ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自粛」最新記事一覧

食品添加物「無添加」「不使用」のほうが安全なのか
保存料や着色料などの食品添加物は、「使っていない食品のほうが安全」だと考える人も多い。しかし、例えば保存料を適切に使えば、食中毒のリスクを下げる。食品関連業界に対して、「無添加」「不使用」の表示の自粛を求める動きも。(2018/2/21)

日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ
EV分野で日本の自動車大手として唯一、早くから気を吐いているのが日産自動車だ。(2018/2/15)

大手3社が福井県に700人近くの応援部隊を派遣:
コンビニが大雪でも営業継続にこだわる理由
記録的な大雪が襲った福井県で、コンビニ大手各社が店舗支援のために多数の応援部隊を派遣している。緊急時でも営業継続をする狙いとは?(2018/2/13)

平昌五輪のパブリックビューイング、自粛相次ぐ JOC「宣伝」懸念、成績公表にも制限
9日に開幕する平昌五輪の日本でのパブリックビューイングの自粛が相次いでいる。JOCなどは、自治体・スポンサーの主催を除き、企業や学校の主催でのパブリックビューイングは原則認めないとする方針を確認した。(2018/2/9)

Peing−質問箱、運営が質問回答を自由に利用できるよう規約変更したと誤解広がる 運営「当初から明記」「無断使用は想定せず」
運営のジラフに取材しました。(2018/1/30)

「中の人はイキリオタクです」 質問箱のPeingが謎のイキリツイート投稿で炎上→担当者交代の謎展開に
なんなんだよ、これ……。(2018/1/20)

うちの母のお弁当、ちょっと変わってますか? 編集部員の母弁、2017年振り返り
年末、母にお弁当を作ってもらえない大ピンチが発生……!(2018/1/3)

「いい親父」と慕われた名将:
仙台育英野球部の名将、佐々木監督の辞任にOBたちは……
高校野球の強豪、仙台育英学園高の佐々木順一朗氏が野球部監督を辞任。突然の発表に、野球部のOBたちからは戸惑いの声も……。(2017/12/11)

公衆無線LANの規制強化 「パスワード不要」自粛求める 総務省が来年度、サイバー攻撃の増加に対応
総務省は、情報漏洩やサイバー攻撃に利用される危険性のある、パスワード不要の公衆無線LANアクセスポイント(AP)に関する規制を原則として強化する方針を固めた。(2017/11/16)

「ただの夢想家」:
北朝鮮危機の時間切れ迫る 対話模索する米代表の孤立無援
米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表は、米国で最も苛酷な外交任務を課せられている。対話を望まない自国大統領と、耳を傾ける素振りすら見せない敵国との板挟みになっているからだ。(2017/11/8)

地元・神戸では:
神戸製鋼、底なしのデータ改ざん 過去の教訓生かさず
「モノづくり日本」の失墜につながるのか──。神戸製鋼の製品データ改ざん問題が、底なし沼の様相を呈している。(2017/11/1)

モーターショーに日産問題の影 次世代技術競争、足元に不安
「ご迷惑とご心配をお掛けし、深くおわびします」――東京モーターショー会場での日産自動車のプレゼンンは、異例の謝罪から始まった。(2017/10/26)

「やっちゃえ NISSAN」がやっちゃった 無資格検査問題、永ちゃんは何を思う?
矢沢永吉さんが「やっちゃえ NISSAN」とつぶやくテレビCMが評判となった日産自動車。だが9月末に無資格者が新車の「完成検査」を行っていた問題が発覚し、「やっちゃった!」と揶揄される事態になった。(2017/10/18)

「ガキ使SPケツバット廃止はガセ」 ダウンタウン松本人志さんが東スポにチクリ
今回もしっかりケツバットするようです。(2017/10/6)

スー・チー氏に批判:
ノーベル平和賞の受賞者、世界の「失望」招く理由
祝福してくれた支持者の多くを落胆に導いたノーベル平和賞受賞者の長いリストに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が新たにその名を連ねた。(2017/10/4)

“X待ち”の影響は? BCNが「iPhone 8/8 Plus」の5日間の販売台数を分析
間もなく発売から1週間を迎える「iPhone 8」と「iPhone 8」。BCNが9月22日から5日間の販売状況の速報を公表した。11月に「iPhone X」の発売を控える中、2機種の販売状況はどうだったのだろうか。(2017/9/29)

30年かけ定着「糸ようじ」 小林製薬の試行錯誤
小林製薬の「糸ようじ」が発売されて今年で30年を迎えた。発売当初はCM放映が自粛に追い込まれるほどだったが、試行錯誤を経て徐々に浸透し、ロングセラー商品に成長した。(2017/9/27)

御朱印集めはスタンプラリーか……「参拝軽視」ブームの裏で寺社が危惧
ここ数年、全国的に人気を集めている御朱印。「集めることだけが目的となり、参拝そのものが軽視されてしまうのでは」と寺社から危惧も出ている。(2017/9/6)

【全文書き起こし】YouTuberヒカル、VALU騒動について語った13分56秒 「VALUも企画に関与」「全て背負うのは耐えきれない」
真実であれば、VALUやVAZも一定の責任を問われる可能性が出てきます。(2017/9/4)

“脱出”を先導した漫画家に聞く「Twitterアカ凍結の問題点」 Pawooの21万人ユーザー突破に寄せて
「悲しい過ちを繰り返さないでほしい」と、同人漫画家のめんていさんは願う。(2017/8/29)

「テレワーク・デイ」に「働き方改革」のおいしいところを考える
官民あげての「テレワーク・デイ」が、日本でも初めて実施された。「働き方改革」がうたわれる中で、どのような役割を果たしていくのだろうか。(2017/7/25)

元“夢アド”山田朱莉が活動再開 改名で心機一転「みなさんに恩返ししていきたい」
モデル業をやっていくのかな。(2017/7/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
やっかいな「ダークツーリズム」に近づいてはいけない
北朝鮮で拘束されていた米大学生が解放された。ただ、その学生は意識不明のまま米国に移送され、その後死亡する。そもそも、なぜこの学生は国交のない北朝鮮に行くことができたのか。調べてみると、「ダークツーリズム」の存在が見えてきた。(2017/6/29)

かーずSPのインターネット回顧録:
今なお語り継がれるキング・オブ・ヤンデレの貫禄 アニメ「School Days」伝説の“Nice boat.事件”からヤンデレブームを振り返る
オーバーフロー代表・メイザーズぬまきち氏にも当時を振り返ってもらいました。(2017/6/7)

法制度・規制:
徹底した省エネを、政府が夏季の取り組みを発表
関係政府機関で構成する「省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議」は、2017年度夏季の省エネルギーに向けた取り組みを発表した。政府の取り組みと各産業界への呼びかけを一部紹介する。(2017/5/31)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

病気療養中の夢アド小林れいが復帰、6月3日に復活ライブ実施へ
8カ月ぶりに復活!(2017/4/21)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)
ほんとつらい。(2017/4/16)

いよいよ活動再開 川谷絵音、「ゲスの極み乙女。」メンバーと久しぶりの4ショット
5月10日にアルバム発売と記念ライブ。(2017/4/2)

「こんな形でさいごになっちゃってごめんね」 活動自粛中の夢アド山田朱莉、グループから自主脱退
「わたしの人生において、夢アドでいたこの期間は、ほんとうにほんとうにたからものですっ」(2017/3/31)

半径300メートルのIT:
サプライズが台無し! そんな“ネタバレSNS”から身を守る方法
ネットでいつでもどこでもすぐに情報をキャッチできる便利な時代になりましたが、一方で“ネタバレ”を避けるのも難しくなっています。サプライズを台無しにするSNSから身を守る方法はあるのでしょうか。(2017/3/28)

舞台「HATTORI半蔵III」の衣装が「戦国BASARA」「刀剣乱舞」に酷似? 運営が謝罪&DVD化中止を発表
SNSで「他作品の衣装に酷似している疑惑」が持ち上がっていました。(2017/3/11)

ゼクシィを凶器に使った女子プロが編集部の抗議で謝罪会見 「結婚願望はありまぁす!」「オウッオウッオウッオウッ」
謝罪しながらけんかを売っていくスタイル。(2017/2/10)

スピン経済の歩き方:
パワハラがなければテレビが成立しない理由
ダウンタウンの松本人志さんが、「パワハラは必要悪」と発言したことが物議を醸している。この発言に対して、筆者の窪田氏は「『テレビ』の本質をズバッと言い当てている」という。どういう意味かというと……。(2017/2/7)

スピン経済の歩き方:
高級官僚が「ご活躍の場」を増やしていく方法
消費者庁が三菱自動車に課徴金4億8000万円を納付させる方針を固めたという報道があった。2016年4月に発覚した燃費データ不正問題が、景品表示法違反にあたると判断したというが、筆者の窪田氏はあることが気になったという。それは……。(2017/1/31)

10年間PR大使を務めていた狩野英孝の写真が宮城県トップページ上から消滅 宮城県「活動自粛の意思を尊重」
宮城県のPR大使は全部で89人。(2017/1/25)

“未成年淫行疑惑”の狩野英孝が無期限の謹慎を発表 「恋愛感情はあったが彼女ではなかった」
地下アイドルからは「楽屋で狩野英孝さんとのセックスの話してるとこ聞いちゃって」という話も。(2017/1/21)

「この世界の片隅に」の片渕監督が一部地域での聖地巡礼自粛を呼び掛け 「そこは観光地ではないのです」
近年盛り上がりを見せる聖地巡礼ですが、騒音などの問題も。(2017/1/10)

おときた都議「ベビーカー論争」で寺を訪れ謝罪 「現場ではしっかりと配慮が行われていた」
ベビーカー利用自粛を求めた乗蓮寺の対応をめぐり、「寺自体が不寛容な対応を行っているように受け取れる書き方をしてしまった」と謝罪していました。(2017/1/9)

初詣の「ベビーカー自粛」騒動を振り返り、寺の住職が事情を説明 「差別的な意図は一切無い」
混雑が予想される場所でのベビーカー利用の是非から差別、少子化問題などに議論が広がった。(2017/1/7)

“「ゲス」川谷と飲んでいた未成年タレント” ほのかりんが所属事務所と契約解除に
もう成人しています。(2016/12/17)

スピン経済の歩き方:
「ヌーハラ報道」に、目くじらを立てる理由
少し前、日本人がラーメンなどをすする際の音で外国人が不快な思いをするという「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)が注目を集めた。テレビや新聞などがこの騒動を報じたわけだが、筆者の窪田氏は「報じてはいけない」という。なぜなら……。(2016/11/29)

バンド「lynch.」、ベース逮捕により活動自粛を発表 現在は事実関係を確認中
レコード会社は「反社会的な行為に関しましては厳しく対応し、警察の捜査には全面的に協力をさせていただく」と表明。(2016/11/24)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

スピン経済の歩き方:
「ロイホ24時間営業廃止」の正しい読み方
ファミレスの「ロイヤルホスト」が2017年1月までに24時間営業を廃止するという。大手マスコミは「外食産業の営業時間短縮は最新トレンド」といった感じで報じているが、ロイホの場合はちょっと違う。というのも……。(2016/11/22)

博多駅前で大規模な道路陥没 地下鉄の延伸工事が原因と交通局が謝罪
早朝から騒然とする現場。周辺のビルから避難指示。(2016/11/8)

「不気味なピエロ」騒動余波で米・マクドナルドのドナルドに出演制限報道 日本マクドナルド「現状、日本では自粛しない」
2016年8月ごろから「不気味なピエロ」騒動が話題になっていました。(2016/10/15)

ベッキーが10月9日放送「ワイドナショー」で地上波復帰へ 自身のInstagramで告知
コメント欄には応援の声が多数。(2016/10/8)

「ゲスの極み乙女。」最新アルバム発売をいったん中止へ 川谷と未成年タレントの飲酒を問題視
12月3日の東京・Zepp Tokyoのライブをもって活動自粛。(2016/10/4)

バンド「ゲスの極み乙女。」活動自粛へ 川谷と未成年タレントの飲酒「重く受け止め」
未成年タレント・ほのかりんさんとの飲酒が強く問題視されていました。(2016/10/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。