ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「ILM」最新記事一覧

Information Lifecycle Management

階層型ストレージツールのメリット
情報ライフサイクル管理(ILM)を支える階層型ストレージ
情報ライフサイクル管理(ILM)を目指す企業にとって、自社に合致するソリューションを見つけるのは大変だ。本稿では、経済的かつ効果的に達成する上で、階層型ストレージツールがどのように役立つかを説明する。(2010/11/1)

ILMを具現化:
SSDによる「Tier0」も登場――ストレージ階層化
「ILM」がストレージ分野におけるトレンドとして注目されてから久しい。この間、ILMを具現化する技術開発が進み、現在は情報の価値に合わせて保存先を変える「ストレージ階層化」への関心が高まっている。(2009/2/26)

ホワイトペーパー:
ILM(情報ライフサイクル管理)が抱える問題を解決するには?
階層型ストレージ管理(HSM)、ストレージリソース管理(SRM)、情報ライフサイクル管理(ILM)が実現する管理の容易性とコスト削減。でも、そこには思わぬ落とし穴が……(提供:Pillar Data Systems)。(2009/2/24)

M&A時代のビジネスガバナンス(5):
ビジネスガバナンスと情報ライフサイクル管理
前回は「標準化」の活用方法について説明した。今回は、内部統制における「情報ライフサイクル管理:ILM」の活用方法について解説する。(2007/11/2)

EMCとオラクルがコラボ、ILMを利用したDBの管理手法を確立
EMCジャパンと日本オラクルは、情報ライフサイクル管理を活用したデータベース管理の手法を確立した。データベースのアクセス頻度などに応じて自動的にデータをストレージに割り当てるものだ。(2007/10/25)

オラクルデータベースの新潮流:
追加コストはホントに必要?――Oracle DBだけでILM
ストレージベンダー各社を中心に提唱されているILM(Information Lifecycle Management)。増え続ける情報量に比例して拡張を迫られているストレージのコスト削減を実現するソリューションとして注目されているが、実はOracle Databaseを導入している企業であれば、莫大な追加コストを掛けることなく、ILMを実現できるのだ。(2007/3/16)

面倒なID管理を統合するMSの新製品とは?
2007年半ばにリリース予定のIdentity Lifecycle Manager(ILM)2007では、Microsoftの主要なID管理製品であるMicrosoft Identity Integration Server(MIIS)と、同社がAlacrisから買収したデジタル証明書管理技術が統合される。(2007/3/12)

今どきのバックアップ入門:
今はやりのILM導入、その前に押えたい6つのポイント
統合的なデータの管理手法として、情報ライフサイクル管理(ILM)が認知されてきた。時間とともに変化する情報の価値を正しく認識し、保存ストレージのコストに見合うデータを効果的に保存するというものだ。(2006/7/28)

Interview:
ILMの浸透度と日本のストレージ市場――EMCエライアス主席副社長
米EMCは、ボストンで「EMC World 2006」を開催。グローバルマーケティング兼事業開発主席副社長のハワード・エライアス氏は、ILMのコンセプトが広く顧客に浸透してきたと話す。(2006/4/26)

ITトレンド 〜データマネジメント編〜
PR:米国コンプライアンス最前線――ILMがもらたす「真」の効果
日本版SOX法の導入機運が高まる中、企業のコンプライアンスに注目が集まっている。企業が法令を遵守するためには、情報の管理は欠かせない要素となっており、情報を格納するストレージを中心にしたシステムの見直しを検討する必要がある。ILMを導入することにより、コンプライアンスなどの新たな課題を解決しながら、ITシステムをビジネスに適応させるというのがHPの考え方だ。(2006/2/24)

HP StorageWorks.06 Report:
ストレージ管理から情報の管理へ――ILMを語るHP
マレーシア・コタキナバルで開かれている「StorageWorks.06」カンファレンス2日目の基調講演で、ストレージソフトウェア担当GMのフランク・ハービスト氏は、HPの描くILMソリューションを説明した。(2006/2/22)

HP StorageWorks.06 Report:
「ILMでユニークなポジションにいる」とHPストレージソフトウェア担当GM
HPはILMへの積極的な取り組みをアピールしている1社。システムベンダーとして幅広い製品とサービスを組み合わせたバランスを武器に顧客のILM戦略を支援する、とストレージソフトウェア担当GMのハービスト氏は話す。(2006/2/22)

1ペタバイト対応DMXから仮想化製品まで――新製品ラッシュのEMC
EMCジャパンは、1ペタバイト対応「Symmetrix DMX-3」やストレージ仮想化製品などを発表。ストレージの物理統合と論理統合によるILMを実現するハイパーコンソリデーションを推進する。(2006/2/9)

データベースにもILMを適用 コンプライアンス対応を容易に――日本HP
日本HPは、DB専用のアーカイブソフトウェア「HP StorageWorks RIM for DB」を発表した。DB向けのILMソフトウェアで、アクセス頻度の低いDBのデータを自動で識別し、ポリシーに応じ低価格なストレージなどへ自動的に再配置する。(2006/1/24)

Column
ROIインサイダー:情報ライフサイクル管理のビジネス価値とは?
情報ライフサイクル管理(ILM)は、データの効果的な管理に適した手法として推奨されている。ILMを導入することによって、どのようなビジネス価値が得られるのだろうか。(2005/12/15)

EMCジャパン、ILMシステム導入前の分析から実装までを支援するサービス
EMCジャパンは、情報ライフサイクル管理に沿ったストレージシステムの導入を支援するサービス群の提供を開始した。(2005/11/9)

IBM AP TotalStorage Customer Summitレポート:
ビジネスの継続性確保にも使えるILMの考え方
「IBM AP TotalStorage Customer Summit」では、ビジネスの継続性という観点からプレゼンテーションが行われた。コストと継続性確保のバランスの最適化にILMが使える、とリッフェ氏。(2005/5/25)

ビジネスと結合するILM――Documentum語るEMC
米EMC傘下の日本ドキュメンタムは、コンテンツ管理ソフトの最新版「EMC Documentum 5.3」を発表した。米EMCソフトウェアのマーク・ルイス主席副社長は、「Documentumを情報の新たな統合管理基盤にする」と話す。(2005/4/18)

「コンプライアンスだけじゃない」、メールアーカイブソフトでILMの効用を――ベリタス
コンプライアンスのための電子メールアーカイブソフトとして知られるVeritas Enterprise Vault。だが、その導入した効果はそれだけはない、とベリタスはアピールする。(2005/3/24)

ILMはバランスが重要――新製品/サービス投入でストレージ戦略を加速する日本HP
日本HPは、ストレージ分野においてILMを提唱している。ハード、ソフト、サービスの全方位でILM戦略を推進すべく新製品/サービスを投入する。(2005/2/22)

「ILMをより効果的にする」とData DomainのCTO
米Data Domainの創設者兼CTO、カイ・リー氏は、現在のバックアップ/リカバリシステムには3つの課題があると指摘した。(2005/2/17)

情報マネジメント用語辞典:
ILM(あいえるえむ)
information lifecycle management / 情報ライフサイクル管理 / インフォメーションライフサイクル・マネジメント(2004/11/16)

EMC Forum 2004レポート
Exchange Serverを最適化するILMソリューション
現在のビジネスで勝ち残るため、メッセージング・ツールは重要度を増している。マイクロソフトとEMCは、パートナーシップを強化し、Exchangeの最適化ソリューションの開発を進めている。(2004/11/12)

EMC Forum 2004 AUTUNMレポート
「シンプルだが最も強力なコンセプト」、ILMへのさらなるコミット示すEMC
EMCジャパンは11月2日、年次プライベートカンファレンス「EMC Forum 2004 AUTUNM」を開催した。米EMCマーケティング&テクノロジー担当主席副社長のハワード・エリアス氏は基調講演で、同社のILM戦略を説明した。(2004/11/3)

ストレージの柔軟性増す、ストレージテックがディスクとテープライブラリの新製品
日本ストレージ・テクノロジーは10月21日、同社のILM戦略を一歩推し進めるため、ディスクストレージの刷新と新テープライブラリシステムを発表した。(2004/10/21)

情報の価値を最大化するILMの真髄
ILMを提唱するEMCジャパンは11月2日、「EMC Forum 2004 AUTUMN」を開催する。EMCのILMソリューションは既に実践可能であり、単なるコスト削減効果だけでなく、企業が持っている情報の価値を最大限に活用するのが目的だ。(2004/10/18)

Interview:
「環境の変化がILMの重要度を高めている」とStorageTekのマーティンCEO
情報を効率的な管理を実現しようとストレージ業界の動きが盛んだ。データマネジメントの複雑化、政府からの規制と、企業は多くの対応を迫られているからだ。ストレージを知り尽くすStorageTekのマーティンCEOに聞いた。(2004/10/14)

テープから攻めるILMの強みを語るStorageTekの臼井氏
情報ライフサイクル管理をテープに比重を置いて提供するStorageTek。臼井マーケットリサーチ担当ディレクターは、最大のライバルにEMCを挙げ、「ディスクのみに頼るEMCのアプローチは十分でない」とけん制する。(2004/10/13)

バックアップ、基礎の基礎を知る
第4回 法規制上避けられない大容量データの保管を支えるILM
デジタルデータを長期間、真正性を確保しながら保管することは、単にシステム運用をスムーズに行うためだけでなく、企業統治上の要請ともなっている。それを支援するのがILMだ。(2004/10/12)

時代のキーワード「ILM」を牽引するストレージの巨人
情報ライフサイクル管理(ILM)を牽引するEMCジャパン。同社は、11月2日に「EMC Forum 2004 AUTUMN」を開催する。今年はパートナーとともに、同社の描く実践的なILMソリューションが示される。情報とストレージの管理を考える、またとない機会になるはずだ。(2004/10/1)

Interveiw:
「ILMの実行力で勝るところはない」、EMC主席副社長
「ILMを1年半前に唱えたパイオニア的存在」と説明するのは、米EMCのハワード・エリアス主席副社長。他社との違いをたずねると、「それは実行力だ」と、自信をみなぎらせる。(2004/9/16)

EMC、情報ライフサイクル管理を支援する戦略とロードマップを発表
情報ライフサイクル(ILM:Information Lifecycle Management)管理にコミットするEMCは、仮想化技術やストレージ・ルータといった自社ソリューションで、企業の情報コンテンツ管理をサポートするという。(2004/7/22)

「コンテンツについての情報」を提供してILMを加速するDocumentum
Documentumのアジア パシフィック地域製品・マーケティング担当ディレクター、ディーン・マイゼンハイマー氏は、EMCとDoumentum製品の組み合わせがILMを加速すると語る。(2004/6/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。