ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「交換」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交換」に関する情報が集まったページです。

東芝、PC用ACアダプターを無償交換 発煙、発火の恐れ
(2018/6/22)

仮想通貨交換業者のbitFlyer、登録審査時に「事実と異なる説明」 金融庁の“お墨付き”揺らぐ
金融庁が、bitFlyerなど6社に業務改善命令を出した。いずれも金融庁の登録を受けた業者だ。bitFlyerは登録審査時、事実と異なる説明を行っていたことも分かった。(2018/6/22)

金融庁が6社に命令:
bitFlyer、新規顧客の受け入れ停止 業務改善命令を受け
金融庁は6月22日、bitFlyerなど仮想通貨交換取引業者6社に業務改善命令を出した。マネーロンダリング(資金洗浄)対策や内部管理体制などに不備が見つかったとして、改善を求めた。(2018/6/22)

金融庁、bitFlyerに業務改善命令 処分受け新規ユーザー登録を一時停止
金融庁は6月22日、仮想通貨交換業者bitFlyer(東京都港区)に業務改善命令を出した。顧客に対して実施が義務付けられている本人確認プロセスに不備があったという。(2018/6/22)

東芝、ノートPC用ACアダプターの一部製品に発煙・発火の恐れ 無償交換を実施
東芝クライアントソリューションは、2009年12月から2011年7月に生産された同社製ノートPC用ACアダプターの一部で発煙・発火に至る可能性があると発表した。(2018/6/22)

ポケモンGO、フレンド機能実装へ 待望の「ポケモン交換」も可能に
ついに交換できる!(2018/6/18)

ポケモンGOに「フレンド」機能実装 ポケモンの交換も可能に
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」を開発運営する米Nianticは6月18日、同ゲームに「フレンド」機能を今週中に実装すると発表した。フレンド機能の実装に伴い、ポケモンの交換も可能になるという。(2018/6/18)

“靴ひもの先端にある細くて固い部分”の名前、知ってる?
知っておくと、靴ひも交換などが捗りそう。(2018/6/12)

「うちの旦那と交換したい」 杉浦太陽、中尾明慶、ユージのイクメン3ショットに“理想のパパ”の声
清涼感スゴい。(2018/6/7)

深刻な問題ではない?:
「モナコイン」攻撃のインパクトは 「PoWだけでは限界があるかもしれない」
仮想通貨「モナコイン」が海外の仮想通貨交換取引所で攻撃を受けた事件について、ブロックチェーン推進協会(BCCC)がこのほど、報道関係者向けに説明会を開いた。(2018/6/4)

FAニュース:
起動や工具交換、立形加工機の非加工時間を6分の1に縮めるシステムを開発
東芝機械は、超精密立形加工機「UVM」シリーズ向けの非加工時間短縮システムを開発した。起動時や工具交換時の非加工時間を6分の1に短縮するという。(2018/5/31)

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会が、値下げ競争の起きない「接続料」にメス――もはや「接続料」は役目を終えたのではないか
公正取引委員会で行われている「携帯電話に関する意見交換会」。その2回目の会合では「MVNOへの接続料」が大きなテーマとなったが、回線の卸提供を受けるMVNOが大半を占める中、接続料そのものの見直しが必要なタイミングに来ているのかもしれない。(2018/5/25)

ソフトバンクC&S、耐衝撃性と硬度を備えたナノセラム採用の液晶保護ガラスを発売
ソフトバンクC&Sは、5月25日にSoftBank SELECTIONから液晶保護ガラス「ナノセラム極強液晶保護ガラス for iPhone 8/7/6s/6」を発売。従来のガラス素材よりも高い耐衝撃性と硬度を併せ持つクリアガラスセラミックス「ナノセラム」を採用している。破損しても購入後6カ月以内で1回に限り無料で交換する「6カ月交換保証」の対象。(2018/5/24)

エイベックス、Fintech事業へ参入 事業目的に「仮想通貨交換業」追加
エイベックスがFintech事業へ参入する。子会社「エンタメコイン」を設立し、電子マネーの発行、決済システムの提供などに取り組む。(2018/5/24)

Apple、iPhoneのバッテリー交換費の値下げ前に交換した人に5600円返金
Appleは、保証外の「iPhone 6」以降のバッテリー交換費用値下げ前に、正規料金でバッテリーを交換したユーザーに対し、値下げ分の50ドル(日本では5600円)を払い戻すと発表した。(2018/5/24)

マネーフォワード、仮想通貨交換業へ参入
マネーフォワードが、仮想通貨交換業に参入する。2018年内の取引所開設を目指す。(2018/5/23)

課題は「接続料」? 公正取引委員会が第2回「意見交換会」を開催
公正取引委員会が携帯電話サービスの提供条件を有識者で話し合う「携帯電話分野に関する意見交換会」を立ち上げた。初の一般公開となる第2回会合では、MVNOからの意見聴取とそれに伴う意見交換が行われた。(2018/5/23)

携帯市場、「ガラケー商品開発研究所」発足 店舗でイベントも開催
携帯市場は、フィーチャーフォン利用者の課題解決を目的としたサービス・商品開発プロジェクト「ガラケー商品開発研究所」を発足。Webサイトでの情報発信をはじめ、利用者の情報交換やトレーディングなどを行えるコミュニティーイベント「携帯市BAR」も随時開催する。(2018/5/18)

「みなし業者」が申請取り下げ……:
仮想通貨交換業者の廃業相次ぐ 規制強化で淘汰へ
仮想通貨交換業者としての登録を金融庁に申請中の「みなし業者」が申請を取り下げ、実質廃業するケースが相次いでいる。不正アクセスで巨額の仮想通貨が流出したコインチェック事件以降、金融庁は立ち入り検査で実質的に規制を強化。(2018/5/16)

仮想通貨交換業者の廃業相次ぐ 規制強化で淘汰へ
仮想通貨交換業者としての登録を金融庁に申請中の「みなし業者」が実質廃業するケースが相次いでいる。コインチェック事件以降、強化された規制に対応できない業者が撤退しており、さらに淘汰は進む見通しだ。(2018/5/15)

一部のSurface Pro 4で“画面のちらつき問題”が発生 無償交換を実施
米Microsoftは、「Surface Pro 4」の一部に画面のちらつきが発生することがあると発表、無償交換を実施する。(2018/5/14)

自然エネルギー:
3次元解析で水車を最適化、流量を変えずに発電量アップ
北海道電力が既設水力発電所の水車ランナーの交換を実施。3次元流れ解析で水車ランナーの形状を最適化し、落差・流量を変えずに発電量を増加させた。(2018/5/14)

流出NEM、追い続けるホワイトハッカー Nスペで「仮想通貨ウォーズ」12日放送
「NHKスペシャル」で、NEMの大量流出事件が扱われる。犯人側はNEMをほかの仮想通貨に交換する資金洗浄を完了したとみられるが、各国のホワイトハッカーが、交換後も追跡可能なプログラムを開発するなど追跡を続けているという。(2018/5/10)

AI、IoT活用でLPガスの遠隔検針とLPガス容器の交換業務を効率化――ミツウロコCSとNEC、名古屋で大規模実証
ミツウロコCSとNECが、LPガス事業者・配送事業者向けの「LPガスメーター指針値提供サービス」の共同実証を開始。IoT向け広域無線通信「Sigfox」でLPガスメーター指針値を遠隔取得するとともに、AI分析でLPガス容器配送業務を効率化する。(2018/5/9)

「ホントに入れ替えた?」 後藤真希、イケメンおいっ子との顔交換が違和感ゼロの高クオリティー
違和感仕事して。(2018/4/27)

「傷が浅いうちに」 サイバーエージェントが参入断念、仮想通貨交換業の難しさ
「リスクがどこまでか見えない。ほとんど傷を追っていない状態で撤退するのが賢明だろう」――仮想通貨交換業への参入を断念したサイバーエージェントの藤田晋社長が、決算説明会でそう話した。(2018/4/26)

売上高は626億円:
マネックスGがコインチェックの業績開示、営業利益537億円の見込み
マネックスグループは決算発表で、完全子会社化した仮想通貨交換業者コインチェックの2018年3月期の業績見込みを開示した。(2018/4/26)

「みんなのビットコイン」に:
金融庁、仮想通貨みなし業者に業務改善命令 行政処分10社目
金融庁は、仮想通貨交換業者「みんなのビットコイン」(東京都港区)に対し、改正資金決済法に基づく業務改善命令を出した。(2018/4/25)

「信頼回復へ」 仮想通貨の「登録」交換業者が新団体、セキュリティ懸念どう対処?
(2018/4/24)

FAニュース:
多刃仕様で高能率加工の刃先交換式マシニングセンタ用ねじ切り工具
タンガロイは、マシニングセンタ用ねじ切り工具「刃先交換式ThreadMilling ETLN形」を発売した。複数のねじ種とピッチの組み合わせに対応可能で、多刃仕様のホルダに交換可能なインサートを複数装着することで、高い加工能率を発揮する。(2018/4/24)

マネーパートナーズやbitFlyerら:
登録済み仮想通貨交換業者16社、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」を設立
マネーパートナーズやbitFlyerなど金融庁登録済み仮想通貨交換業者16社は4月23日、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」を3月29日付で設立したと発表した。仮想通貨交換業の業務適正化や事務局体制の整備、自主規制規則の制定などを有識者の協力も得ながら早急に取り組んでいく。(2018/4/23)

仮想通貨の登録交換業者16社、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」設立
金融庁の登録を受けた仮想通貨交換業者16社が4月23日、新たな自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」の設立を正式発表した。(2018/4/23)

Apple、13インチMacBook Proのバッテリーを無償交換 内蔵バッテリー膨張の可能性
米Appleは、13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載モデル)の一部で内蔵バッテリーが膨張する場合があると発表、無償交換を開始する。(2018/4/23)

サブブランド優遇、2年縛りなど各種問題点の結論は? 総務省が“報告書”を公開
総務省は4月20日、「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の第6回を開催。過去5回に渡る討議の論点がまとめられた「報告書(案)」が公開された。今回の会合では報告書(案)の内容が説明され、構成員が意見交換を行った。(2018/4/23)

Apple、13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載)のバッテリー交換プログラム実施
一部で内蔵バッテリーが膨張する場合があるため。(2018/4/22)

Apple、13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載)バッテリー交換プログラム
Appleが、2016年10月に発売したTouch Barを搭載しない方の「13インチMacBook Pro」の一部で内蔵バッテリーが膨張する場合があるとして、バッテリーの無償交換プログラムを開始した。(2018/4/22)

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会で「携帯電話分野の意見交換会」スタート――そもそも「4年縛り」の元凶は総務省ではないのか
公正取引委員会において「携帯電話分野の意見交換会」が始まった。auとソフトバンクが取り入れている「4年縛り」が標的になりそうだが、総務省の「規制」によって生まれた販売方法を、総務省が公取委を使ってどうにかしようとすることは、果たして説得力を持つのだろうか。(2018/4/20)

「笑いすぎてお腹痛い事件」 夏菜&桐山漣の顔交換ショットが“限界の夏菜”を生み出してしまう
楽しそうな現場だ。(2018/4/19)

経済インサイド:
コインチェック買収「36億円」高い?安い? 初公表の財務内容から見えたのは……
約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」を流出させた交換所大手コインチェック(東京)が、インターネット証券大手マネックスグループの完全子会社になることが決まった(2018/4/18)

24時間で消滅するチャットサービス「Zigen(ジゲン)」登場
メディアシークは、4月16日に24時間で消滅するチャットサービス「Zigen(ジゲン)」を提供開始。メンバーはQRコードで招待するためアドレス交換などは不要で、交換したメッセージや写真は24時間後にチャットルームごと消える。(2018/4/16)

今秋サービス開始へ:
ヤフー、仮想通貨事業に参入 ビットアルゴに資本参加
 ヤフーは4月13日、仮想通貨交換業者のビットアルゴ取引所東京に子会社を通じて資本参加すると発表した。ビットアルゴ取引所東京は今秋、サービスを再開する予定。(2018/4/13)

金融庁、仮想通貨「みなし業者」ブルードリームジャパンに業務停止命令
金融庁は、仮想通貨交換業者として登録申請中の「みなし業者」、ブルードリームジャパンに2カ月間の業務停止命令を出した。(2018/4/12)

ICO規制、金融庁の研究会で争点に 「壮大なババ抜き」問題はらむ
仮想通貨交換業への制度的対応を検討する、金融庁の研究会では、ICO(新規コイン発行)が争点に。投機目的での購入が相次ぎ一方、ベンチャー企業の資金調達手段として活用できる期待もあり、メリットにも目を向けた規制を求める意見が出た。(2018/4/11)

仮想通貨「みなし業者」に「登録期限」提案 金融庁の研究会
金融庁が、仮想通貨交換業への制度的な対応を検討する研究会を開いた。第1回では業界でのルール策定を急ぐ方針に加え、みなし業者に登録期限を設けるなどの案が出た。(2018/4/10)

規制強化の意見目立つ:
金融庁、仮想通貨の研究会が始動 証拠金倍率引き下げ論も
金融庁が「仮想通貨交換業等に関する研究会」の初会合を開き、仮想通貨や交換業者をめぐる諸課題について、制度改正が必要か議論を始めた。(2018/4/10)

ライバル同士が協力:
携帯大手3社がLINE対抗 SMS活用「+メッセージ」スタートへ
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが新サービスで協力。3社は4月10日、電話番号だけで長文のメッセージ交換や写真・動画のやりとりができるアプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日にリリースする。(2018/4/10)

金融庁、仮想通貨「みなし業者」3社を行政処分 2社は業務停止命令
金融庁は4月6日、仮想通貨の交換業者として登録申請中の「みなし業者」3社に対する行政処分を発表した。3月8日に実施した7社の処分に続き2度目。(2018/4/6)

コインチェック、交換業登録は「2カ月程度めど」 マネックスグループ松本社長
マネックスグループの松本大社長は、コインチェックのサービス全面再開、仮想通貨交換業への登録を、2カ月程度をめどに完了させる考えを示した。(2018/4/6)

2社に業務停止命令:
金融庁、仮想通貨のみなし業者3社を一斉処分 3月に続き2度目
金融庁は、仮想通貨交換業の「みなし業者」3社への行政処分を発表した。(2018/4/6)

リボルバー式交換ビットを備えた電動ドライバー“ドリボルバー”
サンコーは、リボルバー式のビット交換機能を備える電動ドライバー“ドリボルバー”を発売する。(2018/4/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。