ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ARROWS Tab LTE F-01D」最新記事一覧

「ARROWS Tab LTE F-01D」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

ARROWS Xをアップデート:
PR:愛機が生まれ変わる!ARROWS X F-10Dをバージョンアップしてみた
スマートフォンの性能を引き出すにはOSのバージョンアップが不可欠。Android 4.2にアップデートするとこんなことができてしまうのです。ちょっと面倒かと思っている方もいるかもしれませんが、実は意外に簡単なんですよ。(2014/3/28)

ドコモ、富士通製タブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」のアップデートを開始
ドコモは、富士通製タブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」のソフトウェア更新を開始した。Wi-Fi接続の不具合を改善する。(2014/2/5)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

ドコモ、Optimus G L-01Eとタブレット2機種でソフトウェア更新
ドコモが3月26日、「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合を修正するソフトウェア更新を開始した。(2013/3/26)

ドコモ、一部機種でAndroid 4.0アップデートの提供時期を変更
ドコモは、12月中にAndroid 4.0へアップデートするとしていたスマホ3機種について、提供時期を2013年1〜2月下旬に変更すると発表した。(2012/12/20)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:“広いが勝ち”大画面が快適・楽しい10インチタブレット「ARROWS Tab」
「ARROWS Tab F-05E」はフルHD表示ができる10.1インチワイド大画面をもつタブレットです。クアッドコア搭載で、防水、指紋認証、100Mbps対応Xi対応、超大容量バッテリーなどハイスペックを備え注目ポイントも数多く備えています。今回はそのなかから「大画面」という特長にスポットを当ててみましょう。(2012/12/7)

ドコモ、スマホ・タブレット8機種のAndroid 4.0アップデートを順次開始
ドコモは、スマートフォンとタブレット8機種について、Android 4.0バージョンアップを開始する時期の見通しを発表した。(2012/11/8)

写真と動画で解説する「ARROWS Tab F-05E」
ドコモ タブレット「ARROWS Tab F-05E」は、10.1フルHD液晶画面、1.7GHzクアッドコアCPU「Tegra3」を搭載し、バッテリーも10080mAhと非常に大容量。さらに指紋認証センサーも搭載しながら、前モデルより小型化も実現している。ファミリー層向けの高機能タブレット端末だ。(2012/10/16)

ドコモ タブレット:
指紋センサー搭載、フルHD表示に対応した防水タブレット――「ARROWS Tab F-05E」
10.1インチディスプレイを搭載した富士通製のAndroid 4.0搭載タブレット「ARROWS Tab」がモデルチェンジを果たした。特にクアッドコアプロセッサーの採用と、フルHD表示に対応したディスプレイは注目だ。(2012/10/11)

CEATEC JAPAN 2012:
熱い視線を送ってタブレットを操作してみた――ドコモの「i beam」
ドコモの「i beam」は、視線を検知するアイトラッキング技術を使ってでスマートデバイスを操作しようという新UI。タブレットの片手操作がより快適になるという。(2012/10/3)

ドコモ、「ARROWS Tab LTE」をAndroid 4.0にアップデート
NTTドコモは、富士通のAndroidタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」のAndroid 4.0アップデートを開始した。フェイスアンロックやスクリーンキャプチャ、パノラマ撮影などの機能が追加される。(2012/9/27)

「TSUTAYA TV」、GALAXY Note向けサービスを開始
TSUTAYA.comの運営するネット映像配信サービス「TSUTAYA TV」が、サムスン電子ジャパンのGALAXY Note向けサービスを開始。新規会員登録者にポイントをプレゼントするキャンペーンも行う。(2012/7/23)

ドコモ、「SH-07D」「P-02D」「F-01D」のソフトウェア更新を開始
ドコモのスマートフォン「AQUOS PHONE st SH-07D」「LUMIX Phone P-02D」と、タブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」のソフトウェア更新が開始された。(2012/7/9)

エレコム、コンセントから充電できるスマホ/タブレット向け充電器を発売
エレコムが、家庭用のコンセントから手軽にスマートフォン/タブレットを充電できる「MPA-ACUCシリーズ」「TB-ACU01シリーズ」を発売する。それぞれブラックとホワイトとの2カラーを用意し、差し込み部分はコンパクトに折りたためる。(2012/6/26)

該当機種のユーザーは要注意:
SDHC規格の一部機種にmicroSDXCを差し込むとデータが破損する事象
一部のAndroid端末で、microSDXCカードをmicroSDXC非対応機種に差し込むと、microSDXC内のデータが破損する事象が確認されている。(2012/6/11)

ScanSnap S1100がPCレスで動作、ARROWS Tabから直接スキャン
PFUは、富士通製のAndroid端末「ARROWS Tab」から「ScanSnap S1100」を使用できる専用アプリ「ScanSnap Manager for ARROWS」をリリースした。(2012/5/16)

「プラスXi(クロッシィ)割」キャンペーンに:
ドコモの「Xi(クロッシィ)2割」キャンペーン、FOMAユーザーにも適用に
ドコモが「Xi(クロッシィ)2割」キャンペーン適用範囲を拡大し、1契約目がFOMAのユーザーにも適用する。これに伴いキャンペーン名称を「プラスXi(クロッシィ)割」に変更する。(2012/4/24)

spモードメールやPCメールを一括管理――ドコモの「CommuniCase」
NTTドコモが、spモードメールやGmailなどのPCメールをまとめて管理できるメーラーアプリ「CommuniCase」の提供を開始した。ドコモの一部Android端末で利用できる。(2012/4/23)

スマホとPCに接続できるデュアルポートUSBメモリ「JF-UFDP4S」
USB Micro-B端子とUSB A端子を搭載したUSBメモリ「JF-UFDP4S」が登場。スマートフォンやタブレットとPC間で直接のデータ移動が可能となる。(2012/4/13)

「Xi」のテレビCMで“スマホ”渡辺謙さんと“タブレット”布袋寅泰さんが共演
NTTドコモのXiスマートフォンとXiタブレットをセットで使うとおトク――。そんな「Xi2割キャンペーン」のテレビCMが面白い。(2012/3/29)

7月以降に順次提供:
ドコモ、スマホとタブレット18機種をAndroid 4.0にアップデート
NTTドコモは、Androidスマートフォンとタブレット18機種をAndroid 4.0にアップデートすると発表した。7月以降に、順次バージョンアップを行う。またそのほかの7機種についても、アップデートを検討している。(2012/3/26)

ドコモ、同社スマホのAndroid 4.0アップデート予定を公表
ドコモが発売中のスマートフォンとタブレットについて、Android 4.0へのバージョンアップを7月以降順次開始する。(2012/3/26)

サンワサプライ、写真やPDFデータを読み込めるAndroid対応カードリーダーを発売
USBホスト機能に対応した、Android OS向けのカードリーダーが登場。スマートフォンやタブレットPCでSDカードやUSBメモリの読み込み、マウスやキーボードの使用が可能となる。(2012/3/16)

クラウド達人に聞く:
保存版!「あなたのEvernote、見せてください」(後編)
クラウドサービスの達人たちに聞く連載「あなたのEvernote、見せてください」の後編です。今回はITジャーナリストの花岡貴子さんら3人のEvernoteを見せてもらいました。(2012/3/9)

ドコモ、「ARROWS Tab LTE F-01D」のアップデートを開始
ドコモが「ARROWS Tab LTE F-01D」のアップデートを開始。電話帳バックアップに対応するほか、不具合が1つ解消される。(2012/3/5)

Mobile World Congress 2012 無線通信技術:
ドコモの4方式対応ベースバンドチップ、テンシリカのIPコアを採用
NTTドコモなど4社が発表した4種類の携帯電話通信方式に対応するベースバンドチップ。ベースバンド処理回路にはテンシリカのIPコアを採用している。(2012/2/28)

Mobile World Congress 2012:
2012年夏に日本で発売、海外展開も視野に――富士通がTegra 3搭載の新型ARROWSを披露
「Ultra Hi-Spec」というコンセプトを持つ富士通製スマートフォンの新機種(試作機)がMWCで展示されている。クアッドコアCPUに4.6インチ液晶を備え、LTE通信もサポートする。(2012/2/28)

バッチリお風呂テレビ:
「防水」、やはりいいものだ──10.1型タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi」検証
ドコモのXiタブよりXi機能を省き、代わりに内蔵ストレージ増強+指紋センサーを新設した「ARROWS Tab Wi-Fi」が登場。「家族用」そして「お風呂テレビ」として使えるかを中心に検証する。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
“お風呂テレビ”対応の防水10.1型タブレット、セキュリティ強化のWi-Fi版──「ARROWS Tab Wi-Fi」
ARROWS Tabより、LTEの代わりに指紋センサーを内蔵した防水タブレットが登場。10.1型サイズでデュアルコアOMAP 4430、防水性能、軽快動作「サクサクタッチパネル」などを継承して採用する。(2012/1/12)

2012年PC春モデル:
富士通、「FMV」春モデルと「ARROWS Tab」Wi-Fi版を同時発表
富士通は「FMV」ブランドの個人向けPC春モデル、および防水Androidタブレット端末「ARROWS Tab」のWi-Fi版を1月19日より順次発売する。(2012/1/12)

ITmediaスタッフが選ぶ、2011年の“注目ケータイ&トピック”(ライター神尾編):
スマートフォン本格普及の影で「タブレット時代」の胎動を感じた
2010年までのスマートフォン市場はITリテラシーの高いユーザーが中心だったが、2011年には“普通のケータイユーザー”に広がった。その中で実感したのが、タブレットの可能性と次世代インフラの重要性だ。(2011/12/29)

ドコモ、「ARROWS Tab LTE F-01D」のアップデートを開始――電源が入らないなどの不具合を解消
ドコモは、富士通製のAndroidタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」のソフトウェアアップデートを開始した。電源が入らないなどの不具合を解消する。(2011/12/14)

調査リポート:
スマホで“高速通信のサクサク感”を実感できるキャリアは――MM総研調べ
au版とソフトバンク版のiPhoneはどっちが速い? LTEタブレットとWiMAXのスマホは? MM総研がスマホやタブレットを使った通信速度の計測結果を発表した。(2011/11/30)

高速/低遅延のXi、ビジネスシーンで活躍――ドコモがソリューションを紹介
この秋、Xi対応のAndroidタブレットをリリースしたドコモ。高速/低遅延のXiは操作に対するレスポンスを向上させるため、ビジネスシーンで効果を発揮するという。(2011/11/25)

ふぉーんなハナシ:
Xiスマートフォンの待受時間が「未定」の理由
ドコモから登場した4機種のXi(LTE)対応スマートフォン。すでに事前予約も始まっている機種もあるが、いずれも待受時間が「未定」のままだ。その理由をドコモ広報に聞いてみた。(2011/11/14)

Xi対応、6.7ミリ、女性向け、そしてREGZA Phone:
「ARROWS」で国内トップシェアを目指す富士通
富士通は、ドコモの2011年度冬春向け新製品7機種9モデルの商品説明会を開催した。ARROWSブランドのスマートフォンを本格展開するほか、iモードケータイも全部入りや女性向けなど、ユーザーニーズにマッチしたラインアップを用意した。(2011/11/9)

「GALAXY S II LTE SC-03D」の“ここ”が知りたい:
第1回 GALAXY S IIとの違いは、Xiの実効速度は?――「GALAXY S II LTE SC-03D」
11月24日に発売予定のドコモNEXTシリーズの「GALAXY S II LTE SC-03D」は、1.5GHzデュアルコアCPUと4.5インチのSUPER AMOLED Plusを搭載したXi(クロッシィ)対応モデルだ。今回は「GALAXY S II SC-02C」との違いをチェックした。(2011/11/9)

TSUTAYA.com、Android端末向けに映像配信サービス「TSUTAYA TV」をスタート
TSUTAYA.comが、テレビやBDレコーダー向けの映像配信サービス「TSUTAYA TV」をAndroid端末向けにスタートする。まずは富士通製のタブレット端末「ARROWS Tab LTE」向けに提供。(2011/10/19)

NEXT/with/STYLE/タブレットにシリーズを一新:
Xi対応スマホが登場、デュアルコアCPUやHD液晶搭載機も――ドコモ、2011年度冬春モデル25機種を発表
NTTドコモの2011年冬モデルと2012年春モデルの計25機種が発表された。次世代高速通信「Xi」対応のスマートフォンを4機種投入するほか、薄型、大容量バッテリー、高精細&大画面など、スペックにこだわったモデルも登場。テンキー付きやブランドコラボなど、女性や初心者向けスマホも充実させた。(2011/10/18)

「ARROWS Tab LTE F-01D」にライブドアの女性向けアプリがプリイン
ライブドアは「ARROWS Tab LTE F-01D」のプリインアプリとして、女性系総合ニュースサイト「Peachy」のニュースウイジェットを提供すると発表した。(2011/10/17)

GALAXY Tab 10.1&ARROWS Tab:
NTTドコモ、Xi対応Androidタブレット2機種の発売日を決定
NTTドコモは、Xi(LTE)に対応したAndroidタブレット2機種の発売日を発表した。Samsung電子製の「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」は10月15日に、富士通製の「ARROWS Tab LTE F-01D」は10月19日に発売する。(2011/10/12)

CEATEC JAPAN 2011:
ドコモブースでXi対応スマートフォンを参考出展
CEATEC JAPANのドコモブースで、Xi対応スマートフォン4機種が参考出展されていた。製品名は明かされていないが、メーカー名は確認できた。(2011/10/4)

レイ・アウト、「ARROWS Tab LTE F-01D」用レザージャケットなど発表
レイ・アウトは、NTTドコモ「ARROWS Tab LTE F-01D」用のソフトレザージャケットなどアクセサリ4製品を発表した。フラップタイプとスリーブタイプのジャケット2アイテムと、ディスプレイの保護フィルム2アイテム。(2011/9/30)

写真で解説する「ARROWS Z ISW11F」
CPU、ディスプレイ、カメラ、通信機能、日本向けサービスなど、これ以上ないというほどの機能やサービスを詰め込んだ「ARROWS Z ISW11F」。発表会で展示されたモデルは未完成な部分が多かったが、確認できた範囲で、その見どころをリポートしよう。(2011/9/27)

動画で見るスマートフォン――「ARROWS Z ISW11F」(試作機)
デュアルコアCPU、WiMAX、防水、1310万画素カメラなど高いスペックが特徴の「ARROWS Z ISW11F」。2種類のホーム画面や独自のショートカット、ブラウザの操作感を動画で紹介する。(2011/9/26)

+WiMAX対応:
防水ボディにHD液晶、おサイフ、ワンセグを詰め込んだほぼ“全部入り”Android――「ARROWS Z ISW11F」
au初登場の“F”ブランドスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」は、ディアルコアCPUを搭載したWiMAX対応Android。防水ボディにHDタッチパネル、13Mカメラ、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外通信、家電連携、エコモードと、あらゆるものが詰め込まれている。(2011/9/26)

ドコモ、CEATECに出展――放射線センサージャケットや超速充電バッテリーなどを展示
通信キャリアから、モバイルを核とした総合サービス企業へと生まれ変わろうとしているドコモ。CEATECでは、その取り組みをかいま見せるさまざまなサービスを披露する。(2011/9/21)

イメージキャラクターにEXILE:
スマホ、タブレット端末市場をリードするブランドに――富士通「ARROWS」発表会
富士通はスマートフォンおよびタブレット端末の新ブランド「ARROWS」を発表。同市場の国内トップシェアを狙う。ブランド名には日本全体で出遅れてしまったスマートデバイスの分野において遅れを取り戻したい、という思いも込められている。(2011/9/21)

写真で解説する「ARROWS Tab LTE F-01D」(機能編)
Xi(LTE)対応の富士通製Androidタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」。富士通らしく防水やワンセグ対応など多彩な機能が詰め込まれている。そして、水まわりなどタッチパネルが使いにくい場合に備えて「ハンドジェスチャーコントロール」という新しいUIも搭載された。(2011/9/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。