ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「ICOCA」最新記事一覧

「Newニンテンドー3DS」でSuicaなど交通系電子マネー支払いが可能に
「New 3DS」「New 3DS LL」で9日から、支払いに交通系電子マネーが利用できるようになる。「Suica」「PASMO」「ICOCA」など9種類に対応する。(2014/12/4)

JR四国でICOCAサービス、3月スタート
これまでごく一部でしかICOCAを使えなかったが、使えるエリアが拡大する。(2014/1/28)

ピカチュウをデザインした「ポケモンICOCA」、3万枚限定で発売
激戦の予感。(2013/9/18)

ICOCAのキャラ「カモノハシのイコちゃん」がメロンパンに
ICOCAの10周年を記念してさまざまな「カモノハシのイコちゃん」グッズも発売される。(2013/6/26)

全国10の交通系ICカードの相互利用、3月23日スタート
「Suica」「ICOCA」「PASMO」など全国10の交通系ICカードの相互利用が来年3月23日にスタート。(2012/12/18)

セブン-イレブンでSuicaなど交通系電子マネーが利用可能に
全国のセブン-イレブンで、SuicaやKitaca、ICOCAなど各エリアの交通系電子マネーが利用可能に。各キャラクターが描かれた賞品があたるキャンペーンも実施する。(2011/3/10)

Suicaを軸としたIC乗車券と電子マネーの相互利用 3月13日に大幅拡大
2010年3月13日、Suicaが利用できるエリアが大きく広がる。同日からSuica、TOICA、ICOCAの電子マネー相互利用が始まるほか、Suica、SUGOKA、nimoca、はやかけんのIC乗車券および電子マネーの相互利用サービスが始まる。(2009/12/22)

「TOICA」に来春から電子マネー機能 「Suica」「ICOCA」と相互利用可能に
IC乗車券「TOICA」に来年春から電子マネー機能が加わり、「Suica」「ICOCA」の電子マネーと相互利用できるようになる。(2009/3/25)

一番使われているFeliCa電子マネーは?:
Suica/ICOCA電子マネー相互利用開始、PiTaPa会員数100万人突破――FeliCa決済利用状況(3月版)
PASMOスタートから1年、交通系電子マネーで各種新サービスがスタートした。おサイフケータイにプリインストールされるアプリにも変化が起きている。(2008/4/21)

Suica・TOICA・ICOCA相互利用記念Suicaを発売
3月29日からSuica、TOICA、ICOCAの相互利用が始まることを受け、記念Suicaが発売される。Suica/ICOCAは電子マネーとしても相互利用が可能になるが、TOICAの電子マネーサービスが始まる可能性は低そうだ。(2008/3/14)

神尾寿の時事日想:
PiTaPa/ICOCA+ワンセグで何ができる?――大阪レポート
PiTaPaやICOCAをかざして道案内、店舗のPR動画をワンセグで受信して携帯で視聴……交通IC乗車券とワンセグを組み合わせることで、どんな情報を提供できるのか? 大阪・阪急三番街の実験では、新しいサービスの可能性を感じることができる。(2008/2/20)

3月1日より、全国のイオンで電子マネーの利用が可能に
イオンは北海道や九州などにあるショッピングセンターでも、WAONやiDの取り扱いを開始する。また3月18日からは、従来Suicaを導入していた店舗ではICOCA、ICOCAを導入していた店舗ではSuicaも利用できるようになる。(2008/1/28)

SuicaとICOCAが2008年3月、SuicaとKitacaが2009年春から電子マネーの相互利用を開始
交通乗車券としてはすでに乗り入れているSuicaとICOCAが、電子マネーとしても相互利用が可能になる。またJR北海道が導入予定のKitacaは交通乗車券としても電子マネーサービスとしても、Suicaとの相互利用が可能になる。(2007/12/13)

神尾寿の時事日想・特別編:
IC利用率78.4%。IruCa(イルカ)の街、高松の電車・バス事情
香川県高松市の「IruCa」をご存じだろうか? SuicaやICOCAと同じくプリペイド式交通乗車券で、導入2年で発行枚数約10万枚、利用率78.4%を誇る。SuicaやICOCAにもない「前払いでも割引」を実現、市民に親しまれるIruCaの最新事情を紹介する。(2007/9/14)

一番使われているFeliCa電子マネーは?:
ICOCAの発行枚数、300万枚を突破――FeliCa決済利用状況(8月版)
Edy、Suica、nanaco、iDといった、FeliCaを使った電子マネーやクレジット決済を利用できる場所が増えている。各方式はどれくらい利用されているのか? 8月中旬時点での最新利用状況をまとめた。(2007/8/23)

神尾寿の時事日想:
幸福のICカード“FeliCa”のこれから
SuicaやPASMO、ICOCAといった交通乗車券、Edyやnanacoなどの電子マネーとしてすっかりおなじみになった非接触ICカード「FeliCa」。誕生から10年あまりが経ったFeliCaは今後どのような方向を目指すのか? ソニーでFeliCa事業を統括する、納村哲二氏に聞いていく。(2007/6/15)

「Suica」と「ICOCA」、電子マネーも相互利用へ
JR東日本とJR西日本は5月28日、2008年3月をめどに「Suica」と「ICOCA」の電子マネーの相互利用を開始することで合意した。(2007/5/28)

JR3社のSuica、ICOCA、TOICAが2008年春から相互利用可能に
JR東のSuica、JR西のICOCA、JR東海のTOICAが、2008年春から相互利用可能になる。また、東海道新幹線と在来線をICカードだけ、あるいはモバイルSuicaだけで乗り換えられるサービスも同時にスタートする。(2007/5/16)

JCBとUFJニコス、ICOCA電子マネー加盟店の拡大でJR西と合意
JR西日本が運営する「ICOCA電子マネー」の加盟店開拓を、JCBとUFJニコスが請け負うことになった。それぞれが獲得した店舗では、“ICOCA+QUICPay”または“ICOCA+VISA TOUCH(スマートプラス)”が利用できる、マルチリーダー/ライターが設置される。(2007/3/30)

神尾寿の時事日想:
普及が進むSuica電子マネー。その全国的な推進を、JR各社は真剣に考えるべき
JR四国を除くJR各社はFeliCaを利用したIC乗車券を導入する方針だが、Suicaとの相互接続を明言しているのはJR西日本のICOCAだけだ。しかし地域ごとに規格を作るより、Suicaを全国展開したほうがメリットが大きいのではないか。(2006/11/29)

Suica、ICOCA、TOICAに続け──JR九州、ICカード乗車券を導入
JR東日本のSuica、JR西日本のICOCA、JR東海のTOICAに続き、JR九州がICカード乗車券を導入。導入エリアは福岡・北九州エリアの111駅で、サービスを開始は2009年の春以降を予定している。(2006/9/27)

Interview:
鉄道サービスとしての高い完成度。JR西日本「ICOCA」
JR西日本の「ICOCA」は、JR東のSuicaと同様、FeliCaを活用した乗車券システム。私鉄系共通パスのPiTaPaとの相互乗り入れを早期に実現しているほかにも、Suicaに優る点は多い。モバイルICOCA実現の可能性など、ICOCAの今後について、JR西日本に聞いていく。(2006/3/24)

神姫バス、おサイフケータイをバス乗車券に
神戸市を中心とするバス路線を展開する神姫バスが、おサイフケータイでバスに乗れるサービスを2006年2月から開始する。ICOCA、PiTaPaも利用可能だ。(2005/11/24)

関西のFeliCa乗車券「ICOCA」と「PiTaPa」が相互乗り入れ
JR西日本のICOCAと、スルッとKANSAIのPiTaPaの相互利用が1月21日から開始する。相互利用ができるのはバス、鉄道の利用乗車券機能で、物販には適用されない。(2005/11/11)

ICカードの所有率は6割、知らずに使っている人も?
C-NEWSによると、ICカードの所有率は6割に達し、ICカードであるという認識がないまま利用している人も少なくないようだ。利用頻度が高いICカードでユーザー満足度の高いものはSuica・ICOCAとETCカードだった。(2005/5/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。