ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本郵便」最新記事一覧

Amazon“デリバリープロバイダ”問題、ヤマト撤退で現場は破綻寸前 「遅延が出て当たり前」「8時に出勤して終業は28時」
実際に現場の声を取材しました。(2017/7/16)

呉市の公式キャラ「呉氏」のフレーム切手が登場 呉の風景×呉氏のシュールなデザイン
「呉」ってこんな字だったっけ?(2017/7/12)

日本郵便でシステム障害 「メルカリ」「ヤフオク」連携新サービスで発送できない問題
日本郵便は20日に始めたばかりの新サービス「e発送サービス」で28日から不具合。ローソン店舗の端末「Loppi」を利用した送り状の印刷ができない状態に。(2017/6/30)

ITライフch:
宛名書き不要!フリマ・オークションアプリが日本郵便新サービスと連携で発送や受け取りが便利に
日本郵便は、フリマアプリなどとのシステム連携による新サービス「e発送サービス」の提供を開始。各アプリなどが配送料金の一部を負担、サービスによっては、差出元と郵送先が氏名や住所を知らせることなく、商品を配送できる。(2017/6/29)

日本郵便、フリマ配送を簡単・割安に 「メルカリ」「ヤフオク!」などと新サービス
フリーマーケットアプリやネットオークションサイトで利用できる新配送サービスを日本郵便がスタートする。(2017/6/19)

日本郵便が新サービス「e発送サービス」提供へ コンビニで送り状作成、拠点受け取り ヤフオク!・メルカリなどで導入
導入予定サイトはメルカリ、モバオク、ヤフオク!(ヤフー)、ラクマ(楽天)、フリル(Fablic)の5サイト。(2017/6/19)

ユーザー負担軽減:
フリマ、オークションの配送を手軽・割安に 日本郵便が新サービス
フリマやオークションなど「C2C」サービスの利用者が簡単かつ割安に荷物を送れるようにする新サービスを日本郵便が始め、ヤフオク!やメルカリなど大手が導入。(2017/6/19)

あえて折れやすい傘を作る逆転の発想! 突風などによる転倒事故を防いでくれる「ポキッと折れるんです」が使えそう
傘の骨が折れても、開き直すだけで元通り。(2017/6/9)

突風時の転倒防ぐ「ポキっと折れる傘」 郵便局で発売
全国約4500の郵便局で取り扱われる。(2017/6/8)

実用的:
「RB26」直6タンブラーも スカイライン60周年グッズ発売
日本郵便は、日産自動車と共同制作した「スカイライン」60周年記念グッズを販売する。(2017/6/8)

「週休3日制」 佐川に続きヤマトと日通も視野
佐川急便が一部地域で正社員のドライバーに週休3日制を導入した。ヤマト運輸や日本通運でも待遇改善の動きが相次ぐ。(2017/6/8)

ポキッと折れるんです:
日本郵便、「折れても元通りになる雨傘」を発売
日本郵便が、傘の骨が折れても元に戻せる雨傘「ポキッと折れるんです」を発売する。(2017/6/7)

登記情報など最大で約20万件流出か:
国交省サイトに不正アクセス 「Apache Struts2」脆弱性
国土交通省の「土地総合情報システム」に不正アクセス。登記情報など最大約20万件が流出した可能性があるという。被害が相次いで報告されている「Apache Struts2」の脆弱性を悪用したもの。(2017/6/6)

国交省に不正アクセス 不動産登記情報など約20万件流出か
国交省のWebサイト「不動産取引価格アンケート回答」が、「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けた。(2017/6/6)

週刊「調査のチカラ」:
『君の名は。』経済効果はどこまで拡大するのだろう?
あの大ヒット長編アニメからメール利用の現状、ユーザー投稿コンテンツの価値まで、調査データから「ビジネスと人の成長」を考える。(2017/6/3)

郵便事業のコスト:
日本郵便、はがき62円に値上げ 苦しき経営、再値上げも
日本郵便がはがきの郵便料金を52円から62円に引き上げた。だが再値上げの可能性もくすぶっている。(2017/6/2)

日本郵便かたるウイルスメール出回る
「日本郵便 インボイス用紙」や「請求書」という件名のウイルス入りメールが6月1日に出回ったとし、警視庁などが注意を呼び掛けている。(2017/6/2)

「異端」の販売戦略とは:
赤城乳業の名物部長が語る「ガリガリ君」秘話
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する読者イベント「アクションリーダー学」に、「ガリガリ君」のマーケティングを手掛ける赤城乳業 営業本部 マーケティング部の萩原史雄部長が登壇。大ヒットの裏話を語った。(2017/5/25)

トラやライオン、サーバルちゃん 銀行印にも使えるネコ科フレンズのハンコが登場!
ハンコを押すのが得意なフレンズなんだね。(2017/5/25)

当面の間、販売:
新料金の往復はがきに印刷ミス 「往復」がない
日本郵便が先行販売している新料金の往復はがき(124円)に誤表示があった。(2017/5/19)

中小企業が7割、建設業が最多:
厚労省「ブラック企業リスト」に載った企業の傾向は?
厚生労働省が公開した労働基準関係法に違反した企業リストの内容を、東京商工リサーチが分析。掲載企業の傾向を明らかにした。(2017/5/17)

おねむのネコちゃん勢ぞろいニャ 動物写真家・岩合光昭のネコ写真が切手セットに
見ているこっちも眠くなる。(2017/5/17)

数千億円規模TOBか:
日本郵政、野村不動産の買収を検討
日本郵政が野村不動産ホールディングスの買収を検討。(2017/5/15)

過労死ゼロを目指す:
「ブラック企業リスト」厚労省が公開 電通など332社
厚生労働省が、労働基準関係法令に違反した企業のリストを公式サイト上で公開した。(2017/5/11)

国際スピード郵便(EMS)の包装材、8月から有料化のお知らせ
利用者は要チェック。(2017/5/2)

ネット通販、難しい送料転嫁 サービス拡充前面に激しい販売競争
個人向けの宅配便の新料金を発表したヤマトホールディングスは、人手不足の要因であるインターネット通販会社などの大口取引先に対しても、値上げや、忙しい時期の荷物の引き受けを減らす交渉を加速させる。(2017/5/1)

スーパーマリオの切手が登場! 手紙を書くピーチ姫やキノピオの郵便屋さんなど、かわいいオリジナルデザインも
ルイージ、ヨッシーの切手もあります。(2017/4/28)

白ぶた・黒ぶた・子ぶたちゃん 銀行印にも登録可能なハンコ「ぶたずかん」が誕生だブゥ
ぶた好きさんに使ってほしい。(2017/4/28)

豪子会社の不振が原因:
日本郵政、民営化後初の最終赤字へ 特損は4003億円
日本郵政が、豪子会社トールの業績不振の影響で、4003億円の特別損失を計上したと発表。17年3月期通期では、郵政民営化以降初となる400億円の最終赤字に転落する見込み。今後はトールの人員を大幅に削減し、事業の立て直しを図る。(2017/4/26)

ぴあ、チケットサイトから個人情報15万件流出か カード情報も
「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受け、ぴあが運営するB.LEAGUEのチケットサイト、ファンクラブサイトから個人情報が流出。(2017/4/25)

不正利用は197件630万円:
ぴあ、最大3万2000件のクレカ情報流出
ぴあが最大約15万5000件の個人情報(うち、クレジットカード情報約3万2000件)が流出した可能性があると発表。運営を受託しているB.LEAGUEのチケットサイトとファンクラブ受付サイトが不正アクセスを受けた。(2017/4/25)

売れまくる「宅配ボックス」 必然のブームかバブルか
宅配ボックスの売り上げが急増しているが、バブルの気配も出始めた。(2017/4/18)

ビジネスの裏側:
売れまくる「宅配ボックス」 再配達49%→8%に
宅配ドライバーの負担を軽減する切り札になるとみられている宅配ボックスの売り上げが急増、新商品の発表も相次いでいる。(2017/4/17)

Struts 2の脆弱性悪用 総務省サイトから個人情報2万件超流出のおそれ
Struts 2の脆弱性を悪用した不正アクセス被害がまた判明した。(2017/4/14)

迷走する日本郵便……楽観的なはがき値上げ 「タブレットで高齢者見守り」も疑問
郵便はがきが「62円」に値上げされる。日本郵便は値上げで年300億円程度の増益効果があると予測するが、いささか楽観的過ぎないか。(2017/4/11)

ライオンズマンション、宅配ボックスを新開発 「ライオンズマイボックス」で再配達削減へ
新型ボックスは、17年3月に竣工する新築物件に採用。大京グループが管理するマンション約53万戸でも、管理組合に導入するように促す。(2017/4/10)

従業員の負担増で:
ヤマト運輸、Amazonの当日配送撤退か
宅配最大手のヤマト運輸が、アマゾンジャパン(Amazon.co.jp)の「当日配送サービス」の受託から撤退する方針だと一部報道機関が報じた。夜に配達しなければならない荷物が増えており、従業員の負担が増しているという。(2017/4/7)

ヤマト運輸がAmazonの当日配送サービスから撤退へ 日経新聞報じる
既に一部では日本郵便を利用。(2017/4/7)

「ヤマト、Amazonの当日配送から撤退へ」 日経報道
ヤマトはAmazonに当日配送の受託の縮小を要請しており、Amazonも一定の理解を示しているという。(2017/4/7)

「再配達なし」ならポイント付与 楽天と日本郵便が連携
楽天と日本郵便は、再配達削減に向けた連携を強化する。(2017/4/6)

EC事業者側で解決策:
1回で受け取れば楽天ポイント 日本郵便と再配達削減で連携
楽天と日本郵便は、再配達の削減に向け連携を強化する。(2017/4/5)

セブン店舗にヤマトの宅配ロッカーを設置 4月中旬、都内約30店舗
コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンが4月中旬に宅配便最大手のヤマト運輸の宅配ロッカーを東京都内の約30店舗に設置する。(2017/3/31)

日本郵便、再配達防止でポイントサービス 郵便局・コンビニ受け取りを促進
もらえるポイントは「Ponta ポイント」「WAON ポイント」「dポイント」「エコ・アクション・ポイント」から選べる。(2017/3/30)

自宅以外の受け取り推進:
コンビニ受け取りでポイント 日本郵便、再配達削減で
日本郵便が、宅配便「ゆうパック」の再配達を削減するキャンペーンを発表。コンビニなどで受け取った顧客に各種ポイントを提供する。(2017/3/30)

日本郵便、ポイントがもらえる再配達防止キャンペーンを実施 ゆうパックを郵便局・コンビニ・宅配ロッカー受取で
指定の受取場所で受け取るとポイントがもらえます。(2017/3/29)

IDC Japan調査:
17年のモバイル端末出荷台数は5%増 企業用PCが好調
国内モバイルデバイス市場の今後の動向は?――IDC Japan調べ。(2017/3/28)

「JINS」に不正アクセス 個人情報75万件流出の可能性 Struts 2の脆弱性悪用
「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセス事件がまた。(2017/3/27)

見慣れた信号機がちっちゃかわいいカプセルトイに ポチッと押せる歩行者用ボタンもあるよ!
全種類が光るギミックを搭載。(2017/3/24)

電気自動車:
ホンダと日本郵便が電動二輪で配達、郵便局に充電ステーションも整備
日本郵便とホンダは、郵便配達での電動二輪車の活用に向けた協業の検討を開始する。地球環境に配慮した郵便配達業務を行うため、現行の二輪車に代わる電動車両の導入や、郵便局での充電の実証実験に取り組む。効率的な車両運行に向けてテレマティクスサービスの活用も進める。(2017/3/24)

郵便局の充電拠点化も:
「郵政カブ」も電動に ホンダと日本郵便が検討へ
日本郵便とホンダは、現行の二輪車に替わる電動車両による配達などに向け協業を検討する。(2017/3/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。