ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GPUコンピューティング」最新記事一覧

車載半導体:
新生NXPの自動運転用コンピュータ「BlueBox」、NVIDIAとの違いは?
NXP Semiconductors(以下、NXP)が東京都内で会見を開き、同社上級副社長兼オートモーティブ部門最高責任者を務めるカート・シーバース氏が車載半導体事業の方針について説明。グーグルが採用するミリ波レーダー技術や、世界の大手自動車メーカー5社のうち4社が採用する自動運転用コンピュータ「BlueBox」などを紹介した。(2016/5/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
まだ姿を見せない「GTX 1080」がアキバに与える影響
最近はGeForce GTX 980カードが税込み5万円切りで売られるなど、ハイエンドグラフィックスカードの特価が目立っている。その影には、歴代のGeForceでも指折りの前評判を得ている次世代がいる。(2016/5/23)

Pascalで仮想世界が現実に近づく:
GeForce GTX 1080/1070の新機能をNVIDIAが解説
米NVIDIAのNick Stam氏が来日し、Pascal世代の最新GPU「GeForce GTX 1080/1070」に搭載された新機能を解説。(2016/5/19)

VR HMDに最適なPascal世代グラフィックスカード「GTX1080/1070」がNVIDIAから
現行ハイエンドより安くて速い、Pascal世代の新しき王が誕生。Oculus RiftやHTC ViveなどのVR HMD向けPCに最適だ。(2016/5/8)

絵を描きたい!動画編集したい!DTMしたい!:
“創る”ためのPC――ドスパラがクリエイター向けPCブランド「raytrek」にかける想い
サードウェーブデジノス(ドスパラ)の展開するブランドと言えば、ゲーミングPCの「GALLERIA」が有名だが、そのゲームを“クリエイト”するためのPCも負けていない。クリエイター向けPCブランド「raytrek」の担当者に話を聞いた。(2016/4/28)

特集:インフラエンジニアのためのハードウェア活用の道標(3):
今どきCPUだけで大丈夫?ビッグデータや人工知能でGPU/FPGAを使う前に知っておきたい“ハード屋”と“ソフト屋”の違い
ソフトウェア技術者の間でもGPUやFPGAに対する興味が高まっている。「ハードウェアの“特質”とは何か」「GPUやFPGAの性能を生かすソフトウェアは、どうあるべきか」@ITの人気連載「頭脳放談」の筆者に聞いた。(2016/4/25)

製造業IoT:
人工知能は製造現場でどう役に立つのか
人間の知的活動を代替するといわれる人工知能が大きな注目を集めている。ただ、製造現場で「使える」人工知能は、一般的に言われているような大規模演算が必要なものではない。「使える人工知能」に向けていち早く実現へと踏み出しているファナックとPFNの取り組みを紹介する。(2016/4/20)

ついにG-Tuneにも登場!:
デスクトップ版CPU&GPUを積んだ爆速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i71000」を徹底分析
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i71000」シリーズは、ノートPCでありながらデスクトップ用のCPUとGPUを搭載した実にユニークな製品だ。その爆速性能を見ていこう。(2016/4/5)

CAEニュース:
CAD/CAEをターゲットとしたGPU製品など販売する新会社を設立
日本GPU コンピューティングパートナーシップは新会社のGDEPソリューションズを設立。「GPUプラットフォーム事業」「クラウドインフラ事業」が同社の主な事業となる。(2016/4/1)

Surface Pro 4やライバルと比較:
「Surface Book」徹底検証――37万円の最上位機はどれだけ速い?
ボディーもスペックも、そして価格も最上級の2in1ノートPC「Surface Book」。37万2384円(税込)のハイエンドモデルが持つ性能をSurface Pro 4やライバルと比較する。(2016/3/9)

Database Watch(2016年3月版):
Sparkは“誰”に例えられる?──多様化と進化を続ける「Hadoop」、人気急上昇「Spark」
先日、日本Hadoopユーザー会主催のイベントが開催されました。データベースと関係性が深いデータ分散処理プラットフォームである「Hadoop」と「Spark」の最近事情に迫ります。(2016/3/7)

消費電力は10W以下:
ドローンに“自律”をもたらすGPU搭載スパコン
NVIDIAは、モジュール型のスーパーコンピュータ「Jetson TX1」を提供を国内で開始した。処理能力が1TFLOPS以上でありながら、消費電力を10W以下におさえている。これにより、ロボットやドローンの自律機器としての能力を高めることができるという。(2016/3/3)

「学び続ける小さな人工知能」を実現する、組み込みボード「NVIDIA Jetson TX1」
NVIDIAは開発プラットフォーム「NVIDIA Jetson TX1」の国内販売を開始する。GPUによる画像処理はもちろんのこと、CUDAプラットフォームを利用することで実機にデプロイした後も学び続けるディープラーニングを構築できる。(2016/3/2)

最上位モバイルPC対決:
「VAIO Z」クラムシェルモデル徹底検証――Surface Book/Pro 4と比べた性能は?
ついに販売が開始された新世代CPU搭載の「VAIO Z」。新たに追加されたクラムシェルモデルの性能をSurface BookやSurface Pro 4といったライバルと比較する。(2016/2/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
Skylakeに低GPU内蔵のPモデルが登場!
Skylake世代のCore i/Celeronに、GPU性能を抑えた末尾Pモデルや、5000円台で買える世代最エントリーモデルなどが加わった。街では「いいとこついている」と評判だ。(2016/2/1)

ニューラルネットワークモデルの実装が一般化する?:
「TensorFlowより高性能」なディープラーニングツールキット「CNTK」
米マイクロソフトリサーチが深層学習(ディープラーニング)ツールキットをオープンソースで公開。グーグルのTensorFlowよりもGPU性能を引き出せるという。(2016/1/27)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
組み込みコンピューティングに向けた、ハードウェアアクセラレーションの選択肢
組み込みコンピューティングを加速させるハードウェア・アーキテクチャとは何でしょうか。DSP?GPU?それともメニーコアでしょうか。どのアプローチが最も適するのかを考察します。(2016/1/22)

IT用語解説系マンガ:食べ超(85):
カラオケ並みのお値段でスパコンレンタルできます!?
ちょっと特別なプロジェクトに、思い切ってスパコンを借りてみませんか。(2016/1/13)

Skylake-H×GTX 970M×GPU Switch:
GTX 970Mの性能をフルに生かせるハイパワーマシン「mBook P」実力検証
マウスコンピューターブランドの製品ながらG-Tuneに匹敵する性能を持つ15.6型ノートが「mBook P」シリーズの最上位モデル「MB-P960X2-M64」だ。ゲームもクリエイティブユースも死角なし!(2016/1/8)

プロセッサ開発もオープン化が進む?:
グーグル、オラクル、HPEなどがRISCプロセッサのオープンな命令セットを開発する「RISC-V」参加へ
OpenPOWER Foundationに続き、オープンな低消費電力RISCプロセッサ開発にIT大手企業が複数参加。プロセッサでもオープンなエコシステム形成が進むかもしれません。(2016/1/5)

頭脳放談:
第187回 1位でも2位でもいいじゃない 〜Intelが考えるHPCの標準化〜
ビッグデータや機械学習の普及でHPCの適用分野が広がっている。でも分野別に細かいセグメントに分かれており、プラットフォームの標準化は行われていない。より幅広く普及するには、標準プラットフォームによる低価格化などが必要。そこでIntelが標準プラットフォーム「Intel Scalable System Framework」を提唱した。(2015/12/24)

GPUをぶん回して「約6日かかる学習を0.4日に短縮」:
「Big Sur」はニューラルネットワークシステムのためにフェイスブックが設計したハードウエア
米フェイスブックは「ニューラルネットワークシステム向け」というハードウエアアーキテクチャ「Big Sur」をオープンソースで公開した。(2015/12/14)

「Skylake-H」×「GTX 970M」:
「GPU Switch」で外部GPUを固定利用! 高速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5710」実力検証
最新CPUと高性能GPUを搭載し、超高速SSDを搭載。さらに外付けグラフィックスを固定で利用できる機能により常にハイパフォーマンスを発揮できるゲーミングノートPCがG-Tuneに登場。速いぞ!(2015/11/25)

車載半導体 ARM インタビュー:
車載分野への浸透広げるARM、大手車載マイコン3社も採用へ
スマートフォンや汎用マイコンのプロセッサコアとして最も広く採用されているARM。車載分野では長らく苦戦していたが、ついにルネサス、フリースケール、インフィニオンという車載マイコントップ3の採用にこぎつけた。車載分野での浸透と拡大を着実に続けるARMの取り組みについて、同社のリチャード・ヨーク氏に聞いた。(2015/11/11)

いまさら聞けないDeep Learning超入門(2):
Caffeで画像解析を始めるための基礎知識とインストール、基本的な使い方
最近注目を浴びることが多くなった「Deep Learning」と、それを用いた画像に関する施策周りの実装・事例について、リクルートグループにおける実際の開発経験を基に解説していく連載。今回は、画像解析における物体認識、Convolutional Neural Netの概要に加え、Caffeの環境構築の仕方や基本的な使い方を解説する。(2015/11/9)

倍率アンロックCPUや4K IGZO液晶も装備:
Skylake世代の“宇宙最強”ゲーミングノートが襲来――「ALIENWARE 13/15/17」はどう選ぶ?
最新世代のハイエンドなCPUとGPUを備えた「ALIENWARE」のノートPCラインアップが出そろった。ALIENWARE 13/15/17の3シリーズをまとめてチェックしていこう。(2015/10/30)

ET2015特別企画:
PR:最新SoC「Merlin Falcon」から多彩な採用事例まで、AMD 組み込みプロセッサの全てを体感
組み込み機器の画像処理能力への要求はマシンビジョンや4Kの普及でより高まっており、その全てを受け止めるべくAMDが投入するのが、最新SoC「Merlin Falcon」だ。ET2015の同社ブースではMerlin Falconの性能をくまなく確認できる他、多彩な同社製品の採用事例もチェックできる。(2015/10/28)

「描く×作る」対談:
指先から生まれる、陳腐化しない未来――漫画家・山田胡瓜×コンピュータ将棋開発者・山本一成(前編)
「バイナリ畑でつかまえて」が好評連載中の漫画家・山田胡瓜さんと、最強と言われるコンピュータ将棋プログラム・Ponanza開発者の山本一成さん。同世代のお二人による対談が実現しました。(2015/10/25)

TITAN Xだって挿せちゃう:
爆速システムを持ち運べ! 「LITTLEGEAR i310」の最高峰モデルがすごい
「G-Tune」ブランドから登場した「LITTLEGEAR」シリーズは、持ち運べるサイズのボディに最新ハイエンドシステムも搭載可能な新感覚のデスクトップPCだ。コンパクトなのに爆速!(2015/10/14)

5分で分かる最新キーワード解説:
並列処理でビッグデータ解析速度80倍?「HSA」
CPUとGPUが処理を分け合って協働する「HSA(Heterogeneous System Architecture)」の活用により、ビッグデータ解析など重い処理の高速化が期待されています。PCやサーバのみならず、組み込みシステムへの応用も有望な「HSA」について解説します。(2015/10/13)

画像処理:
CPUとGPU、スマートカメラ――画像処理にまつわる3つのトレンド
重要性の高まる画像処理だが、どのようなアプローチでその処理に臨むかは思案のしどころだ。GigE Visionに強みを持つPleora Technologyの技術責任者が「画像処理ハードウェアの3つのトレンド」を紹介した。(2015/10/2)

最高峰システムが新BTOでさらなる高みへ:
PR:クリエイティビティを加速するフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」徹底解剖
とにかく速いマシンが欲しいユーザーに朗報だ。エプソンダイレクトが誇るフラッグシップマシン「Endeavor Pro8100」が新BTOメニュー追加でパワーアップ。さらにハイエンドなタワー型PCへと進化した。(2015/9/29)

クラウド時代の暗号化技術論(7):
マイナンバーの漏えい対策にも利用される「検索可能暗号」とは――安全性と利便性の両立を目指す注目の暗号技術
マイナンバー制度の施行を目前に控え、個人情報の管理に対する不安の声も高まっています。第7回では、マイナンバーを管理するシステムにも利用される注目の暗号技術「検索可能暗号」について紹介します。(2015/9/29)

NVIDIAとPreferred Networksが技術提携を発表:
ディープラーニングの発展はGPUが加速させる?
NVIDIAは、産業用機器に向けたディープラーニング(深層学習)技術の開発において、Preferred Networksと技術提携をすると発表した。自社の高性能な演算処理能力を持つGPUを用いることで、ディープラーニングの可能性を最大限に広げていくとしている。(2015/9/24)

ドワンゴ、ディープラーニング専用GPUサーバ「紅莉栖」構築 人工知能研究に貸し出し
ドワンゴは、ディープラーニング専用GPUサーバファーム「紅莉栖」(くりす)を構築した。人工知能研究用として一部の研究機関に無償で貸し出す。(2015/9/18)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第28回 「続けてパスワード送付」欧米でまったく使われないワケ
「解凍パスワードは別メールで送ります」ってことありますよね。実はこれ、日本のみのガラパゴスルールなのだそうです。欧米ではどんな考え方で、どのように対策しているのでしょう。(2015/9/18)

ドワンゴさん、なにやってんすか! ディープラーニング専用GPUサーバファーム「紅莉栖(くりす)」を構築・無償貸出へ
これがシュタインズゲートの選択か。(2015/9/17)

これは“Spin Off”でない:
AMD、グラフィックス事業を集約した「Radeon Technologies Group」を設立
独立性の高いグラフィックス関連事業部の設立で、変化が速い技術と市場の動向に則した製品開発と事業展開が可能になるという。(2015/9/10)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
限界に達したエンベデッド・プロセッサを並列処理で補完する
組み込みシステムの能力を並列処理で補完するアイデアは、身近で現実味を帯びたものとなっています。しかし、その実行に際しては手法の選択が重要な意味を持ちます。OpneMPやOpenCLなどを理解しながら、最適な手法を検討しましょう。(2015/9/2)

3D設計推進者の眼(2):
設計者CAEとは何なのか
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は設計者CAEについて考える。(2015/8/31)

PR:AMDの組み込みプロセッサが示す、IoTを実体化させる「現実解」
IoTの本格到来に伴う現実解として注目されているのが、ゲートウェイに処理を分担させる「エッジ・コンピューティング」だ。導入されるゲートウェイには高い能力が求められるが、AMDの組み込みプロセッサならばサポート体制も含め、十二分に対応する能力を持っている。(2015/8/25)

NVIDIA、DirectX 12をフルに使える159ドルGPU「GeForce GTX 950」発表
その性能はGeForce GTX 650の約3倍。ユーティリティのGeFroce Exprienceではゲームへの“招待”機能を導入した。(2015/8/21)

本当の進化とはこういうこと:
質実剛健なSkylakeの新機能をIDF 2015で掘り下げる
IDF 2015のCEO基調講演でほとんど言及のなかった“Skylake”だが、技術セッションでは、PCを便利にしてくれる注目すべき数多くの改良点を解説した。(2015/8/20)

5分でわかる最新キーワード解説:
「組み合わせ最適化問題」を瞬時に解く「CMOSアニーリング」とは何か
膨大なパターンから実用に適した解を導く「組み合わせ最適化問題」を、量子コンピュータ並みの性能で実現する新型コンピュータを日立製作所が開発しました。中核となる技術が「CMOSアニーリング」です。(2015/6/23)

ESEC2015特別企画ブースリポート(イーソル):
PR:RTOSプラットフォームから開発プロセス支援まで、ソリューションの幅を広げたイーソル
国産リアルタイムOSとして初めてISO 26262とIEC 61508の最高安全水準のプロダクト認証を取得するなど、組み込みソフト開発をリードするイーソルがESEC2015に出展。機能安全開発支援はもちろん、メニーコア向けRTOSや画像処理・認識ライブラリまで、組み込みソフト開発者ならば見逃せない展示が来場者の関心を集めていた。(2015/6/15)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
GTA Vが4K&最高画質で快適に動く! 「GeForce GTX 980 Ti」の“微妙”な立ち位置を考察する
GeForce GTX 980の1つ上にある「GeForce GTX 980 Ti」が登場。“Ti”に期待する一方で“微妙”な仕様が気にところだ。果たして実力はいかほどなのか?(2015/6/1)

サードウェーブデジノス、GeForce GTX 980 Ti搭載ゲーミングPC「GALLERIA ZI/XI」
NVIDIAから発表されたばかりの最新ハイエンドGPU「GeForce GTX 980 Ti」を載せたゲーミングPC新モデルが、サードウェーブデジノスから早くも登場した。(2015/6/1)

迫力大画面なのにスリムなボディ:
ゲーミングノートにあるまじき薄さ! 「G-GEAR note N1760J」の実力を問う
大画面ディスプレイとGeForce GTX 965Mを搭載したこの新モデルは、スマートなデザインも魅力。“イケメン”ゲーミングノートの実力を検証する。(2015/5/27)

アスク、NVIDIA Irayにも対応したレンダリング向けハイエンドシステム「Quadro VCA」の取り扱いを開始
アスクは、CADや映像編集/レンダリング作業などの向くビジュアルコンピューティング向けハイエンドシステム「Quadro VCA」の取り扱いを開始した。(2015/4/6)

世代交代でスコア2倍に:
AMD、DirectX 12時代に威力を発揮する「Async Shaders」を日本でアピール
「Mantle」に「OMEGA」、「FreeSync」、そして「Async Shaders」とソフトウェアによる性能強化を図るAMDが、その概要を解説した。(2015/4/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。