ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自粛」最新記事一覧

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニオーナー的にはちょっとうれしい「たばこのオマケ中止」
先日、たばこのオマケが中止になるという報道があった。オマケとは、ライターや缶コーヒーなどだが、なぜたばこのオマケは駄目なのだろうか。(2016/5/23)

「肉フェス」東京と福岡で食中毒 主催者が謝罪
「肉フェス TOKYO 2016 春」では49人の患者が発生。(2016/5/16)

非常事態にこそ思い出したい、ネット上での「おはし」を考える
デマの拡散には気を付けましょう。連載「ネットは1日25時間」。(2016/5/1)

ふるさと納税「特典」にコウノトリ命名権 ネットで賛否、即修正 「一生」→「3年」に
兵庫県が「ふるさと納税」の特典にコウノトリに命名権を与えるとし、騒動を巻き起こした。(2016/4/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
周囲の人間はどう見ているのか イチローと本田圭佑のスゴさ
日本を代表するプロスポーツ界のレジェンド2人が今、厳しい立場にいながらもベストを尽くそうと心血を注いでいる。イチローと本田圭佑選手だ。両選手を取り巻く現状とチームメートたちの声などを取材したところ……。(2016/4/20)

スピン経済の歩き方:
災害取材を行うマスコミが、現地で非常識な行動をとる理由
関西テレビ放送の中継車が、被災地のガソリンスタンドで給油待ちをしていた車列に割り込んだことが発覚した。過去にも被災地でマスコミの非常識な行動が問題になっているが、なぜ彼らは“迷惑”なことをしてしまうのか。筆者の窪田氏によると……。(2016/4/19)

ガソリンスタンドの列に割り込み給油 関西テレビが謝罪
関西テレビ放送は、ガソリンスタンド付近で給油待ちをしていた車の列に割り込み給油をしていたことを明らかにし、同社のWebサイト上で謝罪した。(2016/4/18)

本田圭佑が自粛ムードを批判 「自粛どころか積極的にやるべき」の意見に賛同する声多数
他の著名人からも自粛ムードを批判する声が多数挙がっています。(2016/4/18)

首都圏を中心に92店舗:
「英国パブ文化」普及の使命、事業に懸けるHUBの戦略に迫る
20年近く続く英国研修や徹底した福利厚生など、英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが社員に対して行う莫大な“先行投資”。その背景には、創業時から受け継がれてきた「英国パブ文化の“伝道師”」としての使命感があった。(2016/4/15)

毒のある魚「バラハタ」が築地市場で誤販売、食中毒のおそれ 都が購入者へ注意を呼びかけ
スーパーや魚屋で購入する際にもご注意を。(2016/4/13)

田児選手を解雇・桃田選手を出勤停止30日に NTT東日本、バドミントン部員の賭博関与で処分
NTT東日本の男子バドミントン部所属選手による賭博問題で、同社が処分を発表。(2016/4/11)

SIM通:
1155万に達したMVNO市場の今後は?「モバイルフォーラム2016」
今年で3回目となる「モバイルフォーラム2016」が開催された。今後MVNOがどのような役割を果たすのかをテーマとし、さまざまな識者が議論を繰り広げた。(2016/4/7)

客の露出行為で男根型モニュメントを自粛した奇祭「かなまら祭」 2016年度の改善に見る、神事存続への想い
男根型のお神輿が好奇の目を引く奇祭――存続のために神社が重ねている工夫。(2016/4/7)

「0円販売」覆面調査で復活確認 総務省、携帯3社に実態報告を要求
総務省は、携帯電話大手3社に対し、スマートフォンの端末購入補助の現状を報告するよう通達した。(2016/4/4)

スピン経済の歩き方:
「人間ピラミッド」と「過労死」の問題点が、似ている理由
スポーツ庁が運動会の「組体操」で安全性が確保できないようなら、実施を見送るよう通達をした。「危険な人間タワーなんてやめるべき」「いやいや、教育上必要でしょ」といった声がある中、筆者の窪田氏はあることに注目している。それは……。(2016/3/29)

電力供給サービス:
東京電力のスマートメーターさらに遅れる、4月1日に間に合わないケース多発も
小売全面自由化に水をさす事態が広がっている。契約変更に必要なスマートメーターの設置が東京電力の管内で大幅に遅れて、自由化が始まる4月1日に間に合わないケースが大量に発生する見通しだ。4月1日までに設置が必要な32万台に対して、3月21日の時点で5万台強しか設置できていない。(2016/3/25)

厚切りジェイソン「日本は学歴よりも実力で判断すべき」 ショーンK“学歴詐称”報道受けて
「学歴がなくてもしゃべる内容はしっかりしていたら、どこを基準に見ればいいのか」との疑問を受け、持論を述べました。(2016/3/20)

ショーンKさん、学歴詐称疑惑受け「プロフィールに間違い」と謝罪 活動自粛の意向
学歴詐称疑惑を指摘する記事を受け、公式Webサイトのプロフィールに「長い期間、誤りが放置された」として謝罪した。(2016/3/15)

藤田ニコル「きもちよすぎ……」 悩殺セクシー写真にフォロワーザワつく
白い肌 青い海。(2016/3/11)

図書館で自習はダメ? 論争再燃 「居眠りは許されるのに」
地域の図書館で自習をするのは是か非か。古くて新しい図書館の“自習問題”が、大阪市天王寺区で再燃している。(2016/2/24)

石野純也のMobile Eye(2月1日〜12日):
「実質0円終了」の功罪――通信キャリアとメーカーに与える影響を考える
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアはいずれも増収増益と好調だが、総務省の要請で販売適正化のガイドラインが出されたことで、各社は実質0円の販売を自粛している。こうした市場動向の変化を各社はどう受け止め、どんな影響をもたらすのだろうか。(2016/2/13)

安いものにはワケがある――規制緩和のツケ
廃棄のカツを格安で転売、市販するというウソのような話が実際に起こりました。安いものには確実に理由があるのです。(2016/1/22)

基礎から分かるグループポリシー再入門(15):
Windows 10でグループポリシー設定を利用するには
Windows 10の利用を検討したり、実際に使い始めたりしている企業の話を聞くことが増えてきた。そこで今回は、前回まで紹介した「基本設定」をいったん離れ、Windows 10でのグループポリシー活用方法を紹介する。(2016/1/21)

SIM通:
携帯電話料金タスクフォースの提言でY!mobileの立ち位置は?
携帯料金タスクフォースの提言が公開され、携帯電話事業者へ具体的な活動を始めるよう要請しています。これにより携帯料金やMVNOはどうなるのでしょうか?(2016/1/20)

Ingress覆面座談会(前編):
ストーカーに警察沙汰も? ホントにあったIngressの怖い話
世界中にユーザーを抱える、スマホ向け陣取りゲームIngress。現実と仮想が交わるからこそ起こるトラブルについて、現役エージェントがガチ討論!(2016/1/16)

携帯料金は安くなるのか:
実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解く
2015年10月から始まった携帯電話料金引き下げ議論。本当に携帯料金は安くなるのか。「実質0円」はなくなるのか――。関係者の取材を通じて議論の裏を読み解き携帯市場の先行きを占ってみた。(2016/1/13)

実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解くと……
政府の携帯料金引き下げ要求を受け、料金は本当に安くなるのか。「実質0円」はなくなるのか。関係者の取材を通じて市場の先行きを占う。(2016/1/12)

スピン経済の歩き方:
ベッキーの謝罪会見は、なぜ「質問禁止」だったのか
人気タレントのベッキーに、初スキャンダルが発覚した。所属事務所内でベッキーは緊急会見を開いたものの、メディアからの「質問」は一切受け付けなかった。果たしてこの戦略は“正しかった”のか、それとも……。(2016/1/12)

「戦利品の忘れ物にお気をつけを」 コミケ向けアナウンスが話題の都営バス運転手、その謎に迫る
都営バスがコミケで運行している会場直行便――ここには参加者向けのアナウンスが秀逸だと名物化している運転手がいた。(2015/12/28)

携帯¥ウォーズ:
「最後のキャッシュバック」……iPhoneの販売奨励金も減少 スマホ販売“官製不況”危惧する声も
総務省が携帯電話料金の引き下げを携帯大手各社に指示。iPhoneに投入されていた多額の販売奨励金が早くも見直されている。(2015/12/24)

今井優杏のエコカー☆進化論(21):
マツダ「RX-VISION」の長〜いボンネットには何が入る?
2015年11月8日に閉幕した「東京モーターショー2015」。筆者が注目したのは、マツダの「RX-VISION」と日産自動車の「IDSコンセプト」だ。RX-VISIONの長〜いボンネットには一体何が入るのか。完全自動運転にも対応するIDSコンセプトが事故を起こしたら誰が責任を取るのか。(2015/12/15)

ベルギー人のネコ好きは本物(確信) ブリュッセル市内の観光施設再開のお知らせPR動画がまたしてもネコ祭り
「ブリュッセル封鎖」からのネコブームはまだまだ続く!(2015/11/30)

胸元を強調したポスターが不適切 美濃加茂市によるアニメ「のうりん」のコラボに批判の声
キャラクターのキービジュアルを使用。セクシーな格好をしており、人目に触れるポスターには不適切だとする反応が現れています。(2015/11/30)

警察「SNSへの情報投稿自粛を」→市民「ネコならOKだな」 ブリュッセル封鎖でベルギーの人々が猫の画像を続々投稿
ハッシュタグ「#BrusselsLockdown」はネコ祭りに。(2015/11/25)

セキュリティ業界、1440度(17):
著名バグハンターが明かした「脆弱性の見つけ方」――「CODE BLUE 2015」リポート
2015年10月28日から29日にかけて、西新宿で日本発の国際セキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2015」が開催されました。IoT関連の衝撃的な攻撃デモや、著名バグハンターによる「脆弱性の効率的な発見方法」の解説など、多くの刺激的な発表が行われた本イベントから、特に興味深かった講演に関するリポートをお送りします。(2015/11/27)

「三田のキモオタが急逝」 人気ネットユーザーの死亡デマが広まる
弟を名乗る人物が出現、死亡説が流れるも本人が否定。(2015/10/14)

「依存症には苦痛」 アルコールCMの「ゴクゴク音」自粛へ 業界団体が方針固める
確かに、飲めない立場にとってみれば苦痛かも……。(2015/9/1)

大阪中1死体遺棄事件を受け「寝屋川まつり」中止
市民の安全・安心の確保に不安が残るため。(2015/8/26)

“ウェアラブル”の今:
第41回 Apple Watchを使うと運動量が増える
Apple Watchユーザーは、Apple Watchを身に着けることで実際に運動量が増えている――。そんな調査結果が発表された。生活習慣は3カ月からが変化を体験し始めるタイミングといわれるが、Apple Watchはこの壁を越えられるのだろうか。(2015/8/23)

今後は欧州・米国など海外で展開予定:
Cerevoのスマホで操作できる電源タップ「OTTO」が国内販売自粛――経産省「電気用品安全法違反の可能性」
Cerevoは、スマホで制御できる電源タップ「OTTO」(2015年4月発売)の国内販売を自粛する。経産省から電気用品安全法違反の可能性を指摘を受けたため。(2015/8/13)

スマホで操作する電源タップ「OTTO」国内販売自粛 経産省が法令違反の“可能性”指摘 「誠に遺憾」
スマホから操作できる電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛するとCerevoが発表した。経産省から電気用品安全法に抵触する可能性を指摘されたという。(2015/8/12)

OTTO:
「誠に遺憾」Cerevoが「OTTO」国内販売自粛、違法の可能性受け
Cerevoは同社が製造、販売を行っていた電源タップ「OTTO」の国内販売を自粛すると発表した。経済産業省から「違法の可能性がある」と指摘されたため。(2015/8/12)

クレーマーが日本社会を支配する? 「過剰反応」する社会
(2015/8/4)

買い物感覚でお手軽納税 楽天がふるさと納税専用サイト開設 ポイントが貯まるオマケ付き
数ある「ふるさと納税」のポータルサイトのなかでも、電子マネーに交換できるポイントがもらえるのは新しい魅力になりそう。(2015/7/31)

調布市の小型機墜落事故について市長がコメント 再発防止策が構築されるまで自家用機の発着自粛を要請
同市はこれまでも安全対策の徹底と自家用飛行機の使用削減を強く要請していたとし、遺憾の意を表明。(2015/7/27)

法制度・規制:
富士山の景観を守れ、太陽光や風力発電設備の設置を規制へ
静岡県富士宮市は市の約半分が国立公園の区域内で、富士山などをはじめとする豊富な自然環境を有している。同市はこうした自然景観と再生可能エネルギーによる発電設備の調和に向けて2015年7月1日に新たな条例を施行した。一部の太陽光および風力発電設備の設置が規制される。(2015/7/7)

スピン経済の歩き方:
続編準備中? 少年A『絶歌』の社会的意義
元少年Aが著した手記『絶歌』が売れている。出版をめぐり賛否両論が巻き起こっているが、筆者の窪田氏は「世の中に出た意義がある」という。なぜなら……。(2015/6/23)

厚労省、MERSの国内発生時の対応を発表 感染者との接触者には2週間の健康観察や外出自粛要請
韓国での感染拡大を受けたもの。6月4日には韓国からの入国者に対する検疫対応も発表されています。(2015/6/12)

「おかえり!」 ペヤング販売再開で喜びの声 新容器で「だばぁできない」の声も
麺がこぼれる「だばぁ」の緊張感がなくなり残念がる人も。(2015/6/7)

東北がひとつになる夢のイベント「東北六魂祭」。5月30、31日いよいよ開催!
東北6県を代表する祭りが一堂に会するイベント「東北六魂祭」がまもなく開催です。(2015/5/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。