ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「三菱鉛筆」最新記事一覧

「売れる商品」の原動力:
あなた「らしさ」とは? このように聞かれてどう答えますか
「自分らしく」「うちの会社らしく」など、しばしば私たちは「らしさ」という言葉を、使います。ところが「では、あなたらしさとは?」と問われると、案外、答えはスラスラと出てこないものです。(2016/8/15)

芯の太さは0.7〜2.0ミリ:
「太芯シャーペン」衝撃の書き味、「大人の鉛筆」にプロがほれた!
「太芯シャープペンシル」の商品が相次いで登場し、新たな文房具として注目されている。書き心地がよく用途も拡大し、世代を超えて愛用者が増えている。(2016/4/20)

CES 2016:
パナソニック、フルスペック8K信号を1本で伝送可能なコネクタ付きケーブルを開発――100Gbps超を実現
パナソニックはケーブル1本で、8K(7680×4320ピクセル)、120fpsの映像伝送に対応した「コネクタ付きケーブル」を開発した。プラスチック光ファイバーケーブルを採用。(2016/1/6)

プラスチック光ファイバーケーブルを採用:
パナソニック、8K映像を1本のケーブルで伝送
パナソニックは、8Kのフルスペック映像を1本で伝送することが可能なコネクタ付ケーブルを開発した。広帯域信号の多値化伝送技術と組み合わせることで、100Gビット/秒を超える伝送速度を実現することができる。(2016/1/6)

学校で「モデ1GP」を! 生徒自ら企画:
広尾学園、3次元CADと3Dプリンタを活用した体験型モノづくりイベント開催
広尾学園 中学校 高等学校は、1970年代に小学生の間で大流行した「スーパーカー消しゴム」を題材に、小さなクルマを無償3次元CADでモデリングし、それを3Dプリンタで出力してノック式ボールペンで弾いて遊ぶイベント「モデ1GP」を開催した。(2015/12/21)

アニメ業界に愛用者が多い三菱の硬筆色鉛筆、赤色のほか「橙色、黄緑、水色」の3色も生産継続へ
アニメ業界の動きに答えた? ただし他の色は生産終了変わらず。(2015/12/1)

三菱の硬質色鉛筆、アニメーターが使う「橙色、黄緑、水色」も生産継続へ
三菱鉛筆は、硬質色鉛筆について「赤」以外の生産を年内に終了する予定を変更し、アニメーターによく使われている「橙色、黄緑、水色」についても当面の間生産を継続することを決めた。(2015/12/1)

「日本のアニメ業界に非常に大きな問題」――三菱の硬質色鉛筆生産終了、業界団体が対応へ
「日本の商業アニメーション業界にとって非常に大きな問題」――三菱鉛筆が硬質色鉛筆の生産終了を発表したことを受け、業界団体が対応に乗り出した。(2015/11/30)

アニメ業界で愛用者の多い三菱の硬筆色鉛筆が生産終了へ 日本アニメーター・演出協会が対応に動く
アニメ業界関係者に向けて、硬質色鉛筆の保有状況などの緊急アンケートを実施しています。(2015/11/29)

お気に入りのボールペンを決める「OKB48総選挙」で筆箱のセンターを狙うのは……?
キミのボールペン愛が試される時が来た!(2015/11/1)

「第2回モデ1GP」開催決定:
昭和の遊びが3Dプリンタで復活!! 「学ぶ」「作る」「遊ぶ」を1日で
1970年代の男子小学生の間で大流行した遊び「スーパーカー消しゴム/カー消し飛ばし」を、3Dプリンタで復活させるワークショップ「モデ1GP」の第2回が2015年9月12日に開催される。(2015/8/19)

夏休み“素人”モノづくり企画:
割り箸鉄砲を3Dプリンタで作ってみた
「昭和の遊び×3Dプリンタ」の可能性。夏休みの自由研究にいかがでしょうか?(2015/8/7)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
昭和の遊びが3Dプリンタと融合したら? 「モデ1GP」誕生まで
最高の1日だった……。(2015/5/19)

力を入れなくてもなんでもできちゃう! 非力っ子向けの“過保護な”マーケットが今アツい
至れり尽くせりです。(2015/4/17)

お気に入りボールペン1位を決める謎イベント「OKB48選抜総選挙」開催 握手会(試し書き会)もあるぞ!
あなたの1票が筆箱のセンターを決める。(2014/11/5)

ツルツルする教科書の紙にも濃く書けるシャープ替芯、三菱鉛筆が発売
学生さんにうれしい替芯。(2014/10/22)

3次元ツールニュース:
常にとがった状態で書き続けられる新発想のシャーペン開発に、シーメンスPLMの「NX」が貢献
シーメンスPLMソフトウェアは、三菱鉛筆が開発した内部に複雑な機構を持つシャープペンシル「クルトガ」の設計に、同社の3次元CAD/CAE/CAM統合ソリューション「NX」が活用されたことを発表した。(2014/10/2)

高機能だけどネーミングセンスが独特な名作文具5選
世のヒット商品の中には、思わず声に出してつぶやいてみたくなるようなナイスネーミングのものが数多くある。ここではそんなキラリと光るネーミングセンスを持つ、しかし決して機能性もあなどれない名作文具を集めてみた。(2014/7/10)

鞄の中のデジモノ百科:
モバイルWi-Fiルーター営業マンの商売道具
モバイルWi-Fiのお世話になっているビジネスパーソンも多いはず。今回は海外渡航者向けにモバイルWi-Fiルーターレンタルサービスを展開しているビジョンの事業推進担当者・中山俊一さんのカバンの中身を見せてもらった。(2014/6/30)

Biz.ID Weekly Top10:
こんなの初めて! もっふもふに毛の生えたタッチペンの書き心地とは?
書きやすいタッチペンを探し続けて幾年月。6月18日、三菱鉛筆から毛の生えたものが発売されるとのことで、一足早くその使い心地を試してみました。(2014/5/24)

三菱鉛筆からタッチペン付きボールペン「ジェットストリーム スタイラス」
タッチペン付き3色ボールペン「ジェットストリーム スタイラス」が三菱鉛筆から発売される。1800円(税別)。(2014/5/12)

これはすごい! 文房具屋さんが選ぶ「2014年最高の文房具」とは?
今年2年目となる「文房具屋さん大賞」。2014年の受賞作が発表されました。(2014/3/13)

最高の文房具を決める「文房具屋さん大賞」が決定
「文房具屋さん大賞」に選ばれた文房具のうち、いくつかをピックアップして紹介します。(2013/3/5)

三菱鉛筆のカラーシャープ芯が製造終了? Twitterで噂広まる →来年も製造予定です
年内で製造終了となるのは「uni COLOR(ユニカラー) カラー芯シャープペン」で、替え芯は来年も製造予定。(2012/12/11)

文具書評:
映画『天地明察』原作者が使う手帳も――JMAMの『手帳活用パーフェクトBOOK』
日本能率協会マネジメントセンターから『手帳活用パーフェクトBOOK』が登場した。手帳のガイドブックという基本コンセプトをそのままに登場した今回の本は同社の既刊とはどのように違うのだろうか。(2012/10/10)

三菱鉛筆、シャープペンシル「クルトガ」に、7月20日よりディズニーデザイン6種類を追加
芯先が常にとがって書きやすいと評判の「クルトガ」に、ディズニーキャラクターをあしらった6モデルが追加される。(2012/6/27)

「MEDIAS N-04C」の“ここ”が知りたい:
第1回 サイズ感はどう? イヤフォンジャックはある?――「MEDIAS N-04C」
NTTドコモのスマートフォン「MEDIAS N-04C」の最大の特長は、世界最薄を誇るスリム&軽量ボディ。今回は実際の薄さや軽さ、外部接続端子など外観部分の疑問点に答える。(2011/3/29)

仕事耕具:
ミッキーシルエットで夢心地!? “回転”シャープペン「クルトガ」にディズニーモデル
三菱鉛筆は、“回転”シャープペン「クルトガ」にミッキーマウスのシルエット柄をあしらった「クルトガ スタンダードモデル ディズニー・シリーズ」を2011年1月18日に発売。価格は682円。(2010/12/21)

仕事耕具:
ピュアモルトとジェットストリームが合体!? ウイスキー樽材になめらかインクの多機能ペン、三菱鉛筆から
三菱鉛筆は、ウイスキー樽材のペン軸になめらかな書き味が特徴の「ジェットストリームインク」を搭載した多機能ペン「ピュアモルト ジェットストリームインサイド」を11月29日に発売。5機能タイプと3機能タイプをラインアップし、価格はそれぞれ2100円、1050円。(2010/11/26)

仕事耕具:
ギザギザのアルミグリップで筆記に安定感 回転シャープペン「クルトガ ローレットモデル」
三菱鉛筆は、筆記のたびに芯が回転してとがり、文字をきれいにかけるシャープペン「クルトガ」のグリップ部分を加工した「ローレットモデル」と「ハイグレードモデル」(ピンク)を11月22日に発売する。価格はそれぞれ1050円。(2010/11/18)

仕事耕具:
“回転”シャープペン「クルトガ」と替え芯「ユニ ナノダイヤ」にドットデザインのペアモデル
 三菱鉛筆は、筆記ごとに芯が回転し、細く一定の濃さで文字が書けるシャープペン「クルトガ」と、黒鉛に超微粒のダイヤモンドを配合した替え芯「ユニ ナノダイヤ」にドットデザインをあしらったペアモデル3種類を11月15日から限定販売する。(2010/11/4)

仕事耕具:
黒紙に書いた絵を3Dで楽しもう――ポスカ 3D 8色セット
三菱鉛筆はポスターカラーマーカー「ポスカ」8色と3Dメガネ、黒画用紙5枚をセットした「POSCA(ポスカ) 3D 8色セット」を10月29日に発売。価格は1942円。(2010/10/26)

仕事耕具:
“女性の日常を彩る”4軸色――三菱鉛筆「ジェットストリーム F」に新色
三菱鉛筆は女性向けのボールペン「ジェットストリーム Fシリーズ」に新たな軸色を追加した。プレジャーピンク、サテンブルー、スィートドット、クールボーダーの4色で、「女性の日常をより華やかに彩るカラーリング」を採用したとしている。(2010/10/8)

仕事耕具:
筆記摩擦30%減でなめらかな書き味――6軸色を追加、三菱鉛筆「ジェットストリーム」新シリーズ
三菱鉛筆は油性ボールペン「ジェットストリーム」シリーズに6色の軸色を追加した「ジェットストリーム アクティブシリーズ」を発表した。アクティブターコイズ、アクティブバイオレット、エレガントピンク、ピュアピンク、ミントブルー、ライムグリーンというカラーバリエーションを追加、筆記摩擦は約30%減としている。(2010/10/4)

仕事耕具:
水色バックでも判別しやすい桃色――三菱鉛筆のマーカーにユニバーサルデザインの新色
三菱鉛筆は、裏写りしない水性顔料マーカー「プロッキー」の新色「ソフトピンク」を発売した。ユニバーサルデザインのカラーで、日本色彩研究所の協力を得て開発した。(2010/9/24)

仕事耕具:
ジャストシステム+Hi-uni ――一太郎25周年記念鉛筆
定番ワープロ「一太郎」の発売25周年を記念した鉛筆が発売される。250個限定で、JustMyShopで購入可能。(2010/8/31)

「一太郎オリジナル鉛筆」発売
「一太郎」の発売25周年を記念したオリジナルデザインの鉛筆発売。「Hi-uni×一太郎25周年記念」と金文字で刻印した。(2010/8/31)

ジャスト、一太郎25周年記念の“一太郎オリジナル鉛筆”を限定発売
ジャストシステムは、一太郎25周年記念グッズ第2弾となる「一太郎オリジナル鉛筆」の販売を開始した。(2010/8/31)

仕事耕具:
ボールペンでは世界初、水と油を混合――ゼブラ、エマルジョンインクの「スラリ」
「水と油は混ざらない」――そんな定説を“くつがえした”のが、ゼブラのボールペン「スラリ」だ。油性と水性を混合した「エマルジョンインク」(油中水滴型インク)を採用したボールペンは「世界初だ」という。(2010/4/13)

仕事耕具:
「ジェットストリーム 4&1」に極細0.5ミリが登場
三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」の多機能ペンに極細0.5ミリタイプが追加された。また、0.7ミリタイプにはネイビーとボルドーという2つの軸色が加わった。(2010/3/16)

仕事耕具:
握り心地ふんわりでも、トガり続けるシャープペン
三菱鉛筆から、文字を書くたびに芯が回ってトガり続ける「クルトガエンジン」を搭載したシャープペン「ユニ アルファゲル」が登場。(2010/3/16)

仕事耕具:
こすると消えるボールペン、三菱鉛筆はキャップで消す「ユニボールファントム」
三菱鉛筆は、書いた文字をキャップでこすることで消せるゲルインクボールペン「ユニボールファントム」を発売する。全8色。(2010/3/16)

仕事耕具:
本体と中身が選べるペン「STYLE-FIT」にグリップ登場
三菱鉛筆は、ペン軸ホルダーとリフィルを自由に組み合わせてペンを作れる「STYLE-FIT」に、ホルダーの新柄としてドット柄を追加する。同柄のグリップも用意した。(2010/2/16)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
「紙とペンの間にはエロスがある」――文具マニアが日本製品の美を語った
昨年暮れ、モノマガジン系雑誌の文具座談会に出向いた筆者。参加した手帳評論家や文具王の熱い語りに圧倒され、日本の文具製品のすばらしさを再認識した。(2010/1/7)

愛用するボールペン、10代は三菱、60代はゼブラ
インターワイヤードは、ボールペンの使用や購入についてのアンケートを実施。「ゼブラ」は年代が上がるほど割合が高く、反対に「三菱鉛筆」は年代が若いほど人気があるという結果となった。(2009/12/25)

仕事耕具:
機能重視のマルチペン、本体色もカラフルに――中身を選べる「STYLE-FIT」に新色
三菱鉛筆は、ペン軸ホルダー、リフィルを自由に組み合わせて作る「STYLE-FIT」のホルダーの新色として、パールカラーを追加する。(2009/11/20)

仕事耕具:
女子向けにも回転シャープペン、三菱鉛筆がピンク色のクルトガ限定版
書くたびに芯が回転し、一定の太さと濃さで書けるシャープペン「クルトガ」に女子向け限定版が登場。「ピンクコレクション」と「モチーフコレクション」の合計6種類。(2009/11/12)

仕事耕具:
無重力でも書けるボールペン「パワータンク」に金属軸のハイグレードモデル
無重力でも筆記できる加圧ボールペン「パワータンク」シリーズに新製品が登場する。普段使いできるエントリーモデルと、金属軸を採用したハイグレードモデルの2種類。(2009/11/5)

読者アンケート&プレゼント:
豪華賞品が当たります――Business Media 誠 読者調査
いつもご愛読いただいていることに感謝し、ただいまBusiness Media 誠では、「G-SHOCK GIEZ」や「Bluetooth Mouse M555b」、「『超』整理手帳」など豪華プレゼントが当たる読者アンケートを実施中です。この機会にぜひ、ご意見・ご感想をお寄せください。(2009/10/27)

読者アンケート&プレゼント:
「ScanSnap S1500」や「ポメラ」が当たります――誠 Biz.ID読者調査
リニューアルから無事半年。読者アンケートを実施するとともに読者プレゼントを実施します。(2009/10/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。