ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FX」最新記事一覧

Foreign eXchange:外国為替証拠金取引
-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:FX 比較ナビ
質問!為替・FX→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で為替・FX関連の質問をチェック

ヤフーグループのFX会社で元従業員が顧客情報持ち出し ネットで閲覧可能な状態に
ワイジェイFXの顧客情報18万件以上と営業秘密がネット上で閲覧可能な状態になっていた。(2016/2/2)

トクする申告書の書き方:
会社員でサイドビジネスがある人は――20万円までなら申告不要
会社員で、サイドビジネスの所得が20万円以下なら申告は不要です。(2016/2/2)

トクする申告書の書き方:
FX取引でもうけたら――確定申告が必要です
FX取引の損益に対する課税は、他の所得とは分離して課税されます。年末調整を受けた会社員で、給与以外の所得がFX取引によるものだけという場合には、年間20万円以下の利益であれば所得税の申告義務はありません。(2016/1/26)

トクする申告書の書き方:
年収2000万円超のサラリーマンは確定申告の義務がある
サラリーマンでも年収が2000万円を超えたり、2カ所以上から給与をもらっている場合は、確定申告をしなければなりません。税務署では教えてくれない、確定申告で“トクする”ためのポイントを解説します。(2016/1/19)

ストレージ専用OS「NexentaStor」でVPSからクラウドサービスに転身
GMOインターネット「ConoHa」、性能大幅改善の鍵はSDSとSSD
GMOインターネットが2015年5月にリニューアルしたクラウドプラットフォーム「ConoHa」。ストレージ基盤にSSDを全面導入してパフォーマンスを格段に向上させた。その取り組みを紹介する。(2015/11/17)

格安SIM徹底レビュー:
業界最安プラン+豊富な端末が魅力、弱点は「実店舗なし」――「DMM mobile」(2015年7月)
各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、DMM.comがMVNOとして提供している通信サービス「DMM mobile」だ。(2015/7/24)

金融機関でのSuperdome XとSQL Server 2014の検証も:
日本HP、中小規模インメモリデータベース向けサーバー製品を投入
SQL Server、SAP HANAを使ったインメモリデータベースを中小規模でも。日本HPでは製品ラインアップ拡充と共に、データのビジネス活用促進を本格的に支援する体制を強化する。(2015/7/17)

あらゆる社員がビッグデータ活用できる基盤を 米Microsoft・沼本氏
米Microsoft コーポレート バイスプレジデントの沼本氏がラウンドテーブルを開催。エンタープライズ事業の最新動向を紹介した。(2014/4/21)

顧客データ分析で取引の高コンバージョン率を目指す楽天証券
サイト訪問したユーザーが新規で口座開設してから取引に至るまでの流れをスムーズにして、コンバージョン率を高めようという取り組みを楽天証券は進めている。マーケティング担当者に話を聞いた。(2014/3/27)

NISA取引も可能:
SBI証券、スマートフォンサイト全面リニューアル、国内株式の取引も実現
今回の全面リニューアルで、ユーザーの利便性を向上すべく、画面デザインやメニューを刷新、スマートフォンサイトに自動ログインし、シームレスな取引を実現。(2014/1/20)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/14)

FXで一晩のうちに2000万円損失……そのとき人はどうなるのか?
ギャンブルのように扱われるFXも、実は勉強しなければ儲けることはできないと語る山口堯史さん。彼の衝撃的な失敗談や、儲けることができるようになった考え方などについてお話を伺いました。(2013/11/28)

投資で失敗する人と成功する人の分かれ目とは?
FXで稼ぐのに必要なこととは? 著者の体験を元に、投資で成功する人と失敗する人の特徴を紹介します。(2013/10/29)

金融取引システムの“常識”に新風 SBIリクイディティ・マーケット
FX取引において発生する1秒あたり数万のトランザクションを十分に処理できるシステム基盤を支えるデータベースエンジンとして導入されたものとは――。(2013/1/23)

ヤフーが金融事業に参入 サイバーエージェントからFX子会社を買収
ヤフーが金融事業に本格参入。サイバーエージェントからFX事業を買収し、Yahoo!JAPANの集客力やYahoo!ポイントなどとの相乗効果を見込む。(2012/12/12)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
デジタル・フォレンジックにおけるデータの完全消去と復元の「微妙な関係」
サイバー事件捜査に使われる「デジタル・フォレンジック」を解説する3回目は、データの消去と復元を取り巻く現実について取り上げてみたい。後半では企業でのHDD廃棄の問題についても触れる。(2012/11/16)

GMOの新サービス「お名前.com デスクトップクラウド」:
PR:Windows 8アプリ開発環境もクラウドで提供する「デスクトップクラウド」
GMOの新サービス「お名前.com デスクトップクラウド」は、Windows環境をサーバ上で実現する仮想デスクトップサービスだ。Windows 8の開発環境をサーバで実現することもできるし、PCやMac、iPadなどからも利用できる。(2012/10/10)

FX口座数は前年比2割増も、レバレッジ規制で取引高は横ばい
2012年3月期のFX市場規模は前年同期比21.4%増のの9116億3700円と大きく拡大したことが分かった。しかし、レバレッジ規制の影響で、取引高は2年連続で減少している。矢野経済研究所調べ。(2012/8/31)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
人月ビジネスを捨て、成功報酬型モデルへの転換を
受託ソフト開発会社の多くが新ビジネスモデル創出に躍起になる中、シンプレクス・ホールディングスはリスクをとって自社開発したサービスを提供して高収益モデルを確立したい考えだ。(2012/4/10)

相場英雄の時事日想:
またまた「?」な見出し……大げさならばなんでもよいのか?
企業年金運用会社のAIJ投資顧問による巨額消失問題を受けて、大手メディアがとんでもない見出しをつけていた。民放ニュースは『AIJ、57兆円のデリバティブ取引』と報じていたが、これは明らかなミスリードだ。(2012/3/1)

エース交易、インメモリデータグリッドを活用したFXシステムを導入
オラクルのインメモリデータグリッド製品「Oracle Coherence」を活用したFX取引システムをエース交易が導入した。(2012/2/6)

FXの市場規模は拡大も、レバレッジ規制で取引高は減少
2011年3月期のFX市場規模は前年同期比9.9%増の7509億円と過去最高になった。しかし、レバレッジ規制の影響で取引高は減少したことが分かった。矢野経済研究所調べ。(2011/10/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
崖っぷち投資家から経営者へ
さまざまなビジネスにおける経営判断や意思決定のよりどころとなるものは、やはり原理原則となる考え方。現場で起こる意見の食い違いや未知なる出来事をその時々で解決する。(2011/10/13)

南はるなのFXのヒミツ:
1ドル=○○円――為替レート、読み方のツボ
経済ニュースを読んでいて「誤って理解していた」といった経験、あるのでは。テレビや新聞などで「1ドル=○○円」と報道されているが、これも誤解している人は多い。今回のコラムでは、為替レートの読み方などを紹介する。(2011/10/7)

相場英雄の時事日想:
円高報道がパターン化! ヒナガタ原稿なら子供にも書ける
「円高基調、米国株の急反落を嫌気」――。こうした為替情報を読むと「どのニュースも同じだなあ」と感じる人も多いのでは。「円高」は重要なニュースであるのに、なぜ同じような報道になるのか。円高問題とマスコミのあり方を分析した。(2011/8/18)

南はるなのFXのヒミツ:
FXはギャンブルじゃないの? そんなイメージがついたワケ
「FX(外国為替証拠金取引)」と聞いて、「ギャンブルじゃないの?」「なんだか怖いなあ」といったイメージを持つ人もいるでしょう。なぜFXにこうした投機的なイメージがついたのでしょうか? その理由を探ってみました。(2011/7/28)

取引システムもクラウド:
三田証券がFXトレーディングシステムをクラウド環境へ移行
証券会社が顧客に提供するオンライントレーディングシステムもいよいよクラウドの時代に入った。金融商品の取引ではシステムの性能が顧客の利益や損失に直接影響してしまうが、その性能の高さが評価の決め手となったという。(2011/6/8)

南はるなのFXのヒミツ:
30代男性――FXでこんな取引をしている
FX(外国為替証拠金取引)の口座数が増えていますが、どのような取引をしている人が多いのでしょうか。ユーザーアンケートによると、30代男性は「仕事をしながら無理なく取引をしている」人が目立ちました。(2011/6/2)

まとめ読み!誠 PDF:
なぜ「ドル円」と呼ぶの?
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は南はるなさんのFXに関する記事をまとめました。(2011/5/17)

マネックス証券、最短2タップで注文が完了するFXアプリ「FX PLUS スマートフォン」
マネックス証券はスマートフォン対応のFX取引アプリ「FX PLUS スマートフォン」を提供開始した。PC向けサービスとほぼ同じ機能を利用できる。(2011/4/6)

南はるなのFXのヒミツ:
どのような違いがありますか? 外貨預金とFX
FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジを「1倍」にしている個人投資家が増えているという。レバレッジを1倍にすると、同じく外貨を扱う外貨預金とどのような違いがあるのだろうか。(2011/3/8)

南はるなのFXのヒミツ:
FXの「証拠金」、なぜ必要なの?
FX(外国為替証拠金取引)の取引を始めるには、業者に「証拠金」を預けなければいけない。そもそも証拠金って、なぜ必要なのだろうか。FXの歴史を振り返りながら、解説していこう。(2011/2/23)

南はるなのFXのヒミツ:
なぜニュースでは「ドル円」と呼ぶの?
「FXを始めたいけど、どうしていいのか分からない」という人もいるだろう。そこでマネックスFXでマーケティング部長を務める南はるなさんに、初心者向けのFX講座をお願いした。まずは「スプレッド」について、学んでみよう。(2011/2/10)

ホワイトペーパー:
XBRLによる取引データの自動仕訳・報告書作成システム
取引データをXBRLに変換し「NeoCoreXMS」に格納、仕訳業務とマネジメント・レポート作成を自動化するシステムを構築。これにより今まで数週間かかっていた作業を日次で処理することが可能となった(提供:サイバーテック)。(2010/12/21)

FX業者の間で、“二極化”が進んでいる
円高に関するニュースが連日のように報道されているが、FX業者の収益動向はどうなっているのだろうか。2009年度の収入高残高は1357億8600万円と前期比1.3%減であることが分かった。帝国データバンク調べ。(2010/10/29)

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート(全6回):
PR:第3回 自宅も、近所のカフェでも──より自由な休日が過ごせるようになった「FMV LIFEBOOK PH」とコンサルタント 矢沢さんの場合
たまの休日、“しばられない”自由な時間はまさに至福の時。WiMAX搭載でどこでもつながる「FMV LIFEBOOK PH」で、自宅や電源のある場所に縛られない自由な休日を満喫したモニター当選者の感想は?(2010/9/7)

株式は知っていても……4人に3人は「FXを理解していない」
ペイオフで元本1000万円とその利息分までが保護の対象となる預金などと違い、常に価格が変動し、元本割れの可能性もある株式やFXなどの金融商品。実際に購入している人はどのくらいいるのだろうか。NTTデータ経営研究所調べ。(2010/7/23)

フォレックス・トレード、Android携帯専用FXアプリ「Palmoroid」を開発
フォレックス・トレードが、Android端末用FXアプリ「Palmoroid」を開発。8月をめどに提供する。(2010/5/24)

情報マネジメント用語辞典:
レバレッジ(ればれっじ)
leverage(2010/2/3)

野村証券、ジョインベストを吸収合併
野村証券は、100%子会社のジョインベスト証券を11月に吸収合併する。サービスは「野村ジョイ」の名で継続して提供する。(2009/9/24)

円高の影響でFXの市場規模が縮小
矢野経済研究所は「FX(外国為替証拠金取引)の動向調査結果」を発表、市場規模(預り証拠金残高)は前年比14.5%減の5951億4500万円となったことが分かった。(2009/8/21)

FXの取り扱い業者が破たんした……証拠金はどうなる?
外国為替証拠金取引(FX)を取引する場合、取引業者に証拠金を預けなければならない。しかしこの証拠金……万が一、取引業者が破たんすれば返ってくるのだろうか? (2009/6/30)

外貨預金とFX、どっちがもうかる?
「外国為替証拠金取引(FX)でたくさんもうけた!」といった声を聞いたことがあるかもしれない。こういった話を聞くと「自分もやれば大金が……」と思いがちだが、果たして本当にもうかるのだろうか?(2009/6/23)

環境付加型SSLを導入:
女性が社会貢献に取り組むきっかけを――Hershe.jp
広く女性を対象に、美容や自立、そして育児や恋愛をテーマにしたコンテンツを通じ「社会貢献」意識の啓蒙を図るHershe.jp。取り組みの端緒として自らが環境付加型のEV SSL証明書を導入するというユニークな取り組みを行っている――。(2009/5/11)

財務で読む気になる数字:
REIT上場から7年半――不動産取引が市場化された意味とは
2001年7月に日本の証券市場で取引開始されたREIT(不動産投資信託)。2009年4月28日現在、上場しているREITの本数は約40本、その時価総額も2兆3900億円となるまで成長した。REITが取引できるようになった意味とは何なのだろうか。(2009/5/8)

Oracle Coherenceを採用:
高速・安定処理のFXシステム、フラクタルシステムズが再構築
フラクタルシステムズは、Oracleのインメモリ技術を利用してFXサービスのための新システムを構築。システムを稼働しながら柔軟な拡張が可能になるという。(2009/4/2)

FX好きを探せ:
FXの売買はタイミングが大切――ストキャスティクスとは?
知人などからFXの話を聞いて、「怖い」と感じた人もいるのでは。今回紹介する主婦のY.I.さんもその1人だったが、どのようなきっかけでFXを始めたのだろうか?(2009/4/1)

FXの株式版「CFD」市場はどこまで拡大するのか? 相次ぐ新規参入
株式市場の低迷が続いている中、「CFD」という金融商品が注目されつつある。まだまだ認知度は低いものの、金融業界からは「今後、CFD市場は拡大する」という見方が強い。“FXの株式版”とも呼ばれるCFDとは、一体どんな金融商品なのだろうか?(2009/3/26)

FX好きを探せ:
デイトレよりもさらに短期間――スキャルピングという手法とは?
FXといえば「短期間で利益を狙う」といったイメージを持っている人も多いだろう。今回紹介するN・Kさんは数時間での売買を繰り返しているが、果たして利益は出ているのだろうか?(2009/3/11)

FX好きを探せ:
円安、マイナス金利を考えて、“堅実なFX”を実行中
FXに対しばくち的なイメージを持つ人は多い。しかし今回紹介するI.Oさんは、レバレッジを上げずに地道にFXを続けているという。その取引スタイルとは?(2009/2/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。