ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「情報開示」最新記事一覧

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開 多数の脆弱性を修正
Mediaフレームワークとシステムには、危険度が最も高い「重大」(Critical)の脆弱性が複数存在する。(2018/4/3)

「QRコード問題」は解消されず?:
「iOS 11.3」のセキュリティ情報公開、カーネルやWebKitの深刻な脆弱性に対処
Appleのセキュリティ情報によると、iOS 11.3では計43件の脆弱性を修正した。(2018/3/30)

高校生の約半数がTwitterを実名で利用 MMDとマカフィーの調査
MMD研究所とマカフィーは、3月27日に「高校生、大学生、社会人20代・30代のSNS利用に関する意識調査」の結果を発表した。高校生Twitter利用者の52.7%は実名で、うち41.1%は「すべての人」に情報を公開。投稿内容が問題になったことがある高校生は約2割で、そのうち8割以上が「問題になると思わなかった」と答えている。(2018/3/28)

3月のAndroidセキュリティ情報公開、Mediaフレームワークなどに深刻な脆弱性
Mediaフレームワークの脆弱性は、細工を施したファイルを送り付ける手口で任意の攻撃コードを実行される恐れがあり、特に危険度が高い。(2018/3/6)

「盗難NEM、Zaifに大量流入」にZaifがコメント 「情報を公開すると、捜査を阻害する」
「Coincheck」から流出したNEMが、「Zaif」に大量に流入しているとの報道について、Zaifを運営するテックビューロがコメント。「捜査に協力を求められた場合は、最大限協力する」「弊社に回答を求めるものもあるが、情報を公開することは、むしろ犯罪の捜査を阻害する」としている。(2018/3/5)

「Kaby Lake」「Coffee Lake」「Skylake」プラットフォームをカバー:
Intel、「Meltdown」と「Spectre」に対処する最新マイクロコードをリリース
Intelは、「Meltdown」および「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱(ぜいじゃく)性に対処するための最新マイクロコードをリリースし、関連する最新セキュリティ情報を公開した。(2018/2/22)

「VR センス」、DOAの水着女子に“超接近”する新機能など アップデート情報を公開
コーエーテクモのVRゲーム筐体「VR SENSE」に搭載される新機能や今後のアップデート情報の詳細が公開。「DEAD OR ALIVE」で女の子に“超接近”する新機能などを搭載する。(2018/2/19)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 計26件の脆弱性を修正
MediaフレームワークやQualcommコンポーネントなどに存在する重大な脆弱性が修正された。(2018/2/6)

各社の対策法まとめ:
根本的解決はCPUの世代交代か、脆弱性問題
2018年の年明けすぐに、CPU業界で発生した「Spectre」「Meltdown」問題。Googleのチームなどが同年1月3日に報告した当初、情報が錯綜(さくそう)して混乱したものの、情報が公開されるにつれて落ち着きを取り戻しつつある。本稿では、主要ベンダーが用意した最新の対策情報と、いまひとつ分かりにくい「分岐先予測」「投機的実行」「データキャッシュ」に脆弱性が潜んでいた理由を解説する。(2018/1/22)

セキュリティリサーチャーからの提案(後編):
ソフトバンク・テクノロジーの情報漏えい、失意に沈む会議室の空気を変えた「一言」
「インシデントが発生したら、社会貢献と考えて正しく情報公開を行うべき」と提案するソフトバンク・テクノロジーの辻氏。「MPOWER:Tokyo」で行った講演では、ソフトバンク・テクノロジーで実際に起きたインシデントと、その対応を紹介した。(2017/12/15)

航空機の発着情報や電車の位置情報も公開 「公共交通オープンデータコンテスト」開催
公共交通のデータを使ったアプリケーションやアイデアを募るコンテストの募集が始まった。(2017/12/8)

Apple、KRACKの脆弱性に対処 「iOS 11.2」などのセキュリティ情報を公開
「iOS 11.2」「watchOS 4.2」「tvOS 11.2」では、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性などが修正された。(2017/12/7)

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開 47件の脆弱性を修正
Androidのメディアフレームワークや、Qualcommコンポーネントなどに重大な脆弱性が存在する。(2017/12/5)

放送開始はもうすぐそこ……! テレビアニメ「サンリオ男子」の放送情報が公開
原作Twitterは2周年!(2017/11/20)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告 11月14日に公開
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは米国時間の11月14日に公開される。この日はMicrosoftの月例セキュリティ情報も公開される見通しだ。(2017/11/10)

米セキュリティ企業、ブラザー製プリンタの脆弱性情報を公開
脆弱性を悪用すれば、細工を施したHTTPリクエストを送り付ける手口でリモートからDoS攻撃を仕掛け、プリンタ内蔵のWebサーバをフリーズさせることが可能とされる(追記あり)。(2017/11/8)

Androidの月例セキュリティ情報公開、「KRACK」の脆弱性に対処
Androidで特に深刻な影響が指摘されていたWi-Fiの暗号化技術「WPA2」の脆弱性(通称KRACK)に対処した。(2017/11/7)

Apple、iOS 11やHigh Sierraのセキュリティ情報公開 KRACKの脆弱性に対処
iOSやmacOS、tvOS、watchOSの更新版で、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性が修正された。(2017/11/1)

Google製品の脆弱性情報筒抜けも 社内情報管理ツールに重大な問題、外部の研究者が報告
今回発見した手口を使えば、Google製品の脆弱性に関する全情報を開示させてしまうこともできると思ったと研究者は報告している。(2017/10/31)

LINEが2017年上半期「透明性報告書」公開 捜査機関からの情報開示請求について報告
2017年1〜6月に捜査機関から1614件の情報開示請求があったと公表しています。(2017/10/12)

LINEの捜査機関協力状況 要請の65%に対応 ほとんどは日本
LINEは、2017年1月〜6月までの捜査機関からの情報開示要請への対応状況を公開した。(2017/10/11)

Androidの月例セキュリティ情報公開、Dnsmasqの脆弱性などに対処
10月の月例パッチは「2017-10-01」「2017-10-05」の2本が公開された。端末メーカーなどのパートナー向けには少なくとも1カ月前に通知されている。(2017/10/3)

OracleやCisco、Apache Strutsの脆弱性に関する臨時セキュリティ情報を公開
米Oracleや米Ciscoが臨時のセキュリティ情報を公開。Apache Strutsの脆弱性に対処した。(2017/9/28)

Apple、「High Sierra」や「iOS 11.0.1」のセキュリティ情報公開
「High Sierra 10.13」では、OS X Lion 10.8以降のバージョンに存在していた多数の脆弱性に対処した。「iOS 11.0.1」「iCloud for Windows 7.0」も公開された。(2017/9/27)

SECのシステムから盗んだ情報、不正取引に利用の可能性
SECのEDGARシステムから盗んだ非公開情報をもとに、何者かが取引を通じて不正な利益を得た可能性があることが分かった。(2017/9/22)

Apple、「iOS 11」や「Safari 11」のセキュリティ情報を公開
iPhone 5や第4世代のiPod、OS X Yosemite(10.10.5)などはアップデートの対象から外された。(2017/9/20)

iPhone X「切り欠き」の正式名判明 Appleの開発情報公開で
iPhone Xディスプレイ上部の「切り欠き」、英語ではnotchと呼ばれ批判されている部分をAppleがどう呼んでいるのかが分かった。(2017/9/19)

Androidの月例セキュリティ情報公開、メディアフレームワークに深刻な脆弱性
メディアフレームワークの脆弱(ぜいじゃく)性が悪用されれば、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2017/8/9)

Microsoft Edgeに深刻な脆弱性、Microsoftが新たに情報公開【訂正あり】
この脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すれば、攻撃者が細工を施したWebサイトをEdgeで閲覧するようユーザーを仕向けることによって、任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2017/8/7)

Microsoft、月例セキュリティ情報を公開 Windows Searchに脆弱性
IEやWindows向けの更新プログラムは、多数が「緊急」に指定されている。Windows Searchに存在するリモートコード実行の脆弱(ぜいじゃく)性は、SMB経由でも悪用される恐れがある。(2017/7/12)

7月のAndroidセキュリティ情報公開、メディアフレームワークに深刻な脆弱性
メディアフレームワークの脆弱性は、10件が「Critical(重大)」に分類。リモートからの任意のコード実行に利用される恐れがある。(2017/7/6)

Google Playストアで公開された「偽物」のWannaCry対策アプリ マカフィーが注意を喚起
マカフィーは、Google Playストアに出現した「偽物のWannaCry対策アプリ」についての情報を公開した。(2017/5/26)

機械学習アクセラレーターなど:
IMEC、全く新しいAIチップの情報を公開
IMECはベルギーで開催された年次イベント「IMEC Technology Forum」でAI(人工知能)や機械学習に関連した新しい概念のチップに関する開発成果を公表した。(2017/5/23)

「真・三國無双8」はオープンワールド 「正面突破」「高所から奇襲」など複数攻略
コーエーテクモゲームスが、プレイステーション 4用ソフト「真・三國無双8」の新情報を公開した。(2017/5/12)

往年の名機「MZ-80C」が1/4サイズで復活――6月1日より予約開始
ハル研究所は、往年のパソコンをミニチュアサイズで再現する「パソコンミニ」シリーズを発表、第一弾モデルとなる「MZ-80C」の情報を公開した。(2017/5/11)

Intelのリモート管理ツールに脆弱性、ファームウェアの更新を
企業向けPCに搭載されているIntelの「Active Management Technology」(AMT)などに脆弱(ぜいじゃく)性が存在する。HP、Lenovo、Dell、富士通などの各社もセキュリティ情報を公開してユーザーに対応を呼びかけた。(2017/5/9)

Androidの月例セキュリティ情報を公開 MediaserverやGIFLIBに重大な脆弱性
Androidの5月の月例パッチは「2017-05-01」「2017-05-05」の2本で構成され、2017年5月5日以降のセキュリティパッチレベルで全ての問題が修正される。(2017/5/2)

スピン経済の歩き方:
提訴がダメなら「くら寿司」はどうすればよかったか
ネット掲示板に「何が無添なのか書かれていない」などと書き込みをした人物の個人情報開示をめぐる訴訟に敗れた「くらコーポレション」に対して、厳しい言葉が投げかけられている。では、どうすればよかったのか。(2017/4/25)

1719件のうち58%に対応──LINE、犯罪捜査機関への情報開示状況を公開
日本で受領した開示要請は1500件だったという。(2017/4/24)

くら寿司がネット上の誹謗中傷に反論 「看過できない」と情報開示請求に至った理由を説明
裁判官が「書き込みには公益性がある」と発言したとの報道も。(2017/4/16)

Twitterが米政府機関を提訴、トランプ政権に批判的なアカウントの情報開示求められ
Twitterは憲法で認められた言論の自由の侵害と主張している。(2017/4/7)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開
Mediaserverに存在する6件の脆弱(ぜいじゃく)性は、危険度が「重大」に分類され、悪用されればリモートでコードを実行される恐れがある。(2017/4/4)

Microsoft、2月と3月の月例更新プログラムを併せて公開
公開が延期されていた2月の分を含め、18件の月例セキュリティ更新プログラムを公開。既に攻撃が発生している脆弱性や、情報が公開されていた脆弱性も含まれる。(2017/3/15)

Windowsに未解決の脆弱性、Google研究者が情報公開
この問題は、公開が延期された2月の月例セキュリティ更新プログラムで対応される予定だったのではないかとGoogle研究者は推測している。(2017/2/21)

弁護士や外科医が“理由(ワケ)あって”アイドルに 「アイマス」男性版、アニメ化決定
3月15日にニコニコ生放送にて、新規情報を公開予定。(2017/2/13)

WordPressの脆弱性突く攻撃が激増、6万以上のWebサイトで改ざん被害
脆弱性情報が公開されてから48時間足らずの間に悪用コードが投稿され、脆弱性のあるサイトを探して攻撃を試す動きはインターネット全体に広がった。ハッキングされたWebサイトの数は6万6000以上にのぼり、現在も増え続けている。(2017/2/9)

WordPress、更新版で深刻な脆弱性を修正 安全確保のため情報公開を先送り
WordPressは1月26日に更新版の4.7.2が公開されたが、この時点では意図的に深刻な脆弱性の存在を明らかにしていなかった。(2017/2/3)

Amazonをかたるフィッシングメールが流行 フィッシング対策協議会が情報を公開
「.gl/uKkq1i」で終わるアドレスに誘導されます。(2017/2/1)

日経新聞、AIで決算記事を自動生成 「日経電子版」などに配信
東京証券取引所の適時開示情報閲覧サービス「TDnet」の情報を読み込んでいるそうだ。(2017/1/25)

Windowsの通信プロトコルに脆弱性報告、SMB v1は無効化を
SMBの潜在的な脆弱性に関する情報が公開されたとして、SMBのレガシーバージョンを無効にするなどの対策を徹底するよう米US-CERTが呼び掛けた。(2017/1/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。