ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「売却」最新記事一覧

TwitterがGoogleやSalesforceと身売り交渉開始とのうわさ
MAUが伸び悩んでいるTwitterが、複数の企業と初期段階の売却交渉をはじめたとCNBCなどが報じた。Recodeによると、売却総額は少なくとも300億ドル(約3兆円)という。(2016/9/25)

シャープ、大阪・田辺ビルを買い戻しへ 9月中の契約に向け協議
シャープが、売却した田辺ビルを買い戻す方向でNTT都市開発と合意したと発表。9月中の契約締結に向け、協議を進めているという。(2016/9/21)

シャープ、売却した大阪・田辺ビルを買い戻し
シャープは、売却した大阪の田辺ビルを買い戻す方向でNTT都市開発と一致した。(2016/9/21)

Samsung、シャープ全株式を売却 競合の鴻海傘下入りで資本提携解消
韓国Samsung Electronicsが保有していたシャープの全株式を売却していたことが分かった。(2016/9/16)

書店チェーンの文教堂、日販が筆頭株主に DNPグループが株式売却
書店チェーンの文教堂の筆頭株主が日販に。(2016/9/12)

Intel、セキュリティ部門をスピンアウト 社名はまた「McAfee」に
Intelが2011年に買収したMcAfee(現在は「Intel Security」)の株式の過半を投資会社に売却し、独立したセキュリティ企業「McAfee」としてスピンアウトする。(2016/9/8)

自然エネルギー:
下水バイオガスの余剰分が2億円の収入に、処理場で400世帯分の電力を作る
宮城県の仙台市を中心に6つの市と町の下水を処理する浄化センターでバイオガス発電の取り組みが始まる。下水の処理工程で発生するバイオガスを利用して400世帯分の電力を作る計画だ。県が民間の事業者に委託して2018年度中に開始する。バイオガスの売却収入は20年間で2億円を見込む。(2016/9/1)

フィリップスのLED事業と同様に:
オスラム、照明事業を中国コンソーシアムに売却
Osram(オスラム)が、同社の一般照明事業を中国系コンソーシアムに4億ユーロで売却する。これによってOsramは全体の事業規模が大幅に縮小されるも、半導体事業に注力できるようになる。(2016/8/26)

任天堂、マリナーズ株を660億円で売却 映像事業への参入資金に使用か
任天堂がシアトルマリナーズ運営会社の株式の一部を売却することが正式決定。売却による収入の一部は、映像事業などに使う可能性がある。(2016/8/23)

EE Times Japan Weekly Top10:
売却されるソニー電池事業の今後に希望がわく
EE Times Japanで2016年8月13〜19日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/8/20)

高島屋・日本橋店で顧客情報が流出 PC売却の際にデータ消去が不十分だったため
2005年ごろに外商顧客421人分の情報が流出したことが判明。(2016/7/28)

高島屋、421人分の顧客情報流出 データ消さずにPC売却
高島屋が、2005年ごろに421人分の顧客情報が流出したと発表。元社員が顧客情報が入ったままのPCをリサイクル店に売却していたという。(2016/7/28)

製造マネジメントニュース:
ソニーが村田製作所に電池事業を売却――一般消費者向け製品は維持
ソニーと村田製作所は、ソニーグループの電池事業を村田製作所グループが譲り受けることで意向確認書を締結した。ソニーの電池事業は、リチウムイオン二次電池を世界で初めて商用化したことで知られるが、ここ数年は構造改革が求められる状況にあった。(2016/7/28)

ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ 世界初リチウムイオン商品化した“名門”も売却対象に
ソニーと村田製作所が、ソニーの電池事業を村田製作所に譲渡することで合意した。(2016/7/28)

米Yahoo!中核事業売却、日本のヤフーへの影響は「ほとんどない」が……
中核となるインターネット事業売却で、米Yahoo!は事実上の“解体”となる。日本ヤフーにとって「事業面の影響はほとんどない」と関係者は話すが、将来に向けて懸念もある。(2016/7/26)

米Yahoo!の主要事業をVerizonが48.3億ドルで買収へ
長く身売りを検討していた米Yahoo!が、通信大手のVerizonに主要事業を約48億3000万ドルで売却することで合意したと発表した。Verizonは昨年44億ドルで買収したAOLとYahoo!を合わせ(ブランドは残す)、コンテンツおよび広告事業強化を進める狙いだ。(2016/7/25)

Opera、ブランドを含む事業の一部を中国企業に6億ドルで売却へ
Opera Softwareが、中国企業のコンソーシアムに「Opera」ブランドやモバイルブラウザなどを含む事業の一部を6億ドルで売却すると発表した。(2016/7/19)

半径300メートルのIT:
3年以上使っていないサービス、退会したほうが身のため?
東芝が白物家電販売会社の東芝ライフスタイルを中国企業に売却――。世間を驚かせたこのニュースが、実は自分にも関係ある話だと分かったのは、ある一通のメールがきっかけでした。(2016/7/12)

企業動向を振り返る 2016年6月版:
ソニー、コンシューマーエレクトロニクス分野の復活がカギ/呉ルネサス
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年6月は、NXP Semiconductorsによる汎用ロジック/ディスクリート事業の売却合意や、ルネサス エレクトロニクスの社長兼CEO就任会見、ソニーの経営方針説明会などがありました。(2016/7/11)

サザエさんのCMはどうなる? 東芝、白物家電を中国企業に売却
東芝は30日、白物家電事業を中国の美的集団に売却した。東芝の白物を宣伝してきた「サザエさん」のCMは今後どうなる?(2016/7/1)

ソフトバンク、テンセントに子会社Supercell売却 7700億円調達
ソフトバンググループが、スマートフォンゲーム「Clash of Clans」などで知られる子会社Supercellの全保有株式を中国テンセントに73億ドルで売却する。(2016/6/21)

中国の投資会社に約2900億円で:
NXP、汎用ロジック/ディスクリート事業売却
NXP Semiconductorsは2016年6月14日、中国の投資家コンソーシアムに、スタンダード・プロダクト事業部門を約27億5000万米ドルで売却することで合意したと発表した。(2016/6/14)

FREETEL、中古スマホ買取サービスで「買取額最大1万円アップキャンペーン」を実施
プラスワン・マーケティングは、中古スマートフォン買取サービスで「買取額最大1万円アップキャンペーン」を実施。FREETELスマートフォンの購入と同時に携帯電話の売却を行うと、先着100台のみ買取額を最大1万円上乗せする。(2016/6/8)

顧客やパートナーとの取引に変更はなし:
Marketo、17億9000万ドルで米投資会社に売却へ
米Marketoは2016年5月31日(米国時間)、投資会社の米Vista Equity Partnersによって買収されることになったと発表した。(2016/6/1)

ソフトバンク、Alibaba株を一部売却 約8700億円調達
ソフトバンクグループは、中国の電子取引大手アリババの株式を一部売却する。売却する株式の総額は79億ドル(約8700億円)になる見通し。(2016/6/1)

SBI、「アキュセラ」めぐる騒動にコメント 「試験結果は公表時に知った」「株式は売却していない」
SBIホールディングスが、出資するベンチャー「アキュセラ」の臨床試験の結果開示について「結果は26日の発表時に初めて知った」「開示の前後にアキュセラ株式の売却を一切行っていない」と発表した。(2016/5/30)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
MSが描くWindows 10 Mobileの新世界戦略、お手本になるのは「日本」?
MSの携帯電話事業に関する動きが相次いだ。元Nokiaのケータイ事業を売却、さらにスマホ事業も縮小した。Windows 10 Mobileの世界戦略にどんな変化が起こるのだろうか。(2016/5/30)

LINE、福岡の自社ビル建設計画中止 予定地を売却
LINEが福岡市博多区に予定していた自社ビル建設を中止した。予定地はJR九州に売却する。(2016/5/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftは純正スマホ「Lumia」をやめてしまうのか?
フィーチャーフォン事業の売却を発表した米Microsoft。この売却は同社のスマートフォン事業にも影響を与えるのだろうか。(2016/5/24)

サントリー、ファーストキッチンをウェンディーズに売却へ
サントリーがファーストキッチンの全株式をウェンディーズ・ジャパンに売却する方針という。(2016/5/23)

任天堂、映像事業への参入を検討 マリナーズ株売却収入を使用
任天堂が映像事業への参入を検討していることが分かった。(2016/5/16)

クックパッド、本業への集中始まる 一部サービス分社化、子会社株式の売却検討
経営陣を刷新したクックパッドが、本業へ集中する具体的な動きを始めた。(2016/5/10)

製造マネジメントニュース:
東芝新社長に綱川智氏、キヤノンに売却した東芝メディカルシテムズ社長など歴任
東芝は、代表執行役副社長の綱川智氏を、新たな代表執行役社長候補に決定したと発表した。綱川氏は、キヤノンに売却した東芝メディカルシテムズの社長をはじめ、東芝グループ内で一貫してヘルスケア領域を担当しており、PCや半導体といった不正会計に関わりのあった事業から縁遠い“クリーン”な人材だ。(2016/5/6)

買収額は5億5000万米ドル:
サイプレス、ブロードコムのIoT事業を買収へ
2016年2月にAvago TechnologiesによるBroadcom(ブロードコム)の買収が完了して誕生した新生Broadcom。一部の事業を売却するコスト削減策を実施するとしていたが、IoT(モノのインターネット)事業を手放すようだ。(2016/5/2)

任天堂、マリナーズ株式を売却へ 筆頭オーナー降りる
任天堂がシアトルマリナーズ運営会社の株式の一部を売却へ。(2016/4/28)

神戸の歴史的建造物「ファミリアホール」売却 タワーマンション建設のうわさに悲しむ声相次ぐ
老朽化や耐震性の問題を考慮したとのこと。(2016/4/14)

日本マクドナルド株売却交渉が進展しない原因は、食事券付きの株主優待制度にあった!?
低迷が続く日本マクドナルドの株式売却の検討を米本社が表明してから2カ月が経過。交渉が長期化している背景には一体何があるのか。(2016/4/13)

年12回の無料食事券:
日本マクドナルドの株式売却交渉が進展しない原因は、手厚い株主優待制度
米マクドナルドが、長期低迷が続く日本マクドナルドホールディングスの株式売却の検討を表明してから2カ月が経過。交渉が長期化している背景には一体何があるのか。(2016/4/12)

買収額は約6655億円:
富士フイルムがキヤノンにぶち切れ! 東芝メディカル争奪戦でトリッキーな手法
経営不振の東芝は、医療機器を扱う優良子会社「東芝メディカルシステムズ」を売りに出した。入札の結果、売却先をキヤノンに決めたが、買収を最後まで競った富士フイルムホールディングスは、キヤノンの買収手法に不快感を示す。(2016/4/5)

照明用デバイス事業は継続:
ローム、照明器具事業をアイリスオーヤマに譲渡
ロームは2016年3月31日、LED照明器具/照明システム事業をアイリスオーヤマに売却すると発表した。(2016/3/31)

ローム、LED照明事業をアイリスオーヤマに売却
ロームがLED照明器具などを展開するライティング事業をアイリスオーヤマに売却。(2016/3/31)

東芝、中国メーカーに白物家電事業を売却 「東芝」ブランドは40年間使用可能
東芝は、白物家電事業を中国の美的集団に約537億円で売却する最終契約を結んだ。(2016/3/30)

東芝ライフスタイル株の8割超を美的に譲渡:
東芝の白物家電譲渡額は537億円に
東芝は2016年3月30日、既に白物家電事業を売却することで基本合意していた中国の美的集団と譲渡契約を締結し、譲渡額は約537億円になる見込みと発表した。(2016/3/30)

Dell、ITサービス事業をNTTデータに売却 30億ドル超
DellがITサービス部門をNTTデータに30億ドル超で売却する。(2016/3/28)

NTT、DellのIT部門を約4000億円で買収か──米報道
EMC買収の資金調達で苦戦するDellが、NTTにIT部門を約35億ドルで売却することを間もなく発表するとRe/codeが報じた。(2016/3/28)

東芝、白物家電を中国企業に売却へ 美的集団と基本合意
東芝は、白物家電事業を中国の美的集団(Midea Group)に売却することで基本合意した。(2016/3/18)

Google、“ロボットいじめ”動画で話題のBoston Dynamicsの売却検討か
Googleが、2013年に買収したロボットメーカーBoston Dyamicsの売却を検討しているとBloomobergが報じた。売却先としてAmazon.comやトヨタが候補に挙がっているという。(2016/3/18)

医療機器ニュース:
東芝メディカルの売却益5900億円、“第三者”を介して東芝が年度内計上へ
東芝とキヤノンは、東芝からキヤノンに東芝メディカルシステムズの株式を譲渡するための契約書を締結したと発表した。譲渡金額は約6655億円。東芝は、東芝メディカルシステムズの株式売却を、MSホールディングという“独立した第三者”を介することで、2015年度内に約5900億円の売却益を見込んでいる。(2016/3/18)

東芝メディカル、キヤノンが買収 約6700億円
東芝は医療機器子会社・東芝メディカルシステムズの全株式をキヤノンに売却した。(2016/3/17)

テレビなど映像事業は継続:
東芝、中国・美的への白物家電事業売却を発表
東芝は2016年3月17日、白物家電事業を中国の家電メーカーである美的集団に譲渡すると発表した。(2016/3/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。