ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「通訳」最新記事一覧

PR:海外旅行の強い味方に――電話で通訳してもらえる「J-TALK Travel」を活用しよう
海外旅行で不安に感じる「言葉の問題」を解決してくれるサービスが「J-TALK Travel」。アプリから電話をかけてオペレーターに通訳してもらえるので、会話に自信がないときでも安心。荷物の盗難や紛失など、いざというときのコミュニケーション手段にもなる。(2016/8/31)

「こんにちは、貞子です」 「あ゛ぁ゛あ゛あ゛あ゛」 貞子と伽倻子が政見放送で激突 得票数が拮抗中
通訳は一体何者なんだ……。(2016/5/12)

通訳をいつもすぐそばに:
白馬村に降臨、通訳女神 民宿×ITでつながる“おもてなし”の心
ITを活用してコミュニケーションの壁をなくす――。長野県スキー連盟は訪日外国人の対応に多言語通訳システム「V-CUBE トランスレーター」を導入した。その効果とは。(2015/9/7)

Skype同時通訳、プレビューが誰でも利用可能に
Microsoftがこれまで招待制で提供してきたSkypeの音声同時通訳アプリ「Skype Translator」(プレビュー)がWindows 8.1以降搭載端末で誰でもダウンロードできるようになった。まだ日本語には未対応だが、英語や中国語など数カ国語で使える。(2015/5/13)

「Google I/O 2015」のリアルタイム視聴イベント開催――日本語への同時通訳も
Googleの開発者向け会議「Google I/O 2015」に合わせ、世界各地でリアルタイム視聴イベント「I/O Extended」が開催。日本ではセッションの日本語同時通訳も提供する。(2015/4/30)

NEWS
1分単位で利用できる通訳サービス ブレインプレスが発表
円安やビザの拡大で増加している訪日外国人。同時に、多言語サービスの需要が増えている。ブレインプレスは、こうした需要に対し、1分単位で使えるクラウドベースの通訳サービスを発表した。(2015/4/20)

NEWS
会議の発言をリアルタイムにテキスト化、富士通が聴覚障害者支援アプリ
筆記通訳などの情報伝達手段がない会議では、聴覚障害者が議論の内容をリアルタイムに把握することは難しい。富士通は、音声認識を活用した会議の情報共有アプリケーションを発表した。(2015/4/14)

Skype翻訳、中国語とイタリア語をサポート
Skypeで異なる言語を話すユーザー同士の音声通話を同時通訳する「Skype Translator(Skype翻訳)」が、英語とスペイン語に続けて中国語(北京語)とイタリア語をサポートした。(2015/4/9)

NHK「あさイチ」で通訳さんまで大号泣 「マッサン」に感動し出演者にハンカチ配布の記録更新(ねとらぼ調べ)
NHK連続ドラマ小説「マッサン」に出演する玉山さんとシャーロットさんが出演。エリーとマッサンの感動のシーンで涙止らず。(2015/3/27)

ノリノリすぎる手話通訳者が全力でコンサートを通訳した結果、誰が主役だか分からなくなったと話題に
ノリノリ手話ニキ「今日は俺のギグに集まってくれてありがとう!」。(2015/3/18)

海底からの戦艦「武蔵」中継、ニコ生で同時通訳付きで放送
専門家による英語の解説を日本語音声で同時通訳する。(2015/3/12)

医療IT最新トピック
外国人患者へのおもてなし強化を目指す浦添総合病院、リアルタイム通訳を実現
「データヘルス計画」支援でのDeNAと住友商事の提携、浦添総合病院のリアルタイム通訳サービス導入、大阪市天王寺区のスマホ向け子育て情報アプリの提供開始など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/2/12)

BIGLOBE、テレコムスクエアが提供する訪日外国人向けプリペイドSIMの販売を支援
BIGLOBEは、テレコムスクエアが訪日外国人向けに提供する電話通訳サービス付きプリペイドSIMカード「Wi-Ho! Prepaid SIM」にサービス基盤を提供し、販売を支援。(2015/2/10)

タブレットで使える:
沖縄の病院で活躍する“ビデオ通訳”サービス、外国人患者の診察がスムーズに
外国人が日本で診療を受けようとすると言語のカベが問題になりがちだ。沖縄県の浦添総合病院は、観光客など外国人患者とのコミュニケーションを円滑にするために、タブレットを使った通訳サービスを導入したという。(2015/2/6)

Skypeより一足先に:
Google、Android/iOS版翻訳アプリの画像と会話の“同時通訳”機能を正式発表
AndroidおよびiOS版のGoogle翻訳に、Microsoftが昨年発表したSkypeの同時通訳機能と同じような音声翻訳機能と、カメラに写した看板のテキストなどをそのまま希望する言語に変換する機能が追加される。(2015/1/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10にCortana追加、Skype同時通訳、Office新ツール――2015年に注目のMicrosoft新技術
流出したWindows 10 Techinical Previewの「Build 9901」には、パーソナルアシスタント機能の追加、設定メニューやアプリの変更などが見られる。Skypeの同時通訳プレビューや、Officeの新ツールも含め、2015年に注目のMicrosoft新技術を見ていこう。(2014/12/17)

Skype同時通訳のプレビュー開始 まずは英語/スペイン語から
Skypeの音声同時通訳機能「Skype Translator」のプレビュープログラムが、リクエストの多かった英語←→スペイン語でスタートした。(2014/12/16)

Skypeの音声通訳機能、Windows 8.1以降でのβテスター募集開始
Microsoftが5月に発表したSkypeの同時通訳機能「Skype Translator」のプレビュープログラムが年内にスタートする。まずはWindows 8.1以降を搭載する端末で、リクエストの多かった言語で利用できるようになる。(2014/11/4)

The Microsoft Conference 2014レポート:
声をテキスト化「Azure Media Indexer」、夢のリアルタイム通訳「Skype Translator」も近々
Microsoftエバンジェリストの西脇氏が、Azure上で動く「Azure Media Indexer」を紹介。Azureのクラウド基盤を軸に「リアルタイム通訳」まで想定できる。(2014/10/23)

「目と耳が不自由な友人にもW杯を見てもらいたい」ブラジル手話通訳者の考えた実況方法がすごい
リアルタイムに大盛り上がり。(2014/6/26)

Microsoft、Skypeの通訳アプリを年内にβ提供へ
「Skype Translator」は、例えば米国人とドイツ人の動画チャットで英語←→独語の音声での翻訳を介した会話を実現する。年内にWindows版Skypeにβ機能として追加される見込みだ。(2014/5/28)

スマホが同時通訳者に ビデオチャット通訳アプリ「LACU」
ビデオチャットを使って同時通訳者を呼び出せるアプリ「LACU」が登場した。(2014/5/2)

ディズニー映画が英語学習に最適な3つの理由
ディズニー映画が英語学習に最適だという、元同時通訳者の飯田百合子さん。彼女の著書から、ディズニー映画を語学学習で使うメリットを3つ紹介します。(2014/4/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
プロスポーツ選手の活躍を陰で支える通訳という存在
セリエAのACミランに入団した本田圭佑選手についてチーム幹部は「ホンダは専属通訳を付けない」と語った。世界で活躍するプロスポーツ選手にとって専属通訳の存在意義とは?(2014/1/9)

昭文社、専門オペレーターが通訳してくれる海外旅行用アプリ「SmartTrip」
昭文社とアシストオールは海外旅行者向け通訳アプリ「SmartTrip」をリリースした。日本語音声を多言語に自動翻訳する「音声翻訳」機能に加え、専門オペレーターが直接通訳してくれる「電話通訳」機能を搭載した。(2013/8/2)

導入事例:
東京都北区、5カ国語対応のクラウド型ビデオ通訳サービスを導入
外国人住民向けサービスの向上や窓口業務の効率化などを目的に、NECのサービスを採用している。(2013/7/2)

「銃・病原菌・鉄」のジャレド・ダイアモンドさん来日 記念講演をライブ配信
著書「銃・病原菌・鉄」で1998年度のピューリッツァー賞を受賞したジャレド・ダイアモンドさんが、新作「昨日までの世界〜文明の源流と人類の未来」刊行にあわせて来日。日本科学未来館で行う講演を同時通訳付きでライブ配信する。配信は2月11日14時30分〜。(2013/2/6)

ad:tech tokyo 2012 レポート:
企業がディナーパーティーに呼んでもらうには――ad:tech tokyo 2012 オープニングキーノート:米Facebook 取締役 Mark D'Arcy氏
東京国際フォーラムで開催中のad:tech tokyo 2012。オープニングのキーノートセッションが行われたB7ホールは立ち見が出るほどの満員で、急遽、B棟5階に同時通訳付きのサテライト会場が設置された。4000人を超える参加者の興味を惹きつけたのは、米Facebook 取締役 Mark D'Arcy氏だった。(2012/10/30)

「iPad mini」登場か? Appleのイベント内容を日本語通訳、Macwebcaster.com
「iPad mini」登場か? と噂されている米Appleのメディアイベントに合わせ、「Macwebcaster.com」が非公式の同時通訳番組をUstreamなどで配信。メディアイベントに招待されたApple系・ガジェット系サイトの速報をもとに、発表内容を日本語で紹介する。配信は10月24日1時30分〜。(2012/10/17)

通話音声を自動通訳する「はなして翻訳」 ドコモ、スマホ向けに
ドコモは、スマートフォンから発話した日本語の通話音声を、相手方の電話で英語か中国語、韓国語に自動通訳して再生するサービス「はなして翻訳」の正式サービスをスタートする。(2012/10/1)

ついに「iPhone5」が発表!? macwebcaster.com、Appleのイベント内容を同時通訳配信
Appleの新製品発表会に合わせたライブ番組をmacwebcaster.comが配信する。Apple系・ガジェット系サイトのテキスト中継を日本語に通訳して届ける。現地の映像は流れない。配信は9月13日1時0分〜。(2012/9/5)

世界を股にかける!──A global player!:
通訳の重要性
国際的な交渉や会議の場面において、優秀な通訳がいるのといないのとでは、その結果は大きく異なります。通訳を雇う際の注意点などを紹介します。(2012/7/12)

三木谷社長「もう社員に通訳必要ない」――楽天が“英語公用語化”本格スタート
「すでに社内会議の80%が英語で行われるようになった」――楽天の三木谷社長が“社内公用語の英語化プロジェクト”について会見し、これまでの成果と今後の展望を語った。(2012/7/3)

Mobile Asia Expo 2012:
2012年冬モデルではFeliCa/NFC対応スマホが登場――海外との連携も展開するドコモ
Mobile Asia Expoのドコモブースでは、海外ユーザーとも関連の深いNFCや通訳電話、また環境センサーネットワークを使った技術などを紹介していた。(2012/6/22)

いよいよ「WWDC 2012」 基調講演の内容を通訳してライブ配信、macwebcaster.com
米Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2012」に合わせた、macwebcaster.comによるライブ番組。WWDCの基調講演が公式にライブ配信される場合は、その英語音声を日本語に同時通訳して届ける。公式配信がない場合は、WWDCを取材しているガジェット系サイトのテキスト中継を翻訳する。配信は6月12日1時0分〜。(2012/6/4)

ドコモ、「通訳電話サービス」の第2回試験提供を開始――10カ国語に拡充
ドコモが「通訳電話サービス」の第2回となる試験提供を開始し、モニター数や対応言語を拡充する。同サービスでは離れた相手に他言語で通訳しながら通話したり、端末1台を使ってその場で通訳した内容を外国人に伝えたりできる。(2012/5/14)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
「サービス残業はありえません」――日本人女性が称賛するドイツのワークスタイル
ドイツ・ミュンヘンで、通訳やイベントマネジメントを通してドイツと日本との架け橋になっている神谷千代さん。ドイツでは日本と違い、ワークライフバランスがとれているということです。(2012/4/24)

オリンパス元社長マイケル・ウッドフォード氏、ニコ生ユーザーの質問に答える
オリンパス元社長マイケル・ウッドフォード氏の「人生相談室」と題し、ウッドフォード氏本人がニコニコ生放送の視聴者からの質問に答える。オリンパス元専務の宮田耕治氏、通訳のミラー和空氏も出演し、ウッドフォード氏の人物像に迫る。配信は4月20日21時0分〜。(2012/4/19)

星出宇宙飛行士らISS長期滞在クルーが記者会見 日本語同時通訳付きでライブ配信
第32、33次長期滞在クルーとして国際宇宙ステーション(ISS)に滞在予定の、星出彰彦宇宙飛行士らの合同記者会見を、NASAジョンソン宇宙センター(米ヒューストン)からライブ配信する。アメリカ航空宇宙局(NASA)主催の会見で、日本語同時通訳付きで届ける。英語音声はこちら。配信は3月21日3時0分〜。(2012/3/19)

新型iPadついに発表か? 米Apple発表会の裏で、元社員らが徹底検証
新型iPadを披露するとみられる米Appleの発表会に合わせた特別番組。元AppleでiPhoneの開発を担当していたジョンギブスさん、専門誌「MacPeople」の吉田博英編集長をゲストに招き、発表会された商品を徹底検証する。司会は国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさん。macwebcaster.comによる同時通訳番組もあり。配信は3月8日2時0分〜。(2012/3/7)

いよいよスーパーチューズデー 米大統領予備選を日本語通訳付きでライブ配信
いよいよ米大統領選の共和党候補争いのヤマ場“スーパーチューズデー”がやってくる。ニコニコ生放送では、AP通信のライブ映像を使って、予備選挙・党員集会の模様を配信する。日本語同時通訳付き。配信は3月6日21時0分〜。(2012/3/6)

いよいよ新型iPadお披露!? Apple発表会に合わせmacwebcaster.comが通訳付き配信
新型iPadを披露するとみられる米Appleの発表会に合わせ、ライブ配信する非公式の番組。Appleが発表会を公式にライブ配信する場合は音声を日本語に同時通訳して届ける。公式ライブ配信がない場合も、Apple関連情報サイトのテキストを翻訳し、配信ページとTwitterに流す予定だ。主催は、Apple関連のイベントを同時通訳して流しているmacwebcaster.com。配信は3月8日2時30分〜。(2012/2/29)

「アカデミー賞授賞式」のレッドカーペットをライブ配信
第84回アカデミー賞授賞式」のレッドカーペットをライブ配信する。通訳付きはこちらから。配信は2月27日7時0分〜。(2012/2/24)

故W・ヒューストン氏告別式 AP通信がライブ配信
先日亡くなった歌手のホイットニー・ヒューストンさんの告別式を、ニューホープ・バプテスト教会(米ニューアーク)から、AP通信がライブ配信する。通訳付きはこちら(ニコニコ生放送)。配信は2月19日2時0分〜。(2012/2/17)

バークリー音大の音楽技術教育専門家がディスカッション 「Macworld iWorld」日本語同時通訳付きライブ配信
Apple関連製品の展示会「Macworld iWorld」(1月27〜29日、サンフランシスコ)をライブ配信する。3日目は、バークリー音楽大学の音楽技術教育専門家らによるパネルディスカッションを日本語音声で届ける。テクノロジーサービス部のマイク・カレラマネージャー、トレーニング&サポートサービス部のビル・ダゴスティーノITディレクター、学術技術長アシスタントのトニー・マーブグリオさんが登壇する。配信は1月29日7時45分〜。(2012/1/26)

Macで音楽を作るために役立つ情報を指南 「Macworld iWorld」を日本語同時通訳付きでライブ配信
Apple関連製品の展示会「Macworld iWorld」(1月27〜29日、サンフランシスコ)をライブ配信する。2日目は、バークリー音楽大学テクノロジーサービス部のマイク・カレラマネージャーによる講演会を日本語同時通訳付きで届ける。音楽プロジェクトスタジオを構築するのに必要なプロセスや機材リストなど、Macで音楽を作るために役立つあらゆる情報を紹介する。配信は1月29日4時10分〜。(2012/1/26)

「Macworld」編集ディレクター、ジェイソン・スネル氏の講演をライブ配信 日本語同時通訳付き
Apple関連製品の展示会「Macworld iWorld」(1月27〜29日、サンフランシスコ)をライブ配信する。1日目は、専門誌「Macworld」の編集ディレクター、ジェイソン・スネルさんによる講演会を日本語同時通訳付きで届ける。配信は1月28日4時0分〜。(2012/1/26)

オバマ大統領もスピーチ 一般教書演説を日本語同時通訳付きでライブ配信
今年11月の米国大統領選挙へ向けた、一般教書演説を日本語同時通訳付きでライブ配信する。バラク・オバマ大統領をはじめ、副大統領、上院・下院議長、両院議員、最高裁判所判事、各省長官、統合参謀本部の将官らが一堂に会し、政治課題などをスピーチする。通訳なし版はこちらから。配信は1月25日11時0分〜。(2012/1/23)

米大統領選の共和党候補者討論会をライブ配信 日本語同時通訳付き
今年11月の米国大統領選挙へ向けた共和党候補者による討論会(フロリダ州タンパ市)を日本語同時通訳付きでライブ配信する。ミット・ロムニー氏、ニュート・ギングリッチ氏、リック・サントラム氏、ロン・ポール氏が参加予定。通訳なし版はこちらから。配信は1月24日11時0分〜。(2012/1/23)

「Mozilla Vision 2012」のセッションをライブ配信
Mozilla Japanによるイベント「Mozilla Vision 2012」(1月21〜22日、ベルサール汐留)の「Conference Day」に開催されるセッションをライブ配信する。慶應義塾大学環境情報学部の村井純学部長とMozilla Japanの瀧田佐登子代表理事、ロボットクリエーターの高橋智隆さんらによるトークセッション「夢をカタチに――オープンマインドから生まれる技術とものづくり」などを届ける。詳細はこちらから。日本語同時通訳付きで、配信は1月21日10時0分〜。(2012/1/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。