ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホームシアター」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ホームシアター - ITmedia LifeStyle

JVC、HDR対応を強化した4K対応プロジェクター新製品
JVCケンウッドがホームシアター向け4K対応プロジェクター2機種を発表。Hybrid Log-Gamma(HLG)などHDR対応を進めたモデル。新たに「HDRオートピクチャーモード」を追加した(2016/12/8)

ネイティブ4Kにレーザー光源、JVCから新世代のD-ILAプロジェクター「DLA-Z1」登場
JVCケンウッドは、ホームシアター向けプロジェクターの新製品「DLA-Z1」を12月上旬に発売する。新開発の0.69型4Kデバイスとレーザー光源を搭載した新世代モデルだ。(2016/10/5)

「MusicCast」を手軽に、ワイヤレススピーカーが付属するホームシアターパッケージ「MUSICCAST-P306」をヤマハが発売
ヤマハは、同社が提案する独自のネットワーク機能「MusicCast」を手軽に導入できるホームシアターパッケージ「MUSICCAST-P306」を発表した。専用サウンドバーとワイヤレススピーカー「WX-010」のセット。(2016/7/28)

斜め設置も可:
パナソニック、高さ6.6センチのシアターバー「SC-HTB175」を発売
パナソニックは、サブウーファーを内蔵したスリムなシアターバー「SC-HTB175」を5月20日に発売する。付属のスタンドを使えば80度の角度がつき、テレビ前のスペースが狭くても設置できるという。(2016/4/22)

手軽に始められるサラウンド、オンキヨーから低価格のホームシアタースピーカー「D-109Xシリーズ」登場
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨーブランドのホームシアター向けスピーカー「D-109X」シリーズ3機種を発表した。3月下旬に発売する。(2016/3/8)

各30台の数量限定:
オーエスプラスe、電動ホームシアタースクリーン「SEP15周年記念モデル」を発売
100〜120インチの電動ホームシアタースクリーン「SEP15周年記念モデル」が数量限定でオーエスプラスeから登場。市場想定価格は、13万円前後(税別)〜。(2016/2/1)

CES 2016でデモ展示:
大型プロジェクタ向け4K DLPチップ
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、ホームシアターや業務用/教育用などの大きなプロジェクションディスプレイ向けに、0.67インチ4K UHDチップセットを開発したと発表した。(2016/1/12)

自走式プロジェクター搭載ホームロボット「Tipron」 部屋の壁を80インチホームシアターに
部屋の壁や天井に映像を投影するプロジェクター搭載ロボット「Tipron」をCerevoが開発した。(2016/1/5)

第7回ポタフェス:
新登場の3階は一味違う――ポタフェス新エリアで「ホームシアター&アナログフェア」が開催
今回の「ポタフェス」では、会場3階に居を構える大建工業のショールームを使った連動企画「ホームシアター&アナログフェア」が実施されている。若いオーディオファンにポータブル以外の楽しみ方も知ってもらいたいという企画だ。(2015/12/20)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
「ハイレゾ第2章、始まります」――音展に見るハイレゾの新境地
ハイレゾは秋のオーディオイベントでも話題の中心となった。そして長年オーディオ業界を眺め続けている麻倉怜士氏の目には、今年の「オーディオ・ホームシアター展2015」(音展)から“ハイレゾ第2章”と呼ぶべき新たな動きが見えたようだ。(2015/11/30)

ワイドFM対応チューナー搭載:
ティアックの「Reference301」シリーズにCDプレイヤー「PD-301」が登場
ティアックが「Reference301」シリーズの新製品として「PD-301」を発表した。10月の「オーディオ&ホームシアター展2015」で参考展示したFMチューナー付きのCDプレイヤーだ。(2015/11/18)

やっぱりスピーカーは横になきゃ:
シャープ、AQUOSの画面両サイドにスピーカーを追加できるシアターシステム
シャープは液晶テレビ“AQUOS”用のオプション製品として、シアターシステム「HT-SP100」を発表した。テレビ背面にある壁掛け金具取り付け部を活用し、画面両サイドにスピーカーを取り付ける仕組みだ。(2015/11/13)

著名エンジニア、アンドリュー・ジョーンズ氏が手がけたELACの新作スピーカー「Debut Line」、11月下旬に日本デビュー
ユキムは、ドイツのスピーカーブランド「ELAC」の新ライン「Debut Line」を発表した。TADやKEFのスピーカーを開発してきた著名なエンジニア、アンドリュー・ジョーンズ氏がELACで始めて手がけたホームシアター向けのスピーカーシリーズだ。(2015/11/2)

オーディオ&ホームシアター展2015:
酒を飲ませて20年放置すると音が変わるスピーカー?
JVCケンウッドが「オーディオ&ホームシアター展」で、2つの新しいウッドコーンスピーカーを参考展示。どちらも素材が持つ可能性を広げる試みだ。(2015/10/17)

オーディオ&ホームシアター展2015:
ティアック、CD付きのハイレゾコンポやUSB出力を持つアナログターンテーブルなどを参考展示
「オーディオ&ホームシアター展」では未発表の新製品も多く見ることができる。ティアックブースでは、今年も3つの未発表製品が並んでいた。(2015/10/17)

オーディオ&ホームシアター展2015:
試聴の穴場かも? 勢力を拡大するハイレゾ対応ヘッドフォン
日本オーディオ協会主催の「オーディオ&ホームシアター展」が開幕。今年はDolby AtmosやUltra HD Blu-ray DiscなどAV系の話題も多いが、会場ではポータブル系デバイスも勢力を拡大している。(2015/10/17)

ボーズ、Bluetoothを搭載した台座型シアターシステム「Bose Solo 15 Series II TV sound system」
ボーズは、薄型テレビの下に設置できる台座型スピーカーシステムの新製品「Bose Solo 15 Series II TV sound system」を発表した。新たにBluetoothを搭載し、スマートフォンやタブレットなどから楽曲再生が行える。(2015/9/25)

白くてスリムな5.1chスピーカーパッケージ、ヤマハ「NS-PA40」
ヤマハは、5.1chのホームシアター用スピーカーセット「NS-PA40(W)」を10月上旬に発売する。フロントスピーカーにスリムなトールボーイ型を採用した。(2015/9/11)

コンセントは必要です:
ぜ〜んぶワイヤレス! ソニーからリアル5.1chホームシアター「HT-RT5」が登場
ソニーは、リアスピーカーやサブウーファーをワイヤレス化した5.1chのホームシアターシステム「HT-RT5」を10月17日に発売する。煩雑な配線は不要だ。(2015/9/7)

ヤマハ、台座型サウンドシステムの新製品「SRT-700」を発表
ヤマハは、フロントサラウンドシステムの新製品「SRT-700」を7月下旬に発売する。テレビの下に置けるサウンドステージタイプ(台座型)のホームシアターシステムだ。(2015/6/25)

生産の遅れにより:
ソニー、2.1chシアターシステム「HT-XT100」の発売日を7月4日に延期
6月13日発売予定だったソニーの2.1chシアターシステム「HT-XT100」が、7月4日発売に延期となった。理由は生産の遅れによるという。(2015/6/8)

ヤマハ、サブウーファーのフラグシップモデル「NS-SW1000」を発売
ヤマハは、ホームシアター向けのA-YST方式アクティブサブウーファー「NS-SW1000」を発表した。新開発の1キロワットアンプとダブルマグネット搭載の30センチウーファーユニットを搭載したハイエンドモデルだ。(2015/5/15)

LDACも!:
ソニー、ハイレゾ対応のホームシアターシステム3機種を発表
ソニーはサウンドバータイプや台座型スピーカーを含む6機種のホームシアターシステムを発表した。上位モデルは初めてハイレゾ音源再生に対応した。(2015/5/13)

セリフが聞き取りやすい「明瞭ボイス」搭載:
パナソニック、おうち上映会を盛り上げる4Kパススルー対応のシアターバーとシアターボード発表
パナソニックが4月1日、テレビによるスポーツ観戦や映画の鑑賞に最適なシアターバー2種、シアターボード1種を発表した。予想実売価格は4万円前後(税別)からで、発売予定日は5月22日。(2015/4/1)

同軸スピーカー搭載、オンキヨーが仏Cabasseのホームシアター向けスピーカーを拡充
オンキヨーマーケティングジャパンは、仏Cabasse(キャバス)のホームシアター向けスピーカーシステム「TRADITION MC40シリーズ」と「MT32シリーズ」を1月中旬に発売する。(2014/12/10)

三管式プロジェクターのように調整可:
光源にRGBのLEDを採用したDLPプロジェクター、米Optoma「HD90」
オーエスプラスeは、米Optomaのホームシアター向けフルHDプロジェクター「HD90」を発売する。光源に独立したRGBのLEDを採用し、NTSCの約1.6倍という広い色域を実現した。(2014/12/8)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
癒しを倍増させるハイレゾ音源の作り方、そして容量半分で“生の音”に迫る新技術とは?
10月に開催された日本オーディオ協会主催の「オーディオ&ホームシアター展2014」。期間中は多くの講演が行われたが、その中でAV評論家の麻倉怜士氏がひかれた2つのセッションを紹介していこう。(2014/11/10)

麻倉怜士氏も登場:
アバック、池袋サンシャインシティで体験型展示会「HOME THEATER JAPAN 2014 WINTER」を開催
アバックは、11月22日(土)と23日(日)の2日間、東京・池袋のサンシャインシティでホームシアターファンを対象とした体験型展示会を開催する。各社のAVアンプやプロジェクターを比較試聴するチャンス。(2014/11/6)

オーディオ&ホームシアター展:
全ての世代にハイレゾを! オーディオ業界のあの手、この手
日本オーディオ協会主催の「オーディオ&ホームシアター展2014」が開催された。今年のメインは“ハイレゾ”。ハイレゾをフックに最新オーディオ機器に興味を持ってもらおうと、業界をあげて取り組んでいる。(2014/10/20)

オーディオ&ホームシアター展:
ハイレゾプレーヤー付きのポータブルアンプ「HA-P90SD」、ティアックが参考展示
ティアックは、「オーディオ&ホームシアター展2014」の会場でDSD対応のハイレゾ・ポータブルプレイヤー「HA-P90SD」などを参考展示している。コンパクトなReferenceシリーズのエントリーモデルも登場。(2014/10/18)

何が出るかな?:
パイオニア、「オーディオ・ホームシアター展」で新製品を発表
パイオニアは「オーディオ・ホームシアター展」で新製品発表会を開催する。ゲストはあの人。(2014/10/10)

Lenovo、プロジェクター搭載のAndroidタブレット「Yoga Tablet 2 Pro」発表
Lenovoの「Yoga Tablet 2 Pro」はヒンジ部分に組み込まれたPicoプロジェクターとJBLのサウンドシステムでホームシアターを楽しめるAndroid搭載13.3型タブレットだ。(2014/10/10)

オーディオ・ホームシアター展2014:
アイ・オー、開発中のオーディオ専用NASをオーディオ・ホームシアター展2014で初公開
アイ・オーデータ機器は、10月17日から開催される「オーディオ・ホームシアター展2014」の会場限定で、開発中の専用設計オーディオNASを初公開(参考出展)する。試聴も可能だ。(2014/10/8)

「深く回り込む」フロントサラウンドを新搭載、ソニーがサウンドバー新製品「HT-ST5」を発表
ソニーは、サウンドバータイプのホームシアターシステム「HT-ST5」を10月に発売する。頭部伝達関数を用いて「深く回り込む」という新しいサラウンドモードを搭載した。(2014/9/8)

B&Wの「CMシリーズ」が一新――“ツィーター・オン・トップ”のブックシェルフ型「CM6 S2」も追加
英Bowers&Wilkinsはミドルクラスのオーディオ&ホームシアター向けスピーカー「CMシリーズ」を一新した。(2014/9/5)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ホームシアターの革命、Dolby Atmosの衝撃(後編)
後編では、AVアンプメーカー4社のドルビーアトモス対応モデルに加え、「ドルビー・イネーブルド・スピーカー」や「アップミックス」といった周辺技術のインプレッションをお届けしよう。(2014/9/2)

6畳間でも気軽に使ってください:
エプソン、リビング向きプロジェクター2製品を発表
プロジェクターというと、本格的なホームシアタールームを作って、そこに設置するものというイメージを持っている人が少なくないと思う。エプソンはリビングでも楽しめるプロジェクターを発売する。(2014/8/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ホームシアターの革命、Dolby Atmosの衝撃(前編)
ホームシアター市場を賑わせている「Dolby Atmos」(ドルビーアトモス)。劇場では評価の高い技術だが、ホームシアターに何をもたらすのだろうか。AV評論家・麻倉怜士氏に解説してもらった。(2014/8/22)

テレビ周りもスッキリ:
パイオニア、細身のデザインのホームシアターシステム4機種
テレビの音を迫力あるものにするために、あるいはサラウンドを楽しむためにホームシアターシステムの導入を考えている人は少なくないだろう。パイオニアはスッキリしたデザインでテレビ周辺の邪魔にならないホームシアターシステム4機種を売り出す。(2014/8/6)

ホームシアターを変える「Dolby Atmos」とは?
AVアンプメーカー各社から発表が相次いでいる「Dolby Atmos」対応機。今回はパイオニアにDolby Atmosの作法と効果、そして「SC-LX58」について詳しく話を聞いた。(2014/7/24)

アバック、4Kホームシアターを体験できる展示会「HOME THEATER JAPAN 2014 SUMMER」
アバックが池袋サンシャインシティで最新ホームシアターをテーマにした体感型展示会を開催する。AV評論家の麻倉怜士氏、潮晴男氏、堀切日出晴氏も登場。(2014/6/4)

Bluetooth 3.0対応:
パナソニック、高さ65.5ミリの低背デルタフォルムで画面をジャマしない、シアターバー「SC-HTB8」
パナソニックは5月14日、オールインワンタイプのシアターバー「SC-HTB8」を発表した。Bluetoothをサポートし、リビングオーディオとしても利用できる。(2014/5/14)

ヘッドフォン祭に出品:
スピーカーの音響エンジニアが協力、米Klipschからカナル型イヤフォンの新製品「Reference R6/R6i」が登場
フロンティアファクトリーは、米Klipschのカナル型イヤフォン「Reference R6」を発売する。クリプシュのホームシアター用スピーカー「Reference」シリーズを担当するエンジニアが設計技術などを提供したいという。(2014/5/9)

フルHDモデルは集約へ:
リビングシアターにも――ソニーからフルHDプロジェクター新製品「VPL-HW55ES」
ソニーがSXRD搭載のホームシアター向けプロジェクター2機種を発表した。評価の高い「VPL-HW50ES」をほぼ踏襲した高コストパフォーマンスモデルだ。(2014/4/17)

リアはワイヤレス:
ソニー、磁性流体スピーカー搭載の5.1chサラウンドシステムにブラックモデルを追加
ソニーは、磁性流体スピーカーを搭載したリアル5.1chホームシアターシステム「BDV-N1B」を5月末に発売する。ヘアライン調の外装に身を包んだ“漆黒モデル”だ。(2014/4/14)

ゲームに勝つためのサラウンド? ソニーからPS4と相性のいいコンパクト5.1chシステム「HT-IV300」が登場
ソニーが5.1chホームシアターシステム「HT-IV300」を発表した。ゲームサウンドデザイナーの意見を元にチューニングした「GAME」モードを搭載。(2014/4/14)

ホームシアターにも:
ハイレゾを手軽に――ソニーがスーパーツィーター搭載の低価格スピーカーシステム「CSシリーズ」
ソニーはハイレゾ音源再生やホームシアター用途に向け、スピーカーシステムの新製品「CSシリーズ」4機種を発売する。スーパーツィーターを搭載しながら手頃な価格を実現した。(2014/4/7)

JVC、4Kプロジェクターの試写会を3月に福岡、名古屋、静岡、新潟で開催
JVCは、D-ILAホームシアタープロジェクター「DLA-X700R」「DLA-X500R」の「4Kプレミアム体験会」を3月に順次開催する。(2014/2/28)

オール壁掛け対応:
スタイリッシュな超薄型サウンドバー、ハーマンカードン「SABRE SB35」が登場
ハーマンインターナショナルは、harman/kardonの薄型ホームシアターシステム「SABRE(セイバー)SB35」を2月に発売する。セットのサブウーファーやリモコンまでスリムだ。(2014/1/28)

三菱電機、プロジェクター事業から撤退
三菱電機がプロジェクター事業から撤退することを決めた。ホームシアター用のDLPプロジェクターも在庫限りとなる。(2013/12/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。