ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「General Electric」最新記事一覧

当初はIIoT(産業IoT)に重点:
エリクソンとインテル、“5G”を推進する業界横断的な取り組み「5G Innovators Initiative」を開始
エリクソンとインテルは、5G(第5世代移動通信システム)を推進する業界横断的な取り組み「5G Innovators Initiative」を開始した。ハネウェル、GE、カリフォルニア大学バークレー校が当初から参加する。(2017/2/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
東芝は今後も迷走し続けるのか
東芝は分社化するメモリ事業の株式売却で、1兆円以上の資金を調達する方向で調整している。しかし、債務超過を回避して財務問題に一定のめどを付けたとしても、同社を取り巻く環境が大きく改善するわけではない。同社には、明確な戦略というものが存在せず、その状況は今も変わっていないからだ。(2017/2/23)

NTT DATA Innovation Conference 2017レポート:
生物がミトコンドリアを内蔵して進化したようにビジネスはITを組み込んで進化する
カンブリア紀の生物は、ミトコンドリアを内蔵することで、急速に進化してきた。同じ状況が現在の企業組織にも起こっている。企業組織にITが組み込まれることで、市場革新が指数関数的に加速している。こうした状況下において、企業は何をすべきなのか。(2017/2/20)

システムが見落とした脅威を発見する
セキュリティ部門の新たな注目ポジション「脅威ハンター」という仕事
企業のセキュリティ対策は多くの場合、最新技術の調整に尽きる。だが脅威ハンターの役割を担う人材が貴重な防衛線になるかもしれないと見る専門家もいる。(2017/2/15)

決算会見は14日:
東芝のお粗末な誤算 再生は前途険しく
米国の原発事業で巨額の損失を出すことになった東芝が、14日の決算会見で損失額とともに原因を明らかにする。会見では、損失が膨らんだ詳しい経緯だけでなく、経営判断の甘さやガバナンスの欠如にも言及することになりそうだ。(2017/2/13)

AppleやMicrosoftなど米97+30社、移民規制のトランプ大統領令に合同異議申し立て
Apple、Google、Facebook、Microsoftなどを含む97の米国企業が、ドナルド・トランプ米大統領による移民規制に関する大統領令に異議を申し立てる法廷助言書(amicus brief)をこの問題を審議中の控訴裁に提出した。【UPDATE】遅れてAdobeやHP、Teslaなど3社が加わり、127社の連名になった。(127社のリスト掲載)(2017/2/7)

トランプ大統領の移民規制令に大手企業トップが相次ぎ懸念を表明 一部の企業は沈黙
多くの企業トップが大統領令への反対意見を表明し、行動を起こしている。(2017/1/31)

業務改善に寄与するコンテンツ・マネジメント・プラットフォームを実現:
PR:BoxとAzure ADの連携は、いかにしてID管理とファイル管理の課題を解決するのか?
クラウドサービスの利用が進む中、ID管理が大きな課題となってきている。ユーザーIDの管理がおろそかになると、管理コストの増大や重要データの漏えいリスクも高まっていく。そのような状況下で注目したいのが、BoxとAzure Active Directory(Azure AD)の連携だ。両者の連携は、企業とユーザーにどのようなメリットをもたらしてくれるのだろうか。(2017/1/31)

NoSQLデータベース「Couchbase Mobile」を活用
GEの産業用IoTプラットフォーム「Predix」がオフライン対応、その仕組みとは
General ElectricがNoSQLデータベース「Couchbase」を採用。GEの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」にオフライン機能を追加した。(2017/1/27)

3D設計推進者の眼(17):
「3D CADとIoT」がイマイチ理解できないので、ダッソーに聞いてみた
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は「3D CADとIoT」について、ダッソーを訪問して疑問をぶつけてみた。(2017/1/26)

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(9):
“不合理さを指摘できる組織”に、それが残った社員の使命だ
コアメンバーで準備を進めてきた「社内改革プロジェクト」を、いよいよ全社員に向けて周知する日がやってきた。“おかしいことをおかしいと言えない職場”を、今こそ変える。強い決意を胸に、プロジェクトを発表した須藤たちだが、予想通りの反発が返ってきた。「そら来た」と須藤は身構えたが――。(2017/1/25)

トップの退陣相次ぐ:
日本でプロ経営者が定着しないワケ
企業を渡り歩きトップを務める“プロ経営者”の退陣が平成28年も相次いだ。なぜ日本ではプロ経営者が根付かないのか。ヘッドハンティングを主力業務とする「ヘッドハンター」のサーチファーム・ジャパンの武元康明会長と読み解く。(2017/1/17)

IT活用:
AIでベテラン技師の精度を実現、ボイラー燃料調整を自動化
三菱日立パワーシステムズ人工知能を活用したボイラー燃焼調整の自動化システムを開発した。台湾の火力発電所に実証導入したところ、ベテラン技師と同等精度の性能を確認できたという。効率を改善できればメリットが大きい火力発電所向けのITサービスの開発が加速している。(2017/1/12)

知財ニュース:
革新企業トップ100で日本は3年連続最多ならず、原因は「量から質への転換」
クラリベイト アナリティクスは、保有する特許データを基に知財・特許動向を分析し、世界で最も革新的な企業100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」を発表。2014〜2015年の2年連続で、100社中の国別企業数1位だった日本だが、2016年は34社と前年比で6社減となり、39社と同5社増えた米国に1位を奪還された。(2017/1/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
2017年、日本の株式市場はこう動く
2017年における日本の株式市場はどう推移するのだろうか。期待と不安が入り交じる難しい市場環境ではあるが、これまでのトランプ氏の主張から、ある程度までなら市場の動きを予測することはできる。(2017/1/4)

Intersil買収作業は「順調」:
ルネサス呉CEO、2017年度は「売り上げ上昇する」
ルネサス エレクトロニクスの社長兼CEOの呉文精氏は2016年12月、EE Times Japanのインタビューに応じ、2017年度(2018年3月期)は売り上げ上昇を伴う成長を実現するとの意向を示した。Intersilの買収についても「順調に進んでいる」とした。(2016/12/26)

SAP/GE Digital:
産業用IoT導入の推進に向けて「Predix」と「SAP HCP」の統合を強化
独SAPと米GE Digitalは、産業用IoT(IIoT)の分野において協業していく意向を発表した。(2016/12/26)

一人歩きする偽ニュース “米国版2ちゃんねる”「4chan」やSNSで拡散 翻弄される米国政治
米大統領選では、ヒラリー陣営に不利な偽ニュースが広がった。発信・拡散したのは、Twitterや4chan、保守系ニュースサイトだ。(2016/12/19)

製造マネジメントニュース:
産業用IoTの分野で協業、プラットフォームの統合を強化
独SAPと米GEのGE Digitalは、産業用IoTの分野において協業していく意向を発表した。GE Digitalの「Predix」オペレーティングシステムと「SAP HANA Cloud Platform」の統合を強化していく。(2016/12/15)

エコプロ2016講演レポート:
「エッジノードはより軽く」、坂村氏がIoTのアグリゲートモデルを提唱
環境とエネルギーの総合展示会「エコプロ2016」の特別講演に東京大学大学院教授の坂村健氏が登壇。「サステナブル社会を実現するIoT」をテーマに、同氏が研究を進めているTRONとIoTの関係などを紹介した。(2016/12/14)

製造マネジメントニュース:
戦略的提携を拡大し産業用IoT市場に統合ソリューションを提供
米PTCは、2015年に締結した米General Electricとの戦略的提携を拡大し、産業用IoT市場に統合ソリューションを提供していく計画を発表。両社のプラットフォーム「ThingWorx」と「Predix」の相互補完的な役割を確立していく。(2016/12/14)

北米放射線学会(RSNA 2016)トピックス
「目指すは診断精度の向上」、放射線医学分野を中心に広がる技術トレンドとは
第102回北米放射線学会(RSNA 2016)では、画像診断における人工知能(AI)と機械学習の導入や、放射線医学分野におけるクラウドや遠隔医療の応用といった技術テーマが注目を集めていた。(2016/12/14)

NTTコミュニケーションズ IoT Platform Factoryパッケージ:
GEのIoTデータ収集/分析アプリケーションに対応した新プランを提供
NTTコミュニケーションズは、IoTプラットフォームサービス「IoT Platform Factoryパッケージ」のプランを拡充。ゼネラル・エレクトリック(GE)のIoTデータ収集アプリケーション「GE Historian」と、IoTデータ分析アプリケーション「GE CSense」に対応した新たなプランの提供を開始した。(2016/12/9)

エネルギー列島2016年版(33)岡山:
晴れの国に太陽光発電所が続々と誕生、ゴルフ場の跡地や池の水上にも
岡山県では降水量が少ない利点を生かして太陽光発電の導入が活発だ。閉鎖したゴルフ場に建設した巨大なメガソーラーや、干拓地に設けた池の水上でも太陽光発電が始まった。水道設備を利用した小水力発電に取り組み、林業や製材業と連携した木質バイオマスの活用も進んでいる。(2016/12/6)

PredixとSAP HANA Cloud Platformの統合を強化:
GEデジタルとSAP、産業IoT(IIoT)分野で提携
GEデジタルとSAPが産業用IoT分野で協業。GEデジタルの産業機器向けプラットフォームとSAPのクラウドデータ基盤を統合する取り組みを強化し、ITとOTの相互運用と融合した業界標準の確立を目指す。(2016/12/1)

PTC/GE ThingWorx for Predix:
Predix上のカスタムアプリ開発をThingWorxで迅速化――IIoT市場で関係強化
米PTCは、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の年次カンファレンスにおいて、2015年に締結した両社の戦略的アライアンスを拡大し、IIoT市場に統合ソリューションを提供していく計画を発表した。(2016/12/1)

川田大輔のクラウド解体新書【第3回:サマリー版】
“じり貧”へ向かう日本市場を復活へと導く オープンイノベーションの可能性
IT業界においても、高度成長期にある国々を日本がまねすることはできない。日本企業の成長には、クラウドをはじめとするITを駆使したオープンイノベーションが必要だ。(2016/12/26)

製造ITニュース:
IoTプラットフォームサービスに新たなデータ収集/分析ソフトウェアを追加
NTTコミュニケーションズは、IoT導入に必要となる機能を一括で提供する「IoT Platform Factoryパッケージ」に、ゼネラル・エレクトリックのIoTデータ収集/分析アプリケーションに対応したプランを追加した。(2016/11/25)

IoTセキュリティ:
産業用制御システムのセキュリティ対策支援で協業
NRIセキュアテクノロジーズと米GEデジタル傘下のカナダWurldtech Security Technologiesは、産業用制御システムの制御・運用技術のセキュリティ分野において、日本国内の対策支援で協業する。(2016/11/24)

常見陽平の「若き老害」論:
名言や社訓に洗脳される若き老害たち
「若き老害」――。自分自身も若いのに、後輩や部下をマウンティングする社員を指す。特に顕著なのは「名言」や「武勇伝」などを押しつけるマウンティングである。その実例や背景について考えてみる。(2016/11/18)

「CA World'16」レポート:
CA、「変化を常とする」企業を後押しするソリューション群を発表
CA Technologiesは2016年11月14〜18日(米国時間)、同社の年次イベント「CA World'16」を開催。11月16日の基調講演にはCEOのMike Gregoire氏が登壇した。(2016/11/17)

ホンダ、ジェットエンジン部品を内製化 年内に工場拡張、外販も視野
ホンダは14日までに小型ジェット旅客機「ホンダジェット」のエンジン部品の生産を始めることを明らかにした。(2016/11/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
止まぬ電機業界再編、「CC-Link IE Field Network Basic」対応製品が登場
これを読めばここ1カ月のエレクトロニクス/組み込み業界の動きが分かる新連載。注目すべき市場動向と注目すべき製品を取り上げます。(2016/11/14)

戦略コンサルの論考を変革のヒントに(3):
B2B向けIoT市場、プロバイダーが避けるべき“5つの落とし穴”
戦略コンサルティング企業が発信する論考や調査レポートから、モノづくり業界の皆さんに示唆をもたらす記事を紹介する連載の第3回。今回は、ベイン・アンド・カンパニーのレポート「IoT市場でプロバイダーが成功する方法」を取り上げ、成功を妨げる“5つの落とし穴”を読み解きます。(2016/11/9)

Weekly Memo:
GEはなぜ、NECとIoT分野で“特別な関係”になったのか
NECとGEがIoT分野で包括的な提携を結んだ。GEは産業向けプラットフォーム「PREDIX」を軸に他のITベンダーとも提携しているが、NEC関係者によると「今回の提携が最も包括的」だという。“特別な関係”になった両社の思惑とは――。(2016/10/31)

IT/OTの融合、PredixにNECのAI技術群/サポートを提供:
NECとGE、産業IoT分野で包括的提携 第4次産業革命を見据え
NECと米GEデジタルが、IoT分野での包括的な提携を締結。ITとOT(運用技術)の融合を目指し、GEの産業向けプラットフォーム「Predix」向けのAIアプリケーションや保守/サポートを提供する。(2016/10/27)

NECとGE、産業分野向けデジタル技術の展開で包括提携
NECのAI技術とGEの産業向けプラットフォーム「PREDIX」を組み合わせたソリューションを世界展開する。(2016/10/26)

米GEパワー/東京電力フュエル&パワー:
火力発電所におけるIoTソリューションの共同開発・導入に合意
米GEパワーは、GEが開発した産業向けIoTプラットフォーム「Predix」を用いた火力発電所におけるIoTソリューションの共同開発および導入に関して、東京電力フュエル&パワーと基本合意した。(2016/10/21)

自然エネルギー:
日本最大の太陽光発電所に1枚目のパネル、合計89万枚の設置作業が始まる
瀬戸内海の沿岸に広がる岡山県・瀬戸内市の塩田の跡地で、日本最大の太陽光発電所の建設工事が運転開始に向けて最終段階に入った。265万平方メートルの用地に架台の設置工事が進み、太陽光パネルの取り付け作業が始まった。これから1年以上かけて89万枚の太陽光パネルを設置していく。(2016/10/13)

製造マネジメントニュース:
火力発電所のIoTソリューション共同開発に合意
米GEパワーは、GEが開発した産業向けIoTプラットフォーム「Predix」を用いた火力発電所におけるIoTソリューションの共同開発および導入に関して、東京電力フュエル&パワーと基本合意したことを発表した。(2016/10/11)

民生用IoTとは異なる要件:
IIC、産業用IoTのセキュリティフレームワークを発表
Intelらが設立したIIC(Industrial Internet Consortium)が、産業向けIoT(IIoT)の開発に関するセキュリティフレームワークを発表した。IIoTは民生用IoTとはセキュリティ要件が異なるので、IIoTにフォーカスしたセキュリティフレームワークを作る必要があったと、専門家は述べる。(2016/10/4)

電力供給サービス:
火力発電の稼働率をIoT×AIで改善、東京電力と三菱日立のノウハウを組み合わせ
電力会社とプラントメーカーによる火力発電設備の運用支援サービスが始まる。東京電力フュエル&パワーと三菱日立パワーシステムズが提携して、国内外の火力発電所を対象に新サービスの事業化に乗り出した。最先端の情報技術を駆使して稼働率を高め、燃料費とCO2排出量の削減を支援する。(2016/10/3)

IT活用:
火力発電所にもIoTの波が押し寄せる、東京電力がGE製のシステムを導入
世界の産業界に急速に広がるインターネットによる大量データ処理技術「IoT」が日本の大規模な火力発電所にも広がろうとしている。東京電力が米ゼネラルエレクトリックと共同で、千葉県で運転中の国内最大のLNG火力発電所にIoTを活用した設備管理システムを導入する計画だ。(2016/9/27)

いまさら聞けない第4次産業革命(7):
製造業のサービス化、予兆保全は単なる「はじめの一歩」
製造業の産業構造を大きく変えるといわれている「第4次産業革命」。しかし、そこで語られることは抽象的で、いまいちピンと来ません。本連載では、そうした疑問を解消するため、第4次産業革命で起きていることや、必要となることについて分かりやすくお伝えするつもりです。第7回は、前回に引き続き「製造業のサービス化」についてご紹介します。(2016/9/26)

3Dプリンタイベントリポート:
「書類のプリンタ出力と同じ感覚を目指す」「単に上に積み上げるだけじゃない」――3Dプリンティング最先端
ストラタシス・ジャパンは3Dプリンティング技術をテーマとした講演イベントを開催した。本稿では同イベントでストラタシスが明かした、3Dプリンティングの新技術「Demonstrator」、3Dプリントの出力処理を簡素化する「GrabCAD 3D Print」の情報について紹介する。お寿司(すし)も少しだけいかが?(2016/9/9)

製造業IoT:
製造業はIoTを収益化できるのか、ソフトライセンス管理の仕組みで実現
デジタルセキュリティベンダーのGemalto(ジェムアルト)が、IoT(モノのインターネット)サービスの収益化ソリューションなどについて説明。同社が世界トップシェアを握るパッケージソフトウェアなどのライセンス管理の仕組みを適用することで、製造業がIoTを活用したサービスに取り組む際の課題として挙げられている収益化に貢献できるとした。(2016/9/9)

オープンソースとエンタープライズの関係(4):
HadoopとFluentdは、国内企業のビッグデータにおける事実上の標準になれるか
日本企業の間でのHadoop普及に向けた課題の克服について、NTTデータとFluentdを推進するトレジャーデータはどう取り組んでいるか。この分野における一般企業とオープンソースソフトウェアの関係を探る。(2016/8/30)

電力供給サービス:
リオ五輪の熱戦報じる50MWの電力、3000台以上のUPSと24時間監視で保護
熱戦が繰り広げられているリオ五輪だが、実は大会に使用されている電力の20%が「報道」で費やされているという。この電力を支えているのがGEである。(2016/8/17)

IoT市場は2020年までに1.7兆ドル規模まで成長する:
「企業がIoTに取り組むべき理由」が分かる、“16”の重要な統計データ
マイクロソフトが、市場調査会社やコンサルティング会社などが発表してきた「IoTに関する市場データ」から、「特に重視すべき」とする16件のデータを紹介した。(2016/8/9)

車載セキュリティ:
シマンテックがIoTセキュリティに本腰、車載ネットワークの異常検知を実現
シマンテックは、自動車向けのセキュリティソリューションの新機能「Symantec Anomaly Detection for Automotive」を発表した。車載制御システムをつなぐCANネットワークにおける異常なトラフィックを検知することができる。(2016/7/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。