ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「公式チャンネル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公式チャンネル」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

大人のポケモントレーナーに 全151種のオリジナルプリント生地でカスタムできる「ポケモンシャツ」が登場
お気に入りのポケモンをシャツに忍ばせて冒険へ。(2019/1/19)

ノックで家電を操作する「スマートテーブル」、ソニックジャムが開発
「コンコン」……テーブルをノックすると電動カーテンが開き、コーヒーメーカーやオーディオが動き出す。デザインスタジオのソニックジャムが「スマートテーブル」を開発した。(2019/1/18)

ヘラクロス持ってるのか! 佐藤健&神木隆之介、「ポケモンGO」新CMで“台本なし”のガチバトル
佐藤さん、ヘラクロスうらやましい……。(2019/1/11)

日本のVTuber事務所・ホロライブ、中国「ビリビリ動画」に公式チャンネル 「YouTubeよりチャンネル登録が多い」
バーチャルYouTuber事務所「ホロライブ」を運営するカバーが、中国の大手動画サービス「bilibili」を運営するBiliBiliと契約。所属VTuberの活動を中国で本格展開する。(2019/1/8)

CES 2019:
Audi、Disneyと提携の加速やカーブを反映する車載VRサービス「ホロライド」披露
Audiが、車の加速やカーブの体感をリアルタイムで反映させるVRコンテンツサービス「holoride」を発表した。まずはDisneyとの提携で傘下のMarvel StudiosのVRゲーム「Avengers: Rocket’s Rescue Run」で宇宙でのシューティングが楽しめるようになる見込み。(2019/1/8)

別府市、2度目の大暴れ タオル1枚の男たちが街を疾走する公式動画「NO SIDE - BEPPU CITY」公開
取りあえず温泉を押しておこうという意思。(2019/1/7)

ブライアン・メイ、NASAの無人探査機「ニューホライズンズ」のテーマ曲を公開
伝説のロックバンド「クイーン」のギタリストで天体物理学の博士号を持つブライアン・メイが、NASAの無人探査機「ニューホライズンズ」によるカイパーベルト天体観測ミッションスタートに捧げる新曲「New Horizons(Ultima Thule Mix)」をYouTubeで公開した。(2019/1/2)

ジャック・ブラック、公式YouTubeチャンネル公開 製作は12歳の息子
「スクール・オブ・ロック」や「ルイスと不思議の時計」で知られる俳優のジャック・ブラックがYouTubeチャンネル「Jablinski Games」を開設した。(2018/12/27)

Snapchat、猫専用に続けて犬専用ARスタンプも追加
Snapchatの人気機能「レンズ」に、犬猫専用マスクが追加された。犬や猫の顔を認識し、メガネやトナカイの角などの効果を追加する。(2018/12/27)

VTuberによるアニメブランド「ホロアニメ」始動 主演は「超電磁砲」田中雄一デザインの「さくらみこ」
日常系アニメ番組としてYouTube上で展開。(2018/12/25)

「Googleアシスタント」の「ホーム・アローン」パロディCM 主演は38歳のマコーレー・カルキン
Googleが、1990年の大ヒットクリスマス映画「ホーム・アローン」で主役を演じたマコーレー・カルキン(当時10歳、現在は38歳)を主役に、この映画の名場面を再現しながらGoogleアシスタントの機能をアピールするCMを公開した。(2018/12/20)

大人だって変身したいんじゃー!! 仮面ライダージオウのベルトを買った24歳の叫びが年齢性別を超えて共感呼ぶ
年齢とか性別とか関係なく、「好きなものは好き」でいい。(2018/12/20)

タイヤが悲鳴を上げる1400馬力マシンも ドリフトの神様ケン・ブロック、2年ぶりの新作映像「ジムカーナ10」公開
今回もモンスターマシンが大暴れ、シリーズ初の“雪上ドリフト”も。(2018/12/19)

「部長とはるたんの絡みにしか見えない〜っ」 田中圭&吉田鋼太郎、熱いハグでファンの“おっさんずラブロス”を癒やす
よみがえる「おっさんずラブ」。(2018/12/16)

日本女性グループ初の快挙 「9nine」、台湾で“冠番組”が放送決定
「人生でこんなことがあるとは」と喜びを爆発させたメンバーの村田さん。(2018/12/13)

「これは神対応」 ゴールデンボンバーが廃盤音源の転売受け無料公開へ、ファンからは感激の声
よく踏み切ったと思う。(2018/12/5)

「また明日から精進します!!!」 ジャルジャル、最後の「M-1グランプリ」で3位も爽やかな笑顔
ラストイヤー、おつかれさまでした!(2018/12/3)

薄暗いコンテナの下で暮らしていたワンコ大家族 救助され真っ白フワフワ元気に!
ほおっておくと命も危ぶまれる状態だったそうです。(2018/12/1)

子ども世代を「スター・ウォーズ」に誘う公式サイトとYouTubeチャンネル「Star Wars Kids」
米Walt Disneyは、自分の子どもとスター・ウォーズの世界を楽しみたい親世代のために、子ども向けスター・ウォーズ入門サイト「StarWarsKids.com」とYouTubeチャンネル「Star Wars Kids YouTube」を開設した。11月30日に番組を公開する。(2018/11/29)

「メダロット」スマホゲーム開発へ 21周年で新展開
1997年にゲームボーイ向けソフトとして発売された「メダロット」初となるスマートフォン向けゲームが開発される。(2018/11/28)

NASA、「Insight」火星着陸をライブ配信へ(日本時間27日午前4時から)
米航空宇宙局(NASA)が今年5月に打ち上げた火星探査機「Insight」がいよいよ日本時間の27日午前に着陸する。NASAは日本時間の午前4時から1時間半にわたって公式サイトやYouTubeで着陸の様子をライブ配信する計画だ。(2018/11/26)

寒さなんてへっちゃらさ! 雪に興奮して遊ぶパンダさんが激しくて楽しそうでかわいい
ゴロゴロ転がるよ。(2018/11/24)

dTVオリジナルバラエティー「トゥルルさまぁ〜ず」は、なぜ10年も愛され続けるのか 収録現場にお邪魔して理由を探ってみた
あびる優さんにもお話を伺ってきました。(2018/11/26)

Masuoさんら起用:
Amazon「サイバーマンデー」、ライブコマース初導入 YouTuberと組みセール品宣伝
アマゾンジャパンが「サイバーマンデーセール」の詳細を発表。今年は12月7日午後6時〜11日午前1時59分に開催する。インフルエンサーを活用したマーケティング手法「ライブコマース」を初導入し、配信者のファン層の取り込みも図る。(2018/11/20)

河北新報「入浴剤新聞」を開発 シャワーで泡立ち、お風呂に入れると森の香りに
あらすてき。(2018/11/20)

はじめましてー! ミーアキャットの赤ちゃんたちが元気いっぱいたくさん遊ぶ姿にキュンキュンする
そしてウトウト。(2018/11/16)

コンセプト策定から企画・運用・効果検証まで支援:
サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。(2018/11/15)

Google、Androidで「折りたたみ」ディスプレイをサポート SamsungなどのOEMと協力中
Googleが、Samsungがプロトタイプを披露したような折りたたみ式スマートフォンをAndroidでサポートすると発表した。ディスプレイの開閉でアプリの“連続性”を保てるようにする。(2018/11/8)

スマホで“人工生命”を育成 ドワンゴ、「ARTILIFE」プロジェクト発表
ドワンゴが、仮想空間で自律的に動く“人工生命”を観察・育成するプロジェクト「ARTILIFE」を発表した。強化学習を用いた人工生命のモーションを自動生成する技術を活用した。(2018/10/25)

時速400キロ以上!? ひょえぇぇぇ マクラーレンから最速マシン爆誕か 新型車「スピードテイル」を26日発表
あの「マクラーレン・F1」を超える、究極の最高速度を目指すマシンとのこと。(2018/10/25)

ローラ、2018年「世界で最も美しい顔100人」にノミネート! 初ランクインに期待の声高まる
おめでとうございます!(2018/10/24)

Mobile Weekly Top10:
ドコモから「カードケータイ」登場/「HUAWEI Mate 20シリーズ」で電源分け与え
NTTドコモの2018年冬〜2019年春モデルが発表されました。中でも大きな注目を集めたのが、約20年ぶりの京セラ製端末である「カードケータイ KY-01L」です。(2018/10/23)

タニタの「ツインスティック」プロジェクト、1日で目標額を達成 セガゲームスの発表が後押し
タニタのクラウドファンディンが開始からわずか11時間26分で目標金額を達成。セガゲームスの対応タイトル発表をきっかけに支援者が急増し、「ツインスティック」商品化が決定した。(2018/10/19)

超期待!! これは確実にかっこいいぞ マツダが11月発表予定の“美尻”デザイン新型車をチラ見せ 次期「アクセラ」か
うぉぉぉ「魁 CONCEPT」ついに市販化か。2018年11月に新型車発表。【写真35点】(2018/10/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「そうだ 京都、行こう。」はなぜ25年も続き、これからも続いていくのか
JR東海のキャンペーン「そうだ 京都、行こう。」が25周年を迎えた。なぜこのキャンペーンは始まり、今も続いているのか。京都がJR東海にとって重要だから、というだけではない。新たな目的もありそうだ。(2018/10/19)

セガゲームス、「電脳戦機バーチャロン」過去3作のPS4移植を電撃発表 ツインスティックCFの支援金額は激増中
クラウドファンディグはオーバーキルの勢い。(2018/10/18)

見事なおっさんホイホイだ! アニメ「侍ジャイアンツ」第1話がジャンプ50周年公式チャンネルで無料配信
ノーコン蛮ちゃんの雄姿がアツい。(2018/10/8)

寝顔がかわいいマレーグマの赤ちゃん 元気にじゃれる姿やおねむな表情が癒やされる
親子3匹仲良く暮らしています。(2018/10/7)

ゲーム愛にあふれすぎ! 本田翼、YouTuberデビューの理由明かす “お金のうわさ”もキッパリ否定
配信用のゲーム機は自腹で購入したとのこと。(2018/10/6)

あなたはアンドロイドを殺せるか? 「Detroit: Become Human」で考えるAIと人間の未来
プレイステーション 4向けソフト「Detroit: Become Human」では、人間そっくりのアンドロイドが登場する社会が描かれる。主人公のアンドロイドの視点を通して見えてくるものとは。(2018/10/3)

ヤッターマン2号「カミナリアイ」がVTuberデビュー! 最新キャラデザの破壊力が“アイ”の座を脅かしそう
あの男もVTuberデビューを企んでいるとのこと。(2018/10/2)

仮面ライダーの「プロレスマスク」予約受付開始 プロレス仕様のクオリティーを徹底的に追及
著名なマスク職人が作る本物のプロレスマスク。(2018/10/2)

『ベルセルク』実写版PV、“黒い剣士”ガッツを松崎しげるが熱演 大反響も海外ファンを困惑させる事態に
それは、剣士というにはあまりにも黒すぎた。(2018/9/28)

PR:海難救助のプロが認めた潜水カエル——G-SHOCK「フロッグマン」25年間の軌跡
1993年の「DW-6300」に始まるG-SHOCK「フロッグマン」。電波ソーラーへの進化や独自の水深センサー開発など多くの変革をへて海難救助のプロ御用達になった。その歴史を振り返る(2018/9/25)

岩が転がる荒地だってへっちゃら! やんちゃなルックスのオフ四輪「RZR XP 4 Turbo S」が超楽しそう
この見た目で4人乗りというのも珍しい。(2018/9/25)

モグモグ……オヤツは……おいしい……な〜 ナマケモノさんの食事映像が癒やされる
いっぱい食べてね!(2018/9/24)

「XPS 15 2-in-1」は絵師の夢をかなえるか 人気イラストレーターが徹底検証
4K表示に対応した15.6型液晶を搭載し、筆圧4000段階の新世代ペンを付属する最新モバイルノートPC「XPS 15 2-in-1」を人気プロ絵師のrefeia氏がレビュー。XPS 15 2-in-1で“夢”はかなうのか?(2018/9/22)

お腹をすかしておびえていた子猫 保護されて見違えるほど元気になっていく姿に感動
早く新しい家族が見つかりますように。(2018/9/22)

「東京ゲームショウ2018」開幕 eスポーツ大会としての色強まる
「東京ゲームショウ2018」が開幕した。eスポーツ大会「e-Sports X」(イースポーツクロス)が目玉。(2018/9/20)

ドラム缶と一緒に坂道をゴーロゴロ パンダさんの自由な水遊びが元気でかわいい
ゴロゴロ大好き。(2018/9/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。