ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カール・アイカーン」最新記事一覧

Apple、独自のテレビ発売は見送りか
Appleが独自のテレビを発売するという計画は1年以上前に棚上げになった──と米報道。(2015/5/19)

“物言う投資家”アイカーン氏、楽天も出資のUber競合Lyftに1億ドル
Uberと競合する米配車サービスのLyftに、“物言う投資家”として知られるカール・アイカーン氏が1億ドルを出資した。Lyftは3月には楽天から3億ドル調達している。(2015/5/18)

アイカーン氏、公開書簡でまたAppleに自社株買いを迫る
“物言う投資家”カール・アイカーン氏が、Appleの現在の株価は過小評価されており、同社は自社株買いを拡大するべきだというティム・クックCEO宛の書簡を公開した。(2014/10/10)

アイカーン氏、eBayにPayPalのスピンオフを提言
PayPalは、アイカーン氏との話し合いの準備はあるとしつつ、eBayとのシナジー効果は高く、スピンアウトするつもりはないとしている。(2014/1/23)

アイカーン氏、「Appleは株主に多大な損失を与えている」
“物言う投資家”のカール・アイカーン氏が、Appleが同氏のアドバイスを受け入れて自社株買いを拡大しないのは株主にとって大きな損失であるとツイートした。(2014/1/23)

アイカーン氏、Appleに1500億ドルの自社株買いを“強く推奨”
Appleの株式を約20億ドル保有する“物言う投資家”カール・アイカーン氏が、ティム・クックCEOに1500億ドル規模の自社株買いを実行するよう強く推奨したとツイートした。(2013/10/2)

Dellの株式非公開化、臨時株主総会で承認
Dellは10月末までに非公開化を完了し、マイケル・デルCEOの下でITソリューション企業としての再生に取り組む。(2013/9/13)

アイカーン氏、「Apple株を大量保有し、クックCEOと話し合った」とツイート
物言う投資家のカール・アイカーン氏が、Appleのティム・クックCEOとさらなる自社株買いについて話し合ったとツイートした。(2013/8/14)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
中間管理職の真実
「中間管理職」は組織の中では、トップ管理職と、一般職の間に位置し、両社の考えをうまくすり合わせるまとめ役を担っている。その心構えや立場、そして行うべきことを明確に理解することによって、会社そのものを活性化させることができる。(2011/11/30)

“物言う投資家”アイカーン氏、米Yahoo!の取締役を辞任
MicrosoftによるYahoo!買収騒動のさなかにYahoo!取締役に就任したカール・アイカーン氏が、Microsoftとの広告提携を締結した現在のYahoo!には活動家的な取締役は必要なくなったとして辞任を表明した。(2009/10/26)

せかにゅ:
どうしてiPod touchはカメラなしなのか?
iPod nanoにはビデオカメラが搭載されたが、iPod touchにはカメラが付かなかった。「iPhoneとの競合を避けるためでは」という説もあるが……。(2009/9/10)

Microsoft vs. Google:
Microsoft、真の脅威はGoogleの検索技術ではない
Yahoo!との検索事業提携のうわさが再燃中のMicrosoftだが、同社が今注力すべきなのはGoogleが狙っているコアビジネス、OSとソフトウェアだ。(2009/7/23)

2008年IT業界の10大ニュース
IT業界の2008年はエキサイティングな年だった。Web2.0からWeb3.0への移り変わりが近づく2009年はインターネットにとってどんな年になるのだろう。(2008/12/15)

Microsoftよ、今こそYahoo!を買うときだ
1株12ドル以下でなら、Yahoo!は買収する価値がある。Yahoo!の株価が上がらないうちに、Microsoftは買収に踏み切るべきだ。(2008/11/20)

Microsoftが2009年に再びYahoo!買収を試みる理由とは
Yahoo!と関係が深いエリック・ジャクソン氏によると、これまでの展開は、Yahoo!復活に向けた“第2イニング”にすぎないという。Microsoftが2009年に、新たなYahoo!合併提案を携えて戻ってくると同氏は考えている。Microsoftは依然として、オンラインサービスの分野で「手助け」を必要としているからだ。(2008/8/6)

米Yahoo!株主総会、予定通りアイカーン氏が取締役に
予定通りに取締役は選任されたが、「インターネット検閲に関するポリシー策定」「人権委員会設立」などの提案は否決された。(2008/8/4)

Yahoo!、アイカーン氏を取締役に
Yahoo!とアイカーン氏が和解。同氏はYahoo!の取締役に就任する。(2008/7/22)

「買収提案を要求したのはYahoo!」、MSが反論
Yahoo!のボストック会長が、MicrosoftのバルマーCEOに買収提案を求めたとMicrosoftは説明している。(2008/7/15)

Yahoo!、MSとアイカーン氏の合同提案を拒絶
Microsoftが検索事業を、残りをアイカーン氏が買収するという、事実上Yahoo!を解体することになる提案だった。(2008/7/14)

公式声明を発表:
Yahoo!買収でアイカーン氏と手を組んだMicrosoft――その狙いとは
Microsoftはその狙いを明らかにした。億万長者アイカーン氏と手を組んでYahoo!の息の根を止めることだ。同社の新たなプランとは、取締役会のクーデターによってYahoo!の検索事業を手に入れるというものだ。(2008/7/8)

海外ダイジェスト(7月8日)
アイカーン氏がMSと手を組みYahoo!買収交渉を再開か、Segway CTOがApple副社長に、など。(2008/7/8)

MSによるYahoo!買収交渉、再開か
MicrosoftはYahoo!の取締役会メンバーが一新されれば、同社買収の交渉を再開する意志があることを明らかにした。(2008/7/8)

Yahoo!が語る「MSよりGoogleを選んだ理由」
Microsoftによる部分買収ではなく、Googleとの検索広告提携の方が優れていると考えた理由をYahoo!が説明した。(2008/6/26)

オルタナブログ通信:
一億総カメラマン? 殺傷事件現場から無邪気に写メを送る神経とは
6月8日、休日の秋葉原で無差別殺傷事件という惨劇が起きた。その裏でITが果たした役割とは――エコ、サマータイム、iPhone、ねじキューピー、水着問題……ITにまつわる時事ネタを、日々独自の視点から発信しているのが、オルタナブロガーなのだ。(2008/6/23)

危険な火遊びか:
Yahoo!の検索事業の将来性に疑問を投げ掛けるGoogleとの提携
Yahoo!のネットワーク上でGoogleが広告を掲載できるようにするという提携は、検索ビジネスの成長を目指したYahoo!の戦略にマイナスとなる恐れがある。(2008/6/16)

MS+Y!=「Microhoo」のドラマはまだ続く
米Microsoftと米Yahoo!は交渉を打ち切ったが、まだ真の結末は何も見えない。(2008/6/13)

Yahoo!対アイカーン氏は平行線――Yahoo!、株主に「現取締役の再選」を要請
アイカーン氏のYahoo!あて最新書簡でも、両者間の主張は平行線のまま。Yahoo!は株主に対し、アイカーン派候補者の拒否と現取締役会の再選を求めた。(2008/6/10)

アイカーン氏、Yahoo!に「1株34.375ドルでMSに売却」を提案――Yahoo!は拒否
Microsoftによる買収提案の取り扱いをめぐり、Yahoo!と応酬を続けているアイカーン氏が、再度Microsoftへの身売りを提案した。(2008/6/7)

Yahoo!からアイカーン氏への書簡――「MSはYahoo!全社買収に興味なし」
ボストック会長は、アイカーン氏がYahoo!の退職金プランについて誤解していると反論。またMicrosoftがYahoo!全体を買収することはないとしている。(2008/6/6)

Microsoftにささげる打倒Googleの戦略案
MicrosoftがGoogleから検索でシェアを奪うためのアイデアを考えてみた。これまでMicrosoftが出してきたアイデアよりひどい提案は出しようがないが。(2008/5/26)

MS、Yahoo!の「部分的買収」を検討
Yahoo!経営陣に対する投資家などからのプレッシャーが高まる中、Microsoftは「部分的買収」を含む新たな提案を発表した。(2008/5/19)

Yahoo!、アイカーン氏は「誤解」と反論
(2008/5/16)

アイカーン氏、MSとの協議再開目指しYahoo!に取締役を推薦
「物言う株主」カール・アイカーン氏が、Yahoo!株式の大量取得に続き、Yahoo!に取締役10人を推薦。Microsoftによる買収提案の再考を促している。(2008/5/16)

Circuit City、Blockbusterによる買収提案に態度軟化
買収提案に否定的だったCircuit Cityが、Blockbusterが求めていたデューデリジェンスの実施を許可すると発表した。(2008/5/10)

Motorola、「アイカーン派」取締役候補2人を支持へ
Motorolaが、大株主カール・アイカーン氏が推す取締役候補2人を支持。アイカーン氏は、同社をめぐる「委任状争奪戦」を取り下げる。(2008/4/8)

Motorola、2社に企業分割へ――携帯部門を分離
不振のモバイルデバイス部門の立て直しに向けて方策を模索していたMotorolaが、同部門を分離する計画を発表した。(2008/3/27)

アイカーン氏、Motorolaを提訴――経営関連情報の提供を求める
Motorolaのモバイルデジタル事業に関する発言や予測に誤りが多いとして、「物言う株主」カール・アイカーン氏が、議事録などの提出を求めている。(2008/3/25)

「物言う株主」アイカーン氏、Motorolaに取締役を推薦
カール・アイカーン氏が、Motorolaの次回株主総会で、元Viacom幹部など4人を取締役に推薦する意向だという。(2008/2/5)

Oracle、2回目の試みでBEAの買収に成功――買収金額は85億ドル
 OracleによるBEA買収の狙いは、Fusionおよびプラットフォーム市場の将来性だと考えられるが依然として不透明な面がある。(2008/1/18)

Oracle、BEAを約85億ドルで買収
OracleのBEA Systems買収で両社が合意。買収金額は、2007年の交渉での両社の提示額の妥協点ともいえる「1株19.375ドル」となっている。(2008/1/17)

BEA、筆頭株主に企業情報を開示
BEAが、著名な「物言う」投資家である筆頭株主のカール・アイカーン氏に、非公開の企業情報を開示。Oracleからの買収提案の拒否が、BEAの株主利益に合致することを示したいとしている。(2007/11/7)

Blockbuster、会長兼CEOを任命
会長兼CEOに指名されたジェームズ・キーズ氏は、米7-Elevenを率いた人物で、著名投資家アイカーン氏のお墨付き。(2007/7/3)

アイカーン氏、Motorolaの取締役就任ならず
株主総会での役員選出投票で、アイカーン氏が取締役に就任しない公算が高まった。(2007/5/9)

著名投資家、Motorolaに取締役席を要求
億万長者で著名投資家のカール・アイカーン氏がMotorolaに対し、自分を取締役会のメンバーに加えるよう要求した。(2007/1/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。