ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「多言語化」最新記事一覧

ママ向けのITサービスを駆使して、ニューヨークでママ友を作ってみた
育児、それも海外でとなると心細い。そこで、ITを駆使してママ友を作ってみた。(2017/5/22)

PR:キヤノンITSのセキュリティ新ブランド「GUARDIANWALL」、製品再編に込めた狙いとは?
サイバー攻撃の多様化が進むなか、企業が採るべき対策は困難を極めている。こうした現状を踏まえ、キヤノンITソリューションズが自社のセキュリティ製品を再編成し、新ブランド「GUARDIANWALL」を立ち上げた。メールフィルタリングツールとして始まったGUARDIANWALLは今、総合情報漏えい対策ソリューションに生まれ変わろうとしている。(2017/3/31)

CeBIT 2017:
サムズアップでドリンクゲット! 富士電機の最新自販機はインタラクティブ
富士電機は、「CeBIT 2017」において、デジタルサイネージを搭載する最新型自動販売機のコンセプトモデルを展示した。ステレオカメラを用いた画像認識システムで、顧客の表情や視線、体の動き、年齢、性別などを認識できる。(2017/3/27)

柔軟なカスタマイズが可能:
GMO TECH、セミオーダーでO2Oアプリを作成できる「GMO集客アップカプセルPRO」を提供開始
GMO TECHは、O2Oアプリ作成ツール「GMO集客アップカプセル」の上位版「GMO集客アップカプセルPRO」の提供を開始した。(2017/2/15)

36言語対応の多言語化ソリューションと「NOREN」を連携:
Webサイトの人力翻訳ソリューション、のれんとアリウープが提供
アシストの関連会社であるのれんとWeb制作を行うアリウープは、のれんのCMS「NOREN」とアリウープのWebサイト多言語化ソリューション「Spoke」をシームレスに連携したWebサイトの翻訳ソリューションの提供を開始した。(2017/2/9)

8カ国語対応:
クラウドBIツール「GoodData」が多言語対応
サムライズは、クラウドBIツール「GoodData」のレポート・ダッシュボード編集画面で多言語に対応した最新版を、日本市場向けに提供開始した。(2017/1/12)

PR:「USBメモリ禁止」でも簡便にファイルをやり取り――自治体では多数導入済みの「FileZen」って何?
セキュリティを高めるため、ネットワークが分割された環境で、USBメモリやメールが使えないような場合、ファイルの受け渡しはとても煩雑になる。しかし、ソリトンシステムズのファイル受け渡し専用アプライアンス「FileZen」なら、こうした問題を簡単に解決できる。ファイル受け渡しに特化しつつ、セキュリティ機能や管理機能も充実したFileZenがあれば、ファイルのやり取りが効率的に行えるのだ。(2016/12/12)

ITはみ出しコラム:
なぜGoogle翻訳は賢くなれたのか
今後は翻訳精度の向上に加えて、多言語対応も進みそうです。(2016/11/27)

リリース当日に海外消費者の購入も:
ナビプラス、越境ECソリューション「BuySmartJapan」をファッションブランド「KOE」の通販サイトに提供
ナビプラスは、ファッションブランド「KOE」の通販サイトに、越境ECソリューション「BuySmartJapan」を提供したと発表した。(2016/10/6)

製造業ドキュメンテーションの課題(2):
“バケツリレー”によるマニュアルづくりから脱却するための手法とは
マニュアルとは、各部門の知的成果の集積であるとともに市場接点でもある。しかしマニュアルづくりは、部門間でのドキュメントの“バケツリレー”と、属人的なすり合わせで行われているのが現状だ。連載第2回では、そういった現状から脱却するための「ダイナミック・ドキュメンテーション」について紹介する。(2016/8/9)

東京メトロ、中国語スタッフを案内所に配置 訪日外国人対応を強化
東京メトロは、7月1日から銀座駅、新宿駅、表参道の案内所に中国語対応可能なスタッフを配置する。中国語圏の客へのサービス拡充を目指す。(2016/6/28)

中華圏に向けたプロモーションをサポート:
GMO TECH、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービスを提供開始
GMO TECHは、インバウンドおよび越境EC向け広告マーケティングサービス「AsiAD byGMO」を2016年6月21日より提供開始した。(2016/6/22)

WWDC 2016現地レポート:
4つの新OSで何が変わる? Appleが示した7つの方向性を林信行が読み解く
Appleの4つのOSが秋ごろ一斉にアップデートする。これにより一般ユーザーにどんな恩恵があるのか、開発者にとってはどうなのかを林信行が解説する。(2016/6/15)

ソースネクスト、「読める」留守電サービス開始 録音メッセージを自動でテキスト化
「スマート留守電」は録音メッセージをテキスト化する留守電サービス。音声データも残り、メールへの転送設定も可能。590万件のデータベースから発信元を表示する機能も備えた。(2016/5/23)

NECの「ARmKeypad」:
作業者の腕をキーボード化するUI、実際に見てきた
NECは、「第5回 IoT/M2M展」でウェアラブルグラス用のUI「ARmKeypad」を展示した。スマートグラスのカメラと、スマートウォッチの加速度センサーを連携させることで、スマートグラス利用者の腕にボタンをAR表示し、タッチ入力を可能にする。2016年中の製品化を予定しているという。(2016/5/16)

.NET TIPS:
エンドユーザーの言語を取得するには?[JavaScript]
JavaScriptでエンドユーザーの言語を取得するには、navigator.languageプロパティやnavigator.userLanguageプロパティなどを使用する。(2016/3/23)

国内ホテル向け配信も:
オプトとテレビ神奈川、訪日外国人客向け動画の海外配信ビジネスで業務提携
オプトとテレビ神奈川は、訪日外国人客向け動画の海外配信ビジネスで業務提携したと発表した。(2016/3/18)

GMOリサーチが訪日外国人に調査:
日本の企業サイト「母国語対応すれば利用」の意向、各国平均91%
GMOリサーチは、中国、韓国、台湾、フィリピン、香港の各国・地域で訪日経験のある人を対象に「Webサイトの多言語化に関する調査」を実施した。(2016/2/17)

プレーヤーの多様化による懸念も:
“第4の夜明け”迎えたWi-Fi、サービスが課題に
無線LANビジネス推進連絡会が2016年1月に開催した技術セミナーでは、Wi-Fiの市場が活性化し、用途やサービスも拡大の一途をたどることが強調された。その一方で、GoogleやFacebookなど、キャリア以外の企業の参入は、Wi-Fi市場に新たなサービスを生むとともに、懸念事項ももたらす可能性もあるようだ。(2016/2/16)

現地のサポートは現地の言葉で
「標準化」「一元対応」「マルチリンガル対応」で実現する海外拠点のヘルプデスク
IT部門の右腕ともいえるヘルプデスク。海外進出が加速する中で企業は、その設置をいかに早い段階で進めるべきなのか? そこで望まれるのは、現地社員も確実に利用するための多言語対応だ。(2016/2/1)

海外観光客の案内をPepperで 多言語対応の受付サービス
Pepperが中国語・英語・韓国語・アラビア語などの言語を操り、海外観光客に情報を提供する。(2016/1/18)

製造IT導入事例:
ターボ機械専業メーカー、ERP導入で個別受注型生産管理システムを統合
日本オラクルは、ターボ機械専業メーカーの荏原エリオットが、オラクルのERP「Oracle E-Business Suite」を導入し、プライベートクラウド環境でグループ企業の個別受注型生産管理システムを統合したと発表した。(2016/1/12)

フランス語で歌えるバーチャルシンガー「ALYS」、変遷の末「新合成方式」で3月デビュー
シャンソン、フレンチポップス好きな歌声合成界隈に朗報。(2015/12/14)

“五つ星”の羽田空港で実証実験がスタート:
おもてなしは最先端のユニバーサルデザインで
羽田空港で、最先端のユニバーサルデザインを用いた実証実験が始まる。年々増える外国人観光客など、空港利用客に“最高のおもてなし”を実現すべく、パナソニック独自の「光ID技術」やNTTの「音声処理技術」といった最新技術を駆使している。(2015/12/4)

いずれも久方ぶりのメジャーアップデート:
セキュリティ検査やトラブルシュートの必携ツール、Wiresharkとnmapがバージョンアップ
ネットワーク解析やセキュリティ検査には欠かせない「Wireshark」と「nmap」が、それぞれ久しぶりにメジャーアップデートされた。(2015/11/27)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供ホワイトペーパー
事例:アルパインがグローバルの品質レベルマネジメントを刷新、その狙いとは
ビジネスプロセスの可視化が求められる背景には、品質マネジメントシステム(QMS)の高度化がある。自動車業界向けQMSはISO(国際標準規格)9001、大手自動車会社によるQS9000、さらに2000年代にTS16949として品質管理システムが強化され、対応を迫られていた。(2015/11/25)

独自のICT活用で帰国後訪日客の購買を促進:
パルコ、ショップブログから商品取り置き・購入ができる「カエルパルコ」で、海外からの商品注文が可能に
パルコは、同社が運営する商品取り置き・注文サービス「カエルパルコ」に、ベリトランスが提供する海外向けの購入代行支援サービス「BuySmartJapan」を導入、海外からの注文、発送への対応を開始したと発表した。(2015/9/25)

モデルベース開発:
MATLABコード実行高速化、SimulinkのUIも強化された「MATLAB/Simulink Release 2015b」
MathWorks Japanがモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン、「Release 2015b」の提供を開始した。(2015/9/10)

海外乗換案内サービス「NAVITIME Transit」の多言語表示範囲が拡大――駅・路線名称も対応
海外乗換案内サービス「NAVITIME Transit」が、多言語で表示できる範囲を拡大。メニューやメッセージ画面に加え、駅・路線名称にも対応した。(2015/6/23)

東京メトロと東武鉄道、「日比谷線直通」新型車両の仕様を発表
同じ仕様でデザイン違い。製作は近畿車輛です。(2015/6/18)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
化粧品メーカーには真似できないアイスタイル独自のデータ戦略
国内最大のコスメ情報サイト「@cosme」を運営するアイスタイルが、ユーザーである消費者のみならず、顧客企業である化粧品メーカーからも支持を集める理由――。それは創業以来築き上げてきた独自のデータベースにあるのだ。(2015/5/21)

全てを手のひらで――NTTレゾナントが「gooのスマホ」で目指す新たな姿
NTTレゾナントが2015年度の事業戦略を説明。ポータルサービスの知見を結集した「gooのスマホ」投入も発表した。(2015/4/22)

ドコモ、多言語対応の「エリアメール」アプリを提供開始 津波警報の音声ガイダンスも追加
ドコモのAndroid端末向け「エリアメール」アプリが5カ国語での警報表示に正式対応した。あわせて、津波警報時の音声ガイダンスも追加された。(2015/4/13)

組み込み開発ニュース:
「国内最大級」4Kデジタルサイネージ、パナソニックが納入
パナソニックが「国内最大級」(同社)となる、4K対応 98インチの大画面デジタルサイネージを東急田園都市線 渋谷駅に納入した。(2015/3/24)

SmartEbook子会社が事業転換、ストア型からセルフパブリッシング型のサービスへ
電子書店型の販売サービスから転換し、投稿型の電子書籍販売サイトで収益を立てる計画。(2015/3/23)

「東京お台場FreeWiFi」が利用エリア拡大&新規登録サイトの多言語化を実施
ソフトバンクモバイルと東京臨海ホールディングスは、2月23日から「東京お台場FreeWiFi」の新規登録サイトを多言語化するほか、利用エリア拡大を順次実施する。(2015/2/23)

組み込み開発ニュース:
“話しかけて対話する”デジタルサイネージ、NTTら開発
NTTとピーディーシーは利用者へ積極的に話しかける「接客型デジタルサイネージ」を開発した。利用者の意図をくみ取りながら、自然な会話を行える。(2015/1/22)

開発現場でちゃんと使えるRails 4入門(12):
Railsアプリの設計をMVCごとに見直しリファクタリングして連載総まとめ
エンタープライズ領域での採用も増えてきたRuby on Railsを使ってWebアプリケーションを作るための入門連載。最新版の4に対応しています。今回は、サンプルプロジェクトをMVCごとにRailsアプリの設計を見直してリファクタリングすることで、これまでの連載のおさらいをします。(2015/1/8)

伊勢丹新宿本店で、体験会も実施予定:
LED光源にスマホをかざすだけで情報取得、パナソニックの「光ID」
パナソニックは、LED光源にスマホのカメラをかざすだけで、さまざまな情報を素早く受信する技術を開発した。LEDを高速に点滅させて情報を送信する可視光通信技術を基にしたもの。店舗から情報を送信したり、博物館や美術館で展示品の解説を送信したりといった用途を想定している。東京都の伊勢丹新宿本店でのサービス体験も行われる予定だ。(2014/12/11)

組み込み開発ニュース:
QRコードやビーコンより使いやすい「光ID」、パナソニックが2015年度に商品化
パナソニックは、LED光源からの光に組み込んだID信号「光ID」を、スマートフォン搭載のイメージセンサーと専用アプリで高速受信する技術を開発した。2015年度内に同技術を用いた「光ID発信機器」の商品化を目指す。(2014/12/11)

開発現場でちゃんと使えるRails 4入門(11):
「設定より規約」のRailsで必要なセッティングの基礎知識と国際化/多言語対応
エンタープライズ領域での採用も増えてきたRuby on Railsを使ってWebアプリケーションを作るための入門連載。最新版の4に対応しています。今回は、gem「Ruby I18n」で国際化/多言語対応する方法やロケール、Railsの設定がまとめられている「config」ディレクトリなどについて 解説します。(2014/11/28)

特集:ノンコーディングでユニバーサルWindowsアプリを作ろう:
無償のオンライン型開発環境「Windows App Studio」入門
ユニバーサルWindowsアプリを、1行のコードも書かずに開発できるツール「Windows App Studio」。その開発からストアへの公開、Visual Studioでの編集までを解説する。(2014/11/7)

組み込み開発ニュース:
アットマークテクノ、多言語対応組み込みフォントをArmadillo向けに提供
アットマークテクノは組み込みプラットホーム「Armadillo」がダイナコムウェアの多言語対応組み込みフォント「Embedded DynaFont」に対応したと発表した。両社は対応フォントセット「Embedded DynaFont for Armadillo」を発売する。(2014/11/7)

「鉄道博物館」2017年秋に全面リニューアルへ 新館も建設
展示面積を現在の約1.5倍に。(2014/11/5)

バンダイナムコ、ADK、アニプレックスが新会社「アニメコンソーシアムジャパン」設立 海外向けにサイマル配信
バンダイナムコHD、ADK、アニプレックスが海外向けアニメ配信やECに取り組む新会社「アニメコンソーシアムジャパン」を設立。(2014/10/30)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(15):
いつでも、どこでも、どのデバイスからでも同じWindowsデスクトップにアクセス
「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)によるリモートデスクトップ接続は、Windows標準のリモートコンソール接続機能です。以前はWindowsとMacだけにクライアントアプリが提供されていましたが、現在はWindows以外のデバイスにもアプリが無償提供されています。(2014/10/30)

WinRT/Metro TIPS:
エンドユーザーの言語設定を取得するには?[ユニバーサルWindowsアプリ開発]
エンドユーザーの言語設定を取得する方法はいくつかある。それらの方法で得られるものは何か、どの方法を使えばよいのかを本稿では解説する。(2014/10/23)

Android版「Google Now」がマルチリンガルに
Android版Google Nowで第一言語の他に4カ国語を追加できるようになり、言語設定を変えずに音声での質問を5カ国語で入力できるようになった。(2014/8/22)

マンガを翻訳して全世界へ、マンガ翻訳プラットフォーム「Subch」が公開
Facebookにログインすることで他言語に翻訳可能(現在は英語のみ)。現在は『きまぐれオレンジ☆ロード』『GUT's』『バイキングス』の3作品が対象。(2014/8/21)

気軽に投稿、広告収入も――無料漫画サイト「マンガイア」が正式オープン
ストーリーボックスが提供する無料漫画サイト。日本語版・韓国語版が用意され、制作も国際的な分業体制を構築。(2014/6/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。