ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「Intel P55 Express」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Intel P55 Express」に関する情報が集まったページです。

週末アキバ特価リポート:
5000円引きはザラ――アキバの週末は“一式買い”のチャンス
土日にアキバで買い物をする人のために、特価情報を中心に狙い目のPCパーツ情報をリポートしていく。今週末は1万円切りの2TバイトHDDや最大7000円引きのセット販売が狙い目だ!(2011/11/26)

8万円台のプレミアムモデル:
“ハイスペPC”をできるだけ安く手に入れたい? それなら「LUV MACHINES Lm-i731X2」はどうだろう
マウスコンピューターの「Lm-i731X2」は、Core i7を搭載したオールマイティで使える構成に、27型ワイド液晶を組み合わせても10万円程度で購入できる抜群のコストパフォーマンスが魅力だ。(2011/6/17)

このスペックで10万円台!!:
大画面フルHD液晶を搭載する“格安”Sandy BridgeノートPC――「LuvBook LB-D701X」
マウスコンピューターの「LuvBook LB-D701X」は、1920×1080ドット表示対応の17.3型ワイド液晶に、クアッドコアの第2世代Core iと外部GPU、Blu-ray Discドライブを搭載しつつ、10万円台の価格を実現したハイパフォーマンスノートPCだ。(2011/6/3)

ショップのダメ出し!:
全部込みで10万円――春から始めるPC自作ライフ!(AMD編)
3月、4月といえば新生活のスタートシーズン。新たにPCを購入しようという人も多いはず。完成品のPCを買うのもいいけど、それならいっそ自分好みのPCをイチから自作してみませんか?(2011/3/7)

祝!出荷再開:
7万円台で手に入る“Sandy Bridge”ノートPC――「LuvBook T」の実力
マウスコンピューターの「LB-T500X」は、“Sandy Bridge”こと第2世代Coreプロセッサーを採用し、外部GPUまで搭載しながら8万円を切る15.6型ワイドの新鋭機だ。(2011/3/3)

3Dコンテンツを作ろう!:
クリエイター向けの3D Vision対応フルセット――「MDV-ADS7410S-WS-3DV」を試す
NVIDIAの3D立体視システムを使って、CGや動画を作成するためのPCがマウスコンピューターの「MDV-ADS7410S-WS-3DV」だ。3D対応コンテンツ制作の導入機に最適。(2011/2/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
P67/H67マザーが消えたアキバの現状
各メーカーによるP67/H67マザーの自主回収が行われ、PCパーツショップでは対応マザーのないCPUのみが売られる状態となっている。さて、これでどんな変化が起きた?(2011/2/7)

ドスパラ、デスクトップPC「Prime Galleria」にCore i7-870モデル2製品を追加
ドスパラ、デスクトップPC「Prime Galleria」にCore i7-870モデル2製品を追加(2011/2/3)

P67/H67マザー販売停止:
“Intel 6”に欠陥――アキバに与える影響は?
Intel 6シリーズチップセットに問題が発覚し、アキバではP67/H67マザーボードが一時的に販売停止となった。年明けからの盛況が一転、各ショップの売り場には大きな穴が空く事態に……。(2011/2/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
“Sandy Bridge”の注目度を具現化!――圧倒的な観衆を集めた「Intel Technology Day in Akiba 2011」
Sandy Bridgeの発売にあわせて、インテルが新プラットフォームの魅力をたっぷり伝えるユーザーイベントを実施。新CPUとチップセットの人気ぶりを反映して、会場内は一日中恐ろしいほどの人口密度を保っていた。(2011/1/11)

イマドキのイタモノ:
年の初めは“Sandy Bridge”をグリグリと走らせた
“Sandy Bridge”と呼ばれる第2世代のCore iシリーズが間もなく“正式”に発表されるといううわさ。が、その発表前の新年早々から新世代CPUの性能を検証してしまった!(2011/1/3)

2010年アキバまとめ(PCパーツ編):
6コアよりも次世代GPUよりも、「FF14」が目立った自作PC市場
業界を揺るがす劇的な進化が、その数カ月後には普通の存在になるのがアキバの日常。4コアCPUや2TバイトHDDを最上級から“普通”に引きずり下ろした2010年のPCパーツを振り返ってみよう。(2010/12/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
1枚4GバイトのDDR3メモリが安い
HDDで“8000円以下”といえば、2Tバイトの低価格モデル。そして、メモリでいえば4GバイトDDR3の2枚セットだ。ここ最近は、4Gバイトメモリの値下がりがハンパじゃない。(2010/12/6)

5分で分かった気になる、11月のアキバ事情:
大物のニューフェイスが多かった11月のアキバ
11月のアキバは、GeForce GTX 580カードや3TバイトHDDといった大物パーツが次々と登場して賑わっていたが、月末には老舗店舗の廃業という衝撃も待っていた。(2010/12/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
「“ロム専”の人気を奪えますかね?」――BDXLモデル登場でパイオニア製品が値下げ
1枚100Gバイトを超えるBDXL規格に対応したドライブが出回る一方で、パイオニアは既存のBDドライブを3000円近く下げていた。果たして定番となっている“ロム専”のBDドライブ人気に対抗できるのか!?(2010/11/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「この未来はアリじゃないですか?」――“ハリポタ”入り外付けHDDが登場
最大容量を更新する3TバイトHDDと、7000円台で売り出される2TバイトHDD。さらに、“コンテンツ入りHDD”という新たなジャンルも登場し、毛色の違う3つの方向性から、にわかにHDDが注目を集めている。(2010/11/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「この“人柱”は大勢の役に立ちそう」――3TバイトHDDが登場!
先週は史上最大の3TバイトHDDが登場。グラフィックスカードでは各社のGeForce GTX 580搭載カードが話題をさらった。(2010/11/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
3TバイトHDDなど“カミングスーン”多数の「DIY PC Expo 2010」
週末に開催された自作PCイベント「DIY PC Expo 2010 in Akihabara」には、ウエスタンデジタルの3TバイトHDDやファンレスのmini-ITXケースなど、まもなく登場予定の新製品が多数並べられていた。(2010/11/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPU頂上決戦は「GeForceが先行」しそう
年末年始の目玉として期待されているRadeonとGeForceの次世代ハイエンドGPUだが、それぞれの登場時期に関するウワサがアキバに飛び交っている。どうやら先行はGeForce GTX 580になるようだ。(2010/11/8)

5分で分かった気になる、10月のアキバ事情:
GPU対決を通して2011年が見えた10月のアキバ
“まさかの予定通り”で登場した「Radeon HD 6800」シリーズをはじめ、10月はグラフィックスカードの話題で持ちきりだった。そこで気になるのがGeForceとRadeon両陣営による次世代ハイエンドGPUのリリース時期。年内の“ガチ対決”は?(2010/11/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
“イケメン仕様”の周辺機器で腐じょ……女性層を開拓?
女性向け恋愛ゲーム「薄桜鬼」仕様の無線LANアクセスポイントが登場し、物議を醸している。“萌え”なPCパーツは数あれど、男ばかりのイラストではたして売れるのか。(2010/11/1)

10万円級サーバで何ができる?──ThinkServer TS200vを手軽に使う
サーバというと、導入やら運用やらでなにかと費用と手間がかかる印象がある。だが、専属管理者がいない小規模オフィスでもTS200vなら大丈夫、というがどうかな?(2010/10/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
“表裏一体”のアキバでWindows 7の一周年記念――セブン博&感謝祭
Windows 7の発売1周年を記念して、アキバで「Windows 7博覧会 2010(セブン博)」と「DSP版Windows 7 感謝祭 秋の自作祭り」が同時に開かれた。(2010/10/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
「すごいぜAMD、ちゃんと来た!」――Radeon HD 6800シリーズが一斉に登場
直前まで「早くて11月……?」と言われていた、AMDの次世代GPU「Radeon HD 6000」搭載カードがいきなり登場した。そして、ショップは苦笑いを浮かべる。(2010/10/25)

サイコム、OSレスで3万円台からのBTO対応デスクトップ「Radiant E388P55」
サイコムは、Core i3〜i7搭載に対応したBTO対応のエントリーデスクトップPC「Radiant E388P55」を発売する。(2010/10/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「GeForceもRadeonも、しびれさせてくれるぜ……いろんな意味でな!!」
オリジナルクーラーを搭載したGeForce GTX 480カードと、エントリークラスのGeForce GT 430搭載カードが好調な滑り出しをみせる一方、Radeonも安定した人気を誇っている……が、若干の買い控えが起きている!?(2010/10/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
mini-ITXがメインマシンでもいいじゃないですか
mini-ITX初のSATA 3.0対応マザー「MINIX 890GX-USB3」がアキバに登場し、“ちっちゃくても最強”を目指すユーザーの注目を集めている。(2010/10/12)

5分で分かった気になる、9月のアキバ事情:
FF14が圧倒的な影響力を示した9月のアキバ
ついに発売されたFF14がグラフィックスカードやショップブランドPCの売れ行きを大きく左右し、キラーコンテンツぶりを発揮。最初の波が去ったあとの変化も小さくなく、1カ月を通して存在感を放っていた。(2010/10/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMD800系マザーが1980円とか……」――低価格マザーに熱視線
新型Atom搭載で8000円台、Socket AM3対応で6000円以下のmini-ITXマザーが登場。割安感からどちらも好調に売れているが、それ以上にお得感にあふれたマザーもあるらしい。(2010/10/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「とりあえず年末くらいまで見えてきそう」――PC-DIY EXPO 秋の陣
PCパーツの総合イベント「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 秋の陣」が開かれた。協賛各社のブースには、今秋の投入を予定されているさまざまな新製品が並び、担当者は“少し先”を見据えていた。(2010/9/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
「待つしかない。次のビックウェーブを」――フタが開いた後のFF14事情
「ファイナルファンタジー XIV」のPC版コレクターズエディションがアキバ中で売られている。予約と深夜販売でコア層のニーズを満たした直後、一部のショップは浮かない表情を……。(2010/9/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバで深夜販売まで計画される「FF14」のスゴい人気
「ファイナルファンタジー XIV」のPC版コレクターズエディションが9月22日に発売される。その直前のアキバには同ゲームのポスターやロゴがあふれており、特需といえる状態で盛り上がっていた。(2010/9/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce、1万円台の逆襲!――「GeForce GTS 450」搭載カードが登場
勢いを取り戻した「GeForce」だが、低価格帯では「Radeon」の牙城を崩せずにいる。そこに満を持して現れたのが、新GPU「GeForce GTS 450」を搭載したグラフィックスカードだ。(2010/9/13)

5分で分かった気になる、8月のアキバ事情:
暑い夏に熱い個性派パーツが出回った8月のアキバ
お盆シーズンなど関係ないように、8月のアキバは注目パーツが次々と店頭に並んでいった。振り返ると、ジャンル全体のブームよりも“個性派パーツ”が単発で目立ったようだ。(2010/9/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
「実用的なキワモノって感じで人気」――ASRock製マザーを扱うショップが増える
先週末からASRock製マザーボードを取り扱うショップが一気に拡大した。その背景には新たな代理店契約とASRock製品のイメージ向上があるようだ。(2010/9/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「小型PC関連に“いい風”吹きすぎ」――DDR3対応Atomマザーや1万円切りのWHSが目立つ
DDR3に対応する最新Atomを搭載したmini-ITXマザーが登場し、Windows Home ServerやSSDが低価格で販売されるなど、サーバ関連の選択肢がググッと魅力度をアップさせている。(2010/8/30)

KOUZIRO、Core i5/7採用のマイクロタワー型PC「GX-P」シリーズ
KOUZIROは、Core i5/7採用のマイクロタワー型PC「GX-P」シリーズを発売した。Core i5-750(2.66GHz)搭載の標準構成で価格は7万9980円。(2010/8/26)

テクノロジー最前線(2):
普及目前USB 3.0に暗雲? 下位互換性ない未認証品出回る
ルネサス エレクトロニクスがUSB 3.0の先行きに警鐘を鳴らす。“USB 3.0対応"をうたいながら実は未認証のUSB 3.0コントローラを搭載し、下位互換性が確保されていない機器が市場に登場。「USB 3.0は使えない」の風評が広がる恐れがある。(編集部)(2010/8/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
“色々な意味”で話題の「870A Fuzion」がデビュー
GeForceとRadeonが混在できるMSI「Fusion」シリーズのAMDチップセット版がはじめて登場したが、お盆明けまでチップセットの仕様が明らかにならない特殊な事情で、ちょっとした混乱が起きていた。(2010/8/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
「お盆は“デカイやつ”が売れますぜ」――2010年お盆のアキバ
ASUSTeKのRadeon最強カード「ARES/2DIS/4GD5」が週末に滑り込み、Antecのフルメッシュミドルタワーケース「LANBOYAIR」が8月14日から一斉発売されるなど、お盆真っ只中でもアキバの新製品は止まらなかった。(2010/8/16)

イマドキのイタモノ:
出荷直前! MSI「P55A Fuzion」を画像でチェックする
「手軽に異種混合マルチGPU環境で遊べる!」と期待のモデルが、“予想に反して”夏休みに登場する。まずは、入荷したばかりの「姿」から紹介しよう。(2010/8/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
お盆シーズンに「品薄要注意」な人気パーツは何?
SSDにグラフィックスカード、電源ユニット……欲しいときに手に入らない「品薄要注意」のパーツを新製品とともに紹介しよう。(2010/8/9)

新旧「iMac」を比較(後編):
新型「iMac」はWindowsでも“最強”のオールインワンか
レビューの後編では、Windows環境下で新型iMacのベンチマークテストを実施する。21.5型と27型の差は? 価格据え置きで性能はどこまで強化された? FF14は動く?(2010/8/9)

5分で分かった気になる、7月のアキバ事情:
「Radeon」対「GeForce」の行方は? FF14が話題を集めた7月のアキバ
ギガバイト製品を扱う代理店の変化やEVGA製品の増加、日立GST製リテールHDDの登場など、売り手の変化が目立っていた7月。商品の主役はグラフィックスカードで、FF14特需にわくRadeon陣営を、GeForce陣営が盛り返す動きもみられた。(2010/8/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「USB 3.0とSATA 3.0が第2形態に入ったようです」
USB 3.0対応のビデオキャプチャユニットや、1.8インチで初のSATA 3.0対応SSDなど、新規格を便利に使えるPCパーツが続々と登場している。(2010/8/2)

GeForceかRadeonか:
FF14を余裕でこなすグラフィックスカードは?――「G-Tune」でまとめて検証
期待の新作MMORPG「FINAL FANTASY XIV」ことFF14。これを満足にプレイするにはかなりのスペックが要求されるらしい。となれば、マウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune」の出番である。色々なGPUの組み合わせで公式ベンチマークを試した。(2010/7/29)

MSI、自社製品のベンチマークテスト公開Webページを開設
エムエスアイコンピュータージャパンは、「いま人気のゲームベンチマーク」で自社製品を測定した結果を公開するWebページをオープンした。(2010/7/27)

MSI、USB 3.0搭載のX58採用ATXマザー「X58A-GD65」など2製品
エムエスアイコンピュータージャパンは、Intel X58チップセットを採用したATXマザーボード「X58A-GD65」など2製品を発表した。(2010/7/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
安売りの向こう側へ――適正価格を望む「売る側」の戦い
日立GSTがリテールパッケージのHDDを投入し、アスクは一部のXFX製カードの返品キャンペーンを開始している。この2つの動きにはちょっとした共通点があるとかないとか……。(2010/7/26)

2010年、真の「モバイルPC元年」到来:
PR:「2010 インテル® Core™ プロセッサー」がもたらす、モバイルノートPCの劇的な進化
高速、長時間動作、モバイル通信環境……モバイルノートPC環境は、新世代の「2010インテルCoreプロセッサー」で大きく進化を遂げた。今までとは何が違うか、何がすごいのか、インテルの技術とモバイルノートPCの“今”を「10のポイント」に分けて解説する。(2010/7/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。