ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTドコモ 2009年夏モデル」最新記事一覧

NTTドコモ、2009年夏モデル18機種を発表――iモードも機能を大幅拡張

ドコモは2009年夏モデル18機種発表した。PRIME/STYLE/SMART/PROの各シリーズのコンセプトをさらに進化させ、HSUPA、10Mカメラ、BDレコーダー連携、無線LAN、防水などの機能を追加。NERV仕様の“ヱヴァケータイ”も登場した。

ドコモの「おまかせロック」、Windows Mobileスマホ「SC-01B」「T-01A」「T-01B」を対象外へ
NTTドコモの提供する「おまかせロック」が、システムのセキュリティ強化を実施。これに伴い、Windows Mobileスマートフォン「SC-01B」「T-01A」「T-01B」が新しいセキュリティ基準を満たさないため6月7日から利用できなくなる。(2016/5/9)

ドコモ、「T-01A」「dynapocket T-01B」のアップデートを開始
ドコモは、Windows Mobileスマートフォン「T-01A」「dynapocket T-01B」の製品アップデートを開始した。海外でまれに通信できない不具合を解消する。アップデートで端末内のデータが全て消えるため、バックアップが必須となる。(2012/7/10)

ドコモ、「MEDIAS」や「ヱヴァ携帯」のソフト更新を実施
ドコモは、「MEDIAS N-04C」などNEC端末4機種、LG製の「L-01B」、ヱヴァ携帯「SH-06A NERV」などシャープ製端末6機種のソフト更新を開始した。(2011/5/19)

ドコモ、パナモバ製ケータイ5機種をアップデート
ドコモのパナソニック モバイル製「P-06A」「P-07A」「P-08A」「P-09A」「P-10A」5機種のソフトウェアアップデートが開始された。(2011/5/12)

ドコモ、富士通製ケータイ4機種のソフトウェア更新を開始
ドコモケータイ「F-03A」「F-08A」「F-09A」「F-01B」のソフトウェアアップデートが開始された。(2011/5/9)

ドコモ「P-01C」「P-02C」「SH-01B」「N-09A」「N-07A」「N-06A」「N-08A」に不具合
NTTドコモは2月17日と18日に、同社のケータイ7機種の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。(2011/2/18)

ドコモ、「LYNX SH-10B」と「T-01A」のソフトウェア更新を開始
ドコモはスマートフォン「LYNX SH-10B」と「T-01A」のソフトウェアアップデートを開始した。T-01AのアップデートはWindows Mobile 6.1向け。(2010/12/16)

Androidスマートフォンに「きせかえ」を提供――「ThemeFactory」
サイスコーピオンズがAndroidスマートフォン「Xperia」「HT-03A」「HTC Desire X06HT/X06HTII」でホームアプリとして利用できるきせかえ用アプリの配信を開始した。(2010/9/7)

「T-01A」の通話機能に不具合――バージョンアップ開始
ドコモの東芝製スマートフォン「T-01A」のバージョンアップが開始された。バージョンアップをすることで、通話機能の不具合が改善される。(2010/8/23)

写真で解説する「dynapocket T-01B」
約4.1インチの有機ELにQWERTYキーボードを搭載する、東芝のWindows phone「dynapocket T-01B」。2009年に発売された「T-01A」との違いを中心に、主な特徴をチェックした。(2010/6/11)

ドコモ、「F-04B」「L-04A」「L-06A」「L-02B」のソフト更新を開始
富士通製の「F-04B」と、LGエレクトロニクス製の「L-04A」「L-06A」「L-02B」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新を開始した。(2010/6/9)

ドコモ「N-06A」「P-07A」「P-08A」「P-09A」に不具合
NTTドコモは、NEC製「N-06A」とパナソニック モバイル製「P-07A」「P-08A」「P-09A」に不具合があることを発表。ソフトウェア更新を開始した。(2010/6/1)

写真で解説する「F-06B」(外観編)
フルHD動画撮影や防水対応など、ドコモの2010年夏モデルの中でも特に高いスペックを実現しているのが、富士通製の「F-06B」だ。ボディ形状は「F-09A」のスライドヨコモーションを継承している。(2010/5/21)

ドコモ「N-07A」「N-08A」「N-09A」の英語入力などに不具合
NTTドコモは4月27日、「N-07A」「N-08A」「N-09A」に不具合が確認されたと発表。同日にソフトウェア更新を開始した。(2010/4/28)

ドコモ、4月1日にスマートフォン向けポータル「ドコモマーケット」をオープン
ドコモがスマートフォン向けポータルサイト「ドコモマーケット」を4月1日にオープン。XperiaやHT-03A向けにAndroid端末向けコンテンツを提供する。(2010/3/18)

一時販売を停止した「T-01A」、3月5日から販売を再開
NTTドコモは3月4日、ソフトウェアに見つかった不具合を理由に一時販売停止していた東芝製スマートフォン「T-01A」の販売を、5日から再開すると発表した。(2010/3/4)

「L-04A」「L-06A」に不具合――ドコモ、ソフト更新開始
NTTドコモが、「L-04A」と「L-06A」の不具合を改善するソフトウェア更新を案内した。(2010/2/25)

「F-08A」と「F-09A」のフルブラウザに不具合
ドコモの富士通製端末「F-08A」と「F-09A」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新を開始した。(2010/2/23)

ドコモ「T-01A」が一時販売停止 「110」などに電話できず
ドコモの東芝製スマートフォン「T-01A」が一時販売停止。緊急通報用電話番号「110」「118」「119」への接続ができない事象が確認されたため。(2010/2/18)

「F-02B」「F-03B」「SH-06A」「SH-07A」などドコモ端末6機種に不具合
ドコモの「F-02B」「F-03B」「SH-05A」「SH-06A」「SH-06A NERV」「SH-07A」に不具合があることが判明。同社はソフトウェア更新を開始した。(2010/2/9)

ドコモ、Windows Mobile機向けセキュリティスキャンのアップデートを提供
NTTドコモが、Windows Mobile搭載スマートフォン「HT-01A」「HT-02A」「T-01A」「F1100」「HT1100」向けのセキュリティスキャンの最新パターンデータを公開した。(2010/1/26)

東芝、「T-01A」のWM6.5アップデートを開始
NTTドコモと東芝が12月17日、東芝製スマートフォン「T-01A」のOSを6.1 Proから6.5 Proにバージョンアップするアップデータの配布を開始した。(2009/12/17)

現在地から近い駅を自動検索――Android版「乗換案内」に最寄駅案内
Androidケータイ「HT-03A」で活用できるジョルダンの「乗換案内」アプリに最寄駅案内機能が搭載された。経路検索で駅名を入力する際に、自動的に近い駅を表示してくれる。(2009/12/14)

ドコモ、「L-04A」「L-06A」「フォトパネル 01」のソフト更新を開始
NTTドコモが、LGエレクトロニクス製「L-04A」「L-06A」と、タムラ製作所「フォトパネル 01」の最新ソフトウェアを案内した。(2009/12/9)

グループウェアをAndroid端末で利用可能にする「GSモバイル Android」登場
日本トータルシステムが、グループウェア「GroupSession」のモバイルクライアント「GSモバイル Android」をリリース。ドコモの「HT-03A」で利用できるほか、日本国内でAndroidケータイが発売された場合は順次対応する。(2009/12/3)

ドコモ、「N-06A」のJavaScriptを再有効化
「N-06A」のJavaScriptが利用可能になるソフトウェア更新が開始された。(2009/11/25)

写真で解説する「L-01B」
2009年夏モデルの「L-04A」と「L-06A」に続き、日本発の“LGジャパンモデル”として登場する「L-01B」。感圧式の「タッチボード」や好きな色を読み込める「カラーリーダー」など、独特の機能を搭載した。(2009/11/18)

ドコモ、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptを再有効化
NTTドコモは、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptの再有効化などを含む最新ソフトウェアのアップデートを開始した。あわせて、「F-01A」のソフトウェアも更新した。(2009/11/17)

ドコモ、「N-07A」「N-08A」「N-09A」と「T-01A」のソフト更新開始
NTTドコモが「N-07A」「N-08A」「N-09A」のiモードブラウザの一部機能を再有効化するためのアップデートを開始した。また、東芝製のスマートフォン「T-01A」のソフトウェア更新も開始した。(2009/11/12)

写真で解説する「P-01B」
NTTドコモの第5世代“VIERAケータイ”「P-01B」は、ダイヤルキーにタッチパッド機能を持たせ、ノートPCライクな操作感を実現した端末だ。新型ヒンジを採用したWオープンスタイルや、約0.2秒の高速AFが可能な8Mカメラなど、夏モデル「P-07A」の特徴をブラッシュアップしている。(2009/11/11)

最新ケータイ徹底比較(タッチパネルケータイ 2009年夏モデル編):
第4回 SH-06Aと933SHの頂上決戦? カメラ、ワンセグ、ブラウザの実力を検証
現行モデルでタッチパネルが使いやすい機種はどれか。第4回ではカメラ、ワンセグ、ケータイブラウザ、フルブラウザの操作性を検証した。(2009/11/9)

「F-09A」「F-08A」がソフトウェア更新 iモードの一部機能を再有効化
ドコモが「F-09A」「F-08A」のソフトウェアアップデートを発表。不具合により停止していたiモードブラウザの一部機能を再有効化する。(2009/11/5)

ドコモ、「T-01A」をWM6.5にするアップデートを12月に提供
NTTドコモが、東芝製スマートフォン「T-01A」のOSを、Windows Mobile 6.5にするアップデートを12月に実施することを明らかにした。(2009/10/30)

「SH-08A」「SH-07A」で拡張iモードブラウザのJavaScriptが利用可能に
「SH-08A」「SH-07A」の拡張iモードブラウザでJavaScriptを利用可能にするアップデータが公開された。(2009/10/29)

ドコモ、「SH-05A」「SH-06A」「SH-06A NERV」のアップデート開始
シャープ製「SH-05A」「SH-06A」「SH-06A NERV」のソフトウェア更新が開始された。拡張iモードブラウザのJavaScriptが再有効化されるほか、2つの不具合が改善される。(2009/10/27)

ふぉーんなハナシ:
Androidマーケットにも有名アプリの有料版がお目見え
10月23日に、HT-03A向けAndroid 1.6の配信が始まったことを受け、日本のAndroidマーケットでも有料アプリの販売が解禁された。さっそくハドソンがゲーム2タイトルの配信を開始したほか、辞書やツールなど、日本円で販売するタイトル徐々に出てきている。(2009/10/26)

HT-03A、Android 1.6で何が変わる?
10月23日から、「HT-03A」向けのAndroid 1.6アップデートの配信が始まった。すべてのユーザーに行き渡るまでには1週間程度の時間を要するようで、まだアップデートできていない人も多いようだが、グーグルの説明会で明らかにされたAndroid 1.6の新機能をまとめる。(2009/10/23)

ドコモ、拡張iモードブラウザのJavaScriptを利用可能に――10月27日から順次
不具合により一時停止されていたiモードブラウザの一部機能が復活する。ドコモはまず10月27日に、「SH-05A」「SH-06A」「SH-06A NERV」向けのソフトウェアアップデートを開始する。(2009/10/23)

「HT-03A」がAndroid 1.6にバージョンアップ 有料アプリ購入にも対応
ドコモが10月23日から、HT-03A向けのAndroid OS 1.6の配布を開始する。1.6では、Androidマーケットでの有料アプリ購入に対応したほか、細かな使い勝手の向上が図られている。更新ファイルは無線LAN優先で自動的にダウンロードされる。(2009/10/22)

「F-09A」のBluetoothや通話機能などに不具合
富士通製の「F-09A」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェアアップデートを開始した。(2009/10/21)

ドコモ、「P-03A」「P-04A」「P-05A」「P-10A」の不具合を発表
NTTドコモの「P-03A」「P-04A」「P-05A」「P-10A」に、メール本文の文字の一部が太く表示される不具合。ソフトウェアアップデートで対応する。(2009/10/8)

Wオープン+防水端末「P-10A」の新色、10月16日に発売
パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の防水ケータイ「P-10A」の新色が10月16日に発売される。(2009/10/8)

CEATEC JAPAN 2009:
「T-01A」の薄型ボディを支える小型部品と、東芝の環境志向
厚さ9.9ミリのスリムなスマートフォン「T-01A」のパーツや部品、基板などが東芝ブースで披露されていた。同社の端末には、環境に配慮した物質が使われているのも大きな特徴だ。(2009/10/7)

CEATEC JAPAN 2009:
7インチディスプレイ搭載の「T-01A」が登場?――東芝の“L-01シリーズ”
遠くから見たら「T-01A」が展示されている……と思いきや、そこには巨大なディスプレイを搭載したスマートフォンが。これは東芝が「スマートフォンとネットブックの中間を狙う」という新たな“dynapocket”だ。(2009/10/7)

「HT-03A」向けのNAVITIMEアプリが登場
ナビタイムジャパンが、HT-03Aで利用できるAndroid版の「NAVITIME」をリリースした。PC-NAVITIMEで月額315円の有料会員登録をすることで利用できる。(2009/10/1)

スマートフォン向けiモードメールアプリ「iモード.net モバイルアプリ」
ドコモがスマートフォンでiモードを利用するための「iモード.net モバイルアプリ」を発表。これまでのiモード.netと異なり、Webブラウザを介さずに端末からiモードメールを送受信できる。対応端末は「T-01A」。(2009/10/1)

「L-04A」「L-06A」発売――バリュー一括で5万円台前半〜後半
NTTドコモのLGエレクトロニクス製モデル「L-04A」と「L-06A」が店頭に並んだ。価格はバリューコースの一括払いの場合、L-04Aが5万円台前半、L-06Aが5万円台後半と案内されていた。(2009/9/18)

「F-09A」の“ここ”が知りたい:
第3回 セキュリティ機能はどこまで強力?――「F-09A」
富士通の端末はセキュリティ関連の機能が充実していることでも知られている。F-09Aでもその内容に関する質問が多く寄せられた。(2009/9/14)

ドコモ、STYLEシリーズ5機種の新色を発売
NTTドコモは、STYLEシリーズ「N-03A」「F-02A」「L-03A」「P-10A」「P-03A」の新色を9月17日から順次発売すると発表した。(2009/9/14)

発売延期の「L-04A」、9月16日から販売を開始
発売が延期されていたLG電子製のタッチパネル付きスライド端末「L-04A」の発売日が決定した。9月16日から販売を開始する。(2009/9/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。