ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「高速バス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「高速バス」に関する情報が集まったページです。

高速シリアル伝送技術講座(9):
高速インタフェースで使用されるSerDes 〜 種類と特長、その歴史
代表的な3種類のシリアライザ(Serializer)とデシリアライザ(De-serializer)の機能と歴史について説明していきます。(2018/5/11)

意外な導入メリットに迫る:
PR:常識を覆す「バッテリーがないタブレット」が業務改善になる理由
「次はバッテリーを外したWindowsタブレットを販売します」――こんなお知らせを聞くと、一般的な消費者であればまず首をかしげるところだろう。「電源を抜くと使えないタブレットに何の価値があるのか」と。しかし、これが「大いにある」のだ。サードウェーブのバッテリーレス タブレット型 Windows PCが何を解決するのか、それを知るために、従来のサードウェーブWindowsタブレットを組み込み用途として採用した事例と、採用して浮かび上がった「ある問題」を紹介する。(2018/5/9)

豪華夜行バス「DREAM Relier」に新車両 乗り心地を一足先に試してみた
ゴージャスな夜行バスが新車両でさらにゴージャスに。(2018/4/17)

あなたの知らない路線図の世界:
自己中心的! “思惑”が見え隠れする「えこひいき」路線図
路線図には企業が独自に作る「インディーズ」のものもある。特定の建物に案内するための路線図は、時として「誰をターゲットにしているか」といった思惑を浮かび上がらせることも……。(2018/4/9)

月刊乗り鉄話題(2018年3月版):
廃線間近で大騒ぎ! どうして三江線は廃止されるの?
時代に乗り遅れた「陰陽連絡線」、JR三江線を振り返る光と陰のお話。【三江線秘蔵フォトも20点】(2018/3/14)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナー:
「自分たちでできないことはやらない」 分業でセキュリティ強化を図る「京王SIRT」
54社のグループ企業の中核を担う京王電鉄。横断的セキュリティを実現するために立ち上げたCSIRTで、どのような取り組みをしているのか。(2018/3/13)

京浜急行バス、空港バスや夜間バスに無料Wi-Fi 3月から
京浜急行バスが3月1日から空港バスや高速バスで無料Wi-Fiサービスを順次提供する。対象は羽田空港や成田空港、横浜駅などを起点とする空港バスや中距離バス、品川・横浜からの夜間高速バスなど251台。(2018/2/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
乗り合いタクシーとローカル鉄道は共存できるか
東京都町田市が乗り合いタクシーの運行実験を始める。乗り合いタクシーとはどのような仕組みだろうか。そして、鉄道やバスとの関係は競合か共存か。(2018/1/26)

「NAVITIME」の7サービス、全国バス会社カバー率100%を達成
ナビタイムジャパンは、全国すべての路線バス情報に対応したと発表。達成を記念して、バス専用アプリ「バスNAVITIME」でオリジナルグッズが当たるキャンペーン」を実施する。(2018/1/26)

日本人気質?:
長距離バスが高速道路逆走 ベテラン運転手がなぜ?
高速バスが昨年12月、降りる予定のインターチェンジを通過し、ミスに気づいた男性運転手がバスを約560メートル逆走させてICに入り直していたことが判明した。(2018/1/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中国製EVに日本市場は席巻されるのか?
「日本車が中国製の電気自動車にやられたりする心配はないの?」。最近何度かそんな質問を受けた。本気でそんな心配している人は本当にいるらしい。(2018/1/9)

運転手の挙動をチェック:
IoTでバス事故防げ KDDI・小湊鉄道が実験
KDDIと小湊鉄道が、IoTを活用して路線バスの危険運転を防ぐ実証実験の詳細を公開。「ヒヤリ・ハット」と呼ばれる運転中の危険な兆候を早期発見する。(2017/12/12)

インターネットを守る翼竜:
「ヤマノススメ」の影響で死にそうになりながら登山するオタクたちのレポ
オタクバレしながら決死の登山。(2017/12/10)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
「100GBサンキュッパ」のその後/「セカイSIM」登場/WiMAX 2+増速
「100GBが3980円」というインパクトのある料金設定で話題を誘ったBroadLineの「GWiFi」。前回の連載で、筆者は品質面での不安を指摘しましたが、その後どうなったのでしょうか……?(2017/10/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
インバウンドを盛り上げる「日本海縦断観光ルート」胎動
京都丹後鉄道を擁するWILLERと日本海沿岸の新潟市、敦賀市、舞鶴市、豊岡市は「日本海縦断観光ルート・プロジェクト」を発表した。豊かな観光資産を持つ地域が連携し、従来の拠点往復ではない「回遊の旅」を提案する。成功の条件は「移動手段の楽しさ」だ。交通事業者にとって大きなチャンスである。(2017/9/29)

アンリツとテレダイン・レクロイ:
PCIe Gen4試験システム、オールインワンで提供
アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンは、高速バスインタフェース「PCI Express 4.0(PCIe Gen4)」に関する試験を自動で行えるシステムを提供する。(2017/9/25)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
伊丹空港アクセス線が再起動 空港連絡鉄道の現状と展望
阪急電鉄が伊丹空港乗り入れに積極的な姿勢を見せた。鉄道路線建設が停滞する中で、有望株は空港連絡鉄道だ。地方空港の空港連絡鉄道計画の動向を振り返ってみよう。(2017/9/22)

JAL、機内でVRの実証実験 移動中のエンタメ充実狙い
JALやKDDIなどが、機内でVRコンテンツを視聴できるサービスの実証実験を行う。(2017/9/6)

水曜どうでしょう「壇ノ浦レポート」を生んだ夜行バス「はりまや号」が10月で廃止に
ね、ね、寝れないんだよぉ。(2017/9/5)

女子“赤面必至”のVRコンテンツ KDDIが高速バスで提供
体験中の顔、他人に見せられないよコレ……!(2017/8/31)

DISH//リーダーが「好きだよ」:
音楽ライブの直通バスでVR体験 歌手から「愛の告白」も
WILLERとKDDIが、ライブ会場への直行バス内でVRコンテンツを視聴できるサービス「ライブバス VR」を始める。バンドメンバーと近くで会話しているかのような体験ができる点が特徴だ。まずは2018年元旦に開催される「DISH//」の武道館ライブに向かう車内で、メンバーからの“告白”などを体験できるVR映像を配信する。(2017/8/31)

ライブ前にアーティストに会える? 会場行きバス車内でVR配信 KDDI
KDDIと高速バス事業などを展開するWILLERが、高速バスの車内でVR(仮想現実)映像を楽しめる「ライブバスVR」を始める。ライブ会場へ移動するバス車内で、アーティストが隣の席に座っているかのような体験ができるという。(2017/8/31)

母で、学生で、YouTuber――「別人になれるメイク動画」で人気のマリリンさんに話を聞いてみた
YouTuber、一児の母、学生とさまざまな顔を持つマリリンさんに取材しました。(2017/8/28)

堀井雄二の出生地でドラクエのスタンプラリーを体験 海や城に待つ魔物たち、洲本はリアルドラクエワールドだった
ドラクエの生みの親が誕生した淡路島の洲本で、ドラクエのイベントが開催中。25年来のドラクエ好きが冒険してきた。(2017/7/31)

アンリツ MP1900Aシリーズ:
次世代高速インタフェース向けのBER測定器
アンリツは、次世代の高速インタフェース向けに、シグナルクオリティーアナライザー「MP1900A」シリーズを発売した。200G/400G EthernetやPCI Express Gen4/5などの高速バスインタフェースの設計や検証を1台で実施できる。(2017/7/19)

稼働率99.9%のPaaS, SAP Cloud Platform:
PR:アプリ開発に何が必要かを もっとも理解しているのがSAP
SAPジャパンは、新機能や拡張機能を搭載したSAP Cloud Platformにより、PaaSビジネスを強化することを発表した。また、東京データセンターで、SAP Cloud Platformのほか、3つのサービスを新たに稼働することも明らかにしている。(2017/5/31)

ITライフch:
サービス開始から半年 LINEモバイルの通信速度は?
開始から半年以上が経過したLINEモバイル。ユーザー数の増加で、通信速度に影響は出ているのか? LINEモバイルのデータSIMをZenFone 3で使用し、都内や東北地方で速度を調べました。(2017/5/19)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
UQ WiMAX 2+の「3年縛り」プラン登場へ 気を付けるべきは「7GB制限」
UQコミュニケーションズが予告していた、WiMAX 2+サービス用「LTEオプション」の無料提供対象拡大。その詳細がついに発表されました。既存ユーザーも含めて「3年縛り」を受け入れることが条件となりましたが、気を付けるべきポイントは契約期間以外にもあります。(2017/4/23)

自然エネルギー:
「水素先進都市」を臨海工業地帯に、風力発電と副生水素を生かす
太平洋岸に数多くの風力発電所が集まる茨城県・神栖市は「安全で持続可能なエコ・シティ」を目指して水素エネルギーの導入に力を入れる。風力発電の電力で作る水素に加えて、臨海工業地帯の工場で発生する副生水素を活用する方針だ。国の戦略に合わせて「水素先進都市かみす」を目指す。(2017/3/22)

組み込み開発ニュース:
UHS-III規格を発表、SDメモリーカードの転送速度が最大で毎秒624Mバイトに
SDアソシエーションは、SDメモリーカード転送速度を最大で624Mバイト/秒に倍速化する、UHS-III規格を発表した。速度が向上したことで、無線通信用に作成された大量のデータの移動が容易になる。(2017/3/14)

イメージ転換狙う:
くつろぐためにバスに乗る? 高速バス車両が進化
充実した設備や快適に過ごせる空間を備えた高速バスの競争が激化している。バス事業各社は、「ゆったりとした空間」や「最高の休息」といったキーワードで需要の創出を図る。(2017/3/6)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
「下り440Mbpsほぼ全国化」+「規制ルール変更」のWiMAX 2+に死角なし?
UQコミュニケーションズの「WiMAX 2+」が、下り最大440Mbpsエリアをほぼ全国に拡大し、合わせて直近3日間の通信量にもとづく通信速度規制のルールも変更しました。スペック的にはより万全になったように見えるWiMAX 2+。本当に死角はないのでしょうか?(2017/3/2)

マネーの達人:
プレミアムフライデーで生活はどう変わる?
2017年2月24日の金曜日から「プレミアムフライデー」が始まります。「月末最後の金曜日をいつもと違う豊かさを楽しむ日にしよう」という官民一体の取り組みですが、果たして私たちの生活に大きな変化は現れるのでしょうか。(2017/2/17)

世界に1台「Ingressバス」が生まれたきっかけは? 「Pokemon Goバス」実現の可能性も聞いた
位置情報ゲーム「Ingress」の世界観に統一されたバスが闘会議2017に出展。高速バス会社はなぜゲームとコラボした?(2017/2/11)

岐阜県で映画「君の名は。」ラッピングバスが運行開始 飛騨市とのコラボデザインで2月27日から
これもまた結び。(2017/2/10)

「君の名は。」ラッピングバス、新宿・飛騨間で運行スタート
「君の名は。」のイラストをあしらったラッピングバスが飛騨に登場。高速バスとして運用する。(2017/2/10)

「艦これ」インスパイアカレーに1年半ぶり新作「Polaカレー」 「世界の提督ありがとう!!」企画も始動
「Polaカレー」には赤ワインも付くなど、艦娘のキャラも楽しめそう。(2017/2/7)

高速バス車内で無料Wi-Fi 阪急バスと阪急観光バスが2月から
阪急バスと阪急観光バスが、高速バス車内で無料のWi-Fiサービスを提供へ。(2017/1/30)

電子ブックレット:
富士通の居眠り検知センサー、なぜ耳たぶなのか
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、富士通が“耳たぶ”に取り付ける居眠り検知のウェアラブルセンサーとして展開する「FEELythm(フィーリズム)」を紹介します。(2017/1/29)

オートモーティブワールド2017:
ミラーレス、画面が乱れたら?安全技術の進化
「オートモーティブワールド2017」(1月18〜20日、東京ビッグサイト)では、クルマをより便利にする技術だけでなく、先進化に伴うリスクを軽減する技術の展示も。ミラーレス車や「つながるクルマ」をより安全に使う技術が提案されていた。(2017/1/23)

都営バスでUSB充電ポートの目撃情報 都内某路線を1台のみで試験運行中
見かけたらラッキー。(2017/1/15)

全室が完全個室の夜行バス「DREAM SLEEPER 東京大阪号」登場 「ホテルに宿泊している感覚」
全室が完全個室の高速夜行バス「DREAM SLEEPER 東京大阪号」が1月18日から運行スタート。片道料金は大人が2万円。(2017/1/12)

関東バス、完全個室型の夜行バス「ドリームスリーパー東京大阪号」の運行を1月から開始 予約が激戦の予感?
初となる全11室扉付きの豪華仕様です。(2016/12/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「乗客がいない列車を減らす」は正解か?
青春18きっぷの利用開始日になったこともあって、中国山地のローカル線に乗ってきた。運行本数が少なく旅程作りに難儀し、乗ってみれば私一人という列車もあった。一方、快速列車で健闘する路線もある。不人気の列車の共通点は、遅さと運行時間帯だ。(2016/12/16)

運行は継続:
青森県の南部バスが民事再生申し立て
青森県の南部バスが民事再生を申し立てた。路線バスの運行は継続する。(2016/11/29)

スマートシティ:
2人乗り電気自動車とローカル鉄道の観光実証、産学官の連携で始まる
超小型の電気自動車を活用してCO2排出量の削減に取り組む動きが全国に広がってきた。岐阜県では長良川に沿って走るローカル線と組み合わせた観光実証事業が11月20日に始まった。鉄道の駅を起点に周辺地域を電気自動車でめぐることができる。1時間1000円の利用料金で12月下旬まで実施する。(2016/11/25)

バスタ新宿の初コンビニ、ファミリーマートが11月18日オープン
バスタ新宿のファミリーマートが11月18日午前7時にオープン。(2016/11/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州が株式上場まで赤字路線を維持した理由
10月25日、JR九州は東証1部上場を果たした。同日前後、報道各社がJR北海道の路線廃止検討を報じている。このように対照的で皮肉な現実について、多くのメディアがさまざまな観点から論考するだろう。しかし過去を掘り返しても仕方ない。悔恨よりも未来だ。(2016/10/28)

○○駅の拠点力(赤羽編):
交通の便がいい「赤羽」は、どんな街なのか
街歩きの番組で「庶民的な街」「昼から飲める街」として、東京都・北区の赤羽がよく取り上げられている。そんな赤羽は、どのような特徴があるのだろうか。(2016/10/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。