ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NPD Group」最新記事一覧

自然エネルギー:
人工光合成の効率を100倍以上に、新しい薄膜形成手法を開発
太陽光と水とCO2を使い、酸素や水素、有機物などの貯蔵可能なエネルギーを人工的に生成できる技術として注目されている人工光合成。富士通研究所はこの人工光合成において、酸素の発生効率を100倍以上向上させる新しい薄膜形成プロセス技術を開発した。人工光合成の実用化課題である効率の改善に寄与する技術として期待がかかる。(2016/11/9)

持続可能な社会の実現に貢献:
人工光合成で酸素の発生効率を100倍向上
富士通研究所は2016年11月7日、人工光合成で太陽光のエネルギー変換反応の効率を高めることができる新しい材料技術を開発した。従来技術で開発した光励起材料に比べて、利用可能な太陽光の光量が2倍以上に増え、材料と水の反応表面積は50倍以上に拡大することが可能となる。この結果、電子および酸素の発生効率を100倍以上に改善できることを確認したという。(2016/11/8)

「Pokemon GO」効果でモバイルバッテリー出荷が倍増──米NPD調べ
GPSやAR技術の採用で電力消費が激しい「Pokemon GO」の人気を反映し、米国では同ゲーム発売後2週間のモバイルバッテリー出荷台数が前年同期間の101%増の120万台に上ったと米調査会社のNPDが報告した。(2016/8/6)

Bluetoothヘッドフォン、米国市場の売上高で有線ヘッドフォンを初超え──NPD調べ
米ヘッドフォン市場でBluetoothヘッドフォンが成長しており、売上高では非Bluetoothを超え、販売台数でも全体の17%になった。メーカー別トップは米Apple傘下のBeatsだ。(2016/8/1)

ディズニー、ゲームパブリッシング事業から史上三度目の撤退へ 今後はライセンス貸与に専念
「Disney Infinity」生産中止が契機に。(2016/5/13)

医療技術ニュース:
エイズウイルスが細胞間で感染拡大する新たなメカニズムを解明
理化学研究所は、エイズの原因ウイルス「HIV-1」が、細胞から細胞へと感染拡大する際の新たなメカニズムを解明した。今後、従来の薬剤とは異なる作用メカニズムに基づく新たな抗エイズ薬の開発が期待できるという。(2016/2/5)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
米国で進むビッグデータの相互運用性の標準化とセキュリティ
2014年5月にホワイトハウスがビッグデータ報告書を公表して早一年が経ち、米国ではビッグデータに関わるイノベーションと同時に標準化の活動も急ピッチで進んでいる。今回は最前線の動向をお伝えしよう。(2015/5/13)

フィットネスバンドのFitBitが株式公開へ 累計販売台数は2080万台
日本でも腕時計型フィットネス端末を販売する米FitBitがニューヨーク証券取引所で株式公開する。ティッカーシンボルは「FIT」。端末の累計販売台数は2080万台で、2014年の販売台数は1090万台と急成長している。(2015/5/8)

Chromebook、日本でも個人向け販売スタート デル、ASUS、Acerから
GoogleのChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」の個人向け販売が日本でも始まる。(2014/11/11)

蓄電・発電機器:
太陽電池は「効率優位」にシフト、米企業が予測
調査会社である米NPD Solarbuzzは、2014年10月、さまざまな太陽電池の方式がどのように移り変わっていくのか、製造品のシェアについて2018年までの予測を発表した。シリコンウエハーを使う製品のうち、高効率品でないものはほとんど市場に残らないという。(2014/10/16)

自然エネルギー:
日本市場が世界一? 太陽光の需要予測
太陽光発電に関する調査会社である米NPD Solarbuzzは2014年9月、アジア・太平洋地域について、太陽光発電システムの需要予測を発表した。同地域の主要5カ国が世界市場に占める比率は約60%に達するという。中国市場と日本市場の規模が大きいものの、2つの市場は性格がかなり異なるという。(2014/9/29)

自然エネルギー:
これぞ破竹の中国企業、太陽光の世界市場を独占か
調査会社である米NPD Solarbuzzは、全世界の太陽電池モジュールの出荷量に関する調査結果を発表した。2014年第1四半期(1月〜3月)に世界シェア1位だったシャープが、同第2四半期では半減。中国企業は着実に伸びており、世界の上位20社を独占する勢いがあるという。(2014/9/5)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100〜200ドルが主戦場へ
PCの低価格化を加速させたNetbook、そのブームを終わらせたタブレット、そして今、Chromebookの台頭により、Windows PCはさらなる低価格化へ向かおうとしている。(2014/7/22)

デル、31.5型“4K”液晶ディスプレイを10万円値下げ
デルは4K対応の31.5型ワイド液晶ディスプレイ「UP3214Q」を10万円値下げした。(2014/6/2)

2007年をピークに右肩下がり:
液晶モニター市場の縮小続く、スマホ普及の波に勝てず
デスクトップPC向け液晶モニター市場の縮小が続いている。ノートPCの普及による影響はそれほどでもなかったが、スマートフォンやタブレット端末の台頭は大きく影響したようだ。(2014/5/26)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
レッドブル、4Kテレビに翼をさずける?――「miptv」リポート(後編)
試験放送のアナウンスで注目を集めている4K。しかし4Kコンテンツの制作は、日本人の知らない場所でも徐々に進行していた。前編に続き、オーディオ・ビジュアル評論家・麻倉怜士氏が仏カンヌで開催された「mip tv」をリポート。えっ、あの会社も?(2014/4/25)

PS4の世界累計販売が530万台に 発売3カ月弱で
PS4の世界累計販売が2月8日時点で530万台に達した。(2014/2/18)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
2014年のPC業界はどこへどのように進むのか
2014年のPC業界はどこへどのように進むのか。International CESで示された発表内容や展示をもとに、そのトレンドを俯瞰(ふかん)してみよう。(2014/2/13)

ChromebookでWindowsアプリ──GoogleとVMwareの提携で実現
Windows XPから移行できないでいる企業はChromebookと「VMware Horizon View」を導入することで安全かつ低コストでWindows XPの4月のサポート終了に対処できる、とGoogleがアピール。(2014/2/13)

自然エネルギー:
1時間ごとに5MWを設置、アジアが太陽光を主導する
2014年の太陽光発電市場は、2013年から35%成長して49GWに達する。これは太陽光発電に関する調査会社である米NPD Solarbuzzの予測だ。35%という水準はここ4年のうちで最も高く、中国と日本が主導し、インドとオーストラリア、タイの5カ国で世界市場の半分を占めると予測した。(2014/1/6)

東芝がGoogle Chromebookに参入 Haswell搭載端末発売へ
Googleが、新規参入の東芝やASUSを含む4社がIntel Haswell(コードネーム)搭載の「Chrome OS」搭載PCをホリデーシーズン前に発売すると発表した。(2013/9/12)

世界でのタブレット出荷、2014年にはノートPCの倍以上に──NPD DisplaySearch予測
2013年中にタブレットの出荷台数がノートPCを超えると予測するNPDは、2014年にはタブレットがノートPCの2倍になるとしている。(2013/7/30)

ディスプレイ技術 オピニオン:
4Kテレビは花開くか、業界からは「3Dとは違う」と期待の声も
普及の兆しがいまだにあまり見えない家庭用の3Dテレビに比べて、4Kテレビ市場の成長については楽観的にみる業界関係者が多いようだ。(2013/7/1)

調査リポート:
7インチ台のタブレット向けパネル出荷が好調――9.7インチは減少
Display Searchの調査によると、1月のタブレット向けディスプレイの出荷実績は、7インチ台が伸びる一方で、9.7インチは大きく減少したという。(2013/3/4)

PCユーザーの37%がコンテンツ消費でモバイルに移行──NPD調べ
WebブラウジングやFacebookにはPCよりタブレットあるいはスマートフォンを使うというユーザーが増えている。(2013/2/8)

2013 International CES フォトギャラリー:
発売間近の有機ELテレビから、コート上の動きを追うシューズまで……2013年も注目製品が続々
エレクトロニクス業界の1年は毎年、世界最大級の国際家電ショーで幕を開ける。「2013 International CES」(2013年1月8〜11日)で展示された注目の製品を写真でリポートする。(2013/1/15)

調査リポート:
Wintel独占のPC市場に変化、タブレットは3割増ペースで成長――Canalys調べ
タブレットの台頭で、Wintel連合の独占状態に変化が起きている。Canalysは、Wintelのシェアが2013年には65%に縮小すると予測。タブレット市場は当面、3割増ペースで成長するとみる。(2013/1/11)

調査リポート:
タブレット市場が急成長、2013年にノートPCの出荷台数を上回る可能性も――NPD DisplaySearch調べ
2012年後半に相次いで登場した7インチタブレットが人気を博し、タブレット市場が急成長している。NPD DisplaySearchは、2013年にタブレットの出荷台数がノートPCを上回ると予測している。(2013/1/8)

ビジネスニュース 業界動向:
OLED、中小型ディスプレイ市場で伸び盛り
Samsung Electronicsが、有機ELディスプレイ(OLED)を採用したスマートフォン「Galaxy S」を2010年に発売して以来、有機ELディスプレイは、中小型ディスプレイ市場に順調に普及している。(2012/12/21)

ビジネスニュース:
Appleは2013年に1億台の「iPad」出荷を目指す、液晶パネルの供給量がカギに
調査会社のNPD DisplaySearchは、「Appleは2013年のiPad出荷台数として1億台を目標にしている。その内訳は、iPad miniが5000万台、第3世代iPadが4000万台、iPad 2が1000万台だ」との予測を示した。この予測が現実のものとなるか否かは、Appleに液晶パネルを供給するパネルメーカーにかかっているようだ。(2012/12/18)

Windows 8搭載端末、米国でも初速は低調──NPD Group調べ
Windows 8の発売日を含む10月21日〜11月17日のWindows搭載端末の販売台数が、前年同期間より21%減少した。同期間のWindows端末に占めるWindows 8端末の割合は58%だった。(2012/11/30)

価格とコンテンツが普及のネックに
『アバター』大ヒットははるか昔 3Dテレビに未来はあるか?
数年前には急速に普及すると予測されていた3Dテレビ。しかし実際はそうならなかった。何がいけなかったのか。価格やコンテンツ、視聴体験からその理由を説明する。(2012/11/22)

小寺信良「ケータイの力学」:
青少年のネット依存を考える(3)
日本で問題視されているネット依存がSNSに対するものだろう。SNSは自己愛を増長する構造になっており、場合によっては自分の幸せを過剰に演出する傾向が現われてくる。(2012/11/19)

調査リポート:
モバイルゲームで遊ぶ理由、トップは「無料だから」――収益化を模索するゲームベンダー
遊ぶ理由は「無料だから」、アプリ内課金や有料版への切り替えに支払える額は「3ドル程度」――。ゲームベンダーは、こうしたユーザー層を相手に収益化を考えていなければならないようだ。(2012/10/15)

ビジネスニュース 業界動向:
“Ultrabook”脱却が追い風に? 超薄型ノートPC市場は成長路線へ
伸び悩んでいた超薄型ノートPC市場だが、今後は低価格化が徐々に進み、成長が加速すると期待されている。一部の機器メーカーが、要件の厳しい“Ultrabook”ではなく、単に“超薄型ノートPC”として製品を展開しようとしていることも、追い風になりそうだ。(2012/10/12)

ビジネスニュース オピニオン:
オリンピックは盛況も、テレビ業界は振るわず
ロンドンオリンピックでは、スーパーハイビジョンや3Dで競技が放映されるなど、放送技術について新しい試みが行われた。だが、残念ながら、こうした放送技術が視聴者の注目を集めることはなかったようだ。(2012/8/14)

高速シリアルインタフェース技術:
携帯型機器にこそ役立つ「USB 3.0」、Wi-Fiではダメなのか
モバイル機器にどのようなインタフェースを備えればよいのか、機器設計者の腕の見せ所だ。考え得るインタフェースをずらりと並べる手法もあるが、小型化を考えると得策ではない。USB 3.0はデータ転送速度が高く、電力を送る機能もある。HDMIやWi-Fiと比較したUSB 3.0の利点や欠点を紹介する。(2012/7/31)

ビジネスニュース 市場予測:
タブレットの出荷数、2016年にはノートPCを上回る
Appleの「iPad」をはじめとするタブレット端末の出荷台数は、成熟市場でも新興市場でも、堅調に伸びると予測されている。2016年にはノートPCの出荷台数を上回る可能性がある。(2012/7/19)

ビジネスニュース:
タブレットでのコンテンツ視聴は増えるも、大型/薄型テレビの需要は衰えず
タブレット端末を使ってテレビや動画を視聴するユーザーは、2011年に比べて2倍以上に増加している。このような傾向があるにもかかわらず、テレビの買い替えサイクルは短くなっているという。(2012/7/13)

海外モバイルニュースピックアップ:
「Google I/O 2012」のプレゼンテーション、海外メディアの反応は
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、「Google I/O 2012」のプレゼンに対するメディアの反応、2013年にタブレット端末がPCの販売数を上回るという予測、自宅作業の実態 など。(2012/6/28)

Amazon、暗い場所で発光する新型Kindleを7月にリリースか
電子ペーパーベースの電子書籍端末のトレンドは、場所を選ばず読めるようにすること。Barnes & Nobleが今月はじめにフロントライト付き電子書籍リーダーをリリースしたが、Amazonも7月に同種の製品をリリースすると情報筋が伝えている。(2012/5/17)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その44):
スマホ? コンソール? ソーシャル? ゲーム市場の行方
サンフランシスコGDCに行ってきたくねくねハニィが8カ月ぶりに記事を書いたらしい。最近変貌するゲーム市場を雑多に語ってるみたいなんで読んでみてもよろしこ……(なんか書き方忘れた)。(2012/4/5)

広い視野角が差異化の源泉に:
「IPSパネルの新技術を投入する」、ジャパンディスプレイが車載展開を強化
ジャパンディスプレイは、主力のスマートフォン向けの他に、車載機器向けの事業展開を強化する。視野角の広さが重視される車載機器向けで競合他社との差異化を果たすために、新たなIPS技術「IPSネオ」を投入する方針だ。(2012/4/3)

ビジネスニュース アナリストリポート:
テレビ市場が減少に転じる、ブランド別では韓国勢と日本勢で明暗くっきり
市場調査会社の報告によると、2011年の世界のテレビ出荷台数は前年から0.3%減少した。2004年の調査開始以来、マイナス成長を記録したのは今回が初めてだという。ブランド別では韓国勢が強く、日本の家電大手が続く。しかし日本勢は大幅なマイナス成長で、ソニー、パナソニック、シャープは社長が交代する。(2012/3/15)

ビジネスニュース 市場動向:
成長が加速するWi-Fiチップセット市場、2015年には61億米ドル規模に
次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ac」に対応する無線LAN用ICも登場し始めたことから、Wi-Fiチップセット市場は今後、大幅な成長が見込まれている。(2012/2/14)

ビジネスニュース アナリストリポート:
テレビ市場は既に成熟、期待の有機ELテレビは価格が課題に
アナリストによると、「テレビ市場は、出荷台数の面でみれば成熟しきっている」という。2012年には、次世代の薄型テレビとして期待される有機ELテレビが市場に登場する予定だが、普及には4000米ドルという価格が問題となりそうだ。(2012/1/6)

MicrosoftのXbox 360、11月に米国で170万台販売 競合ゲーム機引き離す
ブラックフライデーの週だけでも、Xbox 360が80万台、Kinectが75万台売れ、11月の関連売上高は14億ドルに達した。(2011/12/12)

攻撃急増中のAndroidを企業はどう使うべきか
iOSやWindows Phone以上の対策が必要なAndroidセキュリティ
増大し続けるAndroidマルウェアやアプリの審査機構といった状況から、IT業界では、Androidのセキュリティは、iOSやWindows Phoneと同じ対応では不可能という認識が広まっている。(2011/10/6)

ビジネスニュース 市場動向:
太陽光パネル産業、供給過剰でさらなる苦境に
太陽光パネルは、供給過剰の状態が続いている。生産量を抑えなければ、太陽光パネルは価格の下落がさらに進み、メーカーの合併や倒産などが増える可能性がある。(2011/9/30)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その41):
E3 2011に行ってきた(前編)――復習してみるマイクロソフト
6月第2週に米国ロサンゼルスLAコンベンションセンターで行われた世界最大のゲームビジネスショー「E3 2011」に行ってきた! 新ハードとそれに伴うタイトルの発表ラッシュを総括してみますのでよろしこ。(2011/6/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。