ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「保険金」最新記事一覧

楽天、社内規定で同性パートナーも「配偶者」に 楽天カード、楽天生命などでも規定改定
楽天グループ5つのサービスでLGBTの人たちに向けた取り組みを実施。(2016/7/25)

同性パートナーも“配偶者” 楽天、社内規定を改定
楽天は7月22日、社内規定上の“配偶者”の定義を「同性パートナーを含む」に改定すると発表した。配偶者に戸籍や在留カードなどのID上の性別が同性であるパートナーも含まれるようになり、同性パートナーでも福利厚生の対象となるようになった。(2016/7/22)

楽天、同性パートナーも配偶者に認定 社内定義を変更、福利厚生の適用対象へ
楽天が、同性パートナーを配偶者に認めるよう、社内規定上の定義を変更。同性パートナーを持つ従業員も福利厚生を受けられるようになる。(2016/7/22)

健康状態に連動した保険開発へ 住生、ソフトバンクなど 3割安も想定
住友生命保険とソフトバンク、南アフリカの保険会社ディスカバリーは21日、契約者の健康状態や運動への取り組みによって保険料を割り引く保険商品の開発に向けて業務提携した。(2016/7/22)

マネーの達人:
保険の加入やレジャー施設の利用も 「労働組合」のお得な割引制度
労働組合は労働問題の相談だけでなく、保険の加入やレジャー施設の割引などお得な制度があります。今回は、労働組合に加入するメリットについて紹介します。(2016/7/8)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第18回 我が社のデータの値段はおいくら? 計算して気づく価値
日頃何気なく使っているデータベース、文書、写真や動画など、デジタルネイティブ世代には空気のような存在であるデジタルデータですが、もしそのデータがなくなったら、損失はいくらになるのでしょうか?(2016/7/6)

満足度向上:
PR:保険金支払い満足度は96.8%! メットライフ生命の「サイエンス」アプローチとは?
国内の生命保険業界は世帯加入率の高さや少子高齢化などを背景に成熟した状況にある。こうした状況で生命保険会社が生き残るためには、顧客満足度をどれだけ高められるかがカギになるだろう。この課題に対して、メットライフ生命が面白い取り組みをしている。それは……。(2016/7/6)

「サイバーセキュリティ保険」を正しく理解する【第1回】
今更聞けない「サイバーセキュリティ保険」の真実、何をどう補償するのか?
セキュリティ対策の重要性が高まる中、万一の被害を想定したリスク移転の有力な手段となるのが、サイバー攻撃などによる被害を補償する「サイバーセキュリティ保険」だ。その現状を整理する。(2016/6/30)

患者の予後の改善にも、もちろんコストダウンにも
医療の質の向上に貢献するBIツール、病院経営に効果の大きい3つの使い道
病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。例えば予測分析を利用して、患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたりすることもできる。(2016/6/13)

Database Watch(2016年5月版):
攻撃者が狙うのはデータベース、それなのに「データベース保護の対策が見落とされがち」ではありませんか?
企業活動において重要なのは何か。セキュリティ対策において「データベースの保護が見落とされがち」と、オラクルは警鐘を鳴らしている。データベースセキュリティの“考え方”をキーパーソンに確認する。(2016/6/1)

SIM通:
SIMフリーにも使える、月700円で3台まで補償「モバイル保険」
さくら少額短期保険株式会社は、スマートフォンなどのモバイル機器の修理費用を月々700円で最大3台分補償する「モバイル保険」の提供を開始した。盗難や水没で修理できない場合の損害も含め、年間10万円まで補償する。(2016/6/1)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの立場から生命保険のアドバイス
新社会人の皆さんに生命保険についてのアドバイス。本稿では、生保についての大切な知識と考え方をしっかり身に着けてもらえればと思います。(2016/5/16)

修理費用を最大3台/年間10万円まで補償する月額700円の「モバイル保険」提供開始
さくら少額短期保険は、スマートフォンやタブレットなどモバイル機器の修理費用を月額700円で最大3台分、年間最大10万円まで補償する「モバイル保険」を提供開始する。(2016/5/12)

月700円で年間10万円まで補償「モバイル保険」 スマホやノートPCなど最大3台
月額700円でスマートフォンやタブレット最大3台の修理費用を年間10万円まで補償する「モバイル保険」が提供開始する。(2016/5/12)

マーケティング自動化、IoTも:
米SASがアナリティクスでSAS言語以外に対応、クラウド対応、API連携進める
米SAS Instituteは2016年4月19日(米国時間)、同社アナリティクス製品群の統合アーキテクチャ「SAS Viya(ヴァイア)」、マーケティング自動化の新製品「SAS Customer Intelligence 360」、IoTソリューション「SAS Analytics for IoT」を同時に発表した。Viyaでは、Python、Lua、Javaに対応する。(2016/4/20)

NY在住ライターのスマートIT活用術:
NYで「副業Uberドライバー」が増加中。人気の陰に“課題”も
NY在住のフリーライター公文紫都が、日々の生活におけるスマートIT活用術を 紹介する当連載。第一弾に続き、NY暮らしに欠かせない『Uber』に関する話題を取り上げます。今回は、ニューヨークで増加中の「副業Uberドライバー」について。副業として人気を集める理由と、その陰に潜む課題に迫ります。(2016/4/15)

損保、IT活用に注力へ 4社新トップ 事業環境急変に危機感
東京海上日動火災保険など、損害保険大手4社のトップの顔ぶれが4月1日、一斉に変わる。(2016/3/29)

データ基盤の新たな要件:
PR:IoT導入の大きな障害、データの“サイロ化”を防ぐソリューションとは?
IoTが普及し始めた今、IoTを支えるシステム基盤では新たな課題が浮上している。それはデータモデルの違いから生まれるデータのサイロ化だ。この対策として注目されているのが、インターシステムズのソリューションである。(2016/3/1)

歯科矯正、レーシック、禁煙治療――これって医療費控除の対象? Q&A25選
サラリーマンでもしっかり確定申告し、活用したい医療費控除。対象になるもの、ならないものをQ&A形式で解説します。(2016/2/9)

美人社長の愛読書は「ナニワ金融道」 取り立て屋から学んだ、怖いけどためになるお金の話
紹介してくれた松元理美さんは、ヨガインストラクター&経営者として活躍中。(2016/2/6)

今年は「ふるさと納税」の扱いに注意――確定申告初心者が陥りやすいミスは?
今年の確定申告は「ふるさと納税」の変化に注意――確定申告初心者が陥りやすいミスや注意点をまとめたアンケート結果をマネーフォワードが発表した。(2016/2/5)

じぶん銀行、ネットで完結する住宅ローンを開始――がん診断確定でローン残高が半分に
じぶん銀行は、スマートフォン/PC経由で契約が完結する住宅ローンを提供開始。がん診断確定で住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」など、4つの団信プランも用意している。(2015/12/1)

ライフネット生命、同性パートナーを死亡保険金受取人に指定可能に
ライフネット生命は、死亡保険金受取人として同性パートナーも指定可能にする。(2015/11/2)

「同性のパートナー」も可 ライフネット生命保険が死亡保険金受取人の指定範囲を拡大
11月4日から同居期間等の一定の条件のもと指定可能に。(2015/10/29)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
もし亡くなったら――いま熱いデジタル遺品(前編)
近い将来に大きな問題となるのが、自分や身近な人が亡くなった時における大切な写真やメール、インターネットサービスなどのデータだ。この「デジタル遺品」について解説しよう。(2015/10/23)

ホワイトペーパー:
仮想化によるBCPとディザスタリカバリの手引き
多くの企業で導入が進む仮想化技術。最近ではビジネス継続やディザスタリカバリといった、リスク管理の視点からもそのメリットが評価されている。仮想化によるBCPとディザスタリカバリの具体的な効果を、事例を交えて解説しよう。(2015/7/7)

人工知能「Watson」が医療・ヘルスケア業界に与えるインパクト “小さなWatson”が遍在する世界とは
「人工知能」や「機械学習」といった言葉が注目を集めていますが、これらが実際に医療やヘルスケア分野で活用されるようになると、どのような変化が起きるのでしょうか。ITヘルスケア学会の講演でIBMの元木剛氏が語った内容を紹介します。(2015/6/16)

AIU保険はなぜ、有事に“平常運転”できるのか
明日、会社に行けないような事態が起こっても、対処できる――。それが“有事に仕事を止めるわけにはいかない”損保の世界のBCP対策だ。ユニークな事業継続の施策で知られるAIU保険に、“備えのポイント”を聞いた。(2015/5/27)

高度な技術と昔ながらの手口のコンボ――情報流出の原因
「基本的な対策を怠っていなければ、攻撃の多くは防止できていたはずだ」とVerizonは指摘する。(2015/4/16)

ドコモ、動物病院の費用を一部補償する「ドコモのペット保険」提供開始――4月1日から
NTTドコモは、ペットの病気やケガでかかった動物病院の費用を補償する、ペット保険サービス「ドコモのペット保険」を提供開始する。(2015/3/23)

自分との関わりは? 業務への影響は?:
5分で分かるマイナンバー
「マイナンバー」という言葉は聞いたことはあっても、自分の生活や業務にどう関わってくるのか、あいまいにしか理解していない人も多いのではないでしょうか。主に民間企業の視点から、何が必要で、何をしてはいけないのか、そして今後の適用領域はどう変化していくかについて説明します。(2015/3/12)

米医療保険大手で8000万人の個人情報流出 加入者らに影響か
Anthemは「最先端の情報セキュリティシステム」を備えていたにもかかわらず、「極めて高度なサイバー攻撃の標的にされ」、保険加入者や従業員の情報が流出した。(2015/2/6)

2015年から相続税負担増! 家族が“争族”にならないためには?
2015年1月の相続税増税を控え、注目が集まる節税のポイントを紹介。(2014/12/25)

今さら聞けない確定申告:
「ふるさと納税」制度がお得だといわれる理由
所得税額を低くするためには所得控除を積み上げることが重要です。しかし、雑損控除、医療費控除、寄附金控除の3つは年末調整をしたサラリーマンでも確定申告が必要になります。(2014/12/16)

au損害保険、ペット保険の契約者向け無料アプリ「ペットの家」リリース
au損害保険から「かかりつけ獣医師ダイヤル」をより便利に使える機能や動物病院の検索機能、ペットの健康記録を時系列で表示する「タイムライン」などを搭載したスマートフォン向け無料アプリ「ペットの家」が登場。(2014/12/3)

マネーの達人:
「保険の約款」を読んで、理解できますか?
あなたは、現在加入している生命保険や損害保険の「ご契約のしおり・約款」を読んだことがありますか? 難しくて読んでいないという人もいるのではないでしょうか。保険商品の約款は商品そのもの。全ての内容が記載されていますから、この機会にぜひ読んでみましょう。(2014/8/12)

マネーの達人:
地震保険料が7月から値上げ――最長5年間値上げを回避する方法
地震保険の始期が平成26年7月1日以降となる契約から、地震保険料が上がります。今回は、保険の見直しと保険料を抑えるための方法を教えます。(2014/5/29)

人ごとではない、自転車事故の高額賠償事例に備え:
月300円から加入できる「家族全員対象の自転車保険」、エアーリンクが発売
自転車はとても便利で手軽な移動手段だが、被害はもとより、自身や家族が加害者になるリスクもある。そんな家族を対象に月300円から加入できる自転車保険が登場した。(2014/5/28)

日産自動車が始めた「ビッグデータビジネス」の狙い
日産は2013年、電気自動車「リーフ」の走行情報を外部企業向けに販売する事業をスタートした。同社にとって初となるビッグデータビジネスの狙いとは――。(2014/3/31)

損保ジャパン、基幹業務システムを日立のPaaSサービスに移行
社内向けと代理店向けのシステムを日立のデータセンター内に構築し、マルチテナントと専有によるハイブリッド構成で利用する。(2014/3/13)

企業事例 運用も保守も外部サービスを利用:
損保ジャパン、基幹業務を日立のクラウド環境で運用へ
損保ジャパンが、契約内容照会や代理店契約状況管理など、基幹業務システムを自社データセンターから日立のクラウド環境に移行、本稼働を開始した。(2014/3/13)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/24)

財産相続トラブルを避けるためにやっておくべきこと
税理士に財産相続を相談するような場合でも、相続人と被相続人の間で十分な話し合いをしていないケースが多いことが分かった。スムーズな財産相続のためには、何が必要なのだろうか。タイムカレント調べ。(2014/2/18)

国内金融機関最大規模のVDI環境を構築:
PR:損保ジャパンが「実績と信頼」を評価した日立のノウハウとは?
国内有数の損害保険会社である株式会社損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)は、本社・営業店の約1万5000ユーザーが利用する大規模なVDI環境を構築した。導入に際しパートナーとして選定したのは日立製作所(以下、日立)。自社導入・運用事例を始めとする豊富な導入実績を評価してのことだという。(2014/1/28)

生命保険のテレビCMは視聴者への“脅し”だった?
テレビCMなどで見かける生命保険に加入するとき、わたしたちは非合理的な行動をとっている? 保険業界を渡り歩いてきた後田亨氏、年金制度を専門とする大江英樹氏に、生命保険加入時に注意すべき点などについてお話を伺いました。(2014/1/23)

女神的リーダーシップ:
信頼関係で結ばれた人々がグループで保険に入る
保険料を抑えながらより大きな安全や幸せを保障する、独創的な仕組みがある。信頼関係で結ばれた人々が合意してグループで保険に加入するというもの。複数の加入者を束ねることにより、巨額の保険金請求があった場合のリスクを分散しようというものだ。(2014/1/21)

保険金詐欺事件も発生、「ペット保険」の需要が高まっているワケ
全国の犬や猫などのペット飼育数は約2100万頭で、今後増加する気配がある。ペットの生涯飼育費のうち約2割は医療費ともいわれており、人間と同様に「ペット保険」に注目が集まっている。(2013/12/27)

伊吹太歩の時事日想:
自殺ドキュメンタリーを作った外国人が「すぐに死にたがる日本人」を語る
「日本人は自殺を美しいものと考えていないか」「日本ではテレビドラマや映画、漫画が、エンターテインメントの要素として自殺を扱っている」――なぜ日本人は死にたがるのか?(2013/10/24)

情シスの横顔:
世界に飛び出せ日本のIT AIU損害保険・古庄さん
外資系保険会社のIT部門というユニークな環境で日本発のプロジェクトを数多く指揮してきた古庄達郎さん。「お客さまと会社のビジネスにITで貢献する」という、その活躍を追った。(2013/5/21)

COBOL資産を「現代化」:
IBMが「COBOL for z/OS」の新バージョン発表、クラウドやモバイル対応を支援
IBMは、System z向けにCOBOLアプリケーションを現代的な環境にマッチさせるための機能を盛り込んだ新しいコンパイラを提供する。(2013/5/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。