ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インク」最新記事一覧

切り絵やビーズの貼り付けに 細かな部分にのり付けできるトンボ鉛筆の「ボールペン型液体のり」が便利
ペンで書くように狙ってのりを塗れる、デザインクラフトクラスタ向けアイテム!(2017/5/13)

桜や紅葉のインクがきれいじゃなイカ! 四季を切り取った「スプラトゥーン」のファンアートが話題に
構想から約1年かけて制作されました。(2017/5/4)

リコー RICOH MH5421F/MH5421MF:
独自のインク循環構造により高い吐出安定性を実現した産業用インクジェットヘッド
リコーは、プリンティングシステムの基幹部品として使われる産業用インクジェットヘッド「RICOH MH5421F」と「RICOH MH5421MF」の2製品を新たに開発した。(2017/4/26)

丸一日ふたをしなくても乾かない油性マーカー、パイロットが国内発売
パイロットが開発した「パーマネントマーカー」は、24時間以内ならキャップをしていなくても書ける油性マーカー。インクに配合した添加剤がペン先に皮膜を作る。(2017/4/25)

源氏物語とコラボした万年筆「玉鬘」登場 インク「瑠璃君」「山吹の細長」も
「玉鬘巻」の巻末の「衣配り」(きぬくばり)と呼ばれるシーンをもとにした万年筆が登場しました。(2017/4/23)

ミニチュア食品サンプルが作成できる「3Dドリームアーツペン 食品サンプルセット」、4月中旬発売
4色の「専用インク」をレシピに沿って混ぜ合わせると、とんかつからハンバーグまでその食品に合わせた「茶色」が表現できる。(2017/3/28)

VRニュース:
ワコムがペンでVR空間に描画できるコンセプトモデルを発表
ワコムとWHITEは、ペンでVR空間に描画できるソフトウェアのコンセプトモデル「Ink Visualizer for VR」を共同で開発した。普通紙に手描き入力した文字や絵などをデジタルインクに変換して、VR空間で3次元のインクとして表現する。(2017/3/16)

名探偵コナンの万年筆が登場! 落ち着いたデザインの万年筆と特製インクがセットになった4モデル
コナン君・怪盗キッド・灰原哀・服部平次というラインアップです。(2017/3/15)

3Dプリンタニュース:
1000万色フルカラー3Dプリンタがついに発売へ、印刷業界で培った色表現に優位性
ミマキエンジニアリングがUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-P(仮)」を2017年内に発売する。広告や看板などに用いられる2Dの産業用プリンタで培った技術を基に、3Dプリンタでありながら1000万色以上のフルカラー造形を実現した。本体価格は1500万〜2000万円を想定している。(2017/3/8)

ワコム、「デジタルインク」をVR空間に表現できるコンセプトモデルを開発
ワコムは、普通紙に手書きした絵や文字を「デジタルインク」を化してVR空間で表現できるコンセプトモデルを開発したと発表した。(2017/3/6)

PR:A3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」
ブラザーから登場した新型A3インクジェット複合機「MFC-J6995CDW」は、従業員50名程の中小企業(SMB環境)までもカバーする意欲的な製品だ。“ビジネスインクジェットの伝道師”こと小川夏樹氏が新モデルを斬る!(2017/2/20)

富士フイルム:
インクジェット技術を武器に、3Dプリンティングなど新規分野でのビジネス創出を狙う
富士フイルムは、インクジェット技術による事業の拡大を図るため「インクジェット事業部」を新設すると発表した。(2017/2/9)

プリントの楽しさを再発見:
1年間インクの追加購入不要! 新エコタンク搭載モデル「EW-M770T」の進化ポイントまとめ
大容量インクタンクを採用して話題を呼んだエコタンク搭載モデルに新たなフラッグシップモデルが加わった。日本のニーズに最適化したという「EW-M770T」はどこが変わったのか。(2017/2/8)

エプソン、エコタンクに新フラッグシップモデル「EW-M770T」登場 5色インクで写真印刷も
エプソン販売は、大容量インクタンクを採用したエコタンクシリーズの新モデルとして、染料/顔料の2種類のブラックを含む5色のインクを搭載したA4インクジェット複合機「EW-M770T」を発表した。(2017/2/8)

初の日本専用モデル投入:
エプソン、国内プリンタ事業拡大へ大勝負
セイコーエプソンおよびエプソン販売が、大容量インクタンクを搭載した新製品を投入する。初の日本市場専用モデルということで、同社にとっては国内プリンタ事業の転換に大きな一歩を踏み出すものになるはずだ。(2017/2/8)

「EW-M660FT」モニター企画:
PR:使って実感! エコタンク方式インクジェットプリンタの魅力――10カ月間エプソン「EW-M660FT」を利用した読者モニターの声
ケタ違いの大容量インクタンクを搭載する、エプソンのエコタンク方式インクジェットプリンタ。読者モニター企画の実施から約10カ月が経過した現在を聞いた。(2017/2/8)

オフィスの革新を提案:
毎分100枚印刷 エプソン、高速インクジェット機を投入
セイコーエプソンは、オフィス向けインクジェット複合機の新商品を5月に投入。オフィスに対して、インクジェット機器導入の提案を強化する。(2017/2/2)

エプソンが「100枚/分」の高速印刷ラインインクジェット複合機を投入
「エプソンのスマートチャージ」を製品、販売プランともに拡充。(2017/2/2)

ネット販売のED薬、4割ニセ物 ゴミ溜めで製造、プリンタのインクで着色……飲むと死の危険も
ネット通販にはバイアグラなどED治療薬の偽造品が蔓延。製薬会社の調査によると4割を占めるという。偽造品の服用には死を招くリスクさえある。(2017/2/1)

油性ペンがコスメに? 「マジックインキ」とコラボしたマスカラ&クレンジングオイルが完全に筆記用具
本物のマジックインキと混同しないよう注意……!(2017/1/25)

ブラザー初の全色顔料インクでビジネス文書の画質を向上――A3インクジェット複合機「PRIVIO」新モデル発表会
耐久性を向上し、ファーストプリントも大幅短縮。SMB市場の拡大を目指す。(2017/1/19)

ブラザー、ビジネス文書に適した全色顔料インクを採用するA3インクジェット複合機3機種
ブラザー販売は、同社初となる全色顔料ベースインクを採用するA4インクジェット複合機計3機種の発表を行った。(2017/1/19)

製造マネジメントニュース:
インクジェット事業部を新設、3Dプリンティングなど新規分野へ事業拡大
富士フイルムは、インクジェット技術による事業の拡大を図るため、「インクジェット事業部」を新設する。新事業部の設立により、ヘッド、インク、画像処理を一貫して自社グループ内で開発できるようになる。(2017/1/18)

日立産機システム Gravis UXシリーズ:
産業用インクジェットプリンタにツインノズルモデル登場、最大64ドットの大文字印字に対応
日立産機システムは、産業用インクジェットプリンタ「Gravis UXシリーズ」に、最大8段の多段印刷や従来比2倍速での印字が可能な「ツインノズルモデル」を追加した。(2017/1/18)

皮膚に貼って健康チェック「絆創膏ウェアラブル」 センサーを“印刷”で実現 使い捨ても可能
皮膚に貼り付け、活動量や心拍などを測れる「絆創膏ウェアラブル」を大阪府立大学が開発。ナノ材料などを混ぜたインクで、電子部品を“印刷”するのが特徴だ。(2016/11/24)

「ねこずかん」からネコのイラスト入り名前スタンプが登場! インクは布・プラ・金属などに対応
名前付けがはかどるニャ。(2016/10/27)

エイチアイ exbeans UI Conductor:
エプソンの新型カラリオに採用された組み込み機器向けUIオーサリングツール
エイチアイは、セイコーエプソンのインクジェット複合機「EP-879AW/AB/AR」に、同社UIオーサリングツール「exbeans UI Conductor」が搭載されたことを発表した。(2016/10/19)

太陽光:
新聞より薄い「曲がる」太陽電池、インクジェット印刷で実現
福島大学らの研究グループは、新聞紙より薄い厚さ53ミクロンの結晶シリコン太陽電池の開発に成功した。インクジェット印刷技術を活用した裏面電極型で、安価かつ曲げられる特性がある。(2016/10/11)

これは買い替えのタイミングだ:
PR:家族みんなで使うプリンタの決定版!! 使って分かった「PIXUS TS9030」の実力
キヤノンのインクジェット複合機「PIXUS」が5年ぶりにフルモデルチェンジ。しばらくプリンタを買い替えていない家庭で、最新モデルに置き換えてみるとどんなメリットがあるのか、実際に体験してみた。(2016/10/6)

漫画家の願望をガラス職人がかなえたインク瓶 一般販売が決定
現役漫画家とガラス職人のタッグにより実現しました。(2016/9/30)

エコタンクにも新モデル:
史上最小サイズを実現したA4複合機「EP-879A」など、最新カラリオの特徴まとめ
エプソンが家庭向けインクジェット複合機の最新モデルを投入。2年分のインクタンクを付属する“エコタンク”のラインアップにも新モデルが登場した。(2016/9/2)

エプソン、広色域印刷対応の“Colorio V-edition”新モデルなど家庭用インクジェットプリンタ7機種を投入
エプソンは、家庭用インクジェットプリンタの新モデル7機種9モデルを発表した。(2016/9/1)

商品管理から売れる陳列、盗難防止まで
導電性インク活用の「スマートシェルフ」が小売店舗のIoTを加速する
導電性インクの適用は、小売業者が商品棚にある商品の管理、販売と商品配置の関連付け、窃盗に対する警告を行うのに役立つ。(2016/8/23)

試作価格を5分の1以下に低減:
インクジェット回路のオンデマンド製造――AgIC
プリンテッドエレクトロニクス技術を提供するAgICは2016年8月8日、インクジェット印刷回路のオンデマンド製造サービスを開始した。価格は5000円からで、2営業日での出荷を実現している。(2016/8/10)

四角い小顔にリニューアル:
キヤノン、「PIXUS」プリンタシリーズを刷新 プレミアムデザインモデルの「PIXUS TS9030」が登場
キヤノンは8月9日、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新製品、「TS9030」「TS8030」「TS6030」「TS5030」の計4製品を発表した。2016年9月下旬から発売する。(2016/8/9)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
スマホと一緒に持ち歩きたい、インク不要のモバイルプリンタ「Pomini」
DS GLOBALが開発した「Pomini」(ポミニ)は、コンパクトなモバイルプリンタ。Pominiは印画紙に熱を加えることで印刷できる専用のZinkフォトペーパーを採用。インク不要なのでPomini本体の印刷準備も専用紙を入れるだけと簡単です。(2016/7/22)

インクがびちゃびちゃ飛び跳ねる 「Splatoon」動くLINEスタンプが登場
動くLINEスタンプ「Splatoonとびでるイカスタンプ」を任天堂が発売。(2016/7/7)

カートリッジでエコタンクを追撃:
印刷コストを半分に――ブラザーが大容量インク搭載プリンタを投入
縮小傾向にある家庭向けインクジェット市場。本体価格を下げて販売台数を増やし、インクで収益を上げていくのは難しい時代になりつつある。ブラザーが打つ一手は。(2016/7/5)

ポンポン押すニャ! 猫のイラスト入りハンコ「押すネコ」 インク内蔵タイプで手軽に使えそう!
お店のスタンプカード用にも。(2016/6/29)

生物の色の一部を再現した万年筆インク「海月(くらげ)」発売 涼しげで美しい
タコクラゲ、ムラサキクラゲ、ギンカクラゲなど全5種。(2016/6/24)

材料、プロセス、デバイスを一体的に開発:
4人の研究から始まった山形大発プリンテッドエレ
山形大学有機エレクトロニクス研究センター(ROEL)の時任静士教授と熊木大介准教授らは2016年5月、プリンテッドエレクトロニクスの研究開発成果を事業展開するベンチャー「フューチャーインク」を設立した。時任氏と熊木氏に、今までの研究内容や今後の事業展開について話を聞いた。(2016/6/21)

オムロン:
世界初、樹脂に埋め込んだ電子部品をインクジェット印刷で電子回路にする技術
オムロンは、電子部品を樹脂成形品に埋め込み、インクジェット印刷で接合することで電子回路を形成する技術を開発した。(2016/6/16)

リコー:
薄膜ピエゾアクチュエーター搭載の産業用インクジェットヘッド
リコーは、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した産業用インクジェットヘッドを開発した。(2016/6/15)

「EW-M660FT」個人モニター企画(2):
PR:高価なインクにさようなら! 「エコタンク」搭載モデルで仕事がはかどる!
ITmedia PC USERで実施した「EW-M660FT」個人モニター企画。読者体験リポート第二弾は、英語塾経営者や大学院生の方に、仕事や学業で実際に使ってもらった感想を聞きました。(2016/6/17)

FAニュース:
最大600dpiの高精細印刷を可能にした産業用インクジェットヘッド
リコーは、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した、産業用インクジェットヘッドを開発した。MEMS技術を活用した高集積設計により、320×4列/1280ノズルを搭載。最大600dpiの高精細印刷を可能にしている。(2016/6/8)

「EW-M660FT」個人モニター企画(1):
PR:2年間インクの追加購入が不要に! 我が家で大活躍する「エコタンク」搭載モデル体験リポート
ITmedia PC USERで実施した「EW-M660FT」個人モニター企画。子どもの教材や楽譜の印刷など、さまざまな場面で活躍する「エコタンク」搭載モデル体験記を紹介。(2016/6/17)

CAE事例:
スパコンとOpenFOAMによるインクジェットヘッド解析の成果――CAEの有効性、認められる
セイコーインスツルでは、スーパーコンピュータ(スパコン)とOpenFOAMを使って、インクジェットヘッドの3次元解析をしている。実はスパコンを使う前は、社内でなかなかCAEの有効性が理解されなかったという。そんな中、スパコンに取り組むことになった経緯や、解析事例について話を聞いた。(2016/6/6)

「エコタンク」搭載モデル活用事例(2):
PR:もしも東大研究室が「エコタンク」搭載モデルを使ったら――大量印刷の手間を解消
2年間インク交換不要を実現した「エコタンク」搭載モデルのモニター企画第二弾は東京大学の研究室。医学研究科で生体構造学を研究する吉川教授に「EW-M660FT」の感想を聞いた。(2016/6/8)

ハンダ・接着剤不要で、0201チップにも対応:
樹脂に部品埋め込み→印刷で完成する電子回路
オムロンは2016年6月2日、樹脂に電子部品や半導体デバイスを埋め込み固定し、その上からインクジェット印刷でパターンを印刷し、電子回路を形成する技術を発表した。(2016/6/2)

「プリント基板レス」を可能にする、オムロンの電子回路形成技術
オムロンが電子部品を樹脂プレートに埋め込み、インクジェット印刷で接合することで電子回路を形成する技術を開発した。(2016/6/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。