にサービスを開始する。(2014/1/8)

ソニー「ブラビア」で再起動が繰り返される不具合 サーバ障害が原因
ネットに接続された液晶テレビ「ブラビア」の一部で、再起動が繰り返される不具合が発生した。サーバ障害が原因。(2013/10/18)

【短期集中連載】ドングルPCが実現するスマート社会(3):
「PS Vita TV」「BRAVIA Smart Stick」――ソニーのスマートホーム戦略を担うドングルPC
Googleの新製品「Chromecast(クロームキャスト)」の登場から程なくして、ソニーグループが2つの新しいデバイスを発表した。2013年11月14日に発売されるソニー・コンピュータエンタテインメントの「PlayStation Vita TV」と、米ソニーが発表し、現在米国で販売されている「BRAVIA Smart Stick(NSZ-GU1)」だ。この2つのデバイスに込められた戦略意図は何か? 今回は“TVとドングルPCの関係”、そして“その周辺動向”について考察する。(2013/9/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。