ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel Z97 Express」最新記事一覧

古田雄介アキバPickUp!:
Radeon RX 460登場! お盆王者のGTX 1060に迫れるか!?
新世代RadeonのミドルレンジGPU「RX 460」を搭載したグラフィックスカードが店頭に並び、まずまずの売れ行きをみせている。また、ASUSTeKからはR.O.G.10周年記念の怪物マザーが投入された。(2016/8/15)

“これから”のゲーミングPCを買うなら:
爆速でも冷える! Skylake+GTX 980搭載のダブル水冷モデル「NEXTGEAR i650PA2-SP」徹底検証
ゲーミングPCブランド「G-Tune」にラインアップされる「NEXTGEAR i650PA2-SP」は、最新かつ最高峰のパーツで固めた構成に水冷システムを導入した注目のモデルだ。(2015/11/4)

週末アキバ特価リポート:
アキバのHDD特価が「WD Green」で加速する!?
9000円切りの3TバイトHDDが複数みられる週末。今後この傾向が、終了する「WD Green」の放出特価などで強まるといった声も。(2015/9/19)

小さいけど可能性はでかい:
短いくせに強力だ! 「Radeon R9 Nano」の15センチな高性能を試す
“Fiji”グラフィックスカードリファレンスデザイン「Radeon R9 Nano」は上位モデルのスペックとパフォーマンスでコンパクト化を実現。その実力を紹介しよう。(2015/9/11)

すべてが新しく、高性能:
Skylake×Windows 10の先進ゲーミングマシン「NEXTGEAR i650」の実力
「Windows 10」に続いて、開発コードネーム「Skylake」ことIntelの新世代CPU、および新世代チップセットが発表された。これら最新システムをいち早く採用したゲーミングPCが登場した。(2015/8/11)

潤沢になるのは10月ごろ:
「Z170マザーに一気移行」──Skylakeイベントでパーツベンダーに出荷見通しを聞いてみた
インテルが秋葉原でSkylake発売記念イベントを実施。“Z170”モデルの展示で参加したマザーボードベンダーの関係者が注目モデルの日本出荷予定を明らかにした。(2015/8/8)

週末アキバ特価リポート:
Windows 10マシンを組む人はお盆後の“空白期間”に要注意
新CPU「Skylake」に沸く自作PC街だが、お盆過ぎにガクンと品薄化する予測が流れている。また、Z97マザーの在庫も急速に減っており、割安さで旧世代を狙えるのももう少しだけ……という状況だ。(2015/8/8)

動画編集も大量のRAW現像も:
HPの最上位級ゲーミングPC「ENVY Phoenix 850」のゲームだけじゃない性能をチェックする(後編)
ゲームユーザーだけでなくクリエイターにも注目してもらいたいHPのタワー型最上位モデル。今回は、“Haswell-E”世代CPUと内蔵水冷ユニットの実力に迫る。(2015/8/5)

自由自在なLED設定にも注目:
HPの最上位級ゲーミングPC「ENVY Phoenix 850」のゲームだけじゃない性能をチェックする(前編)
ゲーミングPCというには気品を感じさせるデザインのENVYは、ゲームユーザーだけでなく、クリエイターにも注目してもらいたいタワー型PCだった。(2015/8/4)

週末アキバ特価リポート:
Windows 10の販売予約スタート! その裏でWindows 8.1も品薄の懸念
Windows 10の販売予約が始まった裏で、従来バーションのDSP版Windowsの在庫が急速に品薄化している。顕在化しているのはWindows 7だが、8.1もうかうかしていられない!?(2015/7/25)

この時期に「省電力とグラフィックスの重視」は正解か:
「Core i7-5775C」が“C”である理由を検証する(前編)
6月のCOMPUTEX TAIPEI 2015に合わせてデスクトップPC向けBroadwellが登場。インテルが「KではなくC」と説明するその理由をベンチマークテスト結果で考える。(2015/7/23)

PCゲーマーのためのパソコン選び:
ショップの達人に聞く! 「蒼天のイシュガルド」を遊び尽くす構成はコレ!
アキバのベテラン店員に「FF14向け」のおすすめ構成を聞いた。さらに“FF14”にかけて7月末まで最大1万4000円引きの読者限定クーポンを用意してもらったぞ! イイ、すごくイイ……。(2015/7/20)

PC USER 週間ベスト10:
「Apple Watch」以前のスマートウォッチを知っていますか?(2015年7月6日〜7月12日)
今回のアクセスランキングは、Windows 10アップグレード情報、次期iPhoneのウワサ、VAIO Pro 13 | mk2、スマートウォッチの歴史などが上位に並びました。(2015/7/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
Z97マザーの特価ラッシュに「Skylake」の影
先週から複数のショップでZ97マザーの大幅値下げや割引キャンペーンが実施されている。主流の上位が大売り出しされるとき、そこにはいつも次世代の影がちらつく。(2015/7/6)

サイコム、ASUSマザーを最大4000円引きで選べる「ASUS Z97マザーボードキャンペーン」
サイコムは、同社製BTOデスクトップPC購入時にASUS製マザーを最大4000円引きで提供する「ASUS Z97マザーボードキャンペーン」を開始する。(2015/7/3)

ベストバランスで4Kゲームを目指せ:
“GTX 980 Ti”を使い倒したいからドスパラの「GALLERIA XI」を試してみた
GeForce GTX 980 Tiが登場して、ゲーマー界隈が賑わっている。その注目の最上位GPUを搭載しつつ、価格もギリギリまで抑えた高コスパゲーミングPCが登場した。(2015/7/3)

これが“4096”の性能だ:
“Fiji”と“HBM”の実力を「Radeon R9 Fury X」で知る
AMDの新世代GPU“Fiji”を搭載したグラフィックスカードの最上位モデルでベンチマークテストを走らせる。AMDの新技術は“GTX 980 Ti”を圧倒できるのか?(2015/6/30)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
GTA Vが4K&最高画質で快適に動く! 「GeForce GTX 980 Ti」の“微妙”な立ち位置を考察する
GeForce GTX 980の1つ上にある「GeForce GTX 980 Ti」が登場。“Ti”に期待する一方で“微妙”な仕様が気にところだ。果たして実力はいかほどなのか?(2015/6/1)

ASUS、通常より最大10%速い“USB 3.1 Boost”搭載のX99/Z97マザーボード3製品
ASUSTeKは、USB3.1ポートを標準搭載したIntel X99/Z97チップセット採用ATXマザーボード計3製品を発表した。(2015/5/22)

東芝A19ナノプロセスMLCの実力は?:
MLCで960Gバイト!──OCZのハイエンドSSD「OCZ Vector 180」を試す
OCZのハイエンドSSDに新シリーズが登場した。大容量モデルを追加したほかにも、PFM+による保護機能で長期間使用でもパフォーマンスは低下しないという。(2015/5/21)

サイコム、ゲーミングPC「G-Master」に“BATTLEFIELD HARDLINE”推奨カード搭載モデル3製品を追加
サイコムは、同社製BTOゲーミングPC「G-Master」シリーズのラインアップに「BATTLEFIELD HARDLINE」推奨グラフィックスカード搭載モデルを追加した。(2015/5/11)

重ければ重いほど力を発揮:
「GX7J-D63/ZE」で“2枚差し”の実力を再確認する
TSUKUMOのゲーミングPCハイエンドシリーズG-GEAR neo でSLIモデルは、税別19万9800円という“購入しやすい”モンスターゲーミングPCだった。(2015/4/30)

TSUKUMO、最上位ゲーミングPC「G-GEAR neo」シリーズにGeForce GTX TITAN X搭載構成を追加
G-GEARの最上位ラインアップにNVIDIAの最上位GPUを搭載する構成が登場。すべてにおいて最上位な環境でヘビーなゲームが爆速で動く。(2015/3/31)

いま手にできる最強のパフォーマンスを楽しむ:
NVIDIA最高級GPU「GeForce GTX TITAN X」の“150%”な実力を試す
NVIDIAがMaxwell世代のシングルGPUで最上位モデルとなる「GeForce GTX TITAN X」を発表した。GeForce GTX 980を超える最強Maxwellの実力を検証しよう。(2015/3/18)

MSI、USB 3.1ポート搭載のZ97ゲーミングマザー3製品を発表
エムエスアイコンピュータージャパンは、最大10Gbpsの高速転送を可能としたUSB 3.1ポートを標準搭載したZ97マザーボード計3製品を発表した。(2015/3/13)

週末アキバ特価リポート:
4Kディスプレイが4万円切り――BUY MORE秋葉原本店の2周年セール
4K解像度に対応したディスプレイを3万9744円、GeForce GTX 980カードを5万9378円、A88XマザーとA10-6800Kのセットを1万5000円で売るなど、BUY MORE秋葉原本店の2周年記念セールが熱い!(2015/3/7)

GTX 960搭載で高コスパ:
最新の定番構成で固めた高性能タワーマシン「MDV-GZ7550X」を駆る
マウスコンピューターのタワー型ハイエンドモデル「MDV-ADVANCE」シリーズにNVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 960」を搭載したモデルが登場。クリエイティブ用途からゲームまでオールラウンドに使えてコスパ抜群!(2015/2/27)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月26日〜2月1日):
ASUSのIntel H97搭載ATXマザーボードが30週連続トップを記録(2015年1月第5週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第5週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月19日〜1月25日):
アイ・オーのアナログRGB出力対応ディスプレイアダプタが首位に返り咲く(2015年1月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
高いけどカッコイイ! 超高級デザインケース「S-Frame GOLD」がアキバで話題
デザイン性と価格が飛び抜けたPCケース「S-Frame GOLD」がIN WINから登場した。過去の名品と同じく「高いけれど売れそう」と期待されている。(2015/2/16)

MSI、モノクロ配色デザインのZ97チップセット採用ATXマザー「Z97S SLI Krait Edition」
エムエスアイコンピュータージャパンは、Z97チップセットを採用するATXマザーボード「Z97S SLI Krait Edition」を発表した。(2015/2/13)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月12日〜1月18日):
ホコリに強いファンを搭載したASUSのGeForce GTX 750 Ti搭載グラフィックスカードがトップ(2015年1月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/10)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月5日〜1月11日):
ゲーミングモデルが人気 MSIのGeForce GTX 970搭載グラフィックスカードが首位(2015年1月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/3)

これはいいものだ:
高性能なのに超静音――デュアル水冷ゲーミングPC「G-Master Hydro-Z97」
サイコムのデュアル水冷モデルがリニューアル。フラクタルデザインの最新ケースを採用した「G-Master Hydro-Z97」をチェック!(2015/1/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月29日〜1月4日):
ZOTACのグラフィックスカードが好調 GeForce GTX 750 Ti搭載モデルが首位(2015年1月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/1/27)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月15日〜12月28日):
ゲーミングモデルが売れ筋 MSIのGeForce GTX 970搭載グラフィックスカードがトップ(2014年12月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年12月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/1/20)

MSI、M.2スロットも装備したMini-ITXゲーミングマザー「Z97I GAMING ACK」
エムエスアイコンピュータージャパンは、Mini-ITXゲーミングマザーボード「Z97I GAMING ACK」を発表。従来モデル「Z97I GAMING AC」からM.2スロットの追加などを行ったマイナーチェンジモデルだ。(2015/1/16)

2015 CES:
MSI、ハイエンドゲーミングノートを大量公開
ノートPCの新モデル公開が相次いだ2015 CES。MSIも得意とするゲーミングノートPCで新モデルを多数発表。FFファンフェスで公開したCherry茶軸ノートも登場した。(2015/1/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月15日〜12月21日):
首位に返り咲くアイ・オーのアナログRGB出力対応グラフィックアダプタ(2014年12月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年12月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/1/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
連結可能なキューブ型ケースが近日登場!
1月末に登場予定のmicro ATXタイプのキューブ型ケース「Core V21」がオリオスペックで展示中だ。ほかにもソフト素材の3Dプリンタ用フィラメントが登場するなど、年初から楽しみを広げる製品がショップを賑わせている。(2015/1/13)

RAID 0で1Gバイト/秒:
4Tバイトの「Caviar Black」をベースにしたSATA Express対応ハイブリッドドライブ最新版をWDが公開
CES 2015の開催に先駆けて、Western DigitalがSATA Express対応ハイブリッドドライブの最新版を公開。RAID 0構成で1Gバイト/秒の性能をデモした。(2015/1/8)

2014年のアキバまとめ前編:
XPマシンの代わりに小型の7マシンを組む雰囲気に
自作PC街としての「アキバの2014年」を前編/後編に渡って8大トピックで振り返る。前半の4テーマは「Kaveri」と「消費税×XP終了」「ベイトレ」そして「Haswell Refresh&Intel 9シリーズ」だ。(2014/12/30)

PC USERアワード:
2014年下半期に異彩を放ったPCパーツたち
チップセットではIntel 9シリーズが登場し、GPUでは、Maxwellが立ち上がった自作PCの世界。下半期で注目のPCパーツたちを紹介する(PC USER 20周年特別企画)。(2014/12/29)

アユート、Supermicroのゲーミングマザーボード「C7Z97-M」
高品質サーバ向けマザーボードで有名なSupermicroのゲーミングmicro ATXマザーボードが登場する。(2014/12/25)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月1日〜12月7日):
根強い人気 アイ・オーのアナログRGB出力対応グラフィックアダプタが首位(2014年12月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年12月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/12/24)

先代の840 EVOとじっくり比較:
「Samsung SSD 850 EVO」徹底検証――“3D V-NAND”搭載で5年保証の主力モデルは買いか?
2014夏に個人向けハイエンドSSDで初めて採用した3次元NANDフラッシュメモリが、早くも普及価格帯の主力モデルに入ってきた。先代モデルと比較しながら、その実力に迫る。(2014/12/16)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年11月24日〜11月30日):
首位はASUSのGeForce GTX 750 Ti搭載モデル グラフィックスカードに大きな動き(2014年11月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年11月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/12/16)

ASUS、高耐久Z97マザー「SABERTOOTH Z97 MARK 1」の“グレー迷彩”基板モデルを発売
ASUSTeKは、同社製のIntel Z97チップセット採用マザーボード「SABERTOOTH Z97 MARK 1」のバリエーションモデル「SABERTOOTH Z97 MARK S」を発売する。(2014/12/12)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年11月17日〜11月23日):
消えないグラフィックアダプタ需要 TOP10の半分を占拠(2014年11月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年11月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/12/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
超小型キットと別の売れ方をする極小PCたち
マウスコンピューターのスティック型PC「m-Stick」やECSのOS入り「LIVA」の販売が始まった。そのほか、冬ボの鉄板マザーと目される「Z97-PRO GAMING」も一部のショップで話題となっている。(2014/12/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。